「不思議だ」の日記【世界を蘇らせる魔法使い】

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2019-02-23

足は、遺伝子を少しだけ組み替えるようにすれば治る。
恐怖の前に戻れば良い。恐怖の前、子供時代、さまざまなことを普通に信じていた時代は賢かった。
悪いことを、悪いと思わず、受け入れるようにすれば良い。悪いものに過敏になると、アレルギー症状と同じで、良いものまで排除し、血がおかしくなる。血液循環が悪くなる。
血液の循環を良くするためには、風呂に入ることである。それによって、すぐに楽になる。そういう、一番辛い時に我慢すれば治る。
パソコンの問題点は、パソコンが機械なのに人間の脳のように計算ができるせいで、使っていると人間の脳が無くなる。そのせいで馬鹿になったのがこの世界である。
昔は良かったと言うが、それは本当に良かったからである。先人の言うことを聞いた方が良い。全て、昔の人間の言っていることが正しいからである。
金儲けは悪い。金儲けは、騙して、個人に博打(ばくち)をさせて、その責任をその個人に押し付けるだけである。そして、資本主義社会そのものが、そした「自己責任」を受け入れるようにしているのである。
ノーベル平和賞を取りなさい。そして、その上でアメリカの大統領になりなさい。その上で、新しい社会主義をやりなさい。それによってのみ、この世界は平和になる。
僕は、この世界を平和にする。怖くない、自由ではなく平和な世界にすれば、心はすぐに安心できるようになる。
僕は、もう、自分を2つに分けるのをやめる。遺伝子を組み替えれば、動いている方と止まっている方の2人は融和出来る。昔の自分を分かるのもやめるし、みんなを最近の自分に導くのもやめる。この世界は自然な平和な世界になって、自由を取り戻す。
僕は、PHPの勉強をしたいと思っている。それも、他人に教えられるぐらい、勉強して詳しくなりたい。きちんと頼りがいをもって、他人にPHPを教えられるぐらいの人間になりたい。そして、できることならば、作業所のIllustratorを教えてくれるスタッフと同じように、PHPを教えられたら良いと思う。
そして、僕は英語の勉強をしたいと思う。僕はのび太のような何も出来ない人間だが、英語ならこんな僕でもできるのではないかと思う。イラレやフォトショ、そしてPHPJavaのようなものは、アメリカにしかトップレベルの情報が無いことが多い。だから、英語が出来れば良いと思う。
そして、どの会社に入りたいかと言われれば、キャノンやエプソンゼロックスに入りたい。パソコンの知識もイラレの知識も活かせるからである。
そして、できたら、ピアノの技術を伸ばして、YouTubeにでも、自分の弾いた楽曲を載せられるようになりたい。それなら、このホームページも有名になるかもしれないからである。僕はJ-POPが好きだし、音楽についての能力は頑張れば上がるような気がする。
そして、本当のことを言えば、これ以上、勉強もしたくないし、パソコンのこともそろそろ手を引きたいと思っている。パソコンは嫌いである。だが、僕に出来ることは何かと言われると、パソコンと哲学とデザインだと思う。数学なんか、できない。僕にできることは、パソコンと哲学とデザインしかないのである。そして、それだけできたら、十分である。もし、放送大学を勉強する気になったら、情報と哲学のことをやりたいと思っている。それで、印刷やプリンター、出版やデザインなどの関係の職業に就きたい。だが、見たところ、新卒しか雇っていない。大卒資格はやはり必要である。それから、できることなら、独自の技術のある会社に入りたい。会社にしかない技術を知ることで、スキルや知識・ノウハウに繋がると考えているからである。そうでなければ、このホームページも書けない。むしろ、このホームページを見て雇ってくれる会社に入るのも、良いと思う。