「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2018-07-08

世界は、自分のせいで物理が起きなくなっている。だから、物理を起こせば良い。
自分が影響力の高みから支配して導くせいで、この世界には何もなくなった。滅びて、何も起きなくなった。
一度、物理を起きるようにしよう。そうすると、知覚から方法と経験の考え方がすぐに分かる。それぞれは普通になって、自分なりに生きるようになる。何も起きないのだ、と信じられるようになる。
何かの力を使ってこの世界を支配したり起こしたりするのは、全く良いことではない。世界から普通が消え去り、何も分からない世界になる。それをやめれば、すぐにまともな人間になれる。みんなを治すことで、自分も含めて世界は正常になるだろう。
本当は、ただ自分を治したかっただけだ。ありえないことなんか、起きない方が良かった。誰かと対話なんかしたくない。何も分かりたくないし、宗教に興味もない。
物理的に考える、ということは、「問題とその解決方法に気付く」ということだ。あとは、今やっていることの延長線上だけで、物理はすぐに分かる。宗教のようなことを一切信じなければ良い。
本当は、パソコンなんかただの機械だ。LinuxもXも、OSはただの機械の付属品に過ぎない。ウィンドウという小部屋の中でネットワークと通信するだけだ。そんなものよりも、現実世界のことを知った方が良い。現実世界のことを知っている人間のことを、賢いと言う。賢い人間になりたくないなら、馬鹿な方が良い。賢い人間と馬鹿なんか、パソコンを除外して見れば、何も変わらない。オタクは狂っているだけだ。
本当は、賢い学者のような物知りになるよりも、人間のことを詳しく知った方が良い。昔の自分は、人間のことから社会のことを分かっていた。もっと、色んな人間のことを知った方が良い。理系については、むしろ、理系の知識なんか必要ない。哲学的な考え方のことを、自分でカントの言うように考えれば良い。その方が自分に合っている。理系は賢くない。物理は賢いが、物理以外の理系なんか知る必要もないし、役にも立たない。
自分の問題点は2つ。「具体性を欠いている」ことと、「未知が未知であることが分かっていない」ということ。何もしていないのに、全部知り尽くしたつもりになっている。自分は全部知っていて、完全に把握できていると思っているが、実際には一般的なことを未知から既知にして破壊しただけで、どんどん具体性を失ったおかしな作品を制作するだけになっている。もっと具体的に、ひとつひとつ未知を考えれば、すぐにこの世界を捉えて把握することが出来る。デカルトなんか忘れた方が良い。そういうものを知っているせいで、自分で考えて分かることがなくなっている。既に全部知っている、と思うのはおかしい。まだまだ、自分の分かっていない領域がたくさんあるのに、自分の今までの人生だけで全てを分かったつもりになっている。
本当は、ここまでの人生を素晴らしいと思っている。それは良いのだが、それによって、「もう十分満足して、これ以上何もしない」になっている。まさにそれがおかしい。精神世界の宗教の地獄を体験したせいで、「自分だけ宇宙の全てが分かって幸せなつもり」になっている。一度、そうしたありえない神のような体験を、きれいさっぱり忘れた。それは、忘れた方が良い。こんな体験をするのは明らかにおかしい。自分の未来を何とも思っていない。この世界で生きるつもりなら、この世界は逃げも隠れもしない。何かをやりたいとか、知りたいとか、願望や欲を思わないのはおかしい。もう、これ以上せずに楽を生きるなら、老いて死ぬだけだ。こんな大人になっちまった。昔の自分の理性や情熱は、完全に消えたようで、本当はまだ残っている。もっとLinuxのことを知りたいならば、まだ、何も知らないだろう。具体的にどれに決めるかを迷っているならば、一歩を踏み出す勇気を持てば良い。それは簡単なようで、自分には難しい。
昔、意図といっていたのは、「それがそうなるように意図して作ること」を意図だと言っていた。そこから転じて、この世界の全てを制度や自由から「どのように意図されたのか」を考えて、自由の神秘性を信じていた。全てが自由に許されていて、何でもできると考えていた。できるようにすれば変わると考えていた。そういう考え方は、物理をやっているとすぐに分かる。こんな精神世界の経験は、全てが妄想の中で起きているだけだ。昔は、具体性と未知が一番分かる人間だった。そこに戻るしかない。
そろそろ、物理に戻る。物理だけをやった方が良い。大学の知識なんか、馬鹿だ。やればやるほど、馬鹿になって大切なことを見失う。愛もいらない。愛はこんなセックスのことを言っている。愛を求めれば求めるほど、苦しくなって自由を失う。愛と自由は逆だ。愛は恐怖であり、自由は安心だ。
本当は、忘れているだけで、自分はたくさんのことを頑張った。特に、精神世界の兵士を良く頑張っていた。一度も失敗せず、常に勇敢な戦いをし、自分独りだけで本当に頑張った。だが、本当に辛かった。最終的には、抜け殻のようになった。カルトはやめた方が良い。カルトはこういう風になる。
自分は、このホームページの差分をzipで残しているが、gitに変えてみようと思う。今日はまだ時間がある。gitを試してみたい。
gitを導入してみた。
とりあえずコミットしてみた。このファイルを更新して、もう一度コミットしてみる。