「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2017-11-06

ツイッター

進化した存在はルシフェルだ。イフリートやシヴァを召喚するようになる。
posted at 16:42:05
そもそも、進歩なんかしない方が良い。ロボット人間になって知性が無くなる。ルシフェルの未来だ。
posted at 16:38:07
生物の進化は、進歩すればするほど何も出来なくなっている。植物や虫の方がそれだけで生きられる。きっと、必要なものから生まれただけで、人間は正しい生命ではない。次に生まれるのは、より何も出来ない生命だ。
posted at 16:29:02
英語は悪くはない。たくさんの言語が話せると、言語の限界は高くなる。言葉遣いは多い方が良いが、少ないと自分独自の言葉遣いになる。
posted at 16:19:44
日本語は、言語の限界を高めれば分かる。ただ畑と言うのでなく、何かをする場所だと思えば良い。英語だけを話していると、こういう風に分かるようになる。
posted at 16:18:29
日本人は、前置詞を前に付ける。これによって言語の限界が高くなり、自然に事前に数学的に考えるようになる。
posted at 16:15:29
日本語には、はの意味が二つある。こんな国はドイツと日本だけだと思う。それで漢字を使うせいで、どこよりも正しい。言語の限界が高い。
posted at 16:11:47
ネットが悪いだけでなく、パソコンで何でも出来るせいで、やる意味がなくなった。パソコンは賢くない。
posted at 16:07:30
最近の日本人は、全部意味がないと思っている。楽しいと思わない。何もせず満足するのは狂っているのが、パソコンだ。
posted at 16:03:53
みんな、もう狂わなくて良い。今のままで、生きていれば良い。自分らしさを信じなさい。
posted at 15:43:54
レベル補正は、真ん中で全体を明るくしたり暗くしたりする。そして両端を変えると、そこが黒と白の終点になる。
posted at 15:31:51
事前に考えながら、多様な視点で相手の立場になれば、あとは分かる。放っておけば良い。
posted at 15:24:51
独自に経済学と心理学を作れ。世界の全てを捉えよ。
posted at 15:16:51
数学は、事前に作って分かる人間が出来る。
posted at 15:09:53
数学は、事前に全てを予測する。
posted at 15:07:38
写真は、一番明るいところから一番暗いところまであるが、暗い写真を撮った時には、写真全体が暗い領域に偏る。これを全体に引き伸ばすことが出来るのが、レベル補正だ。
posted at 15:03:19
歴史を振り返りなさい。
posted at 14:52:15
行動すれば未来は開ける。社会を生み出すのは、我々だ。ただし、我々と言っても、我々はここに居る全員であり、そこでは道を阻むものも居る。彼らの考え方を変えなければならない。だが、どちらの意見も、本当は正しい。
posted at 14:25:07
環境と自然から考え方を作り、何を視点として人間を捉えるかから、社会学を知れ。機会と偶然からチャンスが常にあること、居るのは自由に任された我々だけであり、世界は常に作り出されていることを知れ。
posted at 14:21:41
置かれている状況と目的から、その環境をどう変えられるのかを知り、どんな立場にある人間がそれを変えられるのかを知ることで、平等や自由による世界の変化の可能性を知れ。
posted at 14:18:10
対象が何なのかを考えるのではなく、その状態がどういう状態なのかを見よ。
posted at 14:13:06
可能性を保留することで、正しいか間違いかまだ分からない状態を維持し、どんな風にも実現出来るようになる。
posted at 14:10:25
社会的に言えば、ボトムアップの自由を正しいと思うことで、価値基準や判断基準が得られるが、同夜に、思い込みや勘違いを否定すること、自分の手で勝手に分かることで、物理的なものの見方が得られる。見方は七変化するだろう。
posted at 14:09:22
その作用があった時に、そこではどんな現象が起きるか、反対に現象はどんな作用から起きるのか、考えると物理的な力学が分かる。そこを自分独自にやっていただけだ。法則はそのまま正しさになる。
posted at 14:07:03
物質を、物質と物質の関係であるとした時、そこには相対的な作用があり、作用はそのまま原理となって、惑星の軌道のように、作用と作用の関係、原理と原理の関係となる。反応学はモナド学となる。
posted at 14:03:28
振る舞いを解釈して考える範囲では、ものは明らかにものだ。だが、物理はさらに真実を考えて、原子、素粒子量子力学まで考える。そこでは、我々は一人一人が星くずである。
posted at 13:58:43
僕は、理科の勉強をする。理科が分からない人間には、数学的思考は出来ない。理科をやっていると自然に哲学が出来る。みんなの方が賢い。
posted at 13:53:56
理論と現象がどちらが正しいのかは、本当は視点を変えて超次元的に考えられる。そのために、理論と現象を照らし合わせながら、自分の理解の方を変えていく必要がある。
posted at 13:39:13
何が正しいのかを考えると、事実と現象として観測されたものは全部正しい。だが、それを応用的に、別の場合でも成り立つかは、実験しなければ分からない。
posted at 13:36:35
原理が分からなくても、振る舞いから推察することは出来る。逆に、原理を分かっているようで振る舞いしか分かっていないことはある。
posted at 13:32:38
理科の勉強がしたい。
posted at 13:30:18
分かることで確かに分かると信じなさい。論理性と調和を信じなさい。
posted at 13:29:58
昔は、自由な中で社会がどのように分かっていくかを考えて書いていただけだ。人生の過程を分かっていた。
posted at 13:22:43
一人だけで全員を敵にすると、みんな自分に倒れて同じになってしまう。昔から僕がそういう馬鹿だ。
posted at 13:16:20
その人間が見ていることを、他人が見ると新しいことが分かる。多様性が欠如した日本のような社会では、何も分からない。
posted at 13:11:39
自由は、それぞれが自由にし、ただ放っておき、戦争し、何も信じない。
posted at 12:44:05
事後ではなく、地獄でした。
posted at 12:31:17
昔は、無限に分かると言っていたが、最近はこの世界にあるものは限られているし、無限に事後をやることは出来ないのが分かった。
posted at 12:30:59
レベル補正についてきちんと勉強した。山の両端を引き伸ばすことで、黒と白の範囲をきちんと合わせて、正しい階調の写真にすることが出来る。
posted at 12:04:38
最後まで考えるのでなく、途中まで考えること。か、か、と考えれば良い。
posted at 10:43:23
人脈を作るためには、人脈がある人との人脈を作ること。千人従えたいなら、義兄弟を作ることだ。
posted at 10:42:32
昔は、社会的な発想や考え方を全部作っていた。誰のものでもないものは平等だとか、イギリス人は閉鎖的な島だとか、イスラム教は砂漠の過酷な宗教だが一体感がある、などと言っていた。
posted at 10:41:28