「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2017-12-18

ツイッター

僕は、何も今の日本のことが分かっていないように見えて、今までの日本の歩んだ道と経緯のことを全部分かっている。この目で見たからだ。見なくても分かるようになった。昔の日本のことは、誰よりもきちんと分かっている。自由が良い信念なのは、いつでも確信している。自由が一番良いが、今間違いだ。
posted at 16:50:45
最近、自分のパソコンが遅い。ログインしても時間がかかるようになった。Linuxにも期待出来ないのが分かるから、何も思わない。そういう人間が多い。日本企業が堅実で軽いOSを作るなら、使う。ぜひ、作ってほしい。こういう人間が多いはずだ。そのうち日本が勝つだろう。
posted at 16:43:17
最近は、ネット無しでも分かるようになったが、昔はそうではなかった。ネットで発想や認識を知って、理解と現実を照らし合わせて、分かっていた。経験を自由に捉えながら、真実の世界、本当の世界を分かっていた。
posted at 16:39:16
革新性は終わりだ。ジョブズが死んだのに、まだジョブズの真似をしているのが、そもそもおかしい。
posted at 16:32:35
革新性より、助け合いと互助の精神を持った方が良い。自分が恩恵を受けたら、今度は自分が貢献すべきだ。
posted at 16:29:39
みんなと繋がるのは良いが、それだけでは意味がない。何か考えた方が良い。共同体のようなものを作るしかない。
posted at 16:19:52
Windowsを見ても、革新性は悪い。革新性という呪いがパソコンを駄目にしている。最近のWindowsは使えない。イノベーションと言う企業は駄目だ。
posted at 16:05:16
要は、革新性なんか馬鹿だ。オープンソースが革新性なんかしない方が良い。革新性はボランティアでは出来ない。もっと違うアプローチをした方が、結果的に良い製品になる。
posted at 15:58:59
要は、革新性なんかに貢献したい人間は居ない。使いやすく作りやすいものを作った方が良い。特に、オープンは作りやすいものを作るのが得意だ。それで、結果として革新性の高いものになれば良い。
posted at 15:52:14
本当は、バザール開発なんかどうでも良くて、個々の貢献したいという思いがLinuxを支えていた。だから、革新性のような馬鹿を目指すのが間違っている。堅実に、使えるシステムを作った方が良い。それがLinux的だ。
posted at 15:43:46
オープンソースの精神は、自分がソフトウェアの恩恵を受けるなら、自発的に自分から貢献する、ということだったが、最近はそれを忘れて、GNUの開発者をクズと罵るようになった。
posted at 15:32:55
オープンソースの問題点は、ボランティアの開発者が作っている。むしろ、Debianをボランティアがメンテナンスしているのは、ありえなく見えるが、善良だ。Debianを使えば良い。
posted at 15:24:17
最近の資本主義の迷走は何とかしないといけない。金でしか作れない代わり、金のことしか考えない。国民を奴隷だと思っている。
posted at 15:20:25
パソコンが馬鹿なのは、本来数学だったのに金になっている。資本主義はおかしい。だが、会社でしか作れないWindowsしかない。Linuxなんか、最初から何も出来ていない。
posted at 15:17:42
自分は王でなく、神との対話もしていないことにすれば良い。みんな、こんなことは出来ない。みんなは何も出来なくなっている。
posted at 14:59:43
ゲームが悪い。冒険や戦争をしているようで、仮想世界を生きているつもりだからだ。アニメや小説も悪い。Linuxが一番悪い。オタクは賢くない。むしろ、得体の知れないおかしな生物になっているのを覚えていないが、それは仏教が悪い。
posted at 14:53:01
学校に戻りたいと言うが、本当は戻りたくない。日本が嫌いになった。だからと言って、どこで生きるつもりなのか。ソ連を作るのか。そういうところで極端な発想をするのは、王をやっていないのに自分だけ勘違いして満足している。神を信じているが、本当は何を信じているのか、分かるのが怖い。
posted at 14:48:52
本当は、最初から、最終的にはみんなと同じ学校に戻りたかった。それが叶わなかっただけだ。子供になっているのは、神が子供に戻している。また、新しい人生を生きるのが良い。文章を書くのはしばらく続くだろう。
posted at 14:23:27
こういう人間は、作家になるのが良い。学校とは違う方法で勉強が出来る。Linuxは賢くない。文章を書くのをやめたいのも悪い。それも学校のトラウマが悪さをしている。学校より馬鹿な自分を許せないだけだ。
posted at 14:17:24
昔の自分を分かるために殴り書きを繰り返すのは、学校に戻りたいからだ。だが、それは間違いで、学校は本気で悪い環境だ。
posted at 14:06:35
本当は親が教師なのも影響している。全面的に学校を嫌いになることが出来ず、どこかで学校に戻りたいと思っている。だが、好きだったLinuxのことも本気でやりたかったから、後悔はない。
posted at 14:01:02
要は、明らかに学校に行くべきだったが、馬鹿な学校に行きたくない。それが過去のトラウマと合わさって、辛い適応障害を生んでいる。
posted at 13:56:35
本当は、高校で寮制の引き篭もりのための学校に入ったのに、行かなかったのがトラウマになっている。そして、Linuxが精神病を引き起こした。そこらへんが悪い。馬鹿な人間が馬鹿になる。
posted at 13:50:42
中学高校時代、学校に行かなかったのが、まだ尾を引いている。勉強をしなかったせいで、何も分からない。努力もせず、ネットで馬鹿なことばかりしている。
posted at 13:49:09
Linuxはいつまでもパクるだけで、自分で何も作れていない。どうしたら良いのだろうか?一度、デスクトップ環境の技術を作るのとは別に、デザインやメタファーだけを考える、オープンデザインプロジェクトを作って、基本的な決まりをデザイナーが作るしかない。
posted at 13:34:02
Linuxのデスクトップ環境はどうにかならないだろうか。
posted at 13:29:42
あとは、もっと軽くしてほしい。オープンにはしなくて良いが、技術は標準の規格を採用してほしい。Windowsは、きっとさらに良くなる。馬鹿な全面的な改良をするより、真面目に機能を整備してほしい。
posted at 13:15:02
Windowsの唯一の問題は、デザインだ。デザインがダサい。だから、デザインを刷新した方が良い。色んなデザインの候補を募って、上位20のデザインを公式スキンにした方が良い。
posted at 13:13:10
ビル・ゲイツは、僕は本当は好きで、ゲイツ王国は現代のローマ帝国だと思っている。Windowsは一日にして成らずだ。むしろ、Linuxも善良で革新的なOSだ。仲良くやるべきだ。
posted at 13:03:17
本当は、僕はみんなを拒んでいるだけだ。みんなが嫌いだ。みんなから自分を守るためにこの文章を書いている。二度と、そう二度と、恋愛はしたくないし、愛したくない。何かから守るために、米津玄師が言うように、本当はサタンからみんなを守りたかった。これが運命で、もちろんサタンは僕だ。
posted at 12:58:23
素材は、ただ使うだけでなく、どのように作ってあるかを見て、自分でも作れるようになろう。
posted at 12:43:23
昔は、人間の主観を疑う。細胞にはそれぞれの意志があると考えていた。
posted at 12:42:19