「不思議だ」の日記【世界を蘇らせる魔法使い】

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2019-10-06

なんだかんだ言って、僕はまだこのブログを書き続ける。
哲学をやるために良い方法は、人間の「分かり方」や「知り方」のプロセスを考えること。人間がいつどのように分かるのか、何を必然的に思うのかを知ることで、カントやヘーゲルのような考え方が可能となる。そこでは、ヒュームの言うように、「習慣」がガイドとなる。人々がどのような習慣で何を考え知っているかを考えることで、「何が本当に重要なのか」を考えられる。確かなものを考えられるだけではなく、「何が考えるに足る有意義なことで、何を考える意味が無いのか」を考えることで、「次元を超えて考える」ことができるようになる。