「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2017-05-23

ツイッター

春茶さんからいいねが来て、感動しています。なぜなら、さっき聴いていました。
posted at 23:27:20
あとは、社会の環境的要因のようなことを考えていた。あたかも環境からその人間の人生が生まれるように文章を書く。そういうおかしな文章だった。全てを詰め込み、全てを決めた。多様性と歴史的な発展が好きだった。
posted at 23:26:25
CPUの集積回路としての構造から考えると、パソコンは、計算をたくさんやるのは得意で速いのだが、それぞれの計算と計算の関係性を取り持つのが遅いのだろう。だから、コンパイラ言語にも分がある。コンパイルすれば、あとは実行するだけだ。サーバーにしてしまうと、計算以外の通信が発生する。
posted at 21:23:47
あとは、社会モデルをきちんと書けていないが、昔は、経験と自由モデルの成り立ちを考える中で、「良い発想とは何か」を知った上で、自由な理想の成り立ちを考えて、たくさん発想出来るような、そういう「発想のモデル」を作っていた。考え方と自然が分かっていた。
posted at 21:20:34
このインタプリタOSの良い点は、最初にPythonGNOMEサーバーを既に起動しておけば、それ以上、何かアプリケーションを起動する必要が無い。起動も速くなるし、安全性も高まる。普通、LibreOfficeを起動するには数十秒かかるが、インタプリタOSなら、一瞬で表示出来る。
posted at 20:39:27
逆に、Cでやっているから遅いのだ。GNOME全体をPythonで書き直すと、きっとその方が速くなる。最初にPythonGNOMEサーバーを起動し、全てはそれに命令する形になる。SQLサーバーとアクセスするのと似ている。Cで個々のアプリケーションを作っていると、それが巨大化する。
posted at 20:34:41
ただ、そうでもない。それでは、中核のサーバーやカーネルが動作しなくなると、全体が動作しなくなる。だから、ネットワーク上のそれぞれのパソコンがカーネルを実行するように、それぞれがインタプリタを実行し、インタプリタインタプリタのプロセスがやり取りするようにしなくてはならない。
posted at 20:31:55
それを、きっと知らず知らずにやっているのが、今のLAMPだ。Apacheだけを起動し、全てPHPインタプリタで処理する。きっとそれが一番軽くて高速なものになる。感情と理性のどこかで悟っているのだろう。LAMPが正しい。
posted at 20:29:45
要は、サーバー・クライアント方式のようなものだと思えば良い。最初にXサーバーを起動し、他に何も起動しないのが良い。最初にオフィス・サーバーを起動し、他に何も起動せず、オフィス・インタプリタでアプリケーションを作る。そういう風にすれば、きっと超高速で軽いオフィス環境が作れる。
posted at 20:28:12
だから、昔のBASICは速かったのだ。最初にインタプリタを起動して、他に何も起動しない。それが、理想的なプログラムの操作環境だ。
posted at 20:26:03
ライブラリをきちんと整理して、それぞれのCプログラムを別々に読み込むのではなく、インタプリタ一つだけを最初に読み込むようにすれば、本当はコンパイラよりもっと速くなるはずだ。シェルをたくさん起動するより、シェルを一つだけ最初に起動した方が、切り替えや起動は速くなるだろう。
posted at 20:25:15
要は、Cで作られたプログラムがコマンドを解釈するのと、インタプリタがコードを解釈するのは同じなのだ。だから、インタプリタがCでコンパイルされていれば、コードの中核性は変わるかもしれないし、抽象的コードになるかもしれないが、実行される内容は同じ速度のはずだ。
posted at 20:23:09
だから、きっとインタプリタ言語で作られたOSがLinuxよりも速い可能性はあると思う。作れるのかどうかは分からないが、そのインタプリタC言語コンパイルすれば良い。
posted at 20:22:04
それこそ、コマンドを手動で実行した場合と、シェルスクリプトで実行した場合とで、速さは変わるだろうか?
posted at 20:20:54
それこそ、読み込みながら実行するから、機械語を実行するのより、遅くなるのだろうか?僕は、それもおかしいと思う。インタプリタだからと言って、読み込むと言うその行為自体は、通常のコマンドと変わらないはずだ。
posted at 20:19:54
はたして、インタプリタ言語でコンパイル言語よりも高速な言語は作れないのか?僕は、不可能ではないと思う。インタプリタ言語も、きちんとC言語で書かれていて、読み込みながら実行するにしても、それでもインタプリタ自体をCでコンパイルするのは変わらない。軽い仕様なら、速くなるように思う。
posted at 20:18:31
ある意味、星野源が(言うと悪いかもしれないが)キモい。勝手に楽曲を使われて、キモくみられて悲惨には見える。だが、自分の手で歌っているから悪くないように見える。それこそ、ブラームスの楽曲を勝手に演奏して、キモくは見える。だが、それは栄光や名誉だと思えば良いのかもしれない。
posted at 19:59:45
それこそ、コバソロは元の楽曲のままコピーしてアップしているわけではなく、きちんと自分の手で歌い、演奏している。曲を勝手に使うのは悪いかもしれないが、グーグルが契約しているとはいえ、倫理性や道徳性も良い。
posted at 19:56:16
back numberと言う歌手も好きだ。それから、今聴くと良かったのがGReeeeNだ。それらは、良い人間たちの集団だと思う。音楽の聴き方も、本当に変わってきた。僕も、これ以上はCDを借りるより、YouTubeを聴こうと思う。
posted at 19:55:06
曲の中で一番好きなのは、やっぱりRADWIMPSだ。
posted at 19:53:35
最近のマイブームはコバソロ。あんなに綺麗な歌声で歌えたら良いなと思う。特にLefty Hand Creamさんと、杏沙子さんと、TOMOOさんと、春茶さんが好きだ。
posted at 19:52:52
それはどうでも良いが、最近家ではiPodを使ってスピーカーにコバソロのミックスリストを流しながら、このツイッターを書いている。ほかに何もしない。たまにノートの入力をしたり、買い物に行ったりはするし、作業所でデザインのことも、市民農園で農業もやっているが、コバソロが好きだ。
posted at 19:51:25
コバソロはカバーだし、元の歌手本人が歌っているわけではないが、歌手よりも上手いと言うところがたまにある。それに、色んな曲を聴いていると、「色んな人間に愛されている」と思い込むことが出来る。
posted at 19:49:58
最近、YouTubeのコバソロと言うチャンネルで音楽を聴いている。色んな最新歌手のカバー曲を、色んな女性やたまに男性が歌っていて、その裏でその人たちの楽曲作りをプロデュースしている。最近の音楽の流行を知るのに良い。リンクはこちら:kobasolo.net
posted at 19:48:58
だから、きっと速くしなければ速くなる。速くする、と言う発想は、軽さの逆を言っている。そんなにその時の処理は速くなくて良い。もっと、たまにする切り替えや起動が速くなるように、メモリを使わなくし、高速化もせず、機能もつけず、賢くもしなければ良い。それをすると、軽くなる。
posted at 19:41:51
今のパソコンが遅いのは、高速化のやり方が間違っている。処理が高速でも、立ち上げたり切り替えたりするのが遅くては意味がない。遅くても、軽い方が良い。むしろ、昔の貧弱なパソコンで速かったのは、きっとメモリをそもそも使わないようにして、遅くしていたからだ。遅いから、速かっただけだ。
posted at 19:40:11
正確には、放棄ではない。契約でも、GPLには出来ないかもしれない。ある意味、配布元をどこかの会社に制限すれば出来るかもしれないが、それは明らかにGPLと矛盾する。むしろ、GPLに代わる新しいライセンスを作れば良い。
posted at 19:36:03
昔のMozillaをforkして、昔の貧弱だったHTMLで遊ぶ。そして、Adobe PhotoshopIllustratorもforkしよう。それをMATEで動かすことが出来れば良い。むしろ、グーグルのYouTubeのように、誰かパトロンが契約して著作権を放棄させれば、出来る。
posted at 19:35:05
最近、MATEやTrinityなどの旧版のforkが流行っているが、僕は昔のMozillaのforkが良いと思う。あのインターフェースは独自で良かった。そして、オープンでないから出来ないが、DelphiやVB6.0、それからOffice2000をforkして、昔のパソコンで遊ぶ。
posted at 19:33:27
あとは、みんなの意見が聞けて、自分も意見を言えた。そして、ネットで色んなことを知り、繰り返し自由に考えられる機会と自由があった。経験は、オープンソースだった。
posted at 18:48:15
昔なんか、賢い環境と土壌が好きだっただけだ。IBMUNIXのオープンな土壌で、いくらでも色んなことをやっていた。
posted at 18:44:54
僕が居る間、滅亡しない。
posted at 18:43:26
そういうわけで、僕はまだ生きている。このまま、世界が滅亡するだろう。
posted at 18:34:12
堕天使とのセックスはつまらない。僕は、セックスのしすぎでセックスに対して価値を感じなくなった。二次元のポルノを見ても、三次元の裸を見ても、何も感じない。面白くも楽しくもなんともない。僕が正常だ。そんなものは存在しなくて良い。みんな、そんなものが面白いせいで、知性が無くなっている。
posted at 18:33:50
Linuxは、本能的に人々を苦しめ、理性的に分からなくし、経験的に未熟にし、最高の知を無に帰し、社会を滅ぼす。かけがえのないみんなで築いたものを一瞬で破壊した。それが、Linuxだ。悪魔のOSだ。
posted at 18:32:54
ある種のウイルスだ。Linuxはどんどん増えて、みんなを馬鹿にし、堕落させている。明らかに馬鹿なのに、馬鹿だと言っては負けてしまう。相手に負けるだけではなく、自分も負けてしまう。この世界の意味、子供がいつか大人になって努力すると言う意味を無に帰した。だがその意味そのものでもある。
posted at 18:32:02
それこそ、ネットを滅ぼせば、Linuxは滅びる。
posted at 18:30:56
ただ、そうでもない。Linuxはそろそろ倒れた。あんなクズOSに意味がない。むしろ、Linuxが何なのか分かってしまったから、倒せなくなったのだ。Linuxは最高の理性だが、堕落した悪魔だ。そして、世界を救う救い主にも、世界を滅ぼすルシフェルにもなれる。それを、誰も邪魔できない。
posted at 18:30:38
Linuxを倒せば良い。みんな、Linuxの倒し方が分からなくなった。自分を倒せないせいで、Linuxが倒せない。それが間違っている。ある意味、僕がMacにつけば倒せるかもしれない。Androidが嫌いだから、それで良い。
posted at 18:29:10
システムの作り方を知りなさい。システムがなぜそうなっているのか、何を意図してそういう風に作ったのか、どういう風にすることが想定され、許されているのか、を知りなさい。意図とは、それを言っていた。理性的な大人のようにパソコンの技術と理系の考え方を知っていた。
posted at 18:28:25
だが、そんな自由は、間違っている。本当は、そんなものしかないのが悪い。
posted at 18:26:15
ただし、自分で何でも出来るようになると、人は自由に目覚める。そこから青春が始まる。何でも経験し、会話し、自分の心の成長からみんなとのきずなを培い、そこからみんなで情報を共有し、どれかのプレイヤーについて、自分なりに実践し、最後まで努力する。その中で、社会性と宇宙の意識を知る。
posted at 18:25:59
むしろ、僕はまだ終わらない。自由は間違っている。平等にした方が良い。
posted at 18:24:55
あとは、世界や環境のような自由を文章に書いていた。この世界の生成的な規則の全てを分かっていた。変化の原理を分かって、どのように発展するか、考えるべきか、行動すべきか、決めるべきか、などを書いていた。
posted at 18:24:41
だが、最近はネットがあるから、学校に反抗するよりネットをやった方が楽だ。そのせいで、楽になっている。学校なんかない方が良い。その分、色んな経験が出来るはずだ。その経験をすれば、僕の支配も解けるだろう。
posted at 18:23:16
僕が思うに、悪いのは学校の教師だ。学校で教えていることが、完全に間違っている。道徳教育は価値観を強制しているし、授業は意味がない計算をロボットのようにやっているし、試験勉強は全く覚えない。子供を可愛い子供にしていると、「コドモ的人間」から抜け出せなくなる。発達障害はそのせいだ。
posted at 18:22:15
昔から、自分がそういう馬鹿だ。
posted at 18:12:23
あまり、与党の政治家は馬鹿にしない方が良い。きちんと責任感のある王になっているから、全ての発言までを見ることが出来ないだけで、全ての発言にきちんと責任をもって、絶対に正しいことしか言っていないからだ。それを批判し、あたかも人間のクズのように批判するのがマスコミだ。一番悪い。
posted at 18:11:57
権力の問題は、きっと、権力は戦争しか出来ない、と言うところだ。権力者になると、戦争しか出来ないのが分かる。関係ない他人のために頑張るのがばかばかしい。それが、今の日本だ。
posted at 18:08:15
ただ、自分は自分の言っていることに責任が無さすぎるのだと思う。右翼と同じだ。息をするように嘘を言う。それは、責任感があるからだ。だから、口から出まかせを与党が言う。それに対して、野党が批判する。それに対して、与党は恫喝するのだ。政治なんか、それだけだ。力なんか、何もしていない。
posted at 18:07:33
終わりだ。
posted at 18:06:14
勇気がない。だが、勇気なんか要らないだろう。惰性で受け入れるなら、それもそれで一つの輝かしい勇気だ。だが、諦めることも、一つの勇気だ。
posted at 18:06:06
そういうわけで、僕に地獄は起きていない。僕は、もっと神が出来るようにしている。地獄でしか頑張らないせいで、地獄が続いているように見えるが、本当は地獄はとっくの昔に終わっていて、ただ何もしないだけを繰り返しているだけだ。
posted at 18:05:20
自立するだけ、生きるだけでは十分ではない。この世界で、あなたが思うように、思い通りの世界にすること。それが、この世界に託された、あなたが生きる意味だ。君の未来の栄光は、運命に約束されているのだよ。
posted at 18:04:42
僕は、君を助けない。君が、君の力で、君の限界でやるべきだ。君に何も教えない。君に手助けをしない。だが、手助けが欲しいなら、もう手助けは要らないとあなたが分かるまで、僕は君を子供扱いしよう。
posted at 18:03:59
この世界を作り変えるのは良いが、みんなの心の中に昔の世界が残っている。だから、全てを作り直そう。もう一度、みんなが分かった上で、もう一度作り直そう。そして、昔の世界も今の世界も同時に存在するような、バラ色の楽園を作ろう。主人公は君だ。僕が自ら光になったように、あなたが光となれ。
posted at 18:03:11
だから、道しるべを遺したかった。
posted at 18:02:12
自分は間違っている。自分は、タリバンのような残虐な戦いはしていない。人間のクズではない。日本のみんなを愛して、天国へと作り変えるために導いていただけだ。全て分かっていた。そして、最高の文章を作って、全てを教えたかった。王と言うよりは、ガイドだ。
posted at 18:01:58
だが、僕の宗教はもっと進んだことを言う。願うだけでは願いは叶わない。願って叶えてくれるだろうその人がやってくれるはずのことを、自分でしなさい。光が欲しいなら、自らが光となりなさい。それが、在導万創の真理だ。
posted at 17:44:56
誤って、ではなく、謝って、だ。
posted at 17:43:45
罪を悔い改め、過ちを反省し、己に足りない点を認めることでしか、人間は賢くならないし、変わらない。賢い人間になりたいなら、人々の前で誤って、下心なく真言を言いなさい。
posted at 17:43:31
あなたに悪い点は無かったか、良く考えてほしい。それをみんなと共有することで、きっと空気が変わる。二度と戻れない昔の日本に戻れるだろう。
posted at 17:40:34
日本には、昔あったみんなが分かる空気がない。ネットのせいで無くなった。
posted at 17:37:23
最近知的障害が増えているのは、日本がキモいからだ。
posted at 17:33:12
自分なんか、死んだ方が良いとは言え、賢い。
posted at 17:20:38
最近分かったのは、この世界のみんながキモい。検索するだけでも、キモいものがいくらでもかかる。みんな、キモすぎて意味がない。
posted at 17:19:54
専門学校に行きたいなあと思う。
posted at 16:38:34
ファイルとディレクトリに説明を付けるだけでも違う。どのパッケージに含まれるかも、システム管理専用のファイルマネージャに表示するべきだ。
posted at 16:34:01
システム関係のファイルを表示するファイルマネージャと、個人ファイルを表示するファイルマネージャは分けて作っても良い。特に、ログや設定ファイルには説明があるべきだ。
posted at 16:29:14
間違ったことをした時、この文章が正しいことをどのようにすれば良いか教えてくれるはずだ。
posted at 16:11:32
何も分からなくなった時、この文章が正常な心に治してくれる。
posted at 16:10:58
明日を見失いそうになった時、この文章が助けてくれる。
posted at 16:09:36
怖いのは、それが怖い。学習し、成長し、新しく生きていくのが怖い。そうなると、今の自分を肯定出来なくなる。正当化出来なくなる。それでは分からないものだ。自分勝手な傲慢な人間が賢いだけだ。
posted at 16:09:09
もっと、行動して馬鹿になれば良い。そうするためにどうすれば良いか、正しくするのではなく、遊べば良い。
posted at 16:07:57
失敗をするどころか、そもそも目標を立て、行動することをしない。
posted at 16:07:06
ある意味、学習を治せば治る。最初からロボットで自動的に考えるようになった。そういうところを、全部感触と手触りがあるようにすれば良い。何もしないのは、学習を常に脳がいつもしているから、何もしなくても楽だからだ。脳だけが動くロボットだから、そういうものが見える。
posted at 16:05:54
自分が学習できないのは、最初から最後まで全てを把握しようと思うからだ。最初から成功することしかしていない。だから、もっと失敗をたくさんすれば、賢いことが出来るようになる。未だにブラインドタッチが出来ないのは、そのためだ。
posted at 16:03:11
昔は、社会が循環するとか、オープンソースのような自分の意志で自発的に努力する経済圏を作るとか、そういう「社会的考え方」を考えていた。
posted at 16:02:14
融和していると、病気が治る代わり、精神はどんどん辛くなる。それで分かる人間が多い。きちんと最後まで治ってから、分裂へと戻る。本当に分裂に戻る人間は、子供だけだ。
posted at 15:21:25
文章を書いたり、芸術をしたり、治したりして融和するよりも、機械やパソコンのことをやったり、数学を覚えたりして分裂することをやった方が良い。むしろ、昔はきちんと分裂していたのが自分だ。分裂すると、理性的な人間になる。馬鹿は融和している人間が多い。だから、融和の方が怖い。
posted at 15:18:18
脳が動くのは、分裂したいからだ。
posted at 15:13:11
未来では、きっとピアノをしている。自分からしないことを、後でするのが人間だ。
posted at 15:10:03
日本は、悪魔に操られている。
posted at 15:06:31
日本は、特にLinuxや革命のせいで滅びた。何をする意味もなく、何も分からない。一度、完全に分裂すると治る。
posted at 15:04:35
自分は、思い出すことが出来ないだけだ。
posted at 14:40:45
分裂すると、胃と心が死ぬ。胃は融和だ。
posted at 14:02:11
生物はそもそもが分裂だが、神はそうではない。神は一つだ。神の前では、全てが同じであり、自分と相手の違いはない。神と生物の違いすらない。
posted at 13:04:34
分裂すると、環境が分かる。
posted at 13:00:47
分裂すると、知性がない馬鹿が治る。人間は、分裂を治して融和すると、知性がなくなる。単純な生物になっている。昔は分裂で世界観を分かっていた。
posted at 13:00:27
精神が分裂するのは、何も悪いことでないから、もう治さない方が良い。それがあることによって、色んなことが出来るのが、精神だ。
posted at 12:53:16
自由も平等も信じずに、理性的に考えれば分かる。綺麗事が悪いわけではない。悪魔に引きずり込まれるのは、綺麗事を信じない人間だけだ。
posted at 12:44:58
悪魔は、あたかもそれが良いように見せかけて、本当に覗き込むと地獄に引きずり込む。最初から、希望を信じなければ、楽なままで居られる。希望は欲望であり、堕落である。
posted at 12:41:33
自分は、人生、時代、知、宇宙を支配する。だから、自分もかっこいい。
posted at 12:30:33
Linuxの賢い点は、みんなが分かるのをリーナスがまとめたこと。そこがかっこいい。情報の共有と協力だ。
posted at 12:26:34
足がおかしいのは、基盤の上に精神を作ることが出来るようにすると治る。それから、支配出来るのを固定化すると治る。
posted at 09:31:37