「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2017-04-11

ツイッター

僕が発展が嫌いなように見えるが、そうでもない。むしろ、発展するより、もっと良い進歩の仕方があるように思う。機械と経済の発展だけが進歩ではない。自由になっても、出来るようになっても意味がない。もっと違った進歩や発展の仕方があるはずだ。Linuxについてもそれが言えるだろう。
posted at 21:20:52
ただ、僕はトランプのように共通の敵を作るのは意味がないと思う。共通の悪を信じる宗教も同じだ。そういう発想が悪く見える。だから、もう少し、デジタルだけが進歩するのではなく、リアルも進歩するようにならなければならないのだ。
posted at 21:18:40
そういうわけで、繋がりとはいうが、それは共通のものがなくなったことに対する、気晴らしや、寂しさや怒りの発散手段になっている。もう少し、良い社会にするために、みんなに共通のものを作った方が良い。
posted at 21:17:28
むしろ、難しいのは、この世界が何なのか、何だったのか、誰にも分からなくなった点だと思う。昔は、インターネットと言っても、グーグルとホームページとフリーソフトと掲示板ぐらいしかなかった。今は、本当に超多くて、どんどん自由になっている。皆が何をしているのか、共通のものがなくなった。
posted at 21:16:47
今のコンピュータ社会は、どこかのサーバーを簡単にハッキング出来て、ネットでは匿名で何も知らない相手に向かって悪いことばかり言う。何も良い社会になっていない。ある意味、ネットワークと言う発想は、もう少し安全・安心なものにした方が良いだろう。
posted at 21:15:35
ある意味、昔の方が、倫理的には悪かったかもしれない。だが、環境的には良い環境だった。
posted at 21:14:43
ただ、昔の王なんか、馬鹿だ。王は金をたくさん持っていて、奴隷をたくさん持っている。国民から税を取って、綺麗な宮殿を立てて、墓を作る。それから、昔は戦争から権力闘争(特に兄弟との間で)ばかりしていたが、世界が破滅するとなんか思わなかった。最近は、近代化した戦争で滅びようとしている。
posted at 21:14:19
本当に、何もかも難しくなった。コンピュータや社会制度だけではなく、生きていくのが難しい。いじめや問題ばかり起きる。解決出来ない問題も、軍事力の近代化によって増えた。人間は退化している。昔の村社会でみんなでコメを作っていたのは、自分でやる必要はあったが、生きることは楽だったはずだ。
posted at 20:49:07
ある意味、何もかも難しくなった。
posted at 20:45:15
認知所ではなく、認知症だった。
posted at 20:44:31
結局は、近代化と都市化の自由が悪くて、もっと簡単に問題が解決出来る世界が良かった。見えないところ、分からないところで、病気は進行している。そのせいで、障碍者や認知所患者も増えている。
posted at 20:44:17
みんなで悪いものを禁止する、ということを成り立たせるためには、政府機能を単純なものにして、何が問題なのかを国民でも分かるようにしなければならない。言う人間は少ないが、昔の中世の王国は、農業と金ぐらいしか存在しない。王が統治・戦争出来るのは当たり前だし、比較的民衆でも簡単に分かる。
posted at 20:42:50
民主主義が一番良い。むしろ、民主主義は事後的に、加筆的に発展する。法律を少しずつ変えて、悪いものをどんどん禁止する。その方が、Linuxオープンソースに近い。社会主義の構造的に賢い世界は、むしろ、昔のIBMの大型コンピュータに近いのかもしれない。
posted at 20:41:21
ただ、そんな革命に意味はないだろう。みんなソ連は嫌いだが、革命はそんなに悪く見えない人間が多い。革命を悪いとばかり言っている人間は、その方がコミュニストに見える。革命は悪くない。何もかも、逆のことをし、洗脳するために悪事を働くのが、社会主義の悪い点だ。
posted at 20:39:43
ただ、強い国は悪くないだろう。むしろ、本当に自由な国にすべきだが、自由は必要に応じて政策をするせいで、民衆が分かるような単純な国なら、自由は限界まで最高の社会になる。だが、民衆が解決出来ない複雑な問題が発生すると、自由は最悪になる。最終的には、政府機能がなくなって、革命が勝つ。
posted at 20:38:43
むしろ、そういう悪い国には、味方が居なくなる。もし、ネット右翼の言うような国家や政府になったとしたら、日本は味方が居なくなる。日本はいつもそういう風に、孤立して一番悪い政府になる。みんな悪い政府に従うしかない。誰もが、そういう国が嫌いだ。
posted at 20:37:19
国家に従うのは悪いことではない。だが、国家がなんでもできるようになると、国家は悪いことをする。国家主義は、往々にして、「悪い政府に馬鹿が従い、少数派と反抗分子を殺す」ということになる。そんな国は、戦争をしても、士気が低くなって、負ける。
posted at 20:36:14
テロリストなんかどこにも居ない。一部のテロリストを撲滅するために、普通の人間の自由を奪うのはおかしい。
posted at 20:34:58
それぞれ許される自由が一番良い。
posted at 20:34:37
自由な世界が良い。みんなが自分らしく生きられて、人々と普通の意見交換が出来るようでないといけない。自由な批判や、従属、環境の独立を守らないといけない。自由とは、その行動を自分や相手に許すことであって、戦争やネットではない。戦争やネットには、自由はない。
posted at 20:32:57
自由を良いと思った方が良い。自由が自由であることを、良いと思った方が良い。そういう、きちんと現実から意味が解る人間は、賢いままだ。ロシアには、現実から意味が分からなくなる人間が多い。平等は自由を良いと思わないから、何も分からなくなる。
posted at 20:31:41
もう終わりだ。さようならと言う。本当に、ありがとう。そして、さよなら。もう、十分すぎるほど書いた。
posted at 20:30:41
洗脳されないためには、ソ連を悪いと思うこと。洗脳の逆は常識であって、未知であって、思い込みである。ソ連を「漠然とした悪い国」だと思えば良い。そうすると、狂っているのも治る。分からないものに対しても警戒するべきだが、他人に自分のことを分からせたい人間に対しても警戒するべきだ。
posted at 20:29:59
あとは、僕はRADWIMPSの恋人に見えてしまって申し訳ないが、RADWIMPSだけではなく、色んな人間の運命の人をやっている。それから、自分が作った人工知能をQiitaに載せたが、これは有名になるかもしれない。既に改良している人が居る。リーナスのようになるかもしれない。
posted at 20:27:33
悪魔は愛さなくて良い。悪魔はみんなで虐めるべきだ。そして、自分は悪魔ではない。僕は、悪魔の分まで努力して、世界を正常に治す、神の使いだ。僕は、悪魔を治すために悪魔を正しく思い出し、分解しているだけで、悪魔は嫌いだ。僕はガブリエルだ。悪魔のルシフェルとは、兄弟だ。
posted at 20:26:08
終わりだ。もう、悪魔の世界は終わる。悪魔の時代を良いと思わない方が良い。目覚めるためには、悪魔に対して、力の限り、怒ることだ。
posted at 20:24:43
悪魔は最悪だ。この世界を完全に滅ぼし、相手が何も出来なくなるまで続け、相手に責任を押し付け、支配をやめず、まともなことが何も出来ない社会にして、全員を同じ地獄にする。ありえないのが、そういうルシフェルだ。神は、ルシフェルを地獄におとしたかった。だが、頑張ったから、肯定されるのだ。
posted at 20:24:01
だから、むしろ、そのために自分を分けている。これが天使と悪魔に分かれると、悪魔は悪いことをしたが、天使はその分まできちんと頑張っている。そういう発想が天使と悪魔だ。最初から同じものだ。神は一人だ。
posted at 20:22:44
そういう、絶望の戦いを全部良いことにするのが悪い。そのせいでみんな、分からなくなった。最近は、パニックになった人間が多い。全てを滅ぼし、愛をあざ笑う悪魔が、そのままで神の力を使って、ありえない努力で世界を復活させのは、マッチポンプで、醜くて、悪いだけだ。
posted at 20:21:56
昔は、絶望の戦いをしながら人生を書いていた。人生で、何から何を分かったか、どのように分かったかを書いていた。だが、自分の間違いは、明らかに間違っている戦いを、自分だけの凝り固まった頑固な概念で貫いて、それで肯定し、成功しなければ、全部無かったことにする。成功してもキモいだけだ。
posted at 20:20:38
全部治って終わりになんかなるわけがない。治らなくなって終わりだ。
posted at 20:19:13
ある意味、宮廷に居るのが韓国人で、寺に居るのが日本人だ。
posted at 20:16:12
韓国人というのは、どこか貴族的な賢さがある。日本人は、武士のような、悪いことを悪いと思わないところがある。どちらも品格がある。王者の品格だ。
posted at 20:15:30
治って終わりたいのは良いが、むしろ、治らずに終われば良い。足は完全に生きている。最高の精神になっている。
posted at 20:08:15
これは、足を殺すのではなく、足の周りにある体の精神を変えた方が良い。足は完成された精神になっている。死なない。むしろ、足はまともに生きることすら出来ない。それは、足をそんなに殺したいからだ。
posted at 20:05:27
昔は、感情の吸収から分かっただけだ。
posted at 20:04:00
自分は、辛くなってそんなに精神分析をするのが悪い。自分で考えていても、何も分からない。人々と関わり合いながら、精神の働きと反応・効果を考えるべきだ。
posted at 20:03:15
自分は、精神は無いのが普通に見えて、あるのが普通なのが分かっていない。あるべきものを消したいと、こういう風になる。
posted at 19:59:37
分裂し、融和して、みんなの自由度を高めれば、すぐに歩き回るのが治る。
posted at 19:55:23
僕にはもう、望みはない。あるとしたら、神に肯定してほしい。
posted at 19:54:54
昔は、環境と実際を照らし合わせて分かっていた。思考を辿り、作られる社会のことを考えることで、環境や人間の把握の因果性を考えていた。
posted at 19:52:20
歴史を知ることは、歴史を作り出すことに繋がる。責任は必要だが、正しい方法で解決するべきだ。それこそ、平等が良いわけではない。ただ一方的に助けるだけではなく、助けられる方も努力を返してほしい。自分と同じような境遇の人間を救う活動をしてほしい。それが、慈善活動と言うものだ。
posted at 15:17:00
そろそろ、もう終わりにする。むしろ、本当に民主主義が続いてほしい。フランス人が、王の圧政に対抗しながら、イギリスの議会制民主主義とともに、革命で勝ち取った人権宣言を守ってほしい。王の圧政は要らない。民主主義が自由であり、民主主義が平和だ。大人は、つまらない人間が多い。
posted at 15:14:59
あとは、醜い文章を書いている。ドイツやフランスを「自由と愛の精神を持っている」と言ったり、ソ連のような「ソビエト体制の共同体主義にすべき」と言ったりしていた。そのごろは19歳。この世界の秩序に対抗しながら、世間とは逆の思想、逆の発想を自分なりに憧れていた。
posted at 15:14:08
ただ、15歳から18歳の間は、本当に色んなことがあった。そういう人間が多い。その時代が一番賢かった。
posted at 15:13:11
本当に、最近は時間が流れるのが早い。つい前の瞬間に4月になったような気がする。2017年になったのが一週間ぐらい前だと感じる。そして、もう10年も文章を書いている。この10年間、何も変わらなかった。永遠に同じことをしている。つい先日、17歳だったような気がしてしまう。
posted at 15:12:50
自分は、まだやっていると、本当に賢いのが分かっていない。昔から、こういう風に、出来ることをきちんとやっていると、何かが出来る。神を信じていると、誰でもこうなる。ただ、キリスト教を信じるより、独自の神を信じるのが良い。そういうものは、権威に汚染されていない。
posted at 15:11:56
今日もボールペンをやった。ただ、まだ最初の先生の話なので、たぶん青空文庫には全部は無いのだと思う。終わったら、デザインや軽作業に戻りたい。
posted at 14:44:03
これは、自分に向けて書いた言葉だ。
posted at 13:18:25
みんなが同じになんかなっていない。自分を批判するな。
posted at 13:14:04
フランスは、悪い国に見えて賢い国だ。人間の人権を最初に考えた国だ。
posted at 13:03:31
太陽は宇宙の一部であり、宇宙は星と星の関係で働いている。その目的は、みんなの人生を作ることだ。
posted at 13:02:47
試すのでなく、信じれば自由になる。
posted at 13:01:38
自由度を与え、みんながどのような社会で生きているかを知り、環境の変化を知り、環境がどのように変えられるかを知り、環境の適応と基盤の変化の可能性を知り、実地的に発想し、全て出来るようになれ。
posted at 13:00:51
環境の変化を知れ。元の環境から新しい環境に変わった時に、何がどう変わるか考えよ。ネットで全ての環境を経験せよ。
posted at 12:53:24
自由度を高め、選択肢を与えよ。それで支配者に勝てる。
posted at 12:52:17
昔は、ロシアやバビロニアのような、歴史的な人間や社会の文明のことを、ネットで分かった。みんなが集まる知の土壌を知っていた。
posted at 12:51:40