読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

今日のこと - 2017-04-05

なんとなく、こんな並列処理言語があっても良い。

multi-thread {
  while(1){printf("1\n");}
} {
  while(1){printf("2\n");}
}

これを、ifやforの拡張として、関数として実現すると、面白い。

ツイッター

本当の愛と精神から、本当に自由な社会が生まれる。
posted at 23:27:45
経験の可能性は社会を作る。
posted at 23:25:42
あとは、協力を考えていた。支配や戦いより、協力の方が良い。やっていることが同じでも、平等で自由な方が良い。アイディアはそれぞれにある。二つのものが一つになった時に、歯車はかみ合う。
posted at 23:25:29
自分が自分らしくあれることを知れ。自分らしさを知る経験をせよ。それを、アイデンティティと自我の芽生えと言う。その経験が、全員のことを導く。個々のアイデンティティの共有が自由な社会を作る。
posted at 23:24:40
助け合うことは、義務ではなく、本当にそれをしたいのだ、と言う、権利としての欲求からなされるべきだと思う。それは、そもそも、助け合いではない。助け合いと言う言葉ではなく、善意の援助であると言える。
posted at 23:10:37
そういうわけで、それぞれが行動する範囲、と言うものを、「自由範囲」と言える。その自由範囲から、影響力と社会実現の「チャンス」を考えられる。全ては自由範囲とチャンスから出来ている。
posted at 23:09:33
例えば、日本人とアメリカ人は全く違うのか、何も違わないのか、は問題ではない。日本人とアメリカ人の違い方がどうなのか、と言う点が問題なのだ。
posted at 23:08:54
問題は、「違うのか違わないのか」ではなく、「どのように違うのか」と言うことだ。
posted at 23:08:14
自分の人生を歩み続けるのを、何に喩えれば良いだろうか?それは、仏へと登っていく解脱のプロセスにも、自転車に乗ったり電車に乗ったりする人間にも、色んなものに喩えられる。そこから、考え方で、例えば同じことを繰り返すのか、たくさんのものに分裂していくのか、などと考えられる。
posted at 23:07:57
抽象的に予測すると言う状況で重要なのは、「何が対象で、何が作用なのか」と言うことだ。そして、「類似性」から考えることが出来る。それが、例えばテレビとカメラがどのように同じであるか?そういう風に考えるのが良い。
posted at 23:06:48
だから、自分と同じように、他人のことを愛さないといけないのだ。
posted at 23:05:43
人間は、自分のことしか分からない。本当に客観的になれる人間は居ない。だが、それは、この世界に意味がないとか、自己中心的で良い、と言うことではない。この世界の裏側に、それぞれの人々の人格が確かに居て、それぞれの中に世界観があり、それがこの世界に現れる、と言うことなのだ。
posted at 23:05:32
宇宙は僕のことを守ってくれる。文化や歴史には、権力だけではなく、宇宙の歴史もある。この宇宙の前の宇宙はどんな宇宙だったのか?そこでは、今当たり前だと思っている、物理法則とは、全く違う、あり得なくてそんなものは誰も想像したことがないような原始宇宙法則が存在していたかもしれない。
posted at 22:58:12
今日は終わりにする。まだ、書いている間ザドキエルが続く。メタトロンは、平行して作業所で働いている人間のことを指す呼び名だ。ある意味、家族から見える僕はヤコブで、作業所から見える僕はイサクだ。
posted at 22:56:49
あとは、良い国、良い文化は、どこから生まれるのだろうか?本当に、フランスやイタリアのような文明国家はどこから生まれるのか?近代化だろうか?交易の拠点化だろうか?やるしかない努力と戦争だろうか?そういうことを、疑問に持つと良いだろう?それはどのようにして生まれるのか、誰も知らない。
posted at 22:55:47
むしろ、やってみないと分からないこともある。
posted at 22:54:37
小学生のようなことを言っているが、僕はそういう基本が分かっていない。
posted at 22:54:21
そうすると、それを「自由に決める」と言うのは無茶がある。きちんと、義務や権利を規定して、それぞれが決めること。だが、忘れてはならないのは、それは「絶対に守らなければならない」わけではなく、「場合によって上手く作り、たまに修正することもある」と言うことだ。
posted at 22:54:07
ある意味、関係を考えると、「合意」と言う発想になる。要は、「僕も損はしたくないし、あなたも損はしたくないけれど、互いの利益が両立するところでは、互いに譲歩しましょう」と言う発想だ。それが社会合意だ。
posted at 22:53:13
だが、自由な環境がたくさん出来ると、優劣がついて、みんな分からなくなる。だから、基本的な「絶対に同じにするべき部分」を環境規範にしてはならない。そうすると、そんなものには意味がない。
posted at 22:52:26
ある意味、他人の自由を制限してはならないことにすれば良いが、それでは格差が生まれてしまう。ある意味、格差が生まれても良いことにするしかない。僕は、ここで「環境規範」と言うものを考えたい。憲法で不自由にするのではなく、「環境で実質的な秩序を作る社会」と言うものを提案する。
posted at 22:51:41
ここで問題なのは、平等でも自由でもない支配と言うものが、ファシズムであるところだ。ファシズムは完全に間違っているだろう。それなら、本当はどうすべきなのか?その答えは未来人が知っているはずだ。良い社会にするために、奪い合い、征服し合うか、平等にするか、の別の次元の解が必要だ。
posted at 22:50:42
だから、奴隷を絶対に生んではならないような、憲法、すなわち政治家の上にある規範を作らなければならない。
posted at 22:49:27
そうすると、みんなで平等になれば、本当に良い社会になるだろうか?そうでもない。ただ、何一つ出来ない状況や制度にしても、それは王と同じように奴隷、抑圧、支配になるだけだ。
posted at 22:49:00
社会はどんな社会が考えられるだろうか?奴隷?抑圧?支配?だが、そういうネガティブな思想になるのは、何かがおかしい。何がおかしいのだろうか?それは、その時代の国民が、奪い合い、征服し合うことしか知らないからだ。
posted at 22:48:19
それがもし自由であったとしたら、何が出来るだろうか?
posted at 22:47:31
自由であることは、正しく考えられるための前提になり得る。
posted at 22:47:09
人間が考えられる範囲や影響を拡大させること、それが自由の目的だ。
posted at 22:46:35
方法やマニュアルで、ただの手順として決められたことは賢くない。
posted at 22:46:10
愛は本当に正しいのだろうか?
posted at 22:45:46
価値とは本当に面白さではないはずだ。美しさでも、分かることでも、幸福を感じられることでもない。価値とは何か、本当にもっと違った価値の形があるはずだ。精神的な価値観と言っても良いだろう。
posted at 22:45:33
何が悪かったのか?それは、愛を信じず、自由を信じたのが悪かった。
posted at 22:44:35
だが、今の世界がどうであって、自分がどこから来たのか、と言うことは確かに分かるはずだ。今の自分がどのように生まれたのか、そこを分かると、哲学者のように分かるようになる。
posted at 22:44:13
未来のことは分からない。それは、重要な概念だ。
posted at 22:43:39
だからと言って、未来のことは分からない。自分の自由を信じるしかない。
posted at 22:43:27
みんなが本当に生きやすい環境とは何だろうか?自由になることに意味はあるだろうか?本当になるべきものとは何だろうか?自分の好きな職業につければ、それで満足だろうか?それで何も出来ず、幸福を得られなくとも、自由は必要だろうか?
posted at 22:43:06
ただ、何もせずに終わる自由に意味はあるだろうか?
posted at 22:42:11
それを意志とは無関係に不自由に決められることが、僕は許せない。自分のことは自分で決めたい。みんなに自由がないのが、一番悔しくて許せない。
posted at 22:41:54
本当にみんなが思っているような未来に本当になるだろうか?
posted at 22:41:21
予測不可能なことも、たびたび起きるのが、歴史だろうか?
posted at 22:41:09
それがそこで出来た、と言うことは、誰がやっても同じように出来る、と言うことを意味しているだろうか?この世界は、それによってみんなの力で不可能な協力を起こすことが出来るだろうか?それは会社でも可能か?
posted at 22:40:52
ある意味、規範のようなものを定めることで、世界は変えられるか?
posted at 22:40:11
心理学的に考えて、認識は行動を規定するだろうか?
posted at 22:39:58
本当に匿名でなくても、きちんと言いたいことが言えるようにならないだろうか?恥をかいても良いようにならないだろうか?
posted at 22:39:44
コメントに対してコメントを付けるシステムを賢く出来ないか?
posted at 22:39:17
コメントの方を変えるのではなく、システムの方を変えることで、コメントの方を束縛し、決定するような、そんなシステムは考えられないだろうか?
posted at 22:39:02
何をしたら、一番良い結果を残せるだろうか?そこには影響力があるか?
posted at 22:38:27
自分が出来ることは何か?どうすれば、この世界に貢献出来るだろうか?
posted at 22:38:11
神は、精神の能力を最大限に引き出しているだけではないのか?
posted at 22:37:57
人間の体は、どこまで分かっているのか?今はまだ分かっていない生物学上の理解は、どこまであるのか?それは、今、分かっていないこの時代の肉体でも、成り立つのだろうか?
posted at 22:37:37
遺伝子は、歴史的に変わるのか?それなら、青い髪をしたアジア人は現れる可能性は無いのか?
posted at 22:36:45
社会を作り出す根源の意識や導きのようなものは無いのか?
posted at 22:36:06
王とは何か?王に従うのはなぜか?王に従うしかないからと言って、王に従うことは正しいのか?
posted at 22:35:51
社会がその環境を強制するなら、それは正しいのか?個人の自由とは、本当にあるのか?
posted at 22:35:28
権利だと思っているものが、逆に破壊であることは無いのか?義務だと思っているものは、他人からの押し付けでは無いのか?
posted at 22:35:07
経験的な権利と、経験的な義務とは、何だろうか?
posted at 22:34:42
義務と権利は、どこからどこまでを言うのか?
posted at 22:34:29
歴史から本当に学ぶことは、可能だろうか?人々がそれぞれ違う中で、本当に学ぶことが出来るだろうか?それは権威による押し付けではないのか?
posted at 22:34:13
歴史の構成員は、その時代のその国のことを正しいと考えているはずだ。
posted at 22:33:43
本当にその歴史上の時代に行った時、その環境は歴史で教えられている内容と本当に同じだろうか?それは、歴史ではなく、今のこの世界における、中国のような外国についても言えるのではないか?
posted at 22:33:18
先人が作ったものは、誰が遺したのだろうか?遺されたもの以外にも、賢いものはあったのではないだろうか?
posted at 22:32:29
要は、歴史や哲学を知っているのが悪い。そういうものを既に分かっているせいで、馬鹿になる。
posted at 22:31:47
本当に正しい仮定を作った時、そこに結論は必要ないのではないか?
posted at 22:31:23
証明したからと言って、その命題は本当に正しいだろうか?数学的正しさが場合によって変わることは無いのだろうか?
posted at 22:31:06
この宇宙の全てを証明することは可能だろうか?
posted at 22:30:43
自分が自分である間、本当に他人のことは分かりえないのだろうか?
posted at 22:30:30
テレビは本当に当たり前のものだろうか?テレビの世界は本当に普遍的に正しいだろうか?
posted at 22:29:55
本当にありえない体験をした時、その体験は誰が作ったのだろうか?神だろうか?宇宙だろうか?
posted at 22:29:13
宇宙において、信じるべき概念とは何だろうか?それは未来だろうか?
posted at 22:28:50
楽しいものは、本当に楽しいだろうか?ただ楽しいものより、もっと賢いものは存在しないだろうか?
posted at 22:28:24
機械とシナリオでも学べば良い。
posted at 22:27:58
大人はつまらないが、仕事をするための能力や経験は、あるべきだろう。それを子供の視点から考えることは、悪くない。
posted at 22:27:23
子供とは、何だろうか?子供はなぜ、そういう行動をするのか?そういうものを考えていると、心理学のようなものを作り出すことが出来る。
posted at 22:26:50
見ていると、みんな、何も分かっていない。馬鹿な大人が多い。何も分からない大人は、無視した方が良い。子供たちだけを考えるべきだ。
posted at 22:26:21
そこから、人々の話を聞くことで、マスターへと近づくことが出来る。
posted at 22:24:52
もっと、普通のことを思い出した方が良い。この世界で、自分が何をしてきたか?何が良かったか?何が大切だったか?何が辛かったか?何が出来なかったか?何をしたかったか?何が間違っていたか?
posted at 22:24:32
間違えた。考えなくても分かること、ではなくて、知らなくても考えれば分かること、だ。
posted at 22:23:12
知らなくても、考えれば分かることはある。そういう、「考えなくても分かること」を積み重ねて、「発想」していくことは出来るのだ。その発想が、賢い。
posted at 22:22:43
学校の歴史なんか、しない方が良い。
posted at 22:21:47
学校の歴史しかない世界でも、学校の歴史は歴史ではない。本当に分かるまで、学校の歴史を知ってはならないのだ。
posted at 22:21:09
ある意味、学校のことなんか、知らない方が良い。学校の歴史をやると、分からなくなる。あなたは本当に歴史のことを知っているか?自分は本当にフランスの近代のことを知っているだろうか?そういうものは、「まだ本当には分かっていない」と考えるべきだ。そこから、自分なりに知れば良い。
posted at 22:20:41
Red Hatぐらいから、馬鹿なものになった。Fedora Coreぐらいの時代、一番優れていた。そのごろが全盛期だ。最近は、10年前ぐらいから何も変わっていない。GNOME 3が馬鹿なのは、Windows 8と同じだ。パソコンはそろそろ終わりだ。Linuxも馬鹿だっただけだ。
posted at 19:17:54
Linuxは、黎明期が楽しかったのが良く分かる。馬鹿なカーネルをみんなで良いものにしていく作業は面白い。何故か、GNUと組み合わせると、無料なままで良いOSが誕生した。その頃はWindows全盛期だったから、本当に次はこれを使うように見えた。開発体制も、楽しくて良かった。
posted at 19:16:48
そういうわけで、これ以上は何もしない。休んでいるだけになる。
posted at 19:06:17
放送大学は、馬鹿の方が出来る。何もしない人間の方が出来る人間が多い。
posted at 19:06:01
今日は、作業所でボールペン字をやって、農園やピアノにも行った。ピアノは、初見で弾くのが大分上手くなった。作業所では集中力を褒められた。
posted at 19:05:43
放送大学より、別のことをした方が良い。人々が見ていないところに賢いものがある。
posted at 18:57:27
自分は、何もしないで何年も過ぎるのが楽なのが分かっていない。大してする意味がない。
posted at 18:55:15
賢いのは、神経を全部治したからだ。
posted at 18:53:06
自分は、疲れているだけだ。足は治った。
posted at 18:52:38
そのままで休むと、歩き回るのが治る。
posted at 18:36:34
自分は、キリストが悪いのが分かっていない。イエスは、神になって永遠の戦いをやっている。
posted at 18:28:26
自分は、一応入っている放送大学を卒業した方が良い。馬鹿に見えてそれが賢い。
posted at 17:50:04
自分は、馬鹿に見えて、神を信じたのが賢かった。みんなが馬鹿なのは、神を信じないからだ。
posted at 17:49:09
自分が世界を正常にしたい意味が分かった。
posted at 16:51:50
あとは、なぜか、意味が分かったから、治る。今日はピアノもある。このままで頭を休められるようにすると、全く辛くない。むしろ、自分は文字を書くのが本当に好きなのが分かった。辛いから敬遠していたが、文字を書く仕事に就くのが一番良いだろう。
posted at 16:38:26
そういうわけで、僕は哲学と歴史をやるのが良い。それで正常な世界が分かる。昔の方が本当に賢い人間が多かった。それこそ、そんなに戦争や工場が近代化しているのは、おかしい。
posted at 16:37:38
あとは、論理や気づきのようなことを書いていた。自分の論理学をスピノザのように作っていた。
posted at 16:36:59
なぜか、自分でも意味が分かった。自分は89年生まれで、Windowsのあった時代しか知らない。だから、Linuxを普通だと思っている。全く、劣悪で最悪のものがLinuxだ。それから、ゲームも悪い。物心がついた時にはすでにゲームをしている。
posted at 16:36:37
狂ったのは、Linuxが悪い。コピーしほうだいの世界にしたいために作っている。
posted at 16:10:52
自分が悲惨なのは、Windows以前の世界を知らないからだ。
posted at 16:03:53
正常だと信じないと、人間は正常にならない。
posted at 16:01:01
悪の女王が世界を停止させた。今を正常だと信じれば治る。
posted at 15:58:30
女は、馬鹿に見えて、良い人生になる。男には何もない。女の方が良い。
posted at 15:51:27
昔は、みんなの言うことを聞いていた。だから賢かっただけだ。経験なんか、何もない。少年だった。
posted at 15:45:55
自分は、辛くてもこのままで休めば良いのが分かっていない。
posted at 15:12:02
自分なりに知り、自分なりに考え、自分なりに行いなさい。
posted at 14:49:53
単純だから治る、と思うのは間違っている。人間は複雑な方が治る。単純だと、病気が必要になる。
posted at 14:47:26
今日もボールペン字をやった。自分では気付かなかったが、凄い集中力だと褒めてもらった。
posted at 14:43:20
まだ分かるのが早い時は、可能性に留めておけ。
posted at 14:06:12
社会のみんなの声を聞いて、自ら救え。
posted at 14:05:25
解明し、予想せよ。
posted at 13:14:07
抽象性と作用による、関係と心の数学を作れ。
posted at 13:13:47
社会の歴史的経緯を考えよ。
posted at 13:13:01
自分は、肩が辛いだけで、それは神経を治すのが悪い。それで楽になる。
posted at 13:04:24
当たり前のことから推論し、経験し、積み重ねることで、人生は拡大する。
posted at 12:55:30
人間性を尊重せよ。善人が分かる。悪人は神によって地獄に堕ちる。
posted at 12:52:59
精神を吸収せよ。
posted at 12:27:42
経験と行動と思考の関係を知れ。
posted at 12:27:09
環境と精神を想定せよ。
posted at 12:23:57
看護師は、目的も賢い。人の命を生かす仕事だ。
posted at 12:14:08
昔は、環境の変化しか考えていない。場をそれぞれが変えられるようにせよ。環境を、変化、関与、独立、集積、共有可能にせよ。可能性を高め、ボトムアップにせよ。
posted at 11:41:40