読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

今日のこと - 2017-03-13

なんだかんだ言ってまだ書く。
昔は、概念と考え方で分かっていた。金なら、買うと売る。植物なら、植えると育つ。そういう風に、概念と考え方からモデルを分かる。一度分かった考え方は、応用出来る。
パソコンを消した方が良い。パソコンの精神を殺すと、それで世界観が少なくなって、きちんと分かる。
2ちゃんねるにも書いたが、この世界が催眠にかかっているのを治すためには、積極的に色んなことをすれば良い。
人間の社会と考え方を、成り立たせ、説明するように、その上でそれぞれの可能性を、現実の中でどうなるか、捉えながら分かりなさい。
自分がそれをしたらそれはどう見えるか、客観的視点から考えなさい。
誰かに出会った時のために、準備をしなさい。
経験から思考と感情が生まれる。
人々を許すこと、システムをみんなで築くことで、世界は変えられる。
地域の歴史を意識と実体験で知った。環境を実体験から、感覚で分かっていた。人生の「生命経験」のことを実感で分かった。
分かっていることは、基本的に、少ない方が良い。買うと売るだけの方が、賢い子供が多い。
僕は、OSのセキュリティ技術は、仮想化や仮想マシンのようなものを参考にすることで、安全なものに出来るかもしれないと思う。ブラウザを実行している仮想的マシンと、ワードなどのファイルを読み込むマシンとは、アクセス出来ないようにする。良く分かっていないが、本当に、今からセキュリティの向上が急務だと思う。特に、パスワードだけでは破られないように、専用の鍵をローカルファイルとリモートファイルに用意するような、そういう、もっと賢いセキュリティ技術が必要だ。
もう、終わりにする。これ以上、パソコンのことをしたくない。皆さん、さようなら、です。
僕は、最後に、みんなに「普通」を教える。みんなは、「普通」が分かっていない。普通が分かると、きちんとこの世界のことが分かる。パソコンは、Webアプリケーションとしてソフトを作るか、ネットワーク上にワードのパソコン、ブラウザのパソコンを分けて、データはそのパソコンのデータ以外にアクセス出来ないようにするとセキュリティを確保出来る。昔は、精神を作って、反応から精神のことを分かっていた。感覚的に、人間の「普通」のことを全て可能性の中での状態として分かっていた。環境と場を想定し、「心がその環境や場においてはどのようになるか」を考えていた。それくらいが分かった。それで、もう、この戯れは終わりである。良く頑張った。だから、新しい人生を今から生きるのだ。
あとは、時間や歴史、そしてそれぞれの社会や人生を、環境や場とともに考えることが多かった。