読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2017-03-29

ツイッター

ただ、僕がネットの匿名性について思うのは、誰でもなんでも出来る代わり、誰がそれをやったのかが分からなくなる、と言うところだと思う。匿名で好き放題言う代わり、それを誰が何の目的で言っているのかが分からない。そこが悪魔的なのだと思う。
posted at 23:06:58
それは、むしろ、WEB玉塾や僕のホームページのようなものであって、結構、ホームページと言う発想が賢い。だが、そこには双方向のやり取りが無いのかもしれない。だから、ツイッターが流行るのだろう。
posted at 23:04:25
ネットの良い点は、「人と出会いたい」と「知識が欲しい」と言うのを、「自由に行うことが出来る」と言うことだと思う。それが優れているから、僕としては、ネットではなく、「人と自由に出会える健全な場」と「知識を自由に得られる健全な場」があれば良いのかもしれないと思う。
posted at 23:03:35
ニコニコ動画のようではあるが、同時に100人がテレビ中継を見ながらテレビに対してメッセージをやりとりするような機械は出来るだろう。
posted at 22:46:35
同時に、機械と機械を配線で繋げることが出来る。テレビを見て、そのテレビの内容を他の家でも表示し、同時にテレビの中で共通のメッセージを表示したり出来る。本来、そういうコード配線のような機械がコンピュータなのだ。
posted at 22:45:02
そうすると、メッセージの配達だけではなく、製品や食べ物の配達もするしかない。それは、ただ配達するだけではなく、超賢く配達することが出来るかもしれない。
posted at 22:42:43
要は、配線や配達のようなインフラを自由にみんなの手で実現出来るようにした。それがパソコンであり、インターネットだ。
posted at 22:42:09
コードは機械と言っても部品のようにではなく、配線や電線のように、それをそこに配達する。それによって社会を整合性があるように実現する。だから、土方に見える。インフラだから、オープンソースのように、公共事業のように作るのが流行るのかもしれない。
posted at 22:41:38
ただ、何故プログラムは便利なのだろうか?そこが良く分からない。コードは本当に機械だろうか?おそらく、機械とは言っても、部品のような機械ではなく、配線や電線のような機械だ。だから、機械と言うよりは、配達なのだ。
posted at 22:40:22
ある意味、コンピュータに命令しているように見えて、プログラムと言う墓石をみんなで作って王に謙譲しているように見えるのが、プログラマだ。
posted at 22:39:17
「これこれこういう風に命令しろ」と言うことが、すでに外部からの命令であるような気がする。
posted at 22:38:16
プログラムがやっていることは、果たして何なのか?計算、ではないと思う。仕事をしている、と言うのもおかしい。手順を実行する、と言うことは要は何か?やることを最初に書いておいて自動化する、その「やること」とは何か?命令しているだけだ。命令をそんなに厳密にするのはロボットではないか?
posted at 22:37:56
ただ、書籍と言うものは残るものだ。だから、ネットが無くなっても、Wikipediaは違う形で存続するような気がする。権威主義と大衆主義が生まれて対立するかもしれない。
posted at 22:35:35
インターネットは楽しい人間が多かったが、そんなに凄いものではないし、そんなにいつまでも楽しみ続けるものでもなくて、流行が終わった時に、ふっとなくなっていくような、そんなものなのかもしれないと思う。
posted at 22:34:20
ただ、デザインをするのであれば、そんなに四角形にする必要はない。連結の方法も未熟だ。高度なグラフィックス機能を使って、メッセージをもっと効果的に表示し、切り替えすることが出来るかもしれない。
posted at 22:33:05
ある意味、インターネットは中央集中的ネットワークによるメッセージ連結の伝達を実現している。それは、おそらく、そんなに賢いものではない。
posted at 22:32:02
@manzyun すみません。僕も自分が自分で何を言っているのか分からない状態で言っていたりするのです。
posted at 22:30:52
今のパソコンで出来ることなんて、そんなに多くは無いのだろう。メッセージのやり取りと画面の切り替えが出来る。たくさんのメッセージを連結して表示したり、画像処理的にデコレーション出来る。ただ、僕は、ある意味でIllustratorが一番可能性を持っているような気がする。
posted at 22:30:07
東芝のことをテレビでやっていて、中国などに頼った時技術の流出の問題がどうとか言っていたが、僕は技術なんかフリーにして、ぜひ世界中で使ってください、と言う風に出来ないのかな、と思う。
posted at 22:28:51
みんな、神は信じるな。代わりに、神のためになるように生きよ。それが正しい神への信仰だ。そして、最終的には、神を倒して、自分が神の代わりとなれ。
posted at 20:46:42
要は、「神を信じろ」は間違っている。「神のためになるように生きよ」が正しい。
posted at 20:35:49
あとは、むしろ、神とは仲良くやれば良い。自分から進んで神を助ける人間には、良いことを返すのが神だ。
posted at 20:32:28
白人や右翼、イスラム圏は悪いから倒した方が良い。馬鹿な神しか信じていない。
posted at 20:31:56
どうでも良いから、神と言う存在はありえない。おかしい。
posted at 20:30:07
神に勝つためには、神の与える誘惑や同情を誘う言葉に負けず、神を倒し続けるしかない。神はあらゆる手段でみんなを倒す。その神をみんなで倒せば良い。ただ、僕が悲惨なのは、それが自分だからだ。そういう理由で、神は悪い。自分が嫌いでみんなのことを倒したくないのに滅ぼすのが神だ。
posted at 20:29:54
そういうわけで、神と戦って神に勝てば良い。そうすると治る。
posted at 20:28:45
みんなが悲惨なのは、上の方で一番悪いことをしている僕の存在が分からない。だから、神が居ると思わないと分からない。神の存在は信じた方が良い。昔から、それでなんとか治る。
posted at 20:27:27
明らかに、現代の子供は最初からテレビを見ている。そのテレビが悪い。テレビなんか見ない方が良い。
posted at 20:25:49
出来るだけ、普通に生きた方が良い。子供に戻ったりも、治したりもしない方が良い。
posted at 20:24:12
むしろ、普通の人間が出来ないことはしない方が良い。それが病気になって馬鹿になる。
posted at 20:23:54
要は、治らないことをすると楽になる。
posted at 20:18:39
自分は、馬鹿の方が良いのが分かっていない。何も治らないまま放っておけば、誰でも全部分かる。だから、途中で分かったり、やめたりするわけがない。
posted at 20:13:32
何もしなければ死ぬ。死を乗り越えるべきだ。
posted at 20:09:23
自分は、数字を数字だと思わなければ正常だ。今のままで良いと思えるようになる。ロボットは分かるから、賢い。
posted at 20:09:06
自分は、言葉の最後につく「だ」を言わなければ良い。「だ」を言わなければ賢くなる。
posted at 20:07:35
あとは、おかしな世界を作っていた。夢の世界だと思えば良い。ありえない世界をいくらでも作った。
posted at 19:51:57
僕は、作業所で作業をしているのがバカバカしくは見えるが、そうでもない。作業をしていると、精神の状態が良くなる。それに、Illustratorの使い方は本当に分かってきた。あとは、効率的な操作を覚えれば良い。Linuxならコマンドを使うだろう。
posted at 17:32:16
僕としては、Linuxが良いと思う。Linuxを使って、誰もが最新のOS環境と正しいセキュリティ技能を身に着けるように、講習をするか、ありえないネットワーク技術を作ってほしい。あるいは、ネットは無くなるべきだ。
posted at 17:30:02
あとは、終わりだ。僕が思うに、今からはインターネットが無くなるだろう。特に、セキュリティの問題が多すぎる。それに、みんなインターネットはもう十分楽しんだはずだ。これ以上、ネットがある意味が無い。
posted at 17:29:22
自分がおかしいのは、いつもの自分と違う。違う方の自分になるのが怖い。違う方を普通だと思えば良い。そこが治らないと、不安なまま何も治らない。こういう風に分かると、きちんと全員が何が違うのかが分かる。それぞれの「普通」がこういう風に違う。
posted at 17:28:43
最近自分が賢いのは、地獄を乗り越えたからだ。この地獄に、宇宙の全てがあった。キリスト教仏教と言うより、自分独自の新しい宗教を作ったような気がする。それに、ロボットを作ったから、哲学者と言うことになる。
posted at 17:27:53
日本は、全てを作り直しただけだ。当たり前にこうなる。
posted at 15:12:49
何故か、みんながおかしく治っている。今日は作業所に行ったが、自分も辛いし、みんなもおかしい。ただ、第一の元凶はいつも自分だ。
posted at 15:04:07
いつまでも自分の出来ることを保持せずに、すぐにやってほしい。そうでないと、出来ないままで、不自由になる。
posted at 15:02:26
国営公社、メタ連合、教育、独立などを考えた。
posted at 12:39:10
現実と実際を照らし合わせて分かっていた。環境や人間を捉えて、段階的に人生を知った。
posted at 12:37:53