「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2016-12-24

ある意味、金持ちが新事業としてやれば良い。
posted at 16:24:49
むしろ、設置費用が高い。200万円から400万円はする。ある意味、大反対にあうし、失敗するだろう。
posted at 16:16:33
ある意味、国家戦略としても悪くない。ただ、父親に話すと、すでに国がいくらかしているらしい。
posted at 16:12:24
このビジネスモデルは、失敗すると悲惨だから、一部の自治体から始めた方が良い。広島市がやれば良い。
posted at 15:57:27
国が、太陽光発電システムを無料で設置出来るようにする。作った電気は自分で使って良い。ただし、設置費用の分だけ、電気量を返してもらう。それで、温暖化を解決出来る。
posted at 15:45:03
元を取ってから、継続的に作った電気量の何割かを国に与えても良い。その税金で、無料で設置可能にする。
posted at 15:37:43
太陽光発電システムの良い点は、初期投資に金がかかるだけで、自分の電気消費費用を節約出来る。国が税金で、初期投資の費用を支援して、すぐに元が取れるようにしても良い。
posted at 15:35:59
自動車は、自家発電型の電気自動車にする。あとは、石油資源は出来るだけ使わない。僕は、もし首相になったら、別の形になるかもしれないが、温暖化の解決をしたい。
posted at 15:23:07
富裕層に働きかければ良い。太陽光発電システムを買うことに、ある種の愛国心、愛地球心のようなものを与える。
posted at 15:17:19
一度温暖化したものをどうするかが問題だが、それは植物が解決してくれる。
posted at 15:06:36
あまりおかしくない。作った電気は自分の家で使って良い。すでに太陽光発電を付けている家もある。所得の多い人間にだけ、太陽光発電システムの設置を義務化する。
posted at 15:04:50
ある意味、所得の多い人間には、太陽光発電を家に設置させることを義務化するとか、大金持ちから環境税を取るとか、すれば良いのかもしれない。ただ、現実問題として、太陽光発電システムを、もっと安価に作らなければならない。
posted at 14:57:34
格安の太陽光発電施設を海外に輸出し、支援金をガッポリ儲ける。
posted at 14:46:31
僕は、太陽光発電を経済成長に結びつけることが出来ないか、と思う。自動運転のようなどうでも良い技術より、環境だ。
posted at 14:42:32
社会主義なんか、キモいだけだ。
posted at 14:25:14
所有せず、必要なものはどこかに預けておいて、必要な時に貸出するようにすれば、低価格で高度なものが手に入るかもしれない。
posted at 14:23:41
ただし、社会主義を支持してはならない。社会主義は良いものではない。
posted at 14:14:02
ある意味、政治家や役人が独裁や腐敗を出来ないように、監視や公開などのチェック機能、制限機能を作らなければならない。会社や資本主義に対しても、何でも出来るのでなく、何も出来ないように、縛りを入れていくべきだ。だから、共産主義も悪い。必然的に腐敗し、破綻する。
posted at 14:05:06
新しい左翼は、民主主義のままで、公平な思想と政治モデルを作らなければならない。
posted at 14:01:25
民主主義が一番良い。民主主義的な政治体制を残したまま、権力を共同体に委譲し、労働と生産を国民のものにせよ。ただ、大切なのは、社会主義にすれば良いわけではない。体制は、あくまでも民主主義であるべきだ。
posted at 13:59:40
権力を否定せよ。
posted at 13:56:55
権力者は、存在すべきでない。権力は、みんなのものであるべきだ。
posted at 13:56:07
僕は、安倍政権の進める、強行採決、焦点ずらし選挙、違憲立法に断固反対し、ブラック企業やいじめに対して、平等な裁きを与えるように、断固対決していく。
posted at 13:54:05
デッサンの本は、読んでいると頭が良くなる。それは良いのだが、絵は、描けば描くほど上手くなるらしい。自分の場合、文章を書くしかない。それしか出来ない。たまにこの本を読みたい。
posted at 13:51:14
安倍政権は崩壊せよ。
posted at 13:48:52
おごれる権力者は地獄に堕ちる。民主主義的でない政治家は要らない。特に、沖縄県が悲惨だ。権力者は傲慢で、嘘をつく。
posted at 13:48:01