「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2018-02-01

ツイッター

昔は、世界の人々を救いたくて、救世主となっていくかのような、そういう人生の経緯を書いていた。そして、宇宙の歴史を全て知っているかのような、そういう創造主の導き手のような文章を書いていた。本当にそういう文章だった。
posted at 20:59:22
昔は、目標を考える人間だった。実現するべきものの手段と方法を考えながら、「そのことが出来るとしたら何を実現するか」を考える。アパートを与えるとか、音楽アルバムを作るとか、「トイレットペーパーが無いなら、平等分配は成り立たない」など。日用品の最低限だけを与え、後は自由にしても良い。
posted at 16:43:26
昨日書いていたmain関数は、ブログをきちんと検索すると間違っていた。正しくは、「main関数以外のどの関数でも、main関数のようにどこからでも起動出来るようにする」ということだった。見たい方は、ブログを「起動可能」で検索すると良いだろう。
posted at 16:41:08
絶対者を信じるのは良くない。日本人は、みな、絶対者を信じない。神は全てに宿る「もののけ」のような存在であり、人間よりも偉い存在ではそもそもないのだ。日本人の祈祷によって祭られてはいるが、それは精神の代表のようなものであって、日本人のことを押さえつけるような絶対的力は持っていない。
posted at 16:38:01
日本人は、相対的な全ての「決まり事」を、宗教的な「法」にする。一番高い絶対者である神が約束するのではなく、仏の「カルマ」によって世界が成り立つ。そこでは全ては自分の力の努力によるもので、因果応報や縁起ではあるが、自力を信じずに他力を信じる。全てが宇宙に任され、相応の報いを受ける。
posted at 16:36:33
要は、ヨーロッパ人は絶対主義が好きだ。誰か一人の絶対的指導者が居た方が、国や社会は良くなると思っている。日本も戒律が好きなところがあるが、自由に自分の力で改善出来るような、相対的な「決まり事」が好きなところがある。だが、アメリカ人のような全てが相対性の中で生きているわけじゃない。
posted at 16:34:30
外国人は、敬語を知らない。日本人はみんな敬語があるせいで礼儀正しい善人になる。敬語を知らない外国人から見ると、宇宙人のように賢く見える。日本人は自由でも悪いことをしない。誰もが自分から自発的に良いことをする。ロシア人やユダヤ人が良く似ているが、あれらは戒律主義者だ。
posted at 16:27:42
片方のアルファベットが漢字の読み方を表し、もう片方が英語の読み方を表し、漢字を組み合わせて単語にする、そして言う順番を欧米と変えるという発想は日本だけだ。
posted at 16:23:59
日本は、言語の文字すら進歩する。アルファベットからして賢い。
posted at 16:21:01
日本は恵まれている。日本で働く外国人は悲惨に見えるが、本国の方がはるかに悲惨だ。日本は、社会主義が成功した国だと、外国人が口を揃えて言う。平等はないがユートピアだ。最初から、ナチが嫌いなのが賢い。
posted at 16:17:51
賢い国なんか、ロシアと日本しか、そもそもない。馬鹿なアナ雪みたいな国しかない。
posted at 16:10:12
ヨーロッパは賢くない。王どころか、国民も馬鹿だ。例外的に賢いのは、ロシアだけだ。
posted at 16:09:18
むしろ、アメリカの方が、対立と分裂ばかりで悲惨に見える。同じものを信じないと国はおかしくなる。歴史が浅いせいで、それが分かっていない。
posted at 16:04:47
ドイツには、最終的にドイツのために死にたい人間が多い。不思議と、神を信じると勇気が出る。キリスト教の教えは、祖国が正義であると信じたいだけだ。教会の中で一番馬鹿が兵隊になる。そこが楽なだけだ。
posted at 16:01:06
ドイツ人は、血で血を洗う戦争を好む。王への忠誠心が高い人間が生きられる。そういう国に見える。日本人とは全く違う。日本人は、和を好み、世界を良い文明にしない。だが、どこかで良く似ている。
posted at 15:48:13
むしろ、ドイツ人が支持しているならそれで良い。社会的には、ヘーゲルニーチェの影響があった。今の日本人には理解出来ないが、ドイツが賢く見える時期もあった。最高指導者は何をするべきか、考えた上で独裁者を支持した。
posted at 15:43:24
自分は、ドイツなんか良くある悪い国なのが分かっていない。白人はああなる。徳川と変わらないだろう。
posted at 15:39:14
日本はこういう国だ。日本には超賢い人間が多い。
posted at 15:33:28
最近、内職が楽になってきた。ツイッターをやりながら軽作業をやっていると、時間いっぱいやってもあまり辛くない。ツイッターがあるのとないのとでは大違いだ。もちろんツイッターはしない日もある。
posted at 15:10:59
運命は変えられる。いつか来るお別れは、来ない。まだ、今のところ、僕はペンだけを見ている。
posted at 14:37:52
悩んでいることの解決策は、ホームページにコピーするのは一日一回で良い。最近は、それだけが出来ない。
posted at 14:31:32
全てはなるようにしかならない。だが、起こってしまえばそれは変えられる。いつでも全ての可能性を考えるべきだが、一人で全てを知ることは出来ない。むしろ、完全に独りだけで考えることは出来る。だが、思考が間違いに逸れないように、良く観察し、実験し、絶対に正しいかを考えるべきだ。
posted at 14:26:10
最近の自分は、スピノザに近い。神の下に公理の数学を書いたスピノザは、自分と全く同じだ。だが、僕はマルクスの方が正しい。全く、自由な中で機械のような社会論を作った。絶対にそうにしかならないとするのが、全く同じだ。歴史の必然の理論を完全に独りだけで作り直した。
posted at 14:22:05
パソコンは知性がついた。本当はマイクロソフトのプロダクトが一番好きだった。Windowsを作りたかっただけだ。Linuxは、Perlのゲームを作りたかった。だが、ネットではスキルがつかなかった。それでも、とてつもない知性がついて、全てが明晰に分かった。
posted at 14:18:49
昔なんか、モデルから考え方と変化のあり方を考えただけだ。どの方向にどれくらいのレベルで作用があるかを、積み重ねと照らし合わせで分かっていた。
posted at 14:16:43
本当は、むしろ、みんなに助けてもらうとか、関係を結べば良い。一方的にこれを一番上から全員に書いているせいで、ドイツの独裁者みたいになった。そういう、この文章の立場が嫌いだ。本当は一人一人、個別に、双方向に、対等な立場で、相手の自由を許した上で、自由を損なわない形で対話したかった。
posted at 14:14:42
みんなは、これと交わるのが怖い。そこを強引に攻めていけば環境に適応出来る。
posted at 14:08:56
むしろ、思い込みはたくさんあった方が良い。さまざまな思い込みが分かる人間が賢い。それぞれの思い込みに知性と意味がある。カントは仮象の世界と言っている。
posted at 14:06:36
軽度の心理障害は、自分が思い込む恐怖への囚われを無くすと治る。だが、ここまでおかしな人間は、思い込みがないせいで逆に知性がなくなる。思い込みを排するまでの理性ある過程が分からなくなって、右も左も区別がつかなくなる。文章を書いて分からなくなりながら頑張って分かれば、赤ちゃんになる。
posted at 14:02:59
環境に適応し、居るのが分かるようになると、不思議と、ホームページもすぐに発見される。そういうものが運命だ。
posted at 13:53:02
ここまで足の血を治していると、みんなの血も治る。最初からそういう風にしているだけで、意味のあることは何もしていない。脳は治りたいようで、文章を書きたいと言うが、遊んでいるだけだ。
posted at 13:51:12
環境に適応するだけで、宇宙の全てが分かる。
posted at 13:49:34
環境に適応するための方法は、みんなが拒否しても与え続けることだ。みんなという相手が居る問題なのが分からない大人が多い。ここまで、そういうみんなが教えてくれた。
posted at 13:46:14
英語をするためには、日本語と同じように、言い方や文のパターンから分かる知性が必要だ。パソコンや計算と同じだ。
posted at 13:42:50
足は、環境に適応しないと治らない。環境に適応すると、みんなが分からないのも治る。
posted at 13:41:46
この文章は、恋人というより、僕の兄弟になれる文章だ。
posted at 13:37:35
ウォークリフトでなく、フォークリフトだったかもしれない。
posted at 13:34:13
その環境で、自由を許すなら、人生の期間はどうなるか、何と関わり、誰と協力し、人生はどうなり、社会は何になるかを自由に書いていた。だが、そこに自由はなかった。
posted at 13:32:59
昔は、人生経験を積んで、成長し、総じて世界が全て分かるような、知性と分析の経験を書いていただけだ。分かったことを、適切に、明晰に、具体的に書いていた。分かったことを分かったままに書いていた。全て分かっていた。
posted at 13:30:57
だが、そもそも、そんな仕事に就いたところで、毎日が辛くなるだけで、何も良いことはない。デザインや執筆が出来なくなる。作家やデザイナーを目指して頑張った方が良い。本当に困った時はそういう仕事がある。むしろ、生きるためならアルバイトをすれば良い。
posted at 13:28:39
品物の検品作業なら出来るかもしれない。
posted at 13:26:44
工場でものを運ぶ仕事が良いだろう。ウォークリフトのような単純な仕事なら出来る。
posted at 13:22:14
本人が妄想にとりつかれている自覚がないだけで、統合失調症の王道を歩んでいる。認知症を自力で治したせいで、普通の人間並みに賢くなった。まだ、完全に治っていないから、疲れるだけだ。
posted at 13:20:11
自分は、本当は左翼が好きなわけではなく、自分が好きだからこういう風になる。強迫性障害になっているような気がする。ツイッターをやめても世界が終わるわけじゃないのが分かっていない。普通大人がこうなる。
posted at 13:15:52
ソ連は馬鹿ではない。経済的に成功はしなかったが、政治的には強くなった。プーチンだけは、今の政治家の中で突出している。プーチン以外の首脳は、盲目的にノルマをこなしているだけだ。プーチンは絶対に負けない。放っておくと、そのうちスターリンの任期を超えるはずだ。
posted at 13:06:39
むしろ、ソ連に見えるのがドイツだ。ソ連がやっているように見える。そういうものをソ連だと思えば分かる。
posted at 13:00:43
ヒトラーは私的な恨みで殺している馬鹿な人間に見えるが、最初からそういう風にしている。本能のまま、盲目的に生きるようにしている。命令に従わなければ殺される。本当は、日本をそういう国にしたかっただけだ。
posted at 12:58:18
本当は、アメリカが全力でドイツを馬鹿に見せているが、ドイツは超ありえないほど考えている。ユダヤ人を殺すのは、ドイツ人にもアジア人にもロシア人にも共産主義者にも嫌われているからで、本当は日本人を殺したかっただけだ。ヒトラーは凶悪だが、賢い人間だ。
posted at 12:53:45
右翼がおかしく増えたのは、テレビの反動だ。テレビが白痴すぎただけだ。昔の戦争だけの帝国時代に戻っただけで、滅びたわけではない。ネットが反テレビの火付け役になっただけだ。
posted at 12:46:23
ネットの右翼を見ていると、この国はあまりに馬鹿で愚かだ。馬鹿なのに賢い右翼が多い。反論出来ないことを声高らかに言う。日本だけではない。アメリカも、北朝鮮も同じだ。みんな、あまりに低い世界になった。知性とレベルが低い。
posted at 12:39:54
テレビのせいで幻想につつまれているが、世界は変わっていない。政府は戦争がしたいだけだ。世界の方がテレビに適応出来ていない。テレビの方が大きい。ネットのせいで、さらにそれが際立っている。テレビにも嘘や虚偽の報道が多い。悪人には分からない。
posted at 12:34:04
本当は、日本なんか、テレビだ。日本が良く見えるのは、テレビがあるからだ。大日本帝国が悪かったのは、テレビがなかったからだ。あの時代、他国に勝つために軍事力をつけるだけだ。国民もそういう人間が多かった。逆に、テレビで日本は馬鹿になった。変わったようで、本質は変わっていない。
posted at 12:30:43
本当は、最近こんな馬鹿はいくらでも居る。ただ、みんな地獄を乗り越えるのが辛い。こんな馬鹿は増やさない方が良い。みんなが勝てないのは当たり前だ。
posted at 12:23:01
本当は、親が教師だから学校が要らないだけで、僕の場合例外的に学校がなくても賢くなった。こんな人間は居ない。
posted at 12:20:31
いじめられるのは、異教徒に見えるからだ。同じ人間に見えない。キリスト教徒には見えない。見るからにSuperflyと同じだ。
posted at 12:05:39
学校に行かなかったからといって自分は馬鹿ではない。中学校では優等生だった。
posted at 12:02:06
普通、対立と殺し合いが悪い。だが、それらも必要があって起きる。どうしようもなくなって、戦争は泥沼になる。そこが分かると、学校はない方が分かる。
posted at 11:57:35
学校に行くと、自分より学校のみんなが普通に見えてしまう。それらは何もしていないだけだ。平常通り生きている自分の方が本当は普通だ。自分の人生を普通だと思えば良い。人生は神による被造物だから、懺悔と告白をすれば、学校よりもはるかに良い人生になる。だが、宗教を信じろとは言えない。
posted at 11:40:37
要は、中学校の先に何かあるように見えて何もない。それなら、小学校の先には悪いことしか無かった。小学校なんか遊んでいるだけだ。それらは賢くない。何も知らない子供を騙しているだけだ。
posted at 11:36:19
要は、学校が賢いわけがない。意味のないことしかしていない。むしろ、僕は母親が教師だからこうなる。全部学校が悪い。
posted at 11:33:41
子供には、すぐに分かる子供か、あるいはいつまでも分からない子供しか居ない。すぐに分かる子供には何も分からない。いつまでも分からない中で頑張って分かるしかない。
posted at 11:28:43
本当は、障害者施設に行っているのもあまり良いことではない。みんなの税金で生きているからだ。きちんと自分で稼いだ方が良い。昔は自由で賢かったが、それは少年だったからだ。みんなに守られているから、制限のないネットの自由でも賢くなれた。経験が分かる中学生は自分だけの力で生きた方が賢い。
posted at 11:26:13
子供のごろは、友達みんなを家に呼んでゲームをして遊んでいた。それで、リーダーシップのある友達想いの平等な大人になった。だが、ゲームは悪い。ゲームのせいで、コンピュータ、インターネット、そして戦いが好きになった。気付いていないが、そうした時代の方が嫌われている。殺しがしたいだけだ。
posted at 11:20:57
昔の、楽しかった友愛の時代が好きで、だから中学校に行かなくなって、ネットで楽しいことをした。最近は、批判を許さずに先に自分のものにするが、それらは全て、楽しかった時代に戻りたいからだ。楽しいことが欠如しているせいで、我慢の人間になった。昔は自由だった。
posted at 11:18:33
自分は、自由が怖い。自由が怖いのを克服しなければならない。昔、制限のない可能性と経験の自由から、全てのことを自由に経験し、総じて分かり、体験と心で考えた、分別のある大人になることが多かった。自由は学校の逆だ。
posted at 11:16:15
この世界では、馬鹿なことをするのが一番悪い。馬鹿なことはしない方が良い。だが、それは何もするなということではない。将来に繋がる意味のあることをして、経験を積み重ねれば賢い。
posted at 11:13:59
学校が悪い。学校のせいで、すぐに馬鹿をやるようになっている。学校のせいで、大切な生まれ持った知性がなくなっている。高校に行かないせいで、僕は賢くなった。学校に行くと、本来あるべき賢い人生がなくなる。
posted at 11:12:30