「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2017-08-04

今日は、福山まで行って帰ってきたので、少し疲れた。
僕は、昔から、古代ギリシャやナポレオン、明治維新など、社会の革命期や繁栄期、動乱期、転換期に憧れる。
日本にも、明治維新と言う時代があったが、明治のことをもう少し知っても良いかもしれない。
昔は、人間性によっていじめを考えていた。人間的な社会にすることで、いじめは自由なままでも解決出来ると思っていた。
科学のことを、自分の経験から、「なぜその教えている内容が賢いのか」と言う、正当性で分かっていた。
自分は、もう8月で29歳になる。今までは馬鹿ではない。これぐらいが出来れば、あとは出来る。
僕は、一人、賢い人間を決めて、その人間のことをやっても良いと思う。
作家なら、サンテグジュペリゲーテドストエフスキーなどが居る。美術家ならラファエロやベルニーニ、音楽家ならベートーヴェンホルストショパンなどが好きだ。
ギターが好きな父親世代なら、ボブ・ディランでも知れば良いだろう。モネやルノワールを美術系の大学で習う人も居ると思う。
30歳ぐらいになると、そういう賢い人間を一人決めて、その人間のことを知りたいようになる。
むしろ、誰かのために頑張りたい人間が多い。そして、自分の生まれてきた意味を遺したい人間が多い。僕も、そこらへんをきちんと出来たと思っている。
ただ、僕はまだまだだ。絵なんか描き始めだし、プログラミングはオタクの初歩レベルだ。ピアノも習っているだけの子供レベルだし、小説なんか書きたくて書いた素人に毛が生えたぐらいのレベルだ。
だが、僕は、長い目で見ると、むしろ、良いと思う。賢い才能をつける最初の段階をやっているように見える。
昔の自分が賢かったのは、青春で、強くて、自分の目で社会のダイナミックな動乱期を生きて、色んなことを考えた、ブッダのような人間だったからであって、ブッダは何も賢くない。ブッダを賢いとは言うが、ブッダは賢くないのが僕は分かる。
祖母の体調は良くなかったが、まだ亡くなったわけではなかった。母親の母親なので、母親が泣いていた。
あとは、昔は自由から平和が生まれると言っていたが、最近の僕が思うに、自由では社会を全体的に改善することは出来ても、一人の指導者の自分のような賢い人間には敵わない。
ある意味、自由で考えるのは悪いことではない。だが、自分の手で努力した人間が見ると、自由で改善したとしても、それは小手先の改善であって、魂のこもった改善ではない。魂のこもった救世主は、不可能を可能にする。そのために、自由でない国が生まれるのは、悪いことではない。
そうだなあ。もう少し、大人になった方が良い。そして、作家にはならなくて良いが、夢は多い方が良い。どれかが出来るとは言うが、もう少し、違う考え方をした方が良い。
日本人の悪い点は、もっと人間性のある社会になれば、いじめはすぐに無くなる。人間性のない社会だから、いじめが起きる。テレビ、漫画、音楽、全て人間性がないのが悪い。パソコンは、人間性以前に、知性すらない。そのせいでどんどん馬鹿が増えている。社会全体の風潮は、すぐに子供が敏感に感じ取る。この社会がおかしくなっている。自分が見て、人間性のある社会にすれば、すぐにまともな学校になるだろう。
昔は、全世界を知って、経験と理性で全員を分かった人間だ。そこらへんが書いていない。オタクからスラムまで、全部見ていた。全員、自分の経験から分かった。ウィトゲンシュタインのような人間だった。社会のことは、オープンソースから分かった。現状を良く考え、妥協せず、大胆だが慎重に考えることで、この世界の全てを知っていた。
それから、本当に良い人間だった。神のような愛でみんなのことを許し、客観的に真摯に考えることで、仏のように自由な人生を開拓して、正しく考えることで分かっていた。「考えなければ分からない」と言っていた。
今日は、剣道、書道、駅伝、ミニ四駆の文章をホームページに書いた。
自分は、強くなれば良い。強くなれば、すぐにこの世界の恐怖に勝てる。
本当は僕は弱くない。きちんと強い。昔は、ネットを見て強く生きる人間だったし、最近は永遠の中で試練を強く耐えていた。
弱いフリをするから馬鹿になる。
みんな、分からなくなったはずだ。僕は、もう居ない。
明日も、出来たら会いましょう。でも、もう僕は居ないかもしれません。