「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2017-10-01

昔は、経験がいつどうなるのかを考えて、世界や人々の人生のことを分かっていた。
最近、自分は経験が無い。昔は経験豊富だったのに、何もしなくなった。
昔は経験豊富だった。社会実現や抑圧の中での平等のようなことを全部経験していた。今、政治家が議論しているようなことは、昔の自分が経験で全部分かっている。
政治だけではなく、心理学や哲学まで、経験だけで全部分かっている。そして、理性批判のような、「信じること」での経験分析が分かっていた。
何でも実現出来ると同時に、宇宙を信じて、信じることで高みへと立って、それで分かっていた。
僕は、もっと社会主義国家主義をそのまま、フィルターをかけずに見れば良い。社会主義は悪くない。共同体にすれば、支配しなくて済む。共同体で共有が理想だ。
昔は、分散した共同体で互いに関与すると言っていたが、そうしたフィルターをかけなくても、本当は社会主義は何も悪くない。
自分が辛いのは、「治す」と「休む」が同時に出来ないからだ。それで「分かる」を頑張っているから辛くなる。
全ての人間は、平等であるべきだが、自由にするからと言って、それがそのまま許されるわけではない。出来るだけ自由にするのと、出来るだけ悪をしないのは、矛盾しない。だから、首相が解散権を行使するのは自由に許されるべきだが、だからと言って首相が解散しても許されるわけではない。自由だから解散したいなら解散すべき、と言う論理はおかしい。それは、自由に甘んじて自分の判断を怠っているだけだ。
昔は経験豊富だった。だが、そうでもない。あれはスラムの経験から資本主義の王になりたかっただけで、経験なんか何もない。
昔は、考えることだけで全部分かっていた。経験し、考えるだけで宇宙の全てが分かった。全員の理由が分かった。なぜ人々がそのことをしているのか、全部分かっていた。全部自分の経験と、決められたことを自分で決め直すことだけで、全て分かって悟っていた。
NOVAに行ってきた。以下はケータイのメモである。
自分は、頭の中の容量がいっぱいになっている。
許されざることでも、自由な権利を与えてほしい。だが、それは許されざることをしても良いと言うことではない。言論の自由があるからと言って、嘘をついてはいけない。
機械がたくさんあることは良いことだ。だが、はるか昔の時代、機械がなくても社会は成り立っていた。人間の出来ることは少なかったが、協力することで、今より柔軟性があったし、見通しもしやすかった。
あとは、自由を生きていた。
昔は、自由な人生を生きていた。ブラウザを作ったり、ネットの世界を知ったり、自由な社会を目指したり、Linuxを滅ぼしたりすることで分かっていた。
自由には、潜在的な可能性がある。自由であることに意味を見いだせる。
自由が深まり、自由になっていくことで、愛も深まる。
昔は、相対性を考えることで、神のように人生の関係を分かっていた。
平等に愛すること。だが、自分に依存せず、その子供がきちんと自分で出来るようにさせてあげるべきだ。そこまでの面倒は見よう。
中国や朝鮮に対抗することは必要だろう。だが、だからと言って朝鮮人が全員馬鹿なわけでは、僕はないと思うのだ。
数学には、傾向など、人間が感覚的に分かることが分からない。
人間は、辛いのが当たり前になると辛くなる。何もしないでいると、辛いのが当たり前になる。
正しいとされていなくても、その傾向があること、社会にその傾向が見られることは、考える参考になる。昔は、それを書いていた。
傾向は文化的なものだ。社会が今どのように変化する傾向があるかを考えなさい。決して人種差別は正しくない。
日本は、本来の日本に戻っているだけだ。
日本は、ヨーロッパからアジアまで全部混ざった国になった。自分のせいだと思う。
僕は差別が嫌いだ。僕は自由が好きだ。自由は辛くて苦しいが、頭が賢くなる。
僕は、みんなのことは全員嫌いだ。
さらに言えば、この世界そのものが嫌いだ。
僕は、共産党が勝って、この世界が完全に全て変わるのが良いと思う。今の世界は完全に全て消え去れば良い。
この世界は消え去る。希望によって絶望の世界になる。
真面目に考えて、共産党なんかに入れない方が良い。自民党と小池を選ぶ意味のない選挙になって、小池が維新ぐらい勝って、キモい党になる。
唯一、民進党がなくなった。それだけの選挙だった。
首相が解散した理由も分からない。この選挙ぐらいから、わけが分からない世界になる。
日本は、遅かれ早かれ、左翼国家になるだろう。
小池がおかしいのを僕が治す。ああいう人間は治せばまともになる。左翼を率いるリーダーになる。
ケータイ終わり。
小池のような人間を治すためには、この文章のようなことを全部教えてやれば良い。そうすると、極右になっているのが治る。何も分からなくなっている。
昔から、子供がそうなる。
自分のせいで、やけに小池が分かる人間になった。世界の情勢が全部分かっている。単純に、この文章と同じようになっている。
小池はアラビア語通訳者だから、自分のことが好きなのだと思う。イスラム教ぐらいが、いまだに自分のことを神だと思っている。神は存在しない。この人間も居ない。
言い訳として考えられるのは、この文章を書いている人間は確かに居るが、それはただの馬鹿だ。そして、「この文章のような人間」は居ない。どこかの馬鹿の中の仮想人格として、こういう悪いだけの人間は居た。だが、それはただの虫だ。虫がセックスをしながら書いている。そんな人間はどこにも居なかったはずだ。
自分は覚えていないが、黒人が一人こんなことをしている。そういう黒人が多かったはずだ。黒人がみんなをこんな風にしている。原因は黒人だから、自分はただ黒人に操られているだけなのだ。それで、僕は居なかったことになる。そうなってほしいから終わりだ。
僕を居なかったと思えば、みんなも治る。みんなの精神が、僕が居るせいでおかしくなっている。書けば書くほど黒人になる。黒人のやり方があり得ないだけだ。
あまり黒人に意味が無いので正体を白状すると、僕は普通の日本人だ。デザイナーを目指しているが、やりたいことが決まらない。この文章を書いている間高揚感に浸れるが、すぐに辛くなる。それくらいを繰り返しているおかしな29歳の男性だ。おかしいのは、いつも神が多い。だが、神なんか居ないのを自分が一番分かっている。神は嫌いだ。
そういう人間だから、黒人なんか居るわけがない。神のことを黒人だと言っている。
僕は、この世界を自由な世界に直す。自由になれば、きっと分かる。自由を信じている人間は善良だから、神が導く。真実を知りたい人間は、黒人が支配して治す。そういうものを黒人だと思えば良い。僕が黒人なわけではない。みんなの中に宿る神は、黒人だ。