「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2017-10-20

必然的に、人間がどういう人間になっていくか、のようなことを考えて、学習や習得を知り、自由になって分かっていた。
悪い支配者は分からなくて良い。もっと、草の根から、それもネットのような玉石混合の世界ではなく、みんなの自然な繋がりから分かった方が良い。
昔は、全ての学習をして分かっていた。
ネットを倒すためには、別の方法でこの世界と繋がる方法を見つけることだ。ネットは何でも言いたい放題言える代わり、普通のことを言わない。もっと普通のことが言えるメディアを作らないといけない。もちろんマスコミも悪い。マスコミは、民主主義を徹底したいあまり、頑張っていない方ではなく、頑張っている方を貶めてしまう。
一度、政治もマスコミもネットも意味の無い世界にした方が良い。
アメリカには、新しくて賢いものが多い。ヨーロッパには、賢い人間が多い。ロシアは、社会そのものが賢い。中国には、独自の賢い文化がある。日本は、全く違う異質の文化がある。インドは、本当にそこまで賢いものが多い。イスラムには、賢い神が居る。
それらは、それぞれが賢くて、どれが優れているとか、優劣を決めるものではなく、また、矛盾するものでもない。
共存しながら、融和し、その上でそれぞれがもっと優れたものへとなっていくと同時に、新しい文化となってほしい。
だから、僕はあえて、それらを無くし、世界政府とするのだ。
昔は、自由や機会を考えて、そこから自由な社会を成り立たせていた。機会を良く考えることで、神のように、あるいはサルトルのように人生と社会の可能性を分かっていた。
自分は、一度出来たことがもう一度出来るようにすると、脳が治る。脳は、一度出来たことが出来なくなっておかしくなっている。
また、これ以上治さない方が良い。むしろ、全てを消し去って治そうとするのはおかしい。それは残したままで、逆に普通の行動をして増やすべきだ。だから、治そうとするのではなく、治すと言う発想をするのでもなく、治すのを忘れて、普通の生き方をすれば良い。それですぐに完治する。
昔は、人生を書いていた。苦しみに耐えて人を許し、理想を信じて賢くなった自分の人生のことを書いていた。
美しい人生ではなくても、最高の誇れる人生だった。
みんなは、理想を信じた方が良い。僕自身も、「理想」と言う言葉を忘れている。
今の日本に足りないものは、「理想」だと僕は思う。
理想を信じることで、賢く分かり、悟ることが出来る。
理想は世界を変え、自由な平等を創り出すことが出来る。
理想はアメリカやロシアではない、もっと賢い「自由な中で人々が自然に協調する調和」を知ることが出来る。
理想は、人間の分かる部分であり、成長する部分だ。
理想を信じないものには、分からない。暗闇の中で永遠に地獄を彷徨い続ける。だが、理想を信じたその時、光が現れ、黒いものは全て白くなる。
だから、最後に理想を信じること。それが大切だ。
脳は、同じことが出来なくなっているのもあるが、みんなと同じになって、みんなを馬鹿にするものに反抗すれば賢くなる。
世界は、放っておいても左翼にならないから、僕は強制的に左翼にする。
人を頼るのは良いが、依存しないこと。自分が知らず知らずのうちに他人を依存させていることもある。それは気付いてあげないといけない。
大学は賢くない。大学の数学をやっていると、何もしたくない人間になる。何も出来ない馬鹿な人間になる。
僕は欅坂46というグループが好きだが、YouTubeの新しい動画を見て、ちょっと拒絶感があった。嫌いになったわけではないので、安心してほしい。