「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2017-05-14

今日のこと

結論から言ってしまうと、僕は腎臓とホルモンが悪い。
人間には、病気から守る内臓として、肝臓、腎臓、白血球がある。
肝臓は、病気を治してくれる。
腎臓は、老廃物をろ過して楽にしてくれる。
肝臓は、病気が治るだけで、楽にはしてくれない。
だから、腎臓で治した方が良い。腎臓は、要らないものを消しとって、楽にしてくれる。
白血球は、病気を予防してくれる。ばい菌を退治してくれる。今の僕としては、白血球は関係ない。
白血球や肝臓で治そうとするから、辛くなる。腎臓で治した方が良い。
脳がおかしいのは、シナプスシナプスの間を循環する物質伝達の作用が悪くなっている。円滑に伝達すれば良い。
だが、間違っているのは、僕は、小脳が動いてしまう。だから、運動することで治している。そのために歩き回る。
だが、それは間違っている。なぜなら、小脳ではなく、脳下垂体と言うホルモンが出る部分が悪いからだ。
そういうわけで、ホルモンが脳下垂体から出て、おかしくなっている。
僕個人の印象として、男性ホルモンと女性ホルモンを同時に出しているような気がする。
男性と女性を同時にやっている。
これを治すために、腎臓が2つあるのを利用して、左の腎臓を男性、右の腎臓を女性にすれば良い。
おそらく、女性と男性のどちらもになる、と言う最終手段のために、腎臓が2つある。
ただ、僕の間違っている点は、ホルモンは精巣、卵巣、腎臓など、色んなところから出るが、男性ホルモンや女性ホルモンのような性別のホルモンは、脳下垂体ではなく、精巣や卵巣から出る。
ただし、ホルモンは色んなところから出る。腎臓からもホルモンは出ている。僕は脳の病気に見えて、腎臓とホルモンの病気だ。
あとは、肝臓は2つに分かれたがっている。腎臓の2つをベースに、再生能力のある肝臓を2つにしてしまえば、あとは分かれるのは簡単だ。
そういうわけで、僕はアダムとイヴをやっている。唯一、正しい人間だった。
思うに、おそらく、腎臓はセックスの部分だ。セックスの時感じているのは、腎臓であり、相手と融和しているのも、腎臓だ。腎臓を治すと賢くなる。腎臓は、人間を本来へと立ち返らせる部分だ。

ツイッター

昔は、自分の未来のことを全て予測するような文章を書いていた。それよりもっと昔は、Googleなどの動きを見ながら、社会を知って、経験して、社会がどのようになっていくか、「未来のビジョン」や未来像によって分かっていた。
posted at 18:34:44
一度、真実から過ちまで全部経験してしまえば、自分の気持ちに確信を持てるようになる。
posted at 08:03:55
ある意味、日本人は、自分の思いに確信が持てないのだと思う。
posted at 08:02:30
思い通りに生きられなくて悩んでいる人は、何でもかんでも事前に決めてしまって、そこからのブレで考えるのではなく、その時その時の気持ちを素直に言って、「達成出来た」とか「もう一度やりたい」などと思えば、「こうしたいのに出来なくて辛い」と言う思いも無くなるだろう。
posted at 08:01:18
それが何によって生まれるか、を良く考えることで、それが何によってもたらされているかが分かる。
posted at 07:54:20
だから、日本のネットは、「匿名の利用者に向けたサービス」が主体となっているのをやめて、「名前のある利用者に向けたサービス」を主体としてしまえば、過度の匿名依存から抜け出せるだろう。
posted at 07:51:33
ある意味、匿名がそんなに良いわけではない。2ちゃんねるで匿名が叫ばれるのは、本来が匿名の利用者同士のコミュニケーションだから、それを防げるコテハンが嫌われるだけで、名前を付けた人間の利用者同士のコミュニケーションを主体・主軸としてしまえば、逆に匿名が嫌われるはずだ。
posted at 07:50:41
昔は、政治的誘導と支配が多かったが、最近は無くなった。代わりに、虚無の支配する世界になっている。
posted at 07:49:03
そして、様々なことを知ることで、この世界の実像と可能性が見えてくる。
posted at 07:48:31
例えば、セロテープはものを貼るのに使える。それによって何が出来るか。ものを作るのに使える。食べ物は食べると生きられる。それによって何が出来るか。料理を作ることが出来る。そんな、単純なことで良い。そこから、応用的なものの関係と方法が見えてくる。
posted at 07:48:10
かると分からないが逆になっている。新しいことを知るよりも、すでに知っていることから分かれ。
posted at 07:46:48