「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2017-05-30

ツイッター

なぜ、そんなに世界を変えることに拘るのだろう?変えられたからって、何も良いことは無い。
posted at 21:12:02
ああ、僕の悪夢がまた始まった。もう終わりだ。
posted at 21:10:28
僕は見栄っ張りなのだろうか?
posted at 21:09:56
結局、何もしたくない。
posted at 21:09:39
つまらない。普通、これ以上は、自分で体験して、自分の力で社会を知って、一つ一つ気付いて分かるだけだ。
posted at 21:09:16
僕が思うに、ありえないことが起きる。
posted at 21:08:52
結構、こう見えて意外と男らしかったりするのが自分だ。
posted at 21:08:25
だから、馬鹿は自由を否定したがる。自分の頭が馬鹿なのを前提にすると、その方が分かる人間の方が多い。
posted at 21:07:56
だから、自由とは、自分の頭が賢いことを前提にした、行動が単純な幼稚な生命だ。
posted at 21:07:34
自分なりに分かるのであれば、一人だけでは分からないものだ。それは、バランスだろうか、極端だろうか?何をバランスだと思い、何を極端だと思うのも、その人の自由だ。
posted at 21:07:09
だが、その正しいとされている根拠は、ほとんどがでっちあげと思い込みといい加減だ。
posted at 21:06:35
本当は、「正しい行動とは何なのか」と言うことを、教えてあげること、一覧や概要として誰にでも理解出来る形に整理してあげることなのだ。
posted at 21:06:11
逆に、自由に放置された方が、間違ったことを間違った思い込みから自然にしてしまうものだ。
posted at 21:05:38
強制されることで、逆にしたくなることだって、あるだろう。それがモチベーションと言うものだ。
posted at 21:05:16
思い出は、きっと人々を殺す。
posted at 21:04:58
ヘーゲルの人生論は、人生で思うことを言っているだけで、哲学的に何の一つも賢くない。
posted at 21:04:39
本当に社会を良くしたいなら、禁止すべきものはどんどん増えていく。本当は、禁止するか、しないか、ではなく、誰がそれをするのか、どのようにそれをするのか、と言う、「個人性」である。
posted at 21:04:12
ある意味、自分が本当にしなければ、自由の意味、自由な権限の意味、自由に社会を作り出す意味のことも、分からないだろう。強制や押し付けを否定することが、主体性を生み出すことになるかどうかは、本当は分からない。強制を自分から選ぶことだって、出来る。
posted at 21:03:33
きっと、僕は停止しているから分からないのだ。きちんと試す環境があれば分かる。きちんと人々の意見を聞かないから分からない。
posted at 21:02:42
本当にそれをする形態、正しいとされる形態はいくらでもある。教科書を暗記して正しいものか判断するより、簡単なのに、誰も出来ない。
posted at 21:02:14
最初から、「間違ったロボットになること」を目指している。なぜなら、それで世界中を破壊している。
posted at 21:01:37
だが、欲望を捨てることで、心は楽になるだろう。
posted at 21:01:10
本能を拒否するな。
posted at 21:01:00
今、伝わらなくても、きっといつか伝わるさ。嘘は、何一つ言っていない。
posted at 21:00:44
また、文章を作っていくだけではなく、そこで流れている時間の流れを考えると良いだろう。
posted at 21:00:22
だから、もっと国のこととして分かるのではなく、方法や形態として考えれば良いのだ。昔の自分は、それが得意だった。
posted at 21:00:06
毎日苦労しているのは、結構苦労している。青春のようで、楽しいわけではない。でも、形のないところから形のあるものを作って、自分の思考回路を整理するのは、結構、悪い作業ではない。本当のことは、神様しか知らない。
posted at 20:59:41
そうだね。
posted at 20:58:45
うん。でも、きっと僕は愛の話をすれば、良いことを言えるだろう。
posted at 20:58:40
はは!アメリカやフランスの良い点は、きちんと出来る人間をそれぞれが認めて見極めて考えるだけだから、アメリカは一番出来る国だ。今、トランプ大統領が変な方向に行っているだけで、本当はもっと賢い人間を見極めて選べられないのが悪い。賢い人間が居なくなったのは、IT機器のせいだ。
posted at 20:58:25
きっと明日は良い日になる。僕が笑って、あなたが泣いてくれるはずだ。
posted at 20:57:20
政治の話はどうでも良いから、楽しい話をしよう。
posted at 20:57:05
終わりだ。お別れの言葉としては何だが、僕は「あなたに次をよろしくね」と言って終わりにしたい。
posted at 20:52:02
これで終わりにしよう。本当は、アメリカと言うよりはフランスだった。友愛と理性を信じて、批判と変革を信じる。進歩的で、一つ一つの問題を越えていく。独創的な発想をみんなでし、社会的に試す制度を豊かにする。そういうフランスが多かったのに、アメリカのせいで忘れてしまった。
posted at 20:51:34
分からない。だが、本当はもう分かっている。神が悪いだけだ。
posted at 20:50:16
分からない。僕は、最近、そういうモデルのことを考えなくなった。普通に平等な世界にして、誰かを殺すような法案は作らない方が良い。ソ連を監視国家と言っているが、今から民主主義はソ連以上の監視国家になるだろう。何かをやった時点で処罰するのは、自由のない貴族・階級国家に劣る。
posted at 20:49:55
分からない。むしろ、ドイツは理性として正しいし、ロシアはきちんと判断しているだけで、悪いのはアメリカだ。何も最初から能力が無いのに、自由にみんなにやらせるせいで、制度から現実まで全てが異常で劣悪なものになる。賢いところには、人種差別ばかり多い。
posted at 20:48:45
現実を見ると、自由が正しいように思えるが、間違っている。自由は、みんなが自由なように見えて、あなた一人がロボットのように洗脳されているだけだ。
posted at 20:47:55
むしろ、単純な国の方が賢いとか、全員ロボットにするのはきちんと正しくやれば最高の国になるとか、権限の自由にする形態は多様にあるとか、どこから誰の意見を持ち寄って、モデルをどのように成り立たせるかなど、色んな国の在り方を言っていたが、欠けているのは現実を見ていないことだ。
posted at 20:47:15
僕が思うに、一人の指導者が全部出来るようにしながら、それぞれが国に従って意見を出し、権限と自由意志・存在の柔軟性を持ちながら、普通悪とされることを善だと考えるようにすれば、そんなに自由と平等に分かれなくても良いし、戦争もしなくて良い。きっと、良いモデルが作れるだろう。
posted at 20:46:15
ある意味、ドイツは権限を考え、ロシアは不可能に挑戦し、アメリカはそれぞれの自由に任せる。それが、真理だ。
posted at 20:42:49
まぁ、そんなに国や思想に分かれて戦っても、意味はないさ。「ドイツ」をNGワードにした方が良い。ドイツはおかしい。
posted at 20:37:07
だから、きっと必要なのはドイツ人とロシア人だが、ある意味、アメリカ人はきっと最高の民族だ。完全に自由にして、何も考えないのが、一番色んな人間が考える。本当は、それが美しくて、憧れていた、アメリカ人の信者が自分なのだ。アメリカ人は天国に行ける。ドイツ人とロシア人は、地獄に堕ちる。
posted at 20:36:35
要は、パソコンがドイツで、神がロシアだ。状況を分析し、実例を知り、感覚をあてにしながら、どのようにしたら良いか考える、それがドイツ人だ。逆に、ロシア人は、分からなくても挑戦し、全体の構造を作って一つ一つを批判していく。ロシア人のようにやると、何も出来ない国になる。
posted at 20:35:34
終わりにする。漫画っぽい面白いことが書けたかもしれないと、悦に浸っている。
posted at 20:25:37
要は、可能性の全てが分かっていた。分からない子供なりに良く考えた。僕は、その時期にあった全ての体験で、神のように完全に分かっている。それが、僕の目指している神だ。今から、みんな、それが出来るようになる。だが、何も普通のことが分からなくなって知性が消え去る。ドイツがそうなるだろう。
posted at 20:25:20
本当は、昔の自分はこれ以上を本気で考えた。アメリカのように、最高の頭脳で正しい社会の作り方が分かっていた。だが、その多くは左翼を作り直しただけで、子供っぽくて、難しいことは誰でも簡単に出来るのが分かっていない。賢いことが全て分かっているのに、そこに至る馬鹿なことを何も知らない。
posted at 20:21:26
その通り、天使も悪魔も死んだから、僕はもう本気で分からない。この世界が好きだったが、好きだと思っている全てのものが嫌いだ。僕のオヤジに良く似ている。オヤジも、自分が本当に憎んでいるものしか、愛していない。賢い家族だった。
posted at 20:09:01
昔のことを思い出そう。自由には責任とノルマが必要だ。きちんとやることが、あとになって良いことに繋がってくる。だが、無責任で強制する自由には、何もない。だから、自由と平等はバランスが必要で、自由には責任、平等にはノルマの達成が必要なのだ。
posted at 20:08:12
僕は、もう、何もしたくない。自分の自由を放棄し、みんなのためにささげる姿勢は、自己犠牲としては完璧だが、政治のやり方としては完全に間違っている。優しさでは良くならない。相手に対して、強く出ること、大切な人々を守ることも必要だ。この天使は、人々を責任もって守ることが出来なかった。
posted at 20:02:58
ここから先、みんなの力で未来を変えるべきだ。ある意味、ドイツがやりたかったのは、それだ。だが、むしろ、左翼は左翼で、良い集団だ。いつまでも考えていると、何が無意味なのか、経験から分かるようになる。そういう風に分かるのが、一番物理的だ。
posted at 20:02:01
今見ると、僕はとんでもないことを言っている。みんなの自由を奪い、全体主義を強要して、人々を奴隷にし、地球全体をロボットにしたい、と言っている。本当は、それぞれが強制や洗脳なく、自由に生きられるべきなのだ。だから、本当は、アメリカの大統領になるべきだったのだ。悪魔の天使は死んだ。
posted at 19:57:45
昔から、悪魔が一番怖かった。自分を洗脳し、みんなのことをロボットにする。悪魔が好きだった善良な人間たちが、人間を脳だけのロボット人間にする。それが、今から先、起きるだろう。その頃、僕は天使としてではなく、悪魔として生きることを与儀なくされているはずだ。もう、死滅だ。
posted at 19:53:55
さらに、終わりが訪れる。神は、悪魔を滅ぼす。
posted at 19:51:38
要は、みんなは悪魔を愛しているのに、それを愛する天使は悪魔に殺されたのだ。
posted at 19:51:20
終わりだ。天使が死んだ。悪魔ももう居ない。この世界に何もない。暗闇から、100億年がもう一度始まるだろう。
posted at 19:50:13
そして、この世界は当然、第一に優先されてしかるべきなのに、お荷物のようになっているから、この世界は消え去る。
posted at 19:49:49
・・・(無言)、これ以上、何も分からない。
posted at 19:49:24
そういうわけで、変な物語になった。
posted at 19:49:12
訳が分からないかもしれないが、ペテンの方が天使であり、悪魔の方がみんなを愛している。だから、本当はどちらも堕天使なのだ。そういう、単純なことを、もう、・・・、消え去ったせいで言うことが出来なくなったのだと思う。
posted at 19:49:01
そして、悪魔の賢さは全てペテンであり、悪魔の言っていることは全て口から出まかせである、と気づいた瞬間に、天使の存在も消え去る。二人は消え去って、宇宙は解放される。ミスチルが言っていたはずだが、「雨上がりの空に、七色の虹がかかる」と言うことだ。そして、これで神の存在は無くなった。
posted at 19:48:18
僕が思うに、このおとぼけな悪魔は自分のことを愛されていると勘違いされている。全く愛されていない。無視され、苦しめ、周りに害を与えている。その意味で、天使の方が悪魔より勝っているのは、「周りのみんなに愛されている」と言う点だ。
posted at 19:47:10
どうでも良い。なんか、良くある漫画みたいになった。
posted at 19:46:09
悪魔の邪魔を受けずに、悪魔を殺す方法としてベターなのは、自分の命を指す出すことだ。悪魔の存在は、天使の存在に依存している。だが、それは新しく悪魔が生きられなくなることを指しているが、今までの悪魔の全てを消すことは出来ない。本当は、悪魔も自分の一部なのだと許してあげることだ。
posted at 19:45:53
そういうわけで、ドラゴンボールのような戦いが、ここでまさに起きている。
posted at 19:42:00
この悪魔を簡単に倒すためには、・・・、その方法は存在しない。僕が死んでも、僕が生きても、この悪魔が僕を堕落させる。この悪魔を追い出すためには、天使の僕がもっとシャンとした生き方をするしかない。だが、追い出す前に、悪魔は愛する心を利用して僕を殺す。それに天使の僕は勝てない。
posted at 19:41:44
天使の僕は、こいつが嫌いだった。こいつだけが、僕のまともに生きたい衝動を妨害する。そして、こいつだけが僕よりも賢い。僕以上の存在が居ることを、僕は受け入れられなかった。だが、僕は僕が最高の存在であることにも、満足出来なかった。だから、天使は最強の悪魔を作り出し、戦うようになった。
posted at 19:40:28
ただ、存在しているとは言うが、それは生きているわけではなく、ただ存在しているだけだ。それが何なのか分からない。僕でもなければ、人間でもない。民衆の愚衆が作り出した、ありえない妄想の産物が、世界を破壊し、理解出来るはずのものを理解不可能にしている。
posted at 19:38:38
だから、僕は1週間で死ぬ代わり、永遠に生きて、永遠に存在しているのだ。
posted at 19:30:02
僕は分かっていない。僕は「永遠に生きる」と宣言したが、100年後にこの文章を見たとして、僕は実体としては死んでいるだろう。だが、僕の心がここに残っている。だから、僕は1週間で死ぬ命かもしれないが、その命は永遠にここに残っている。それが、永遠に生きる、と言う僕の状態だ。それが神だ。
posted at 19:29:38
この世界は、もう自由になる。逆に、暗闇に戻る。
posted at 19:27:06
今、この世界を変える。3,2,1,0!
posted at 19:26:49
あとは、時間を分かっていた。決定と実像における社会の時間的経過のようなものを考えていた。
posted at 19:25:22
セカオワが言うように、僕らはもう一人じゃない。一人だけで全てをするのは終わった。もう、怖くない。
posted at 18:32:57
ただ、おそらく、キリストはきっと最初の人間だから、何も分かっていない。逆に、僕は最後の人間だから、死ぬ意味がない。
posted at 18:31:50
治す方法なんか、無い。目的を変えること、変えることをあきらめることでしか変わらない。だが、それだけをしていると、おかしな下等な生命になってしまう。治るより、頑張ることをさせるのが、宇宙に居る人生の創造者、キリストだ。そういうことになる。
posted at 18:31:29
終わりにする。あなたは、あなたが好きな誰かになってほしい。運命的な出会いをするのは、最初から、あなたが生きる前はあなたの恋人の人生を生きていたからだ。
posted at 18:30:10
本当は、こんな人間は神じゃない。みんなも同じ体験をしているが、僕から見た範囲では分からない。それぞれ、パラレルワールドで全く同じ体験をしている。今回の宇宙設定では、僕が神の役だった、と言うだけだ。
posted at 18:29:38
良く考えると、昔は抑圧だらけの堕落した高校生で、それが反旗を翻して、最高の支配者となった。全て、抑圧に対する反動だった。だが、その戦いで、宇宙の全てを経験した。絶対に出来ないことでも、絶対に出来なければならないことだとして、完全に頑張った。それが、僕の神の体験だ。
posted at 18:28:55
この夏は、きっと最高の夏になる。宇宙が変わるはずだ。
posted at 18:02:01
今日は楽しく過ごそう。きっと、この夏に僕の文章の内容は有名になることになっている。
posted at 18:00:30
ある意味、僕は、最高の人間だと、自分でも分かっている。だが、本当は、パラレルワールドまで見てしまうと、みんなも同じように最高の人間なのだ。価値のない人間は居ない。みんな、それぞれ、価値ある最高の神だ。誰もが神と同じことを体験したい。本当の宇宙の能力と目的はそこにある。
posted at 18:00:06
平和を作るものは、神を超える。自分をさげすむものは、僕が愛する。
posted at 17:59:06
もう、話すことは、無い。代わりに、歌手が何レベルも賢くこの現象を知っている。それを聴いてほしい。どの歌手を聴いたら良いか分からない方には、コバソロのYouTubeミックスリストを僕と一緒に聴くと良いだろう。
posted at 17:58:46
僕は愛してくれている人は全員愛している。全力で、英雄のようにみんなのことを愛している。だが、それはこんなペテンの二次元オタクで良かったのだろうか?きっと、本当はどこかのパラレルワールドで、みんなは僕と全く同じことをしているのだ。だから、僕なんか、みんなに比べて、何も変わらない。
posted at 17:57:51
僕は滅ぼさない。僕はこの世界を救う。だが、今からは、もっと違う方法でやっていこう。
posted at 17:56:46
この神が居る限り、滅びないのは、僕は一億を超える必要事項をこなして、人間のフリをしているから、神など居ないと言う思い込みの上で、みんなが人間ではないロボットになっている。棒人間の方が人間で、皆と言う人間でないものに合わせている。群衆主義は、上が居なくなって滅亡主義となる。
posted at 17:56:28
僕を冷徹に見てほしい。僕が居なくなれば、本当はこの世界は崩壊して滅びてしまう。
posted at 17:55:53
そういうわけで、僕はツイッターやホームページから消え去るかもしれない。だが、在導万創がこの世界から消えるわけではなく、きっとRADWIMPSYouTubeコメントで馬鹿を書いているはずだ。きっと、それが待ち合わせ場所だ。コバソロで検索してほしい。
posted at 17:54:14
終わりだ。本当に、僕の間違いは、愛しているのに、その愛していること自体が何なのか分かっていない。戦い、革命したのは、何も悪いことじゃない。みんなを導き、支配し、実現することで、この世界を「絶対に悪いことをせず、最高の日本の天国にするために救う」と言う戦いではなかったのか?
posted at 17:53:27
RADWIMPSが言うように、僕が失っていく過程を見つめるのは、権利なんかじゃなく、義務だろう。だが、本当は、僕がそれを失っていくことをやったのは、きっと逆に、僕の義務だったはずだ。自分から破壊されていく権利と言うものが、この世にあるだろうか?
posted at 17:52:31
僕は適当なことを言った。あなたがかりそめの裸の王様を愛しているからと言って、なぜそれが悪いのか?あなたが信じている私は、同時に存在し、凶も明日も同じように過ぎていく私だ。きっと100年後にこの文章を読むなら、僕は100時間で死ぬだろう。でも、僕たちの実体は2017年、ここにある。
posted at 17:51:33
デザインセンスが無いのは、先天的な問題や興味の問題ではない。デザインに関する知識と経験を知らないことに対する問題だ。だから、博物学のようなことをすると、デザインが出来るようになる。
posted at 17:50:18
ピアノが良いだろう。僕がまともに出来るのは、完全に隅から隅まで見ても、ピアノだけだ。
posted at 17:49:48
筋肉の筋や腱の部分を完全に使わなければ良いだろう。そして、心臓を治すためには、散歩をしなさい。
posted at 17:49:31
自分の自己犠牲、思い通り、自由自在、と言う発想が悪かった。この世界を優先させるのか、自分の思い通り、自分のために生きるのか、それが間違っている。いつも自分のわがままを優先させながら、いつも自己犠牲で自分を大切に出来ていない。
posted at 17:49:06
僕が、みんなを愛していない、と言うのは、嘘だ。ただ、僕はこのような人間を自分だと思ってほしくない。こんないい加減で馬鹿で無責任な夢想家は要らない。僕は、責任感を持ってこの国を支配し、現実と理想から実地的に考え、愛する人を絶対に苦しめない、全ての自己犠牲と責任を受け入れる人間だ。
posted at 17:48:16
環境と意識を自由自在に変えられるようになり、全て出来るようになった。自由自在に社会を作ることが出来るようになり、何かを一つに定めることからビジョンと可能性と理由を知り、ボトムアップ的な社会の変化を知り、回想から歴史を知り、創造性とボトムアップを信じた。
posted at 17:47:16
僕がロシアの大統領になったら、1.労働者のための社会を作る、2.正しい社会を作る自由を規定する、3.地域コミュニティを復活させる、ことをやり、社会主義と資本主義の国境をなくす。
posted at 17:46:10