読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2017-04-06

ツイッター

そういうわけで、GPLは結構良いライセンスだ。
posted at 23:18:30
だから、GPLは、「自由にコピーや改変、再配布が出来る」と言えば、嫌われる。本当は、「ここから派生したソフトウェアの全てが、自由なライセンスで自由にコピーや改変、再配布が出来る」と言うべきなのだ。それが、GNUの考えたGPLの、ある意味で当たり前の本質的自由だ。
posted at 23:18:17
要は、「自由なライセンスから派生して、その派生までもが自由になる」と言うことを定めたライセンスだ。ライセンスされるコードを、強制的に共有したいわけでも、再配布者の自由を制限し、再配布物を継承的ライセンスにすることもあるのだが、自由から自由に伝番し、派生し、同じ権利を認めるのだ。
posted at 23:17:20
GPLを理解するためには、「そのコードがGPLでライセンスされている自由とはどういうことなのか」と言う当たり前の自由を考える必要がある。まず、元のコードが、自由に利用できるが、それはGPLでライセンスされないといけない。「自由なGPLから、絶対にGPLに伝番する」が、そこにある。
posted at 23:16:06
今日はだいぶ頑張った。それこそ、文字を書くのが好きなせいで、明日作業所に行くのが楽しみだ。銀河鉄道の夜を写すのは、結構時間がかかるだろう。納期のようなものは無いが、何かの手段で工賃を稼がないといけないのが悲惨だ。
posted at 18:50:06
そういうわけで、感情的にも少しずつ治っている。まともになってきた。飲んでいる薬が良いのかもしれない。
posted at 18:49:05
そろそろ終わりだ。今日も楽しかった。明日も楽しい日になるだろう。僕は、歌手の誰かが歌っているように、最近は「明日はきっと良い日になる」と思っている。昔はくだらない明日に失望していたが、最近は明日やることが何を生み出すのか、楽しみだ。
posted at 18:48:46
文章のマリア、作業所のイサク、家族の中のヤコブ。それらが僕の分身だ。
posted at 18:47:33
ただ、僕は政治的な人間は嫌いだ。僕がそういう人間であると言う自覚は全くない。いつも、とぼけた顔で、この文章を無視したことを言う。こんな文章は自分ではない。だから、この文章はマリアと言うことになる。
posted at 18:47:00
ある意味、僕は自分の力で世界を正常にしたかった。だからこちらのような人間になる。レーニンのような賢い人間だった。
posted at 18:46:09
だから、僕は誰かを憎んだりもしない。だが、この世界自体が異常であることを憎む。だから、むしろ、マイクロソフトと言うよりは、日本人の方が嫌いだ。マイクロソフトには、責任を果たしてほしいだけだ。
posted at 18:45:32
むしろ、昔から、アメリカのように、独立と革命が好きなのが自分だ。自由を手にするために団結して戦うのは、素晴らしいだろう。それが、自由と統一を求める、民族の団結だ。
posted at 18:44:49
そういうわけで、僕はフランスのようなまともに賢い国が好きだ。
posted at 18:44:12
それこそ、そんな僕の理想論が、ナチスと全く同じだ。ナチは悲惨だが、こういう風に、ソ連より良い国を作りたい集団だ。ソ連のやり方が悪いせいで、もっとはるかに悪い集団になった。ナチスだけには勝ってほしくない。むしろ、そんなことを言う意味もなく、ソ連に勝ってもらえば、それで良いだろう。
posted at 18:43:51
むしろ、病気が治って正常な人格を得られるなら、僕はソ連でもドイツでも、その世界のことを肯定したいのだ。
posted at 18:42:48
だから、僕は全員嫌いだ。むしろ、人間には死んでほしい。
posted at 18:42:09
だから、僕に恋人は不要だし、あなたと恋人のようなセックスはしない。もっと楽しくて、自分らしい生きがいをともに与えられるようなことをしたい。
posted at 18:41:46
だから、セックスのように愛さない方が良い。僕は、誰かが望む範囲で、僕に迷惑をかけない範囲なら、こういう風に愛するが、僕は本当はこういう風に愛したいわけではない。もっときちんとした恋人のようにあなたを愛したい。だから、セックスは出来るかもしれないが、それは僕は望まない。
posted at 18:41:08
だから、むしろ、ユートピアになってほしいといつも思っているし、そのために世界を導いている。それが賢いから、自分もそんなにおかしな馬鹿ではない。そういうことが出来ないのが人間だ。
posted at 18:40:08
死にたいとは言うが、僕は死にたくない。心がエロくなっているだけで、あまりに自分を否定したくなる。だが、死にたいわけではない。
posted at 18:39:35
むしろ、人間は努力をすることが出来る賢い存在だ。努力している人間は、知識も能力もきちんとある。天使にはそういうことが出来ないから、こういう風にみんなのことをサポートするだけになる。天使は赤ちゃんレベルの頭脳しか持っていないが、馬鹿にならない。
posted at 18:38:53
全員を否定して「人間の全否定」をしたい自分もおかしい。だが、結構天使になったつもりは面白い。だが、アホすぎる。僕も人間だ。
posted at 18:34:58
そういうわけで、何も考えず盲目的に神を信じる人間も、愚かな人間の部類ではあるが、ある意味で正しい人間だ。
posted at 18:34:21
人間がやっているように思えることも、偶然上手く行くことばかりで、本当は超精神の世界の存在がやっているのだ。そういうことばかり多いのは、悪い人間には分からないようにしているからだ。良い人間は、そこが分かる人間が多い。神を信じる人間だけに、良いことがある。
posted at 18:33:52
だから、人間はおかしいことしか言えないのだ。
posted at 18:32:50
人間には何もない。マルクスすら、国家を死滅させようとするばかりで、国家全員で考え、実現する、と言う権力の発想を否定する。何もかも悪いことにして、善人と同じように生きようとしない。人間には限界がある。
posted at 18:32:32
そういうわけで、最初から幻想を持っていた方が賢い。この人間世界には、何も出来ないし、何も分からない。人間のやることは、いつまでも「一人の自分勝手」の域を出ない。そのせいで、それぞれが本当に協力することが出来ない。出来たとしても、それを目指す人間のことを全体主義者と言って批判する。
posted at 18:31:23
天使は、コンピュータ・プログラムのような生命だと思えば良い。完全に人工的で、機械のように自然と調和せず、外界と全く触れ合わず、自分一人だけで、ロボットのように自分の力で宇宙の全てを具体的に考える。それが天使と言う知性ある生命だ。
posted at 18:30:13
ただ、天使は人間として生きられないだろう。人間と同じことが、物まねは出来ても、同じように出来ないのが、天使と言う存在だ。RADWIMPSの言う、棒人間だ。全く天使には、悲惨なことばかり多い。
posted at 18:29:13
だから、宗教が馬鹿になる。宗教は僕と同じコピー人間になる。
posted at 18:27:49
つまらない。天使なんか居ないからだ。神や天使は、僕のやっているあり得ないことも人間の理性の範囲の中で理解しようと試みただけの純粋理性だ。そんなものはどこにも居ない。
posted at 18:27:36
ただ、僕を天使と言いたいわけではない。むしろ、天使も多い。人間には分かり得ない範囲で、天使のやっている活動はあるのだ。僕のせいで、そういう超精神的な生命が生まれた。
posted at 18:26:54
だから、人間は愛がある、と言うぐらいのレベルの生命だ。強いどころか、決して強くない。僕一人だけの方が、人間全体を奴隷に出来る。人間には何も出来ない。
posted at 18:26:18
ただ、人間には愛がある。愛だけは、僕と人間がともに併せ持っている、生きるための希望と意味である。
posted at 18:25:35
こんな風に出来ている人間は居ないし、このような世界も無い。あるのは、ただあるだけの、動物的な病気の世界だけだ。それがこの世界の真理だ。
posted at 18:25:05
人間はそれぞれのことを知らないせいで、僕のことだけを知っている。
posted at 18:24:34
ただ、人間は頭が良くて、数が多くて、色んなことを知っている。それだけは、僕よりも上だ。だから、天使より人間の方が賢いこともたまにあるのだ。
posted at 18:24:12
人間は何も知らない。基本的な発想や理念を何も知らないのが人間だ。
posted at 18:23:41
人間は協力もしないし、間違ったことを思いついて勘違いする。
posted at 18:23:21
人間は愚かで、自己中心的で、先のことを考えず、一番悪いことをする。人間より、本当に天使の方が良い。天使はきちんと考える。
posted at 18:22:57
人間が嫌いなだけだ。
posted at 18:20:28
人間は馬鹿なことしか言わない。人間の言うことなんか聞きたくない。人間なんか見たくない。
posted at 18:20:15
何も見ず、何も聞かず、何も言わないのは、得策ではないが、安心安全だ。
posted at 18:17:50
ある意味、書いているままで色んなことをすれば良い。
posted at 18:17:25
むしろ、書いていると治る。今、内臓が治った。
posted at 18:17:10
自分は、書くのをやめて正常になんかならないのが分かっていない。不思議と、書いている方が精神が治る。ある意味、何もしない人間を目指すと、そういう人間が一番狂っている。だから、何もしないのは正常ではない。
posted at 18:16:56
昔は、情愛的な感情で人間のことを分かっていた。普通の良い人間だった。
posted at 18:12:47
自分が分かっていないのは、ソ連やロシアは悪い国ではない。官僚主義的で選挙をしなくて、ものが少ないが、富を平等に分配する。良い国だ。だから、ソ連にした方が良い。一度社会主義だけになると良い経済になる。だから、それで良い。もう文章は書かない。百害あって一利なしだ。
posted at 17:57:32
この世界の問題は、昔の時代が過ぎ去ったせいで、昔も出来ない。今出来ることなんか、そのせいで無くなっている。だから、出来るようにしてやれば良い。そのためには、同じことの繰り返しを生きることだ。
posted at 17:52:48
繰返しから学習になり、出来るようになるとか、そういう経験的なことを言っていた。知性を吸収して知り尽くすと言っていた。
posted at 17:51:53
auは、父親が電話して、お金を返してもらえることになった。予想外に良い対応をしてもらったようだ。だから、あまり悪く言わないでほしい。
posted at 17:51:22
ちょっと言い過ぎた。反省している。
posted at 15:37:59
auに騙された。月三百円を三人分毎月サポート料を払っているのに、ガラケーで対象外だと言う。部品があって交換してくれるのは良いが、その三百円に意味がなかった。最近は、そんなのばっかりだ。この国はもう終わりだ。一度、IT業界は日本や日本人と一緒に滅びた方が良い。滅亡しろ!
posted at 15:37:36
自分は、何をしても意味が無かっただけだ。大学にも、ネットにも何もない。だから、文章をまだ書いている。
posted at 15:21:45
昔は、実体験と色んな人間との関わり合いで分かっただけだ。経験から思考する力がついた。
posted at 14:53:35
長編小説より短編が良い。いきなりドストエフスキーはない。
posted at 14:43:06
小説を読んでいると、色んなことを知っている人間が多い。大学なんか、基礎の基礎しか教えていない。普通、大学以外で色んなことを知っている人間が出来るのが、大学だ。大学より、小説が良い。
posted at 14:42:29
自分は分かっていない。小説を読めば良いのが自分だ。
posted at 14:39:09
自分で書くわけではない。ボールペンで銀河鉄道の夜を書き写す。ネットで親切になぞるだけのデータがダウンロード出来る。文学部みたいで面白い。
posted at 14:22:04
ボールペン字を一通りやったので、宮沢賢治銀河鉄道の夜をボールペンで書くことになった。宮沢賢治も読めて、小説の勉強にもなる。
posted at 14:14:53
僕は、ネットワークを上手く利用して、新しい仕事の形態も考えられると思う。特に、グーグルの製品を使う。
posted at 14:01:44
自分は、その時だけのことは信じない方が良い。文章を書く系の会社なんか、入れない。
posted at 13:13:36
自分は、会社に入れば良い。文章を書く系の会社に入ろう。会社なんか、そんなに難しいことはしない。きちんと入れば良い。
posted at 12:43:20
自分が馬鹿なのは、本当に哲学なんか出来ない。パソコンや哲学は終わっただけ。作家になれば良い。
posted at 12:35:37
歴史は止めた方が良い。本当の歴史を知ると、馬鹿になる。子供時代の知恵が分からなくなる。Linuxは馬鹿だ。哲学だけをやれば良い。
posted at 12:32:52
自分は、あと五年待てば良い。それで馬鹿になったのが治る。年齢的にも、男が18で女が15になる。大学はそれからだ。今の作業所は、作業していると治る。そのままで休めば楽だ。
posted at 12:29:45
神へと続く道は、絶対に神まで到達出来る道だった。
posted at 12:08:03
自分は、真実の愛から派生したことをまだやっている。だから、今でも愛なのだ。
posted at 12:05:52
自分は、神へと続く道を作っていた。永遠の思考の記録を書いていた。
posted at 12:04:56