「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2017-11-02

悪人は地獄に堕ちる。信じるものは救われる。だが、それはこのような救世主の人生を言っているだけで、本当は正しくない。
本当は、自分が悪いと思っているから悪いだけで、良いと思ってしまえば、何も間違っていない。
だが、自分の言葉に気を付けること。言う言葉を良くすれば、体験も変わってくる。
世界は、今のままで天国になる。見え方を変えるだけで、どこにでも神が存在し、全地が神を賛美しているのが分かるようになる。
日本の汎神論である「万物に神は宿る」と、聖書の「全地は神を賛美する」は矛盾しない。全てのものに神は宿り、また一人の神を世界の全てが賛美している。
心構え次第で、見え方は変わってくる。多種多様な見え方が出来る。それが真実だ。
思いこみを少なくすると、心が楽になって、他力になる。思い込みが増えると、心は怖くなって、自力になる。
昔は、そういう、「世界に対してどんな見え方が出来るか」といったことを、どういう見え方が出来るか、とか、見え方を吸収するとか、そういう風に書いていた。
愛と思いやりを書いていた。自由な優しさで、世界の全てを創造していた。
そして、世界がどのようになっていくか、といったことを具体的に考えていた。実際の世界の変化を経験的な視点から分析していた。
知を知っていく過程、知のあり方、知性の吸収と向上のようなことを、既に人生を全て知っている者の目線から書いていた。
また、経験と心の様相のような可能性を書いていた。
ネットの関わり合いから、存在の実在のようなことを考えていた。今という時を考えた。全員の中で自分だけが全てを知っていた。
場の回想から、世界の可能性と歴史を分かっていた。そして、自由な考え方で社会を作っていた。実体験の考え方で成り立たせて社会を分かった。
自然で宗教的な地球的意識を、場の回想で分かっていた。
あとは、「自然的知性」のようなものがあった。この世界の全てを、相対的な可能性である自然的知性で考えていた。それが自由だった。支配したくなかったし、されたくなかった。

ツイッター

僕は、時系列検索エンジンというものを作って、ネットの情報を時間で把握し、今どこのサイトが新しくなったか、といった情報から、まるでツイッターのようにタイムライン的な検索が出来るようにすると良いと思う。
posted at 19:04:50
テレビは、映像アーカイブのようなものを作って、過去に撮られた映像から再度見る価値のあるものを残して誰でも見られるようにすれば良い。昔は、そういう、パソコン的な発想から世界の全てに対する提案を書いていた。カーシェアリングのように、再利用をベースに考え方を成り立たせていた。
posted at 19:02:59
昔は、予想や実現など、考え方のようなことを言っていた。存在する、変化する、関係する、予測する、実現する、創造する、利用する、再度利用する、などとしていた。社会については、具体的なことを考えていた。
posted at 19:01:26
僕は、アニメや漫画は昔の方が好きだが、音楽は今の方が好きだ。
posted at 17:42:03
最近、またPerfumeを聴くようになった。コバソロは穏やかで良い音楽だが、良い音楽は刺激が少なすぎる。Perfumeには刺激的な音楽が良い。刺激を求めるなら、僕はコバソロよりPerfumeが良いと思う。
posted at 17:41:00
昔は、提案や意見、そして主張のようなものを、完全に世界観の構造と根拠を全部分かって書いていた。文章と頭の中で全部分かりながら、あらゆることに対する森羅万象的な発想を書いていた。
posted at 17:31:54
このように世界を創造することは簡単だが、そうなることが難しい。僕と同じになりたいなら、みんなのことをみんな以上に愛すれば良い。それだけで、創造者になる。
posted at 16:34:01
狂った人間は、死を乗り越えるべきだ。それで狂いが治る。地獄になっても、自らの道を信じよ。きっと、全てが逆になったようで、本当は何も変わっていない。自らの遺伝子を誇りに思え。
posted at 16:33:08
死を乗り越えるためには、別の形で死を乗り越えるしかない。地獄に見えて、正しいことをしているのが、統合失調症だ。
posted at 16:30:41
怖いものは全て死である。本人が死を死だと認識・自覚していないだけで、死を目指したり、死を望んだりすると、人は辛くなる。死を死だと自覚しなければ、人間は救われない。そのためには、悪魔のような体験は全て死である、ということを自覚しなければならない。
posted at 16:28:50
ある意味、AKB48はもっと演劇的な要素を取り入れるか、オーケストラ的な要素を取り入れると、モーニング娘。的なアイドルの限界を超えられるような気がする。今少し思いついただけだから、批判しないでほしい。
posted at 16:27:28
秩序がなくなれば、いつシリアのようになるか分からない。いつでも、そうした「戦争への危機感と緊張感」は必要だ。
posted at 16:26:03
おそらく、危機感があることは悪いことではない。危機感がなければ、みんなは自分勝手になる。危機感と緊張感があることで、全ては成功し、上手く行く。そのためには、自由にした方が良い。だが、綿密な下準備は必要だ。ただし、準備されているからといって、それで無秩序にならないこと。
posted at 16:25:38
だが、この星、地球の中にしか、この世界にあった全ての現象は存在しない。地球の家族として、僕らはいつでも世界全部を共有して生きている。その世界全部は、決して誰のものでもないはずだ。青空が誰のものでもないように、地球はみんなのものだ。
posted at 16:24:19
問題は常に生きている。そして、作り出されている。
posted at 16:23:17
平和だと感じていなかったとしても、平和はそこにある。戦争も、自由も、格差も平等も同じだ。感じていない、自覚していなくても、問題は常にそこにある。今、生きている。
posted at 16:23:01
空にも意味はある。風にも意味はある。存在にも意味はある。神にも、民衆にも、意味はある。あまり意味がない、ということも意味である。
posted at 16:22:18
経験と認識を作ることで、経験から意味を知り、認識から何が何なのかを知り、目的に応じて手段を知り、根拠がどこにあるのかを知る。そこから、たくさんの豊富な可能性と、一つの大きな原理が見える。昔は、意味を哲学的に考えていた。サルトルのように、何が何に必然的になっていくか考えていた。
posted at 16:21:40
今のAKB48のようなアイドルグループは、全員を平等に踊らせているが、僕は彼女らがMV上で役割分担をすれば良いと思う。右で踊るもの、左で踊るもの、後ろで踊るもの、といったようにする。楽器を持たせればオーケストラのようになるが、踊りの振り付けや衣装をそれぞれ変えても僕は良いと思う。
posted at 16:19:13
また、経験が社会的に何を意味しているのかを良く考えていた。その経験が、何を意味しているのか。いじめを否定するなら、そもそもいじめとは何か。そういう、そもそものところを経験的、体験的に分かっていた。そして、みんなと同じ体験をすることで、世界の存在意味のようなものを考えていた。
posted at 16:16:59
昔は、目的や意図から意味を考えていた。何かをしていることが、その目的によって、それを「している」という「意味」になる。社会的な目的、環境的な目的も同じように考えた。そして、目的から、哲学的段階を知り、全てを「それをしたくてしている」という意味に捉えていた。
posted at 16:16:03
学校なんか行かなくて良い。子供と付き合うより、社会を経験して大人と付き合った方がはるかに楽に賢くなる。学校は、中学高校の期間をもっと自由に、学校以外で過ごせるようにした方が良い。自由と言うよりはフリーだ。フリー高校生が流行になるぐらい、学校に行かなくて良い社会になった方が良い。
posted at 15:40:22
本当は、宗教とは壮大な恋愛のようなもので、神を信じるとは、神に恋することを意味している。
posted at 15:38:45
救うために必要なのは、むしろ、適切にネットと付き合いながら、自分の主張したいことをはっきりと言えるような、そういう「魂の練習場所」を作ることだと僕は思う。魂と言うと宗教的だが、コミュニケーションや人間関係の練習場所と主張の経験が必要だ。自分の意見をはっきりと言えるようになれ。
posted at 15:36:32
今の子供たちは、まともな学校というものを知っているのだろうか。ネットを見ていて思うのは、学校というものに全く意味がなくなり、子供たちは授業中にツイッターをしている。僕は、むしろ、可哀想だと思う。まともな学校を知らないのも可哀想だが、それで学校に行かなければならないのも可哀想だ。
posted at 15:31:06
世界はいくらでも改善出来るとか、経緯を共有することで見え方が変わり、集積することで改善から発展出来る、などと言っていた。
posted at 15:27:35
メタトロンは、きちんと真面目に頑張っているが、馬鹿だ。治ることばかり望むせいで、今自分がしていることがまさにすべきことなのが分かっていない。
posted at 15:22:50
別人になると、まともで楽な普通の人間になる。カマエルになる。11月に終わって、12月に始まる。
posted at 15:18:44
女から男になると、逆が治る。男の逆が女だからこういう風になる。
posted at 14:14:34
分かろうとしている時に、途中でやめようとするな。欲張るからそういうことになる。
posted at 14:04:58
もう分かったから、あとは過去を振り返るだけだ。昔は、そういう風に振り返って分かっていた。昔の学校時代を回想して世界を分かっていた。
posted at 14:02:53
地獄になったのは、逆しか出来なくなったからだ。治すのをやめて色んなことをすれば治るが、実際は何をしても治らなかった。
posted at 14:01:26
逆が死ぬと、自由になる。長い間自由が無かったが、頑張って逆の制限を堪えた。
posted at 13:58:43
あとは契約のようなことを考えていた。
posted at 13:52:27
そう、観念が何からどのように生まれるかを書いていた。そして、世界を心理学的に成り立つようにした。
posted at 13:48:50
男は自分から恐怖を選ぶが、女は支配する。
posted at 13:46:08
価値が生まれ、社会が生まれる、その全てに価値がある、と言っていた。そして、モデルや発想や発展を書いていた。
posted at 13:45:33
自分は、今までと全く違う人間になる。子供は、何でも楽しむ人間が多い。
posted at 13:44:28
自分は、全ての認知行動が逆になっている。それは、死にたくないからだ。
posted at 13:43:38
みんなと同じ体験をして、みんなを愛して分かっていた。全ての体験に価値がある、自分のためになると言っていた。
posted at 13:42:54