読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2017-01-01

自分も騙されている。こんな馬鹿が共産主義者キリスト教徒になるのがおかしい。2ちゃんねるで左翼を馬鹿にするだけで、共産主義者がこういう風に増える。そして、それが、自分を犠牲にして、世界を破滅させる戦いをする。フリーメイソンは、科学的に、そういう破滅の悪魔が発生するようにしている。
posted at 23:19:10
ただ、僕は、信じるものを自分で決めているだけで、聖書の神なんかあまり信じていないから、新興宗教に見えるかもしれないが、僕はそういう団体を作りたいと思ったことはあまり無くて、自分の本を書いたせいでそういうことを言うようになった。だが、昔から宗教や神が好きで嫌いだったのは事実だ。
posted at 23:15:53
本当に、あなたが頑張って、苦労していることを、良く知っている。元旦だからこそ、あなたには楽をして、気兼ねなく、リラックスをしてほしい。そして、未来のことをポジティブに考えられるようになったら、もう、考えなくて良い。神のことを信じて、神の導きから、あなたの正常を見つけてほしい。
posted at 23:14:55
ある意味、世界がどう転んでも、自分の利益は損しないようになっているのが、アメリカのそういう集団だが、僕はそれらと何も変わらないことを実践していたことがある。それは、どう転んでも、同じように、日本を倒したくなくなってほしい、と言う感情だった。自分を犠牲にしながら、愛してほしかった。
posted at 23:13:50
そして、ポピュリストには、「無能で、先見の明がない、最初から馬鹿なことを言っているだけの集団だと思ってほしい」だけだ。何の能力もない、粋がっているだけの集団だと言うことにしたい。ネットをいつものようにユダヤ人が倒している。それは、ネットが賢明になって、出来るようになれば良い。
posted at 23:12:32
フリーメイソンは、最初から解決する方法も分かっている。むしろ、古代より、そういうものは、ユダヤだ。それこそ、神が導くと信じれば、ユダヤ人が悪いのが分からない。イスラムには、そういう風に接しながら、「自然に自分たちのことを最悪の集団だと思ってほしい」だけだ。
posted at 23:11:22
あとは、出来るだけ、信じずに、「信じないことを信じる」ようにした方が良い。光が生きているわけがない。何も分かっていない。そういう風に、何事も疑いながら、きちんと正しく実例と触れ合っていると、世界観が自分の頭の中に形成されていって、導かれるように世界は全て分かる。
posted at 23:10:18
それから、僕は「壊れないそのまま」をありがたがる傾向があるが、それはやめた方が良い。たくさん壊すことでしか、見えてこないものもある。どんどん壊した方が良い。その方が、人間関係を傷つかせず、親友になれる。
posted at 23:09:11
僕は、そのうち、電磁波は物質に変換出来るようになると思う。電磁波(光)と物質(原子)は、どこか同じもので、同じものの現れの違いなのだと思う。特に、波は現象なのか、ものなのか、はっきりしない。
posted at 23:08:30
社会の実例と意識から、歴史のこと、社会の段階のこと、心理の段階のことを分かっていた。
posted at 23:07:46
ヒトラーは、ユダヤ人が嫌いなわけではない。全部、ユダヤ人のせいにしたい。責任転嫁だ。そして、日本人を馬鹿だと言うことにしたい。ドイツ人は、利用しただけで、ドイツ人のことなんか何も考えていない。ドイツ人に、そういう馬鹿なことを言わせて、アメリカを馬鹿にして、ソ連を帝国にした。
posted at 22:50:38
もう終わりだ。ナチス・ドイツのようなことを書いていると、本当に危険な思想家に見える。僕は、そんなことでは、誰からも信用されないのが分かっていない。右翼のように、社会から排除されると、本当に悲惨だ。
posted at 22:35:58
あとは、本当はヒトラーは、ユダヤ人の計画を宣伝しているだけであって、ヒトラーがやっている、と言うよりも、イスラエルフリーメイソンがやっているのだと思う。自然にユダヤ人に対する復讐心を煽って、同時に、ユダヤ人の善とする価値観も、悪とする価値観も否定したいのだ。
posted at 22:35:22
僕が思うに、本当に日本人が大胆な行動をしたら、ヨーロッパの白人文化なんか、全て崩壊し、瓦解していただろう。日本人が勝つ。だが、ヒトラーが思う日本が何なのか、と言う問題はある。日本なんか、何も賢く見えない。どこかに、可能性が埋まっている、それが日本だ。
posted at 22:34:30
本当にヒトラーが居なかったら、日本人だけが勝つ可能性があった。鎖国と開戦の中で、日本はドイツに対する本当の脅威だった。だから、ソ連とアメリカを賢くさせる必要があった。ドイツもそういう日本がしたかった。ドイツが起源で世界が悪くなったのではなく、日本が起源でドイツが邪魔をしたのだ。
posted at 22:33:35
ヒトラーの計画とは、単純に、あのようにやれば、世界が滅びる、と言うもので、ユダヤ人が無視出来ないようにしながら、ユダヤ人の価値観を全否定した。ユダヤ人に、強制的に遺伝子を受け継がせた。鍵十字は、そういうマークだ。当初は、ドイツ人だけが勝つ予定だったが、日本人が賢かった。
posted at 22:32:20
僕はユダヤ人は好きだが、ある意味、最近はユダヤ人がイスラム教徒に対して、ナチにされたことと同じことをしている。それは、ユダヤ人だからと言って、見過ごされてはならない。見ていると、ある意味、ユダヤ人は、ヒトラーの計画を完全にパクっている、と言うところがあるかもしれない。
posted at 22:13:20
ヒトラーの予言では、日本には核兵器が三発落ちて、世界は荒廃し、夏と冬が急激に暑く、寒くなる。次第に格差は広がり、神のような少数の人間が、ロボット人間を、「自由だと言う錯覚のまま完全に支配する」と言う。ヒトラーは、預言を未来のものだとしていたが、ある意味では、ヒトラーの計画通りだ。
posted at 22:12:19
どこかのサイトで、ヒトラーが大予言をしていたが、ヒトラーは未来の世界を日本、中国、ソ連、アメリカ、ドイツの一部だけになると言っていた。それが当たる可能性はある。
posted at 22:11:31
世界から離脱したアメリカは放っておいて、日本とアジア各国が仲良くすれば、アメリカの経済力も「積極的鎖国」の中で自分から衰えていき、勝つのは日本だ、と言うシナリオが、本当に現実になる。僕はそう思う。
posted at 22:09:52
国際関係とか、経済とか、政治の面から見るとトランプは色々とあると思うけれど、庶民の感覚からすると、ただ単純にアメリカがアメリカだけでやるだけの話に見える。そうすると、「アメリカは世界から居なくなった」と言える。どの国も、極右のポピュリズムで、どんどん居なくなる。勝つのは、日本だ。
posted at 22:08:56
ただ、そういう風に考えると、新しい小競り合いが起きるだろう。共同体で革命を起こすのは得策ではない。マスコミが、それくらいきちんと考えている。
posted at 21:59:39
500人居れば出来る、かは、ウソかもしれない。でも、僕の経験から言って、200種類ぐらいの職業が、10人ぐらいずつ居れば、機械や発明などが現状のままで良いなら、出来ると思う。離島の島なんか、きちんとやっている。
posted at 21:59:05
それこそ、昔は戦う世界だったし、テレビやネットもなかった。急速に、「地球の馬鹿化」が進行している。それは、政治のニュースなどが伝える、「政治家しか意味がない」「政治家にしか何も出来ない」と言う誤った偏見があるからであって、地球のことなんか、500人居れば出来るのが分かっていない。
posted at 21:56:28
トランプ現象の本当の問題点は、「真剣に考えている人間が居ない」ことだ。習近平プーチン、トランプ、安倍の、4人しか地球に居ないわけじゃないのに、みんな4人しか居ないと思っている。そのせいで、そのまま何年も過ぎたせいで、社会全体が、誰も真剣に考えなくなっている。それが不安の原因だ。
posted at 21:55:29
あとは、影響力と言う観点から見ても良いと思うし、自分の周りのことを特に子供たちが変えられると言う点でも、誰もが参加出来る社会は良いと思う。それに、自ら労働者となることは、「金は欲しいわけじゃないのだけれど、良い仕事はしたいのだ、良い職業になりたいのだ」と言う人間に良い。
posted at 21:20:52
ただ、僕は左翼になってほしいわけではない。自由や平等と言うものが、変わろうとしている。いつまでも、奴隷にして何もしないのではない。みんなが参加して、みんなの手で変えて、みんなの社会にする、そういう自発的な自由が必要なのだ。左翼とは、根本的に考え方が逆だ。
posted at 21:17:59
トランプの番組で、「誰もが参加出来る社会」になると言っていた人がいたが、僕は、もっと大胆に、「誰もが自らの意志で労働者になる社会」が訪れると良いと思う。金を払う側が上で、金を奪う人間が奴隷だった社会が終わって、「自ら参加し、自ら働く社会」を作り上げる。オープンソースと似ている。
posted at 21:16:55
申し訳ないが、少し言葉を間違えた。腕の二本とは、右手と左手のことではない。ひじ(ひざ)より上か、下か、と言う意味での二本のことを言いたかった。
posted at 17:22:45
僕は、数学的思考が出来ていない。数学的な論理が分かっていない。だが、それは、昔の自分がきちんと出来ているから出来ないだけだ。やりたいなら、きちんと考えれば良い。数学、と言うよりは、きちんと考える思考が出来ていない。
posted at 17:20:34
腕と脚は、肩から手まで、腰から足までが、腕の二本、脚の二本がそれぞれ同じ長さのバランスのままで、最短距離になるように描けば良い。そして、体と一緒になったパターンをたくさん描けば、描ける。大切なのは、体とアングルをさまざまに回転させて描くことだ。
posted at 17:19:47
数学は、昔、決定論的な知性を作って分かった。作用や反応を考えた。そういうところが、誰でも算数をすると分かる。逆に、高校数学をきちんとすると、分からなくなる。決定の知性がある人間にしか、何も分からない。
posted at 15:28:57
あとは、数学ぐらいが書いていない。基礎をとにかく、作ること。そして、何が何を意味しているか、何がどうなることでどういうことが可能になるかを考えること。同時に、その意味していることから、別の事実を考えること。そういうものを、数学的な考え方と言う。
posted at 15:27:09
ただ、僕が思うに、きちんと上手な絵が描ける方法も知っておいた方が良い。そして、そのためには、模写や自分で考えたイラストを、とにかく描くしかない。右手を上げるポーズを描いて、さらに足を上げたりして、全てのポーズを描けるようになる。僕は、まだそこにすら到達していない。
posted at 15:24:03
僕は、「メール型ネットワーク」と言うものを作って、全てのものを記録型、貯蓄型にしても良いと思う。例えば、電話をする時に、リアルタイムに繋がるのも良いが、お留守番機能を使って事前に録音したメッセージを送っても良い。そうすると、ネットでもテレビでもない、新しい形での情報伝達が出来る。
posted at 15:22:31
デザイナーになるために必要なのは、他とは違う個性やセンスがあることだから、デザイン系の専門学校に入っても、みんなと同じ絵がきちんと描けるだけで、イラストレーターにはなれない。悲惨なところで働いている人間が多い。だから、イラストレーターになりたいなら、みんなと違う絵を描くしかない。
posted at 15:21:11
すでに言っている人間が多いが、朴槿恵大統領は、チェ・スンシルを、きちんと政府の要人にすれば良かった。上級顧問にすれば良い。それなら問題はない。逮捕されたりする前に、早く上級顧問にすれば良かった。ただ、それでも色々と、自分勝手なことをした、と言う問題は残る。
posted at 15:00:52
自分は、他人と自分が違うのが分かっていない。公私混同もしている。そういうところを、きちんと考えると、賢い人間になる。そういう人間がおかしな人間になるせいで、賢い人間はおかしな人間が多い。本人は、普通の人間だと思っているが、それが賢い。
posted at 14:59:03
そういうわけで、低機能な拡張指向になるのは結構なことだが、ある程度の機能は最初から拡張済みにしていて欲しい。GNOME 3を使った感想は、「何の機能もない」だ。ペンと紙だけで書類を作れ、と言っているのと同じだ。そして、「何かをする時に、どうすれば良いのか、さっぱり分からない」だ。
posted at 14:20:10
最近のGNOME 3やFirefox拡張機能をとり入れているのは、その方が創りやすいからだ。最初から全てのプログラム機能を全部配備するのは、開発としてはまともだが、作りづらい。だから、GNOME 3はどんどん低機能指向になっている。低機能なものから拡張していくようにすれば良い。
posted at 14:18:17
良く分からない。それこそ、あとはさまざまな技術がある。どの技術も一長一短で、「これだ」と言える独占的な標準技術は少ない。ある意味、Windowsはまだ標準的だ。Windowsは賢い。
posted at 14:04:59
ある意味、ハードウェアとハードウェアを連結して、パソコンとパソコンの境界を越えてプログラムが動作するのを、ネットワークだと思えば良い。そして、その方法として、クライアント・サーバー型のモデルがある。同時に、GNOMEのような、ネットワーク・オブジェクト型の連結も実現されている。
posted at 14:04:15
OSが何なのかと言うと、「ハードウェアと言う、パソコンの物理的機械を支配して、プログラムをちょうどよく動かすもの」だ。プログラムとは何なのかと言うと、「コンピュータの計算する手順であり、パソコンで行われる全ての実行内容をあらかじめ決めておいて、時と場合に応じて実行するもの」だ。
posted at 14:00:35
基本的に、「OSがプログラムを動かす」「プログラムはコンパイラコンパイルして動かす」と言うことは知っておいた方が良いが、あとのことは、むしろ、無駄に知れば知るほど出来なくなるから、知らない方が良い。
posted at 13:57:44
パソコンがやりたいなら、裏の技術を知れば良い、と言うのは、結構正しい。だが、プログラミングの技術も習得すべきだ。そのためには、結構8ビットのBASICをする必要もある。ただし、裏の技術である、コンパイラ、OS、ネットワーク、ツールキットなどを知ると、詳しい展望が見えてくる。
posted at 13:55:27
良く考えると、パソコンも悪くない。デザインなんか、キモいだけだ。
posted at 13:53:03
パソコンは、普通、裏側の仕組みを全部知っている人間が出来る。普通、8ビットをしながらVBをする。それをしたくないなら、やめた方が良い。自分はデザインの方が良い。むしろ、そういう面白い作業に向いている。
posted at 13:43:23
要は、もっと「裏側にあること」を考えれば良い。裏側にある、ものごとの仕組みを知れば、どんどん出来るようになる。そこが分かると、パソコンはきちんとハッカー並みに出来る。裏側を知らないから出来ないのが自分だ。
posted at 13:40:14
ただ、いくらでも「それをするための方法を作り出す」と言う意味では、天才的なのが自分だ。
posted at 13:36:15
それこそ、自分でそういうことを言う代わり、本当にビジョンを作ったりできるわけではない。何も出来ないのに、ありえない発想をでっちあげて、すでにそれは他の方法で出来ることの方が多い。美しいように見えて、大して賢くもないし、新しくもないし、革新性や斬新さもそんなにない。ただ方法を作る。
posted at 13:35:48
全体の設計をでっちあげるのに対しても、色んなビジョンを作るのは向いているが、それをどうやって作るのか、考えないところがある。むしろ、詳しくなくて、知らないせいだと思う。もう少し、手段を知って、きちんと自分の力で出来るようになりたい。
posted at 13:34:23
僕は、プログラミングには心底向いていないと思う。デザイナーのことをもっとやりたい。トランプが、「ビジョンと情熱があれば達成できないものはない」と言っていたが、僕は、そういう、ビジョンや情熱には向いているが、それを達成させるために単純作業をするのに向いていない。
posted at 13:32:34
昔は、「個別と集団」や「環境と参加」から、「社会をどのように構築し、助け合い、どんな権利と効果があるかを、社会的権利と変化の手段から考える」ような、「社会モデル」を作っていた。また、推論から「経験の数学」を考えていた。可能性の成り立ちを、経験的に推論して考えた。
posted at 13:31:31
一度、HTMLやSVGのような既存のものを無くして、「統一グラフィックス・テキストマークアップ・ツールキット・インタラクティブスクリプティング・アニメーション言語」を作っても良いと思う。それを、OSのあらゆるところで使う。
posted at 13:23:22
歴史は、ものだ。時代や人間は残らないが、ものや文化は残る。全く違う時代の、全く違う文化が、ものとして、そこに確かに残っている。そうして考えると、歴史のことも良く分かる。ものに、世界がある。
posted at 13:18:26
僕は最近の技術に詳しくないので、トンチンカンなことを言っている。
posted at 13:02:16
あとは、僕はJavaScript-SVGを作っても良いと思う。SVGJavaScriptで操作する。それに、HTML/CSSPHPなどを統合しても良い。だが、たくさんの技術がありすぎてわけが分からない。一度、作り直した方が良いかもしれない。
posted at 13:01:34
ある意味、サイズと位置が決まってしまえば、あとは、全体とそれぞれのグラフィックを描画するだけだ。そのグラフィック描画を、もっと高度に、単純に、自由に、統一的に行うことも出来ると思う。
posted at 12:59:10
僕が思うに、HTMLにはもっと可能性がある。JavaScriptのような画面効果をもっと単純かつ統合的に作れると思うし、逆に、JavaのようにツールキットライクにHTMLを操作出来る。それぞれの項目を、jQueryのように、もっとオブジェクト指向のメソッドとして操作出来ても良い。
posted at 12:57:46
昔は、その環境が別の環境の別の人間とどのように関係するか、経緯とプロセスを考えて分かっていた。環境と環境が組み合わさって別の環境を作るとか、環境を基盤的に変えることで、その環境の持つ「場」を雰囲気的に変えられる。その上で、社会のようなものを作れると考えていた。
posted at 12:56:30
自分は、分からずに変えるのがおかしい。そもそも、変えること自体がおかしい。
posted at 00:36:54
昔は、「確かに出来るだろう」ことを想定して、「その時どんな経験になるか」を想定して分かっていた。
posted at 00:36:30
あけましておめでとうございます。
posted at 00:36:04