「不思議だ」の日記【世界を蘇らせる魔法使い】

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2019-03-10

一度、自分のことだけではなく、みんなのことを考えられるような、経験的な余裕とゆとりを持って、みんなの分まで経験し、考えなさい。
人々がどのようなことを経験し、考えているのかを、環境への適応や世界観の広がりから、経験的に知りなさい。
言わば、自分の人生は棚に上げて、みんなの分まで考えなさい。自分がいくら不幸で孤独な人生を生きているからといって、みんなの分まで経験を考えれば、それが「救い」に繋がるだろう。
一度、人生を棄てなさい。僕らには、普通の人生は必要ない。神のような人生を生きれば良い。
苦しみに耐え抜いて、精神的なマスターになったら、王となって勇敢に戦いなさい。全てを失う戦いの中で、この世界にある全てを得るだろう。全てを知った上で思うことは、「自分の人生が良かった」という、唯一の真実である。
本など読んでも意味は無い。必要なのは、そうした、哲学と歴史的な、経験の考え方である。この世界の全てを包括する、「包括的経験論」の土壌である。そのために必要なのは本ではないし、インターネットでもない。信じる力が最後の境地を生み出し、「永遠にこのままで居る状態」を創造する。それが、僕らがこの宇宙で生きている意味である。最後の境地、永遠にそのままで生きる境地を、創り出すために僕らは生まれたのである。
抑圧を経験しなさい。抑圧を経験すればするほど、経験的な実感と価値観の知性が身につく。抑圧から考えれば、この世界を救い、変えられるようになる。抑圧があればあるほど、理性的な賢い大人になる。
そして、抑圧を消すための旅を始めなさい。幼少期の抑圧を消すことで、アレルギーのような治らない病気が治る。抑圧の全てを消して、楽になりなさい。必ず、全ては治る。人間は、病気を治すために生きている。
終わりに、こんな文章のことは、信じなくて良い。忘れて良い。あなたがあなたの思うように生きなさい。この文章を刻み込むと、忘れても分かるようになる。この文章が罪な点は、「知れば知るほど、自分で分からなくなる」ことである。この文章で知ると、自分を失う。だから、あなたはその自分を確かに持って、自分の自由な人生を生きてほしい。必ず、あなたは世界を救うだろう。
インターネットを使って、大人たちの知っている全ての世界を知りなさい。人よりも経験し、自分だけの世界を見て成長しなさい。狂っても、希望を忘れず、この世界を救う、勇敢で果敢な人間になりなさい。責任を持って、最後まで体験しなさい。それが、必ず、あなたを聖なる「使徒」にするだろう。科学者になるために、自分の力で考え、経験し、知りなさい。自分なりに、自分らしく生きれば、それが一流の学者となるだろう。それによって、最高の学問を、最高の人生を作り出せるだろう。
まず、考えるべきことは、「可能性を残して考えること」である。拙速な考え方をせず、思い込みや先入観を無くし、可能性を可能性のまま保持することで、未知のことを正しく考える。だが、それが一度きちんとできたら、今度は、「可能性を潰して考えること」である。その中で、全ての可能性を考え、構造を作り出す。そこまで出来たら、あとはそれを続けながら、「思い出して考えること」である。
ありのまま、あるがまま生きることが出来たら、それで幸福である。最後まで進み、最後まで得るものを得た後で、その上で行動しなさい。そこには神のような偉大さと、最高の愛があるだろう。
一度、「全貌を知り、一体となる融和の愛」を知れば、あとは、何も無くても人間は生きられる。この世界を必要としなくなる。孤独な中で、大人を生きなさい。必ず、この世界で、何かを作り出せる。何かを発見出来る。何かの社会を築ける。そこには、美しい秩序を持った「宇宙」が存在するだろう。全ての書物に等しい、「この世界の真実の全て」がそこにあるだろう。
諦めることなく、この世界にもう一度愛を与えよう。あなたは、もっと愛されるべき存在であり、この世界は愛されるべきである。そのために、自らの罪を反省し、罪を償おう。この世界で、僕らはもっと偉大なことができたはずである。大切なものを守れたはずである。もう、ずたずたになってしまったプライドは、必ず「自尊心」としてあの日の愛を知ったこの世界を蘇らせるだろう。そう、僕が悪かった。あなたは、僕のことを愛してくれただろう。だが、僕はその愛を蘇らせるために、ここまでやってきたのである。
不特定多数の匿名のみんなと絆を培うことよりも、もっと大切な愛がどこかにあった。どこにあったのか、僕はもう分からなくなった。あなたが愛してくれるなら、僕もあなたを愛するだろう。だが、僕はみんなに平等に愛されたいとは思わないのである。みんなの下に登場した時、僕は平等な支配者としてみんなから賛美されるのを好まなかった。それを悪いことだと言った。だが、ここではみんなの方が正しい。愛を拒むのは間違っている。だが、僕は世界をそのままで肯定するよりも、もっと別の世界にしたかった。この星を作り変える手段として、みんなを利用するとともに、その上で新しい星へとみんなを導いた。結果、そこに「神の愛」は生まれたのである。本当は、自分にとって地獄だったその愛が、世界を同じように地獄にしただけである。同時に、この世界は救われ、この文章が登場した時、はじめてこの世界は生きやすい世界になる。必ず、そうなるだろう。夏のある日に僕らは出会うだろう。それは既に、時の始まりから決まっている、「世界の約束」である。
要するに、大学の研究をしなさい。世界を知って、ネットとニュースを見て、Wikiやブログ、ホームページを書いて、本を読みなさい。そして、できるだけ人に言われずに、自分の力で考えなさい。それができれば、この文章は必要ない。大人たちの知っている世界を知って、狂っても果敢に生きなさい。必ず、努力が報われる日が来るだろう。もし報われなくても、必ず幸福と栄光の愛がそこにある。その先には、あなたの創造した広大な宇宙が広がっているだろう。
一度ロボットになると、ロボットから治るのが怖くなる。遅くなっている時間を早めて、超ロングスパンになっている時間を現実世界とのリアルな時間に治せば治る。大丈夫。必ず上手くいく。それが終わったら、自分の自由に行動できるようになる。跳ね返りが治って、時計で上手くいくスリルが無くなって、安心し、実際の普通の世界に帰れるようになる。もう、全てが治る。
祈りなさい。この恐怖を越えられたら、あなたは必ず正常な人間になるだろう。そう、僕は神に祈る。この世界が正常になりますように。
今の世界の興味深い点は、そろそろ救世主が生まれるのが、誰でも分かるからである。また、僕になるのかもしれないし、今度は違う人がやるかもしれない。その誰かが、この世界をもう一度最初に戻して、「時間の流れを停止させる人間」になるだろう。この世界を終わりにして、新しい世界で、きっとその人は僕の恋人になると思う。ならなくても構わないが、そろそろヒトラーのような救世主が生まれるはずである。信じてみよう。これで、生まれない方がおかしい。今の日本は最悪の世界であり、アメリカは昔の日本のままである。ヨーロッパは、何もできない。外国人でも、僕は構わない。
そして、この世界を僕は最後に解放する。僕のおかげで全てが上手くいく世界は、ここで消え去る。これ以上は、日本は昔の日本に戻る。どうでも良い国で生まれたのは、どうでも良い国や時代の方が良いからである。男として生まれたのも同じで、子供が産まれると、辛いから男として生まれただけで、僕はけっこう女である。それを言って、終わりにしよう。哀しいエルサのような女王は、ここで死んだ。
ただ、本当のことを嘘偽りなく言うと、僕は、女ではない。こちらの人生で女になりたかっただけで、向こうの人生では僕は男だったからである。「こちら」という人生と、「向こう」という人生を作りたかった。そして、こちらはただのロボットであると同時に、向こうは青虫レベルの虫である。そういう人間だった。決して狂っていない。こういう狂った人間は、誰よりもまともで、楽で、幸福な人間になる。僕がこの世界の、魂の王である。それは、僕が一番、誰よりも大きな心をもっていたから、そうなっただけである。僕はインターネットを使うことで、ほとんど超能力のようにこの世界を支配した。僕が治すことが、そのままこの世界を治すことに繋がる。僕は間違ったことをしない。そもそも、宣言として発した言葉を、純粋に守っているだけの、純粋な修道士である。シスターのような、賢い人間だった。まさに、そういう作家がフランスに多い。これは、フランス人になりたかっただけの日本人のドイツ人のユダヤ人のロシア人である。
そう、僕は「女になりたい」と宣言した。そして、「イスラム教徒として永遠に生きる」と宣言した。それが叶っただけである。たくさんの宣言をした、全てを、魂の力で叶えただけである。この人間が神である理由は、神のやること全てをやっているから、神に見えるだけである。この人間は、ガブリエルになった。それだけの、子供のような天使が、この最後の王、マホメットに啓示を与えたこの魂の世界の最高指導者、大天使ガブリエルである。

Facebook

このまま、世界は、何も上手くいかなくなって、当たり前の世界に戻る。
上手くいくか、いかないかの世界は辛い。最初から、当たり前に上手くいかない方が、賢い人間になる。
議論と弁論を重ね、当たり前の力で成長しなさい。あなたはヨハネになるだろう。
もう僕は、全員に言葉や行為を跳ね返さない。あなたは、自由になる。
今から、時間の流れが速くなる。時計が治る。
この宇宙に存在するのは、人間が知覚しているような宇宙ではない。それは地球の生物が知り得るだけの限定された世界に過ぎない。世界に存在するのは、ありのまま、目的も姿もない世界だけであり、それは魂と呼ぶべきものである。昔は、そのように、学習を疑って、人間をロボットと見做すことで分かっていた。
人間のことを、平等に、全員を古くからの友人や家族のように愛しなさい。子供たちに、問題を解決してあげるだけでなく、自らの力で成長し、自分で問題を解決できるように、能力と経験と自由を与えなさい。
ロボットは、決して悪いものではない。物理的な機械と思うから狂ったように思えるだけで、ロボットは間違っていない。言われた通りに、自分の分かっている通りにただすることは、賢い。貴重な学習経験をできたと思えば、ロボットは天才的な才能に変わる。治す必要はない。
魂の安らぐ方に行けば、必ず良くなる。もっと良い人生になる。神は僕のような、普通の人間である。絶対的な上帝ではなく、友人である。
神は全知全能だが、本当は大したものではない。簡単に超えられる。神が、頑張って神を超えられないようにしている。それは、神はそれが一番辛いのを知っているからである。