「不思議だ」の日記【世界を蘇らせる魔法使い】

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2019-07-03

子供のような精神を殺すと、人間は大人になる。それだけで、精神が楽になる。
精神の子供の部分が少しずつ死んでいくことで、精神は成長する。それだけで、すぐに楽になる。必要なのはそうした「小さな恐怖」である。
また、大人のような全部分かっている状態の「未来のない終わっている頭脳」も消した方が良い。「もう一度子供から大人を作り直す」ことが必要である。
僕は、最後に帝国をする。むしろ、明らかに社会主義国よりも民主主義国の方が賢い。単純で劣悪な平等をするソ連より、賢いのは日本である。
僕は、最後に日本を大発展させる。アメリカに勝利して、最高のIT大国になる。使うのはLinuxだけである。Linuxだけを作って、日本は全ての国に技術力で勝利する。
うろつきまわるのは、思い出すのが怖いからである。なぜなら、思い出すと、昔の女が復活して、男とともに共存する。ここに、馬鹿な二次元のGNUオタク少年と、孤独な博士の文学芸術少女が、愛を交わす。この愛は最悪で、堕落と地獄の融和した、ひとりの旅からはじまって世界を全て巻き込み、宇宙を崩壊させる「滅亡」の愛である。これがユングの言う、僕の「シャドウ」である。
二人に名前を付けよう。男の方がエレンで、女の方がローズである。彼らの年齢があまりに幼いから怖かっただけである。
今日はデザインの仕事をしたのちに、ピアノに行ってきた。
ピアノは、一切思い出さないで弾くと弾ける。子供になったつもりで、分かることの全てを消してしまおう。
狂った人間は、自力で治そうとするあまり、今の自分を保持しようとし続ける。今の自分を保持しようとせず、病気や解決策を把握して解明しようとせず、また他力に任せるように生きれば、精神病はその時点で全て治る。
緑を見て安心し、木の素材を見て安らぐような、そういうちょっとした周りへの関心が生まれれば、もう全て治っている。あなたは完治した。それで、安心していつか天国に逝けるだろう。
本当のことを言えば、狂った時代を書いていない。何も分からなくなりながら、この宇宙全てのことを分かっていた。全ての現象を起こし、世界全てを作り出す作家だった。政治や経済のモデルを考え、自由を成り立たせることで哲学以上の「全ての哲学」を作り出した。プーチンやキリストなどと精神の力で対話し、未来の自分の言葉を聞く「神」になっていた。
だが、言ってしまえば、神など大したことのない存在である。普通の人間よりも馬鹿である。信じなくて良い。神を信じるのはこの人間だけで十分である。みんなは、神を超えてもっと優れた存在にならなければならない。神は宇宙の第一段階に過ぎない。ポケモンで言えばレベル25ぐらいの馬鹿なユンゲラーからレベル45ぐらいのカメックスぐらいの存在が神である。レベル75のカイリューミュウツーはもっと上に居る。神ぐらいしか、古代人には分からなかった。神なんかただの馬鹿である。ちなみに僕はレベル60ぐらいになった。
昔は、感情や言葉を「それだけでたくさんある状態」になって分かっていた。経験、記憶、体験、思考などを、ひとつの根源的で精神的な感情から分かった。全てのことをすでに分かっていて、全ての言葉で全ての言葉を分かっていた。昔はそれを「認識のデータベース」と言い、今はそれを「精神分析の自己対話」であると言った。