「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2017-07-06

自分は、最近毎日作業所に行っている。もうニートではなくなった。
もっと、デザインを極めたい。そのために絵の練習をしたいと思う。
昔は、感覚と認識を辿って分かっていた。
感覚的に分かるようになると、もう、分からなくなる。逆に、それで賢くなる。分からない人間の方が賢く分かる。
昔は、最低限の感覚から出発して、この世界の全ての経緯を書くような、そういう宇宙の全てのような文章を書いていた。
自分は、世界を倒した。
世界は、昔は虚無だったのが、今は不安になっている。良い人間になった代わり、辛くなっている。
世界を、不安から虚無に戻せば良い。そうすると、楽になる。虚無に戻ると、ガンダムのような面白いものが生まれる。
自分と他人の関係を考えながら、自分の体験を考え、見つめなさい。
みんなと同じことを分からない方が良い。みんなと違うことを分かった方が良い。そこからみんなと同じことを比べることで、「認識のフィルター」が生まれる。だが、みんなと違うことを分かるため、考えるため、知るために、みんなと同じことを分かるのは、とても有用だ。
北朝鮮ICBMを発射成功した。日本が標的や戦場にならなければ良いが、レッドラインは越えたはずだ。日本は、もし核弾頭付きのテポドンが日本に落ちたとして、日本が降伏した時に、北朝鮮強制収容所に日本人が入って、北朝鮮の人民と同じように洗脳されられるのが悲惨だと思う。あんな風に洗脳されるのはありえない。アメリカは、核弾頭付きのICBMが完成する前までに北朝鮮と戦争がしたいはずだ。だから、きっと戦争は起きると思う。もし日本が戦争出来る国だったとしたら、もう始まっていてもおかしくはない。
昔の女性は、家でたくさんのやることがあったが、今は機械製品が多いせいで、家でのやることは少ない。だから、近代化と女性の社会進出は切っても切り離せない不可分の関係にある。
僕は、自力で日本を支配したありえない人間だ。
昔は、社会モデルを想像力で作っていた。色んな社会を成り立たせる、発想と応用のモデルだった。
環境のモデルを作っていた。環境を知ると同時に、手段、機会、パターン、協力などを知っていた。何でも実現出来た。
社会と環境のモデルとともに、経験があった。昔は、それだけの人間だった。

広告を非表示にする