読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2016-12-26

全てを失ったが、その後の頑張りがすごい。自分の出来る全ての力を全力で使って、失ったものの全てを取り戻した。もう、頭も賢くなって、馬鹿も治った。だが、前より馬鹿になっている。
posted at 23:27:34
あとは、振り返って、実体験で分かっていた。自分がそうなった、と言うことが、唯一の証だった。自分が存在することが、宇宙の証明だった。だが、それはもろくも崩れ去って、悪の女王になった。
posted at 23:27:00
ネットの本当の魅力と言うのは、環境や教師やクラスメイトに縛られず、いくらでも自分の自由に進んでいけるような、そういう「制限からの解放」にあると思う。昔は、それが高度に進歩しすぎて、哲学者から宇宙人になっていた。
posted at 23:25:28
周りのスタッフは、SMAPに良くしたいだけだ。メンバーが、一度腹を割って互いの問題を語り合う機会が無かったことが悔やまれる。
posted at 22:24:25
ただ、悲惨な方が、女性受けをするかもしれない。影響力のある優秀なグループだから、個性の強い人間が揃っている。友達でも連れ合いでもない、特異なグループ関係になったが、出来ればそれを続けてほしかった。
posted at 22:22:17
SMAPの問題は、メンバーがどんなことでも打ち明けられる親友でなくなってしまった。本当に、それぞれが同じ立場で語れない。親友とは、何でも打ち明けられるようで居たいものだ。
posted at 22:19:14
むしろ、そういうところを上手く税金でやれば良い。
posted at 22:15:18
成り立たないように見える。自動車は自分で運転したいだろう。だが、それは安全のために推奨されなくなる。
posted at 22:13:53
例えば、自動車は無料になって、運転手を雇うためにサービスの金を払う。土地や不動産ではなく、働く農民に対して、巨額を払うようになる。
posted at 22:12:33
未来は、もの単位の商売ではなく、時間、機会、利用単位の商売になる。そうなった時、近代化は真の価値を発揮する。ものは全て無料になり、関連サービスで儲けるようになる。
posted at 22:11:08
まともなせいで狂っている。まともなことは、もう言いたくない。
posted at 22:00:08
右翼の反抗は、何かがおかしい。自分やみんなのことを馬鹿だと思うけとで、自分やみんなのことを賢いと思っている。それは、社会や学校に対する、復讐と拒絶感だが、自分たちだけの社会、ネットの中だけでも自分たちだけの社会を作りたい、と言う意味で、それは正義なのである。
posted at 21:54:18
あなたは、この世界のせいで馬鹿になっている。世界ではなく、人間を見なさい。人としてのみんなに出会えれば、美しいものに出会える。
posted at 21:49:05
今から、感情を支配しなくなる。ついてこなくて良い。あなたのやりたいようにやりなさい。他人の意見は、本当に信じたい時を除いて、信じない方が良い。ブッダが言っている。
posted at 21:47:08
ネットを知り尽くした。
posted at 21:45:34
感情を支配し、場の導き手となれ。
posted at 21:45:18
歴史とは、自由な人々との自分の関わり合いであり、全員が自分だ。
posted at 21:19:00
可能なのだ。可能だ、と言う可能性を、狭めるべきではない。可能だと考えるべきだ。環境を知ることで、全ては可能になる。それが自由だ。
posted at 21:18:09
考えられないことは、存在しない。だが、人間には分からないこともあるのは事実だ。ただ、分かることを全て集めれば、それだけでも、価値のあるほとんどのことは分かる。自分一人で全知全能になり、一人だけで全てを分かり、全てを出来るのも、不可能ではない。可能だと信じることだ。
posted at 21:16:45
社会のことを、理想から推論し、そのために必要な能力と前提から、どのように社会を作れるかが自由自在に考えられる。
posted at 21:14:05
自分をコントロールせよ。自分をコントロールする方法を学べば、人に自分の理解を正しく与えられるし、理想となる信念がどこから来るのかが分かる。具体的に導いて、自由から理想を推論出来る。
posted at 21:12:21
いつか作った、完全に腐った精神が悪い。最悪の、異常で狂った精神で分かっている。そういう人間が、何も分からなくなる。だから、人と触れ合う中で、まともに善を信じれば治る。善を信じて、倒すための強い気持ちを持ち、客観的に考えれば、恐怖と異常な精神は無くなる。
posted at 21:10:10
昔の数学は、自由を積み重ねて、実験と推測と想定で分かっただけだ。だが、世界のこと、科学のことを、ネットで良く知っていた。自分のように考えれば、誰でも、子供でも分かると思っていた。理性は平等な方法と視点の応用だ。
posted at 21:04:42
一つだけのことをやると賢いのに、全部やると馬鹿になる。それは、分かるとその部分が壊れるからだ。絵を描く人間は、空間認識能力が壊れる。パソコンは、現実世界が分からなくなる。
posted at 21:01:17
僕は、TPPにアメリカが参加しないのは、アメリカに勝つチャンスだと思う。アメリカ以外の国だけで、自由貿易協定を結べば良い。アメリカに経済規模で勝てる。ピンチをチャンスに変えるべきだ。
posted at 20:54:18
賢いのは、詳しい人間だ。分かる人間、支配する人間、出来る人間、人より優位に立つ人間、他人を蹴落とす人間、批判する人間、抑圧を与える人間、滅ぼす人間など、いくらでも悪い人間は居るが、賢い人間は、詳しい人間だけだ。
posted at 20:38:36
それこそ、僕は金ぐらいが分かっていない。東大の経済学のように分かるのも良いが、むしろ、池上彰のように、普通のことに詳しくなった方が良い。普通の詳しい人間だけが賢い。
posted at 20:37:46
ある意味、右翼と左翼はバランスだ。共同体のそれぞれの首長をみんなで決めて、国会に送り、国家全体をそれぞれの代表全員で実現する。だが、ここでも、オープンソースのような、意見の多様な共有が必要だ。そこから、あらゆることが支配と統一によって、出来るようになっていく。
posted at 20:37:09
そして、それぞれのやっていることが分かってしまえば、人よりみんなのことを知って、支配者となって支配することも、時には出来る。僕は、そういう、「自由な支配者になって、何が社会的に出来るか」をいつも書いていた。社会モデルの自由連邦を作っていた。
posted at 20:36:03
もう、そろそろない。自分の言うことから他人が分かったら、その後に、思考を辿ったり、状態を仮定したりして、少しずつこの世界を知っていく。認識は次第に普遍的になるだろう。可能性は、逆に個別的になっていくはずだ。デカルトのように、思考と認識の裏の段階から、明晰に全てをまとめられる。
posted at 20:35:10
子供に言えるのは、想定や仮定と自分の経験や体験のバランスを取りなさい、と言うことと、自分の言うことを言いながら、人の意見をきちんと聞く、インプットとアウトプットのバランスを取りなさい、と言うことだ。特に、自分の口で色んなことを言って、その後に、客観的な反応を見ることが大切だ。
posted at 20:34:04
だから、不可能な夢にして、本当に限界まで努力するのが良い。簡単に叶う夢は、作る意味がない。
posted at 20:31:23
ある意味、夢なんか、叶わなくて良い。夢を信じて頑張る、そのための努力の方が大切なのだ。叶ってしまうと、努力が終わってしまう。最高の社会になると、社会を良くする必要がなくなってしまう。確か、ヘーゲルが同じことを言っていた。
posted at 20:30:18
テレビを見ていると、自分にしか経験が出来なかった、と出演者が言っていたが、昔の自分も、自分にしか経験出来なかった体験を信じて分かっていた。これも、哲学だ。
posted at 20:27:43
僕が思うに、日本は僕による貢献も含む、全員の穏やかな調和と導きによって良くなった。見ていると、日本以外の国は全部馬鹿だ。
posted at 20:26:14
僕は、来年はトランプ大統領が楽しみだ。良い意味でも、悪い意味でもだ。
posted at 20:24:41
説明は、場の在り方と考え方から社会を成り立たせただけだ。自然な社会形成を場を辿ることで知った。
posted at 20:23:53
あとは、歴史を社会の実例から知って、人間と場の在り方を意識で分かっていた。認識のどのように見えるか、みんなは何を見ているか、と言うフィルターを作った。
posted at 20:22:19
そういうわけで、パソコンが好きだと言うよりは、もうこれ以上世界に残っていない、と言う理由が正しいが、本当は残っている。自分が昔より馬鹿になったから、気付かないだけだ。文章を書くのには向いているのが、最近のそういう「何も無いのに慣れた自分」だ。
posted at 20:15:38
音楽も同じだ。ピアノや五線譜にも、フェルマータとか、色んなものがある。最初からそういうものが好きだ。だから、昔から、語学と数学的考え方を好む。だが、僕は、数学のようなものは全く出来なかった。「賢い方法的技術」が好きなのだと思う。それは、心理学と工学に向いている。
posted at 20:14:42
パソコンが好きなのは、CやPerlのようなものしか知らないからだ。言語ハッカーは賢くない。デザインには、透視図法とか、アイレベルとか、消失点とか、それはそれで色んなものがある。パソコンと良く似ている。
posted at 20:13:29
そんなに科学がしたいのがおかしい。僕は、科学より芸術に向いている。科学を全部作るより、芸術を全部作った方が良いだろう。それから、パソコンには向いていない。パソコンは、ゲームが出来る人間が向いている。
posted at 20:12:33
あとは、自分は、数学を出来ない、出来ないと言うが、昔の時代の自分から言って、この世の全てを独自の数学を作って分かったのは、自分だけだ。いつも言っているが、神ほどに数学が出来た。文章には、数学と思いやりしか書かなかった。経済学や心理学も、同様に神ほどに出来ていた。
posted at 20:11:54
そういうわけで、文章を書いて、絵を描く。ゲームやパソコンはしない。パソコンなんか、オタクが出来るだけだ。アニメのオタクしか居ない。それは、むしろ、デザイナーの方が賢いし、大人がゲームなんか、本能的にしなくなる。子供には、「出来る」が好きな人間が多いが、大人は、当然出来るだけ、だ。
posted at 20:11:04
自分は、文章を書くのをやめる意味がない。それで絵を描くわけがない。文章を書いている方が、絵も描く。そういうわけで、執筆と描画は、最後まで続く人間が多い。老人みたいだが、絵を描いて文章を書いている老人が一番多い。そうでないと、何もしなくなって馬鹿になる。
posted at 20:10:02
愛されたい、と言うのは確かにある。「愛に応えたい」子供が多い。あるいは、「愛することで愛を与えたい」人間も多い。そういう人間は、良い人間になる。知的障害には、感情表現がない人間が多い。感情表現が美味い子供は賢くなる。最近、本当に感情がどんどん世界から失われている。
posted at 20:08:59
だから、子供には、考え方を教えるのが良い。自分の力で分かることが目的であって、ただ分かることが目的ではないのだ。子供には力がない。自分の力と自信が欲しいだけが、子供だ。
posted at 20:07:57
そんなに分からせる必要は無い。みんなは、自力でゼロから考えた方が良い。他人を吸収すると、分からなくなる。自分で良く考え直すと分かる。子供が泣くのは、愛されたいからでもあるが、もう少しで分かると言うところで、分かってしまうが怖い。自分の力で分からないと、馬鹿になる。
posted at 20:07:19
あとは、気付くために疑いながら、分かると信じて積み重ねる。そして、ある1つの実存を追いかけながら、全てはその現象の「見え方の違い」だとする。そういう、「現れ方と捉え方を探る」ような数学だった。
posted at 20:06:04
昔の数学は、自然な可能性と、「主体作用」を考えただけだ。何が何に与え、どこでどのように状態が存在するか、と言う、主体作用の可能性を考えた。そして、客観視と関係から、影響力を持って、人生の中での体験を支配する。そういう数学だった。
posted at 20:05:18
人間は、もう、変わるべきでない。だが、変えるとしたら、テレビなどのマスコミを変えるのが良い。右翼はみんなで排除し、テレビ支配をぶっ壊せば良い。
posted at 20:01:38
本当の喜びとは何なのか、何が何を意味し、推測的な問題の解決とは何なのかが分かる。経験は、次第に普遍的になる。
posted at 19:58:54
抑圧を克服することで、人間がどのように望み、何を与えるべきかが分かる。
posted at 19:57:36
意図から多様性まで、社会の様相を全部作った。
posted at 19:56:14
発明とは、方法と現状の利用のされ方、作られ方から導かれる、構造の発見だ。
posted at 19:55:39
自由な中で、どうしていけば上手くいくのか、を考えるべきだろう。僕は、賢い人間がどのように考えるのか、制度が実際の社会の中でどのように在るのか、変えることでどうなるのかを、誰にでも分かる形で、全員に選択肢として提示すべきだと思う。
posted at 19:53:34
自由の良い点は、良くも悪くも、自由な中で実現出来る。良くも出来るが、悪くも出来る。最初は滅びるかもしれないが、長期的に見れば、自由の方が可能性豊かになる。自由には、思いやりと信頼の力が不可欠だ。愛と平等がなければ、自由は絶対に上手くいかない。
posted at 19:49:47
僕は、分からずに分からせるのが悪い。何も分からなければ、自力で分かる。それが正常な理性ある人間だ。分からないものは、害にしかならない。
posted at 19:47:07
それに、日本はみんな同じだ。全員を同じ人間にする。そのせいで、平等なのだと思う。だから、日本を信じると、一般的な馬鹿な普通の人間になる。
posted at 18:12:45
日本の良い点は、自己犠牲だ。だが、安倍首相のような自己犠牲もある。他人が犠牲に合わないように、自分を犠牲にする。日本は、そういう、間違った責任感を善だと思うところがある。だから、日本の道義心を一概には良いと言えないのだ。日本には、そういう人間が多い。
posted at 18:12:13
本を読んで上手い絵を描いていると、数学の図形の作図のようになってしまう。それをせずに、上手い絵を描けるようになってから、さらに上手くなるのが良い。昨日は、ど素人レベルの馬鹿な絵を量産したが、最初は誰でもど素人だ。
posted at 18:10:59
あとは、今日も作業をこなした。そろそろ、練習するための練習素材が終わったはずだ。ここから自分の絵を描いていくと思う。ホームページに自作絵第一号を載せたが、ここから先は描けば描くほど上手くなる、と勝手に信じたい。最初は、「らしく見える」ようにすればそれで良い。本を読むのはまだ早い。
posted at 18:10:08
どこからどこまでが神なのかが分からないから、これが神だと言うことになるが、それもそれでおかしい。全部神に見えて、悪魔にしか見えない。自分は、昔の情熱家が好きで、こちらの冷徹な王が嫌いだったが、みんなは、誰もが昔の方が嫌いだ。
posted at 18:08:34
昔は、環境的な様相のようなものを書いていた。それを世界モデルと言っていた。数学、思いやり、神、全てが調和して、美しく統合された科学を作っていた。本当に、数学者のように作用や関係や反応を、実験的モデルによって分かっていた。
posted at 18:07:45