読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2017-03-30

ツイッター

ある意味、経験とは言うが、世界精神のようなものだった。ネットを見ながら、経験的な世界精神を知った。ある意味、意識や価値観のようなものでもあったし、仮想的な世界創造のようなものでもあった。そういうものから、歴史を分かっていた。弁証法でもあったのかもしれない。カントのようでもあった。
posted at 20:33:10
あとは、昔はインタラクティブなやり取りが好きだった。それで、画像をアップロードして、みんなで運営し、犯罪のようなものは自然に消えることが理想だと思っていた。今の僕からすると、ツイッターFacebookのような発想をしていた。オープンソースもそういうもの。一番幼稚で馬鹿なものだ。
posted at 20:31:07
なぜか、これが大天使ガブリエルだ。昔から、天の神は聖書のユダヤ人の神、子の神はイエス・キリスト、そして精霊の神はガブリエルだ。そういうわけで、キリスト教仏教は良く似ている。アリストテレスどころか、プラトンの方がさらに近い。イデアは天国や遺伝子に見える人間が多い。
posted at 20:29:17
いつも言っているが、僕はパソコンをローカルからネットワークに移すことで、アプリケーションの汎用性が高まるようにしか見えない。それを、オープンソースで実現することが、一番コンピュータの未来だと思ってしまう。だから、Windowsより、Linuxの方が賢いのだ。
posted at 20:27:34
昔は、感覚や行動の意図から、変化の世界モデルを作った。経験から発想し、「仮想経験世界」のようなものを体験的に作っていた。
posted at 20:26:11
風呂で汗を流すコツは、「血管の中の血液が少なくなっても良い」と思うことだ。それで、老廃物を汗から出しやすくなるだろう。
posted at 20:25:34
自分は、一度完全に馬鹿になって、それが賢く治っているだけだ。そういう、「今までの経緯」のようなことをきちんと知ると賢くなる。昔は、「この世界の全ての経緯」を知った人間だった。
posted at 20:25:02
ドイツが基礎が出来るのは、ドイツには保守的な権威があるからだ。基礎を教えないと、大学が賢く見えない。逆に、アメリカはオリジナルなものを作るために研究がしたい。だから応用が出来る。日本はパクるだけのように見えて、純粋に科学がやりたい人間が多い。日本の理想は科学の理想だ。
posted at 20:24:27
逆に、自由も悪い。強いものと強いものが戦って、最強に強いものが支配する。あるいは、悪い王国は良い王国が倒す。良い王の国が良くなる。あるいは、国家主義と民主主義に分かれて、民衆と国王の内戦になる。そういうものだ。だから、トランプは右翼になっているように見えて、本当は左翼化している。
posted at 20:23:30
自分は、平等な政治のセオリー、と言うものもあるのを知らない。普通、独裁者にして完全に平等にする。自由を無くして、反革命を殺す。革命家が独裁者になる。だから、平等は一番悪い。革命家に権力を持たせると、すぐに滅びる。
posted at 20:22:17
自分は、そんなに戦うより、経験した方が良い。色んな社会を知って、自分の目で見て、いやというほど何も出来ないのを知りながら、みんなで意見を交わし、良く考えるといくらでもやり方はあるのだと知って、全てのことが出来るようになる体験が必要だ。
posted at 20:21:24
アメリカの応用科学は賢くない。応用科学では分からない。ドイツは、そういう、分からなくて分かる国だ。
posted at 19:47:00
自分はドイツのことを宗教だと思っているが、ドイツは科学の方が多い。ドイツは科学の国だ。基礎や基本をきちんと学ぶ人間が多い。純粋的な科学をやるのが好きな人間が多いからだ。
posted at 19:46:28
不思議と、ヨーロッパには西洋哲学も多い。西洋哲学の影響で科学者が増えた。だから、日本に人工的に科学者が生まれるわけがない。むしろ、技術者は多いのが日本人だ。
posted at 19:43:58
そういうわけで、今からはもっと強い世界にしていくしかない。どんどん弱くなっているが、トランプは真面目に、強くしたい、アメリカ人に日本人に勝ってほしい、と思うだけだ。それを、僕が倒している。
posted at 19:41:08
それ以前は存在しない。もう少し知的だったようで、死ぬのが普通だから、自分の嫌いな人間を殺す世界だった。だが、それは僕も分かっていない。
posted at 19:39:47
最近は、あまりに弱い世界になった。そういう世界を、ヒトラーのように、「最高のヒーロー」のような世界にすると、それが戦前だ。かっこいい帝王のために、悪いものを倒すため、全員で団結する。だが、それは最悪だ。
posted at 19:39:09
そういうわけで、異常な世界になってしまった。もう全部終わったから正常な世界に戻す。正常な世界とは言うが、抑圧や支配の多い、何も出来ない世界にすると平成の中間ぐらいの世界に戻る。それをもっと田舎臭くすると、それが昭和だ。
posted at 19:38:16
そういうわけで、最初から、神なんか居るわけがない。むしろ、きちんと神を信じると、夢の世界から、あなたの人生を神が正してくれる。あなたに栄光のある未来を与えてくれる。それが、神を信じた人間に対する特権だ。
posted at 19:36:36
それから、僕は神ではない。僕に教えを告げてくれる、キリストが、正確には神だ。だが、この神は結構200人ぐらい居て、ヒトラーも居る。だから、この神は誰もが嫌いだ。どこでも、この体験のせいで、神でない僕は神にしか見えない。神なんか悪魔に見える。真面目に言うとそうなる。
posted at 19:35:51
ただ、僕はマンガは嫌いなのだ。僕は音楽が好きで、魔人のように描かれるより、恋人のように歌われるのが好きだ。
posted at 19:34:47
ただ、本人の僕から言うと、僕は「脇役のままで居たかったのに、やりたいことをしたい気持ちが強すぎて、自然に主役になってしまった、主役を押し付けられた人間」だ。
posted at 19:33:27
僕を最強の魔人のように描いているマンガが多いが、最強の魔人と言っても、僕は僕のことをルシフェルだと描いてしまう。それでは、僕の全ては表現出来ない。だから、ベジータのように描いたり、エースのように描く。だから、あまりに悪い世界に見えるが、僕は良い人間で、この世界は最高の世界だ。
posted at 19:32:30
あなたが悲しいだけ、僕はこの世界で飛ぶことが出来る。飛び立って、あなたの悲しみに対する、偉大な想いをあなたに告げるため、この世界を飛んで、そのメッセージを僕の想いとともにみんなに届けるのだ。
posted at 19:30:08
あなたは悲しいか?どれだけ悲しいか?その悲しさでどこまで飛びたてると思うか?どれだけのものを破壊し、狂わせることが出来ると思うか?それは、きっと、宇宙の果てへと進む、僕の浮力のようなものだ。あなたの海を持ち上げる、僕の浮き輪の浮力だ。(意味が分からないのは、本人も分かっていない)
posted at 19:29:25
生命は、自由な変化を生物自身が起こすことであり、生物がどれだけ自分のことを変えられ得るか、と言う側面が、自由の尺度であり、社会も同じで、社会がどれだけ自分のことを変えられ得るか、が社会の自由だ。
posted at 19:27:14
ただ、あまりに「一番悪い」が増えすぎた。だから、飛びぬけて悪いものを消して、平均化するために、平等な悪の善にしよう。
posted at 19:24:44
要は、僕は四次元の世界に生きていない。五次元の世界に生きている。
posted at 19:21:46
この世界には、自由が足りない。それも、悪い事由が足りない。あまりに、不自由になって、善人になりすぎた。悪の自由を少しトッピングすると、塩コショウによって野菜炒めが美味しくなる。
posted at 19:21:12
何もしない。おそらく、色んなサイトに「在導万創」と言う名前を宣伝する。それだけだ。だから、みんなも、在導万創を宣伝して欲しい。
posted at 19:19:51
僕は今から、この世界の全員と出会う。それは、おそらく、8月だ。
posted at 19:19:13
ドイツは、日本やソ連の敵だ。何の変哲もない、普通の国だが、戦って死ぬことを目的とする。日本が夏休みだとすれば、ドイツは夏休みの無い八月のようなものだ。(少し、RADWIMPSの言っていることを参考にしている。)
posted at 19:18:24
平和は、私によって生み出される。そして、滅びの風は、私だけが生み出せる。昔は、そういう国がローマ帝国だった。今では、それは日本だ。
posted at 19:17:17
日本は、ソ連だ。日本から見て、日本はソ連だ。全く理想を信じている。何も変わらない。文化的にも、政治的にも、経済的にも同じだ。ソ連とは、全てを滅ぼす、最悪のミミズのような国だ、と言う意味だ。最高の理想の国だ、と言う意味だ。
posted at 19:16:41
私が勝った。それによってのみ、日本は勝つ。
posted at 19:15:48
私が生きているようにそれぞれは生きているが、人間と人間は全く違う。それが、答えだ。
posted at 19:15:31
社会は作り出されている。独立によって、人間はそれを小さな単位で行うことが出来る。人間は、人間に由来する。マルクスの言っていたことは、本当はそういうことを言いたかった。
posted at 19:14:49
人間が生まれる、と言うことは、同時に、人間が死に近づいていく、と言うことだ。
posted at 19:14:13
可能性とは、あなたがそこに居られることだ。
posted at 19:13:47
意識とは、自由な生命の根源へと向かう成長による、地平線への道を全て自分の気付きの力で開拓することだ。
posted at 19:13:35
権利を守ることが義務であり、義務を果たせることが権利だ。
posted at 19:13:05
意識は相対的だ。
posted at 19:12:52
あとは、概念や世界の構造を書いていない。全ては次元である。理解は環境に根差す。魂は社会すら導く。可能性はあらゆる方向に延びていく。いつも、そういう、自由と科学による「何も知らないこの世界の構造」を書いていた。
posted at 19:11:55
とにかく、思考せよ。こんな文章を読むより、思考を積み重ねた方が良い。自分の力でこの世界を見て、自分で思考する。そのことの方が、この文章を読むより100倍大切だ。あとは、玉先生のビデオを見ると良いだろう。高校なんか、誰でも知っている。自分のようになりたくない人間は、玉先生に学べ。
posted at 17:28:25
僕には、何を言う資格もない。いつも、それで苦しんでいた。いつも、自分の言いたいことを主張はするが、本心で思っていない。本心で笑うことも最近は少ない。笑えないし、心配や不安や悲しみを消すことが出来ない。
posted at 17:17:47
もう、書くのを止める。今日は、作業所には行ったのだが、辛かったので、休んだ。
posted at 17:16:42
相手の視点に立ってものごとを考えなさい。だが、僕はそれは支配する、と言うことではないと思う。ある意味、「自由な影響力」と言う名の支配かもしれない。自由だからと言って、支配が全くないわけではない。だが、GNOMEのもう一つの問題は、相手の視点に立っていない、と言うことだ。
posted at 17:16:08
ある意味、僕は制度や思想ばかり見て、可能性を見ていない。どんな社会がここで生まれ得るのか、どのように変えられるのか、と言ったことを見ていない。昔は、そういう、想定的に国の体制と、それぞれの争い、そして作り上げるプロセスと保留可能な仮定を考える人間だった。
posted at 17:08:07
ある意味、国を変えるための手段や権利のようなものを認めるなら、むしろ、誰でも好き勝手に組織や政府に参加出来るようなシステムを作った方が良い。その方が選挙より色んなことが出来る。国営公社を自由にして、誰でも作れて、誰でも参加出来るようにする。国にも貢献可能にして、逆に滅びなくする。
posted at 17:06:43
選挙をしないのは、まったく悪いことではない。いつでも国が亡びる可能性を残している、と言うことの方がおかしい。
posted at 17:05:31
ただ、僕は自由が好きだ。この文章を勝手に書ける権利があることは、僕は謙虚に言えばわがまますぎると思うが、ありだと思う。
posted at 17:04:37
ある意味、基本的な自由、と言うものがなければならない。そこでは、むしろ、「正当な根拠がない限り、不自由を認めない」とすれば良い。だが、その憲法的条項には、「正当な根拠があれば、不自由を認める」と言い換えられる。それが、トランプのようなポピュリストが求めていることかもしれない。
posted at 17:04:03
その上で、社会を自由にすることは結構なことだ。だが、そこでは、「禁止された社会も受け入れる」と言う、一見不自由なようなものも、自由だと認めなければならない。意志の自由を認めないことも、悪いように見えて悪くない。日本語を話す、重力のある世界で生まれる、と言うことに、自由は無い。
posted at 17:03:00
だからこそ、自由とは、単純なものの周り、単純な計画や単純な目標の周りで、「誰が見ても分かる」ものや「誰が見ても理解出来る」ものの周りで起きる。Linuxカーネルは、GNUUNIXカーネルだと言う単純な目標があった。GNOMEのように、高度で理解不可能なものは、良くならない。
posted at 17:01:57
高度でありすぎるものは良くない。単純なものこそ、自由を生むのである。だから、最初からクローズドなものを高度な中で作ってしまうと、ワードのようになってしまう。最初からオープンなものを単純な中で作ると、Webブラウザのようになる。
posted at 17:00:45
柔軟性と高度さはトレードオフだ。柔軟であるからと言って、自由であるとは限らない。柔軟性は、シンプルなままでそれぞれが自由に執り行う、と言う意味で自由だが、高度さは、そこでは不自由を生んでしまう。自由にするなら、高度なものにするか、単純なものにするか、決定性から考えるべきだ。
posted at 16:59:45
子供は馬鹿正直なのに自分勝手だから、おかしなものが自由に存在し、おかしな自分が勝つことを望む。それは悪いことではなくて、例えば、マイケル・ジャクソンのようなスターになる自由もある。だが、そういうものは、あとで絶対に自分に跳ね返ってきて、報いを受ける。
posted at 16:58:18
そういうわけで、僕は民主主義の自由な日本が好きだ。この民主主義がいつまでも続き、僕のような人間が生まれても、その人間は死なず、僕も死なず、誰も殺さず、戦争や革命も起きない、民主主義と資本主義の力で変わる、と言う保守的な自由も、僕は好きなのだ。
posted at 16:53:52
だから、僕は自由が好きだ。それこそ、社会主義の世界があっても、おかしくはない。人権の尊厳は無いし、人格は洗脳され、上に従う、と言うが、これを見てしまえば、社会主義にも正当な正義があるのが分かる。ファシズムも同じだ。
posted at 16:53:00
そういう、きちんとした望みの叶う自由が必要だが、全員が望むを持つ時であれば、ファシズムになっても良いのではないか?あるいは、社会をみんなの手で作り、無意味な自由を無くし、正しい自由を得るために、ソ連が正しい社会を作る自由をやっても、それは自由だ。
posted at 16:52:07
自由な中で、それぞれがそれぞれの望むようにすること。そこには、それぞれを思いやる気持ちや、社会を自由にする気持ちがあっても良い。相手のことを自分以上に理解して、奉仕する気持ちがあっても良いし、逆に、相手の願いを解釈して、単純に望むものとは別のものを望むだろうと与えることもある。
posted at 16:51:04
僕は、自由と言うのは、平和と望みを叶え、可能性をもたらすために、支配せず、制限せず、それぞれがそれぞれの助け合いをすると言うことだと思う。それぞれが助け、教え、それぞれが理解する中で、それぞれが導く。だから、会社経済が良い、と言うわけではない。会社経済にはもっと良い自由が必要だ。
posted at 16:49:43
一度神を否定し、その上でみんなの正しい社会を考え、築け。この世界に可能性があると教えるのも、神だ。
posted at 16:41:21
みんなでこの世界を築け。そのために考えよ。先入観や常識は、神が教える人生の普通に基づく。だが、それは人を悪にしている。神を信じるものは、神に騙される。
posted at 16:40:04
右翼のように戦うな。左翼のようになれ。
posted at 16:38:02
たくさんの未来を成り立たせて、ほしいものを与え、されたいことをし、一つの確固たる未来を信じて、本当に作り上げる人間が賢い。そこでは、この世界は自由で、可能性は常に作り出されている。
posted at 16:37:13
可能性を具体的に考えて、捉えて、照らし合わせて考えなさい。論理的に考えなさい。それがあると良いだろう、と言う必然性と、今の自分を成り立たせる前提を信じなさい。そこから自然に行き着くものを信じなさい。信じるものは、少ない方が良い。
posted at 16:27:49
神とは、心の一番奥に居る、繋がった本来のあなただ。
posted at 16:23:58
戦いながら知性を付け、滅ぼしながら可能性を高めよ。
posted at 16:22:57
愛を信じる者は救われる。
posted at 16:18:55
何にでもなるシステムを作れ。
posted at 16:18:36
最高の社会を作れ。
posted at 16:18:14
最も賢明な支配者となれ。
posted at 16:17:15
あなたは永遠に、どこまでも自由だ。人間は、平等でない、自由な生命だ。
posted at 16:15:52
自由は間違っていない。全てが分かるまで、自由を貫け。あなたは自由だ。
posted at 16:15:04
そして、永遠に、神の計画に従え。
posted at 16:10:32
ただ、右翼になって狂え、と言うことだ。自由は良い理想だが、儚い思想だ。
posted at 16:09:51
そして、自然に戻れ。
posted at 16:01:08
自由を裏切りなさい。
posted at 15:53:03
あなたの自由は全て無くなる。あなたは、能力や経験を失って、何も出来なくなる。悲しいが、それが新しいあなたの人生だ。そして、運命の戦いが起きて、世界を変えていく。
posted at 15:45:03
ある意味、完全にイベントだけでコードを書くのは面白いかもしれない。いつ、何をするかを登録する。
posted at 11:21:21
自分が分かるのは、神の分かる道を辿るからだ。神の治る道を行けば治る。
posted at 11:13:51
自分のおかしい点は、同じことを再度しなくなった。全部、昔と変わったせいでおかしくなった。
posted at 11:10:15
人間は、自分で作れば分かる。
posted at 11:06:46
経験から発想が分かった。細かな発想のようなことを書いていた。
posted at 10:26:56