「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2017-01-15

あとは、最近、ツイッターはつまらない。流れ去るだけのタイムラインを、全く眺めていない。何か、ツイッターではない別のものをやりたいと思う。
posted at 20:45:52
もっと、あらゆる全てのものを分解した方が良い。
posted at 20:45:20
良く考えると、喋っているだけだ。口と喉の部分を分解すれば治る。
posted at 20:40:28
何故か、きゃりーぱみゅぱみゅみたいな女になっている。
posted at 20:33:36
心の底に宿っている、根の部分を分解すれば良い。
posted at 20:31:02
昔、学習した通りにやっている。それは、3秒の中で何十年もやっている。それは、そうでもない。いつか学習した、とんでもないロボットを全部やっている。
posted at 20:25:40
最初から分解し直すしかない。
posted at 20:07:07
そんなに離れて考えない方が良い。前に出た方が良いこともある。
posted at 20:06:10
男が悪い。男の部分を殺さないと治らない。
posted at 20:05:03
これで、もう体と体が分解されて、二人になれる。
posted at 19:56:29
感情がおかしくなっているのは、全部セックスが悪い。セックスを分解すると、すぐに治る。
posted at 19:54:27
ある意味、動物なんか、卵を産んだ方が優れている。勝手に育つし、産むのも楽だ。哺乳類は、悲惨な寒い環境でも生きられるように適応しただけで、本来は恐竜の方が賢いのではないかと思ったりする。
posted at 19:51:27
恐怖を分解すると、感情が無くなる。それが楽だ。
posted at 19:47:03
恐怖の部分を治すと、怖い。本当に、おかしなものになっている。それが続いている。
posted at 19:38:05
恐竜を見ていると、生命の行きつく先と言う感じがする。あれが、1億6000万年も続いたらしい。
posted at 19:31:51
感情と恐怖を分解すれば良い。それをしないのがおかしい。
posted at 19:29:50
あとは、人格を分解するしかない。ただ、もうそろそろ書かなくて良い。
posted at 19:23:12
完全に分解して、完膚なきまでに倒したい。
posted at 19:19:26
脳ではなく、記憶に関して、特にアニメや右翼のような部分を分解する。
posted at 19:19:12
そろそろ分解が出来なくなったから、分解は終わりだ。
posted at 19:09:26
想像力の分解が終わった。あとは、運動して考える部分を分解する。そろそろほとんど終わった。
posted at 19:06:29
分解は、肝臓の機能を使えば、誰でも出来る。
posted at 19:02:39
脳の言葉の部分を分解した。次は、想像力を分解する。すぐに治る。
posted at 19:02:27
もう少し、脳の分解を続けた方が良い。脳を分解すると、すぐに治る。
posted at 18:47:42
これ以上は、何もしなくても分かる。繊維の一本一本が、それぞれ、人間の人生になっている。
posted at 18:37:59
繊維質のものが残って、カリフラワーのようになった。ここから脳が付く。昔から、僕はそういう頭をしている。
posted at 18:31:46
脳を分解していくと、最初に左耳が生まれた。
posted at 18:28:47
あとは、脳を分解するしかない。
posted at 18:22:53
自分は、みんなと一緒になれば良いのが分かっていない。戦うのでも、倒すのでもなく、みんなと寄り添うように生きる。
posted at 18:22:40
あなたには、私になってほしくない。
posted at 18:01:39
むしろ、戦った方が良いこともある。相手より上になるためには、相手よりたくさんの努力をすることだが、同じ努力でも、質的に上になるか、と言う意味では、もっと別のことをしなければならないこともある。
posted at 17:58:00
作り方を学ぶのは良いのだが、忘れた方が良い。忘れないと、馬鹿が残る。
posted at 17:54:08
最終的には、そこへと向かうことになる。
posted at 17:51:57
さらに、自分の持っている力で出来ることを探せ。
posted at 17:51:47
そして、大切なものがあることに気付け。
posted at 17:51:23
まず、平和の意味を感じられるようになれ。
posted at 17:51:00
ただ、僕はこんな馬鹿を伝えたいわけではないのだ。
posted at 17:44:03
自由を作り出すために、今の自分のことを本当に好きになるために、出来ることは、何かを分かることでも、作ることでもなく、伝える気持ちを持つことなのだと思う。
posted at 17:43:47
平和とは、敵を許すことだが、そんなに敵の方が好きになってしまうようでは、今の自分に問題がある。その問題を、知っているように見えて、知らないものだ。今の自分の問題を良く考えると、見えてくるかもしれない。
posted at 17:42:49
本当にしなければならない、と感じた時にすること。それは、狂っていないし、醜くもない。本当に美しいものをゼロから創れる。誰もがそういう風に、美しいものを作り出す。その過程を、苦しみながら楽しめば良い。大人から見て、この世界はそういう世界だ。
posted at 17:41:42
だが、子供も責任を感じて生きるべきだ。それは、しなければならない責任ではなく、すると良いかもしれない責任だ。それは、ビジョンや洞察力に繋がる代わり、人々を不幸にする。実践するのはやめた方が良い。
posted at 17:40:35
それこそ、子供に責任を押し付けることが間違っている。
posted at 17:39:43
ある意味では、誰か一人の支配を受けなくても生きられるようになることが、最優先課題だ。それぞれが一人できちんと出来るようになれば、そこから道を開くことが出来る。だが、子供のような馬鹿になっては悪い。子供は、最初から「無責任の自由」を生きている。
posted at 17:39:17
あまり意味がないが、僕はナポレオン以後の時代を作る。
posted at 17:37:23
モーセとナポレオンを守らないなら、次の時代になる。その2人をターニングポイントとして、世界は変わったからだ。社会主義は賢くない。全く、悪を善だと言いたいだけの狂った人間が創ったのが社会主義だ。
posted at 17:37:07
だから、ナポレオンのようなものも守らなくて良い。民主主義、三権分立、議会制民主主義などは、今の実情に合っていない。みんなで国際秩序を作ることで、良い国にはなったが、現代人には知性がない。現代人は、トランプなどの右翼を使って遊んでいるだけになっている。おかしな現象だ。
posted at 17:36:24
ある意味、ユダヤ人は終わっている。集団で、そういう言い伝えを遺しているのは、最初がそういう神だったからだ。最初の神が、そういう体験をしてユダヤ人を創ったが、どこかで狂って、モーセのようなありえない神話になった。最初から、神は神を禁止している。
posted at 17:35:26
神とは、単純に、人間の枠を超えた人間のことを言う。自然に何かの神となって、世界精神を支配するようになる。それが、ユダヤ人の言う、「神」なのである。
posted at 17:34:29
あまり意味はないが、人々は環境に支配されながら、それぞれが自分のことを自分として生きている。人々から見た自分が自分であると同時に、自分から見た自分は「存在」なのである。その存在は、自分を超えて、他へと広がることも出来るのである。それが、「融和的超越可能性」であり、それが神になる。
posted at 17:33:55
決めていくことによって、世界は変わっていく。それは、全員の決定を尊重することである。その時、世界は一度崩壊するかもしれない。だが、その崩壊を永続的に支配していくことで、世界は滅びず、世界は一人の指導者へと委ねられる。その指導者は、愛から自由、平等、革命、平和を作り出すのだ。
posted at 17:32:29
可能性とは、可能になることであり、どんどん可能になっていくことから、可能性の意味が分かる。決定によって可能性は狭まるが、逆に、決め直すことによって可能性は高まる。経験から可能性が生まれ、可能性から経験が生まれる。そして、言葉を作り出すことで、世界を決められる。
posted at 17:31:29
詩を書くのは難しい。黄金な白というものを表現したいのにできなかった。
posted at 17:18:26
聡明な雪よ。あなたが教えてくれるこの季節に、死の中から蘇って、不死の力を知る。火の鳥は美しいが、赤く、この白と交わって、黄金色に輝くだろう。その美しさを、あなたに伝えることは出来ない。ある意味、その美しさを表現しようものなら、私は火の鳥に燃やされ、その灰となって雪に埋もれよう。
posted at 17:18:02
雪が降り積もっている。美しい。詩人なのに、そういうことを書かないのが悪い。
posted at 17:15:15
自分の今日書いた文章を見ていると、あまり賢くないが、まだ賢くなってきている。利便性の追求をやめれば良いように思う。あとは、こういう社会的なことを、因果性と構造で書いている文章が多かった。そういう文章を、なぜか一番醜く書いている。本当に醜い人間だった。
posted at 17:12:40
合意の形成から社会は生まれるが、その気になれば人間はどんな社会だって、どんな環境だって作り出すことが出来るのだ。そういうことを言っていた文章が一番多かった。
posted at 16:41:22
問題は、この社会に「あなた」が不在であることだ。あなた、と言う存在に意味がない。もう少し、「あなた」にも期待する社会であってほしい。「誰か」のことを常に欲しているのに、なぜかあなたはそれを「自分」のことだとは思わない。誰もが間違っているのだろうと思う。
posted at 16:39:59
ある意味、人間はそういう風に滅びた。本当は、秩序をみんなで決め、発想をみんなで行い、利害関係をみんなで分かち合って、それぞれが全員のために貢献し、思いやりの中で全員が平等に発展する、そういう社会が良かった。何かが間違って温暖化やIT化の問題が、今起きている。
posted at 16:38:52
だが、近代化の末に、人々は利便性を求める馬鹿になる。そして、馬鹿は歯止めが効かなくなり、当初の目的より不便になって、当初の目的が無くなっても、制度だけは続く。そして、制度はみんなが変えようとして、逆に壊れる。それは一人の全能者が解決する。最終的には、遊んでいるだけになってしまう。
posted at 16:37:56
社会は対立であり、対立から利益、法律、統治、刑罰、分配、生産手段、階層、家庭、金、家族、そして善悪と集団利益が生まれる。それらは、合理的に少数の賢い人間が支配することで戦わなくても合理的に解決出来る。制度が古くなれば、一人の王が変える。そして、みんなの意見を集め、所有を否定する。
posted at 16:36:40
あとは、世界のこと、社会のこと、歴史のこと、本当に色んなことを考えた。「正常な人間が考える自由な世界」を書いていた。ゼロから言葉にしたせいで、本当に言葉だけで全ての考え方を網羅していた。そういう、知性のある文章だった。世界の全てを捉えながら言い表していた。
posted at 16:32:59
だから、脳は言葉と経験を結びつける。言葉は人工物であり、あなたは経験であり、言葉と経験が正しく正常で働いている間、あなたも、この世界も、正常なのである。
posted at 16:31:52
言葉は支配することがあるが、ここで生まれてくるのが、人間の「人工物」と言う発想であり、人間は人工物である言葉に支配される。だが、これは「脳」と言う「経験と言葉を結びつけるもの」によって、簡単に自浄作用を持って解決出来る。「脳」が「経験を共有」している間、言葉は正常であり続ける。
posted at 16:31:13
言葉は体験であり、経験的に生まれてくるものであって、あなたの経験と言葉が結び合う、と言う体験が、あなたを作り出す。だから、あなたは言葉を作り出すが、あなたは言葉ではなく、経験なのだ。そして、それぞれの経験がそれぞれの経験を作り出す。その意味において、言葉は「誰でもないもの」だ。
posted at 16:30:08
そして、この宇宙の全ては、「事前に予測すること」から見えてくる。そこから、「言葉にする」ことで、「何でも言い表す」ことが出来る。吸収、調和、融和、対立、争い、支配、協力、全て、この言葉と言う「人間の財産」によって執り行うことが出来る。だが、言葉はそれ自体真実を意味しない。
posted at 16:28:53
あなたは神の一部だ。そして、神とは、全員の意識と知覚を吸収し、把握した、唯一の知覚存在だが、神は存在するためにあなたを要する、と言う意味で、あなたの存在と不可分であり、みんなの存在と合一でもあるのだ。だが、神は創造者であり、あなたたちは創造されたものであり、そこに違いがある。
posted at 16:27:46
全ては、結果を見ることと、その見る視点を変えること、そして、そこから結果を起こすことだ。社会とは、体験の共有であり、それぞれが見ている世界は、実際はそれぞれが見ている世界であって、現実世界ではない。現実世界を見ることは出来ないが、現実世界は確かに存在している。
posted at 16:26:32
あとは、基盤的に世界全体を網羅する文章が多かった。全ては、意識、環境、体験、取り組み、取り決め、協力関係、具体的社会状態、事実、観測地点、そして時間的把握能力の限界であり、それらは統一と多様性の中で自然発生し、共有される。いつも、そういう網羅の文章を書いていた。
posted at 16:25:40
楽しかった。本当に、ここまでの全てになりたい。ただ、精神は正常でありたい。
posted at 16:17:16
大日本帝国からロシアまで、何でもかんでも国を考える。ただ、それに対する意見と提案を言っていた。そこから、世界中の全ての国を考えた。自分の分かる部分だけ、自分の分かる考え方と可能性だけで、包括的に何でも分かった。あらゆる国を、精神分析の世界史として創った。創造者の救世主だった。
posted at 16:16:57
考えよ!思考せよ!感じよ!愛せ!疑え!信じよ!生きよ!成長せよ!そして、協力せよ。そういうことをいつも書いていた。全ての宇宙を可能性と自然発生の考え方で、網羅していた。そろそろ、そこらへんに戻れた。
posted at 16:15:50
ただ、楽しかった。自分の人生しか分からなかったが、それだけで全部分かった。最近は楽しい。書いていると、夢中になって自分にうっとり出来る。そういう人間が、最近の自分だ。
posted at 16:14:51
ありえない知性はあったが、本当におかしな馬鹿な文章だった。この世界の全てを統括する、統合する、統一する、神のような知性だったが、あれは本当に何も分かっていない。自らを馬鹿にして、何も出来なくなっている。まるで赤ん坊だ。
posted at 16:14:21
あとは、まともな世界の歴史のようなものを書いている。実存的社会環境の在り方のようなものを書く。それから、心理学のようなことを書く。本当に、この世界を様相と世界観として、組織生態的に見ていた。そういうところから、自己と体験のあり様のようなものを考えていた。
posted at 16:13:20
そういうわけで、そういう風にしたかった。みんな辛かったと思う。
posted at 16:10:20
そういう、昔の話はどうでも良い。僕が考えているのは、ここから先の未来だ。一度、コピーした世界を自由に変えて、自分と対峙したりして、自由に関係性を持って変わるようにしたい。あなたは自由であり、私も自由だ。
posted at 16:10:03
そういうわけで、もう、自分の世界観を変えて、それぞれを違う人間にする。みんな本当に辛かった。そんなに自分をみんな全員にするせいで、融和して支配者のようになった。タリバンのような時期は、本当に手の内を見せずに、世界と巧妙に戦い、神のような精神分析の王の体験をしていた。
posted at 16:09:22
昔の自分は、「世界観のコピー」のようなことをしていた。相手の世界観を想定して、自分にコピーし、自分の世界観を書いて、相手を自分と全く同じ世界観にする。同じ人間にするわけではない。それを、テレビに向かって書いていた、タリバンのような時期があった。それを治すと、正常な賢い世界になる。
posted at 16:08:19
専門的なホームページリングを作っても良いかもしれないが、残念なことにはてなブックマークと言うものがすでにある。
posted at 12:42:58
僕は、ネットをただ改善したいわけではなく、問題を解決したいのだ。ある意味、ネットでの全ての活動が、記録から分かるようにしたらどうか?馬鹿なことをやっている人間はすぐに分かる。賢いことをやっている人間も分かる。ツイッターをもっとログ的に使えば良いのかもしれない。個人情報が問題だ。
posted at 12:38:48
ある意味、こんな馬鹿が普通に見えるのがおかしい。ネットはそれでおかしくなった。
posted at 12:36:13
ネットを見ていると、科学的なことが分かる。最近は、経験から科学や数学のことが分かる人間が多い。ネット時代の数学者は、自分の内から出る発想から、数学の全てを知るのだ。
posted at 12:32:47
最近、ツイッターフェイスブックのシェアボタンを付けたサイトが多いが、最初から登録型のウェブリングのようにして、あらゆるサイトにコメントが付けられて、リングのリンク集からホームページを見られると良いかもしれない。
posted at 12:28:59
ただ、僕は検索エンジンでない形のネット案内人はあった方が良いと思う。検索エンジンは、最近、馬鹿なサイトしかかからない。検索エンジンで儲けるのも、もう古いのかもしれない。
posted at 12:20:30
むしろ、信頼出来るサイトは、嘘なんかつかないか、つくことが最初から分かっている。どこが信頼出来るサイトなのか、と言うラベリングをするべきなのかもしれない。ネットの仕組みを変えて、自動的に行えば良い。ただ、信頼性の薄いサイトに対しても、面白サイトのようにして、排除しないようにする。
posted at 12:13:01
むしろ、純粋に図書館として見ると、結構ネットは面白い。僕も、昔はX51.ORGとか、色んなサイトを見ていた。ただし、攻撃的な人間が多いから、調和や秩序を見出したいところもあるが、ネットは最初から自由だから、それは難しい。
posted at 12:08:14
ただ、僕が思うに、喋る時のイントネーションが難しい。オフィスアシスタントのイルカと同じ匂いがする。父親は、ウィキが喋るのは気持ち悪いと言っていた。
posted at 12:01:14
ウィキの新しいプロジェクトとして、ウィキロイドと言うのを作る。ボーカロイドがウィキの知識の世界を案内してくれる。
posted at 11:48:04
ある意味、ボーカロイドのようなアシスタントが、ネットの広大な世界を案内してくれるようにしても良い。音声やリモコンで操作する。映画で良く見る。
posted at 11:41:24
ある意味、もっと機能を制限して、テレビでも見られるようにする。そこでは、パソコンとは全く違うインターフェイスのテレビネットが実現出来る。
posted at 11:38:12
ある意味、今のインターネットなんか、ネットスケープの時代に出来たもので、HTMLは低機能だ。8ビットの方が、まだグラフィカルだった。もっとマルチメディアなインターネットも考えられる。
posted at 11:36:39
ツイッターを、もっとデザインや処理機能を増やして、ホームページ並の自由度を作っても良い。それを、指定ユーザーにしか、見れなくする。
posted at 11:33:57
ある意味、税金で国民にサーバーコンピュータを与える、としても良い。それぞれが低コストでサーバーが立てられる。ただ、かなり馬鹿な発想だ。
posted at 11:30:49
僕としては、そういうものをシステム的に、インターネットの仕組みを変えることで解決出来ないかと思う。
posted at 11:27:28
ある意味、誰でも書けるのが悪いのかもしれない。最近は、誰でも書ける発言を批判する人間が多い。だが、僕はある意味、マナーやモラルは大切だが、誰でも書けるのは残した方が良いと思う。誰でも書けないネットなんか、意味がない。
posted at 11:26:30
少数派も存在出来るようにすることが、本当の問題なのだと思う。
posted at 11:21:11
ある意味、そのグループの中で許容範囲内であれば、嘘であったとしても問題はない。
posted at 11:19:21
ただ、僕は、嘘をつけることは、そんなに悪いとは思わない。むしろ、少数派が存在出来ないことが問題だと思う。
posted at 11:17:39
誰でも自分の意見を公開出来るままで、嘘を無くすことは出来るだろうか?
posted at 11:16:36
誰でも自分の意見を公開出来る、という公開性が、そのまま嘘に繋がるのだと思う。
posted at 11:14:54
ある意味、新しいインターネットを作るなら、図書館の部分は残したまま、嘘を真実にする、という風に出来たら良いのかもしれないですね。作れるかどうかは分からないです。 twitter.com/manzyun/status…
posted at 11:12:53
そして、オープンソースのような可能性を魅せてくれた。だから、インターネットは可能性があったのだ。ただ、そういう黎明期のネットの可能性は、人が増えることによって無くなったのかもしれない。
posted at 11:07:23
インターネットの良い点は、本当にみんなを考えるようにして、頭を賢くした。新しい世界を創った。他人と関われる機会、成長する機会、考える機会、知る機会を創った。
posted at 11:05:38
ただ、僕はインターネットのことは、嫌いではなくて、新しい仕組みを作るために考えたいと思うだけです。すみません。
posted at 11:01:56
インターネットは、最初からほとんどは嘘で、全員と繋がる代わり少数派のことは考えない。どんどん均一化し、何も真実を言えなくなる。既存のテレビなどのメディアと、何も変わらないが、計画性がない。
posted at 10:59:59
インターネットの問題がどこにあるのか、まだ良く分からない。だが、インターネットは確実に世界を滅ぼしている。本当は、マスコミのような既存のメディアのあり方に問題があるのかもしれない。ある意味、執筆者より読者に問題があるような気がする。
posted at 10:57:11
ただ、インターネットのような、どんな社会にも参加出来る、参加の自由は無くなる。それは大きな損失だ。
posted at 10:49:15
ネットは、逆に、多様性と尊重の自由も形成している。僕は、それぞれが社会を築いて、その範囲で統一し、みんなでシステムを維持するような、インターネットでないネットワークを作ると良いかもしれないと思う。
posted at 10:46:58
ある意味、全員を統一すると、必然的にはみ出し者が出て来る。
posted at 10:43:42
ある意味、インターネットも商売だ。新しい方式がビジネスモデルにならない限り、ネット社会は変わらない。
posted at 10:41:40
インターネットは、繋げ方が悪いのかもしれない。全員を単純に繋ぐのが悪い。
posted at 10:38:41
ありのままを見つめることから、正しい世界の見つめ方が分かってくる。
posted at 10:32:01
昔は、何が何に関係して起きるのかや、世界観の因果性を分かっていた。
posted at 10:26:16
ありのままが一番良い。ありのまま、全てを受け入れて、客観的に生きるべきなのだ。
posted at 09:46:03
世界から自分を取り除いた時、そこにぴたっと当てはまるのは、自分であることが多い。ある意味、遺伝子の効果と言うものは、本当に大きい。自分が居なければ、息子や娘を当てること。トップを世襲にすると、その社会は安定する。
posted at 09:45:40
そんなにたくさんやるよりも、いくらか少しやった方が良い。免疫や予防接種の理屈と同じだ。そんなにたくさんやっていると、返って病気になってしまう。最後の手段は、学習を免疫で治すことだ。生命は、少しだけ少なくやった方が良いし、その方が分かる。
posted at 09:44:37