「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2016-12-11

昔は、人々のことを自由に変えたかった。協力して、議論して、助言して、自由と成長の論理性を話し合いたかった。それが、戦いになり、全部書くようになった。
posted at 23:18:01
ある意味、精神と心理の裏側では、おかしなことをやっている。真実ではない真実を真実だと思って、おかしな役者を演じ、何も正しくないのに分かる、自分の力で分かることが出来ないロボットになる。ただ、それは、信じる力で変えられる。背後の背後まで見てしまえば、むしろ、単純なことをやっている。
posted at 23:02:45
問題は、常にそうなることが、本当に絶対にそうなるのかだ。それは、他のものになる可能性もあるかもしれない。そこから、心理的なカウンセリングは、突飛なものになってくる。人々が何を思っているか、のようなことが、全て分かる。それが、心理学の頂点の位置であり、生命の真理である。
posted at 22:59:36
いつそうなるのか?条件は何か?何が原因なのか?どうすればどうなるのか?それは何を意味しているのか?ならば、どうすれば良いのか?どうすれば、どのように変わるのか?どういう風に変えることが出来るのか?どのように変えていけば良いのか?そういう風に考えれば良い。
posted at 22:58:34
安倍首相の気持ち悪い点は、本人が高らかに自分のことを「自由な民主主義」だと思っていることだ。本人は悪気はないのだろうが、明らかに民主主義の否定だ。そこが、間違っているのだろう。
posted at 22:57:33
精神の問題は、「いつそうなるのか」から推測して考えれば分かる。ただ、厄介なのは、「いつでも常にそうなる」と言うことが、何を意味しているのか、分かりづらいところだ。それは、本当に常にそうなるのか?何か、そうではなくなったとしたら、そうではなくなるのではないか?そのように考えること。
posted at 22:56:37
足がおかしいのは、Linux、政治思想、神、役所のような、「一番悪い精神」が悪い。間違っているのは、Linuxにそんなにこだわるのが間違っている。そこが分かると、精神が良くなる。「一番悪い精神」を「悪魔」だと思えば良い。
posted at 22:32:01
そういうわけで、覚えてしまえば治るように見えて、知的障碍者は、世界のことを覚えられなくなってしまう。そこが、悲惨なのだと思う。
posted at 22:05:49
普通、賢い健常者は、ものごとが累積的に積み重なる。だが、自閉症などの知的障碍者は、そうではなく、累積的にならずに、判断と言葉の羅列になってしまって、反応し、消し去るようになる。これは、知的障害だけではなく、僕や普通の人間にも多い。何らかの原因で、累積的な積み重ねを見落としている。
posted at 22:05:21
東大の経済学が図説で10時間で分かると言う本を買ったが、結構、東大も大したことはやっていない。父親も言っていた。東大の経済学はそんなに超賢くない。
posted at 21:55:22
もう少し、馬鹿の視点に立ってものごとを見ていれば良い。そうすると、見えることもある。僕は、引き篭もりだった頃の自分が、マルクスやルターほどに、社会と人間のことを考えていた。東大の経済学なんか、今思えば、その方が、ショボい。
posted at 21:54:31
ある意味、自分も幸福だし、みんなが心配したり、不幸に思っても、幸福な自分の心は変わらず、自分と対面する人々が、勝手なことを思って、トンチンカンなことを言うのだ。
posted at 21:51:39
自分は、賢い人間なんか、何も賢くないのが最近分かっている。ことごとく、馬鹿の頃の自分の方が、賢い。自分が自閉症だから、自分は他人より賢いのだ、と思っても良いような気がする。鳥が多いからと言って、ワニが翼を欲しがっても、鳥にはなれないし、なっても失望するだろう。
posted at 21:49:36
僕は、知的障害は免疫のせいだと思うのだ。普通、人間には賢くなる時や部分があるのに、自閉症にはそれがない。免疫システムが何かをブロックしているのではないかと思う。
posted at 21:43:02
知的障害が気持ち悪いと言うが、僕はテレビに映る普通の人間も気持ち悪い人間だから、強烈な印象は受けるが、むしろ、幼い子供のようだと思うことにする。
posted at 21:39:37
一度、完全に分からなくすれば良い。知的障害は、いつまでも分かり続けるのが苦しい人間が多い。やっぱり、治らないのは、免疫のせいで、治ったせいで戻らない、免疫システムのせいだと思う。
posted at 21:32:13
ある意味、知的障害自閉症も、免疫をコントロールすれば治るのかもしれない。
posted at 21:16:12
森羅万象のことも、自由に、雑多力で分かっていた。
posted at 20:38:30
雑多な体験を知る、雑多力のような力があった。
posted at 20:37:51
昔の僕は、雑多な色んなことを知って、経験して分かっていた。
posted at 20:34:56
僕の理論から言うと、イグアナにも何か優れた点が一つある。僕は、生命の進化は、下等なものから上等なものになったのではなく、平凡で無個性なものから、多様で個性のあるものが増えていったと考える。無駄な生物は一つもなく、全ての生命に価値があり、何か一つ優れた点がある。
posted at 20:24:49
自分は、イグアナになっている。イグアナは、結構賢い生命だ。いつも前を向いて、じっと立ち向かい、常に全てに集中している。いつ死んでも、それが普通だ。自分はイグアナだ。
posted at 20:18:54
あまり意味がないが、未来の地球では200人生き残る。それが神だ。それらは、人間から進歩し、進化して生まれる。
posted at 20:05:09
おそらく、免疫機能をリセットすると、死も治る。イエス・キリストは、それが分かっている。
posted at 19:58:49
免疫力をつけるために有用なのは、良く笑い、良く喜ぶことだ。
posted at 19:50:06
人間は、馬鹿になれば治ると、いつか神が言っていた。治ると、老化するのが人間だ。足の精神がおかしいのは、病気ではなく、免疫が超ついただけだ。治すせいで、意味がないほど、免疫力がついている。
posted at 19:45:27
免疫を上手くコントロールすれば、あらゆる治らない病気が治る、と言うことになる。ただ、それはビッグマウスだ。
posted at 18:58:46
たぶん、免疫は全ての病気を治せる。だが、免疫だけは免疫では治せない。
posted at 18:57:00
僕が考えるに、免疫が無いから賢いのが赤ちゃんだ。病気とともに免疫は増えるが、病気が治るだけでなく、免疫のせいで治らない病気になる。免疫だけは、免疫で治せないからだ。
posted at 18:54:51
癌のような治らない病気は、免疫が悪さをしている。免疫が邪魔しているのを除けば、治るところもある。病気になる前に戻るためには、治した病気が治る前に戻る必要がある、と言うことだ。
posted at 18:48:37
そうすると、ある意味、UNIXのパッケージ管理が楽になる可能性はある。Firefoxのような、実行ファイルの含まれるパッケージのインストール時に、パッケージシステムのファイル名だけを頼らず、自分でディレクトリを掘り、コピーすることが出来る。
posted at 14:52:00
ある意味、ストレージ的なデータのディレクトリと、PATHやUNIXディレクトリ階層が同じになっている必然性はない。データは、/data/coreutils/bin/cpに存在して、それへのリンクを/bin/cpに作れば良い。PATHに登録するために/path/cpもリンクにする。
posted at 14:50:51
僕は、Linuxディレクトリ階層を変えて、パッケージ別に分けるようにして、従来のディレクトリ階層は、シンボリックリンクで作れば良いと思う。
posted at 14:46:00
神が200人居る、とは、自分の人格がそれくらい居るのを言っている。
posted at 14:44:26
2ちゃんねるLinuxWikiの良い点は、初心者向けに手取り足取り教えているところだ。それだけが、唯一良い。自分は、そういうものを作りたかった。
posted at 14:44:09
みんなが分からなくなるのは、当たり前だから仕方ない。根拠のない、信じても居ないことを言う。そこが嘘つきなのが分からないだけだ。世界を、分からせるどころか、何も分からなくしてしまった。一度、そういう「本当に見える幻想のようなもの」を消せば分かる。
posted at 14:43:28
ネットは、みんなで作るルールだ。昔はそれで分かっていた。
posted at 13:54:13
自分の問題点は、みんな、その日その日をきちんと頑張って生きている。自分は、そこがない。重圧に圧し潰されそうになりながら、流れて忘れるように生きている。それが苦しい。
posted at 13:51:51
プログラミング言語は、Rubyが一番良い。日本人がやっているから、日本語の対応状況が良い。やっている人間が多い。ただ、Windowsでのプログラミングは、VBだ。こればかりは仕方ない。
posted at 13:43:04
自分が思うに、ツイッターが一番良い。ツイッターか使える端末は多いし、周辺の環境も充実している。やっている人間も多いし、問題も少ない。僕の執筆スタイルにも合っている。ただ、誤字脱字は多くなる。
posted at 13:38:55
自分は、生命が何故こんなに高度なのか、良く分からない。組織、細胞、遺伝子、器官などが、あまりに高度だ。遺伝子は、宇宙で形成されるものの特性が全部分かっているのではないか、と思う。おそらく、宇宙には、もっと高度な、別次元の物質がたくさんある。別次元だから、人間には分からない。
posted at 13:35:26
光度でなく高度でした。
posted at 13:27:40
ファイル処理を光度にするのは、古くからPerlがやっている。そういう風に、メッセージループなども綺麗なコードにする。
posted at 13:27:08
自分は、概念と二人の自分を作って、発想を作り直すだけだ。
posted at 13:23:25
みんなの意見を融和し、統一して分かっていた。
posted at 13:20:49
今を知ること、世界の流れと過去の経過を知ることで、未来のビジョンが見える。経済学と宗教の知識がそこで有用だが、ネットも侮れない。
posted at 13:17:11
精神は、同じことは一瞬で出来る。意識は、覚えて消せば良い。
posted at 12:53:01
自分が思うに、自分なんかすぐに否定して、自分を変えて、新しい自分になった方が良い。社会主義が嫌いでないのはおかしい。そうすると、安心して、不安や恐怖を消すことが出来る。社会主義を殺さないと、狂っているのは治らない。
posted at 12:38:28
ノルマ生産は失敗したが、強制労働の良い点は、失業者が生まれず、全員雇用が出来る。きちんとものを与えて、楽で平等な労働量にすれば、ユートピアになるはずだった。
posted at 12:36:06
現世に執着するな。ありのままの現在を受け入れて、生老病死を受け入れる。その上で、一生懸命に生きれば良い。金持ちも、貧乏人も、死ねば同じだ。天国に富を持っていくことは出来ない。
posted at 12:24:59
世界は、もっと健全な世界になれば良い。健全になると、きちんと分かるようになる。自分にはならなくて良い。自由やパソコンや右翼や左翼や宗教には、ならない方が正しい。
posted at 12:22:26
人間は、性善説でも、性悪説でもなく、悪がそのまま善になる。上手く悪を使えば、最悪の悪人が、最高の善人になる。
posted at 12:20:34
プログラミングは、条件分岐や繰り返しをもっと高度に出来る。オプションをつけて、ファイルやテキスト処理、メッセージループ、並列処理などをエレガントに書ける。Pythonのようなコードになる。
posted at 12:19:01