「不思議だ」の日記【世界を蘇らせる魔法使い】

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2019-03-27

今日は、やっとデザインのやり方が分かった、そういう一日だった。やっと、今までできたこと全部が合わさった。
ピアノもあったが、きちんとミスが少なく弾けるようになってきた。今、ジブリラピュタもののけ姫千と千尋の神隠しの曲を弾いている。もっと、先を読んで、準備して、ノーミスで弾けるようになりたい。
昔は、王だった。それも、全てを解決し、実現し、発想するために、支配し、導き、病気を治し、全てを正しく解決する、「解決者」のような王だった。
世界を治すのであれば、立ち歩いたり立ち止まったりして治す必要はない。止まって、座ったままで、普通に治せば良い。そうすると、悪魔のようにこの世界が正常になる。その変わった状態のままで、もう変わらなくすれば良い。立ち歩くのは、変わるのが怖いからである。そして、変わらないのも怖いから、恐怖になっている。一度きちんと、それも座ったままで世界を変えて、そのままで固定することで、この世界は正常になる。最大限変えるのではなく、最小限だけ変えて、その上で変わらなくする。そうすれば、恐怖も最小限で済む。
ある意味、「固定」してしまえば、すぐにみんなも精神が治る。みんなが治らないのは、動き回っているからである。動かずに、治る状態で固定すれば、誰でも治る。
あとは、自分は永遠のスパンが長すぎて、小さなスパンで行動することができていない。ここを治せばすぐに楽にきちんと色んなものが作れるようになる。作れないのは、現実世界でそういうことをしないからである。何もしない赤ん坊には、何も成長は無い。これでは、誰でも馬鹿になる。最初からこういう馬鹿を生きているのが今の子供である。だから、正常な子供にならず、親も馬鹿になる。大人の場合は、最初から馬鹿ではないため、狂った人間になる。途中で狂って何もできなくなる。この世界は終わりである。自分もそういう一人になっただけで、本当は自分は悲惨なのに自分を原因だと思うせいで、自分だけ治るありえない天才になっている。
あとは、精神の異常の多くの原因は虫歯である。これは、脳を治せば治る。脳を治せば、虫歯は治ったことになる。それだけで、足が騙されて、精神異常も治るだろう。
昔の、全て治す王は、かっこよかった。自分の今までの人生にあったことを全て分かり、この世界を支配して、自分の力だけでこの世界を変え、この星を作り変えて全て書き表す、「精神世界の歴史の王」だった。とても賢くてかっこいい人間だった。だが、本当は、昔の醜い引き篭もり時代の自分が全てだった。あの時代、アメリカ人全員のように全てを自由と経験から分かっていた。理性で、「自らが解明したことだけでこの宇宙の全てが分かり、解決することのできる人間」だった。本当にかっこよかった。今の自分に見せてやりたい。今の自分は、障害者にとけこんで馬鹿になっている。天才の文学的才能を忘れて、デザイナーの単なる初心者に毛が生えたレベルの馬鹿になっている。だが、僕は今の自分を悪く言いたくはない。頑張っていたのは全て、デザイナー時代の自分だけだからである。あとは、頑張っていない。昔の自分は、狂っているだけで、何もしていないだけである。