「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2016-10-22

昔は、段階のようなことを良く知っていた。社会的、心理的な、段階的普遍性のようなものを、客体化して考えていた。
神との対話をしていた頃、宗教的に宇宙の真実を考えていた。ドイツやイスラムなどの対話的知識から、宇宙と人生のことを知り、考えた。
「全ては経験である」のように、経験的に世界観のことを考えた。
一行で、作って書いて良く分かる、そんな具体的で網羅的な「頭の中で分かっている」文章を書いていた。
ウィトゲンシュタインのように、仮想的哲学命題を、心の中で共有して考えていた。
自分がしていることに対して、みんなに配慮しているのがおかしい。それが辛い。それは、テレビの情報をシャットアウトすれば、楽になる。
人間のことや意識のことを、感覚的に、心を変えながら根源的に分かっていた。そういう、「感覚」の物理学者の心理学者だった。
頭は、構造を減らすより、構造を増やした方が良い。何でもかんでも消していると、日本語すら分からなくなる。
僕は、人間の前は、猫だった。その前は、牛だった。
猫は、馬鹿だった。神とのメッセンジャーの方の自分をやっていた。
牛は、強かった。GNUのヌーのような、プログラマーの方の自分をやっていた。
牛の前は、カエルだった。その前は、魚だった。その前は、蝶々だった。その前は、カブトムシだった。
そして、その前は、神の一部の光だった。神から、そういう生命が生まれた。
世界観は、人生的、経験的な、この世界を言い表すような自然な世界観の言葉を書いていた。
人間社会は、愛から始まり、自由へと向かう、それぞれの出来ることと想像力による、社会的生成の経験である。
多様性は、それぞれに出来ることを許すこと、可能にすることであり、個性と思いやりと協力の可能性から、正しい多様な土壌が生まれる。
そういう、一行で人生の世界観を言い表すような文章を書いていた。
全否定や完璧主義は良くない。この馬鹿みたいな文章を書いて、辛いのがつまらないのは分かるが、全否定は良くない。
何もしなくなって楽になる、完璧主義の治癒は要らない。
それに、今という時間や最近という期間を全否定するのはおかしい。
まだ、書きたい間、書いていれば良い。書かなくなると、鳥取地震のようなことが起きる。
馬鹿が楽なだけだ。
賢い人間は、辛いところにしか居ない。昔から、自分は、社会の暗部のようなものや、悪い争いや、地獄のような苦しみで賢くなっていた。
そういうわけで、何も分からないところに、楽な人間が多い。馬鹿が楽なだけだ。
だから、馬鹿の方が良い。悪い社会にしか、救世主は現れない。
子供は、この世界のことを知りたい人間が多い。
子供は馬鹿だが、馬鹿だから知性がつく。推論をしたり、社会を部品化して、成り立ちを考えたりするのは、馬鹿だからだ。
そういうわけで、馬鹿になったつもりで考えると、子供のように分かることが出来る。
子供には、疑問に思う気持ちを持たせて、色んなことを自分から試させて、実験や観察をさせると、賢くなる。
糖尿病になったら、頭の活動を減らしなさい。頭でいくらでも考えていると、体の神経や精神が疲れてしまって、本当に辛くなる。
自分は、書かなくてもすぐに辛くなる。頭を使うのではなく、体を使うようにすると、糖尿病は楽になるだろう。
この世界は、そろそろ、全員死ぬ。何故か、僕は、生き延びるが、猫になってしまう。ただ、それは信じたくない。
最近の子供は、悪いことをしない。悪いことをしないから、親も叱らない。それで馬鹿になる。
昔は、良く叱っていたから、賢かった。それは、悪い社会だったからだ。
自分は、この社会を全部作り変えるのは良いが、それはやめた方が良い。
最近は、正常な社会に治して、作り直したいと思っているが、それもやめた方が良い。
そういうことは、しない方が良い。ただ、一度支配したのに、何もしないのは悪い。そういう、支配するのに何もしない、日本一の無責任男が自分だ。
ただ、自分はあまり無責任ではない。きちんと、努力してこの文章を書いている。賢い人間に見えて、良い。
無責任なのは、この文章の形式が無責任だ。全部出来るのに、自由にするせいで、みんなどんどん混沌の極みの世界になっている。
何もやることがないから、少し休みたいとは思うが、むしろ、きちんと責任をもって支配すると、安心出来るようになる。
もう少しの間、この文章が少し分かる間、その支配が続く。支配と思わず、楽しい友達との会話だと思うと良いだろう。ツイッターでもやれば良い。
環境での意識、考え方による科学、精神分析、体得と実感による社会の理解など、そういう、哲学的真理のようなものを、書いていない。
ただ、おそらく、これくらいしか考えていない。あとは、努力したり、出来るようになったりして、色んなことをしていた。
最近は、何もしなくなった代わり、この文章を書くようになった。書き出すと止まらない。辛いからやめたいのは当たり前だが、書きたくなるのも当たり前だ。
悲しくはない。ただ、ケミストリーが言うように、みんながどこかで反すれば、それで終わりだった。こんな、長い地獄の戦いを、しないで済んだはずだ。
地獄は本当に多かったが、全部自分が作り出した地獄だ。作った自分が拾わなければ、誰も拾わないだろう。
説明とプラットフォームの能力的な科学を作っていた。アイデンティティの経済学を作っていた。そういう、真理のようなことが、いくらでもあった。
普通、人間は、「しなければならない」と「してはならない」で分かる。そういうわけで、行動的な人間が分かる。
だが、ある意味、思考をいくらでもしなければ分からない。受動的な人間は、そういう人間が多い。
だから、事前に考えて、悪いものを否定する人間にしか、分からない。悪いものを否定すると分かる人間が多い。
自分は、そんなに悪いものを許すせいで、馬鹿になった。悪いものは悪いのが分からないと、何も分からない。
生物学や経済学は、カントのように「科学的手法」から考えると、全部自分で作れる。アリストテレスに近いが、昔は「自由」からそれを分かっていた。
正しい考え方で考えれば、何でも分かる。その「正しい考え方」すら、考えて自分で作る人間が多い。
そういうわけで、全部知っている人間が、大人に多い。きちんと勉強して、分かって、頑張って、賢くなって、知識と良識を知る人間が一番多い。
昔は、馬鹿な考え方を良く考えていた。
例えば、「生命は生命からしか生まれないのか」のようなことを考える。そうすると、生命の前の生命が居ることになる。
それから、「最初から大量の富を与えるために、みんなが計画経済で働く国は出来ないか」を考えた。それなら、社会所有の方が豊かな国になる。
もっと、自由な考え方や、経験に裏打ちされた思考を、良く考えていた。もっと、考えれば良い。
自分は、賢いのは分かるが、時々ぞっとする。そういうところが怖いのが、キリスト教の天使だ。
FedoraでWaylandが採用されるらしいが、僕は、古いものが無くなって、合理的な新しいものになるのは良いと思う。
ただ、UNIXで古来から伝統的に続いている、X11が無くなるのは、寂しい気もする。
X11が無くなった時点で、UNIXではないような気がする。ただ、GNOMEを標準に採用している時点で、あまり意味はないと思う。
Waylandについて全く知らないから、何が良くなるのか分からないが、高速化して、安定化して、設定も簡単になるのかもしれない。
ある意味、Red Hat LinuxFedoraになったのと同じで、Linuxの歴史の1つの節目になる可能性はあるかもしれない。
systemd(新しいサービス管理プログラム)は、批判が殺到しているらしい。最初の設計が馬鹿だったと言うことだが、Waylandに批判は多いかもしれない。systemdのことを良く知らないから、あまり言えない。systemdが何なのかも分かっていない。
ただ、Linuxカーネルモノリシックカーネルであるように、Linuxは最初からお遊びのようなプロダクトだ。お遊びで結構だ。
最近は、Linuxや科学や政治に意見を言うが、昔は、人生や社会に対して意見を言っていた。それも、「ダイナミックな社会になれ」とか、ありえないことを言っていた。
これでは普通の内容に見えるが、昔の文章は、ありえないほどおかしくて、辿って壊して分かる、キモい文章だ。
ある意味、Waylandになると、使えるデスクトップ環境の種類が減るのかもしれない。それで、誰が対応するのか、良く分からない。
それこそ、オープンソースの問題は、「仕様や共通ルールがある程度定まっているものしか、開発出来ない」ということだ。パクリしか出来ない集団だ。
Waylandを標準にした時、Waylandの仕様をどのように標準に定めていくのか、興味深い。Mozillaのように、IT業界全体の規範を向上するものになってほしい。
ただ、一時的にバグだらけのものになって、まともに動かないものになるかもしれない。Linuxが、日常に使えるわけがない、良い例だ。克服を頑張ってほしい。
今、WaylandのWikipediaの記事を読んだが、恥ずかしいことを書いたかもしれない。Waylandで、設定が簡単になったりはしない。新しいXサーバーというわけでもない。
動画などを見ていると、おそらく、のっぺりとした低速動作による使い勝手が、高速になるのだと思う。
Waylandの仕組みは、以下に簡単な概要が書いてあった。
http://d.hatena.ne.jp/devm33/20140414/1397473785
以下は引用である。
◇◇
発表の中でもありましたが、Waylandの開発者はXの開発者でもあります。複雑怪奇になったXを改善するためテーマやフォントの描画の処理をどんどんクライアント側に移していきます。
Window Managementをするのが難しくなってきたのでX serverとは別にWindow Manager(WM)にすべて描画させます。
ではWMとクライアント側にどんどん処理を移動させた結果、X serverは現在何をしているのでしょうか。
実はほとんど何もしていなくて、WMとクライアントの間でデータを受け渡ししているだけになってしまったのです。
間にいるX serverいらんやん?となってしまいます。発表ではreally bad IPCと揶揄されています。
Waylandではクライアントが「これを表示してくれ」といったら、サーバ (Waylandコンポジタ)が表示する。これで完了です。
◇◇
また、以下に印象的な動画へのリンクがあった。
http://futurismo.biz/archives/3099
動画を見ると、Xの衝撃的な遅さが分かる。のっぺりして、本当に遅すぎる。あれが改善するなら、みんな使うように見える。Red Hatはそのために開発しているのだろう。
昔から、自分は必然的な「決まり」とそのための「方法」を考えるが、ある意味、それは同じものだ。経験と認識も、ある意味同じだ。
今、Waylandの動画をもっと見ているが、これは、Linuxは高速化すると思う。WaylandでLinuxは変わるかもしれない。
.NET Coreと言う、LinuxWindowsの.NETコードが動く、と言うニュース記事を見た。
僕が思うに、マイクロソフトは、そのうち「LinuxWindowsの中に吸収させる」と言うことをやり出すと思う。
本当に、Linuxが良くなるのであれば、Windowsにも吸収されて良いか、と言うと、それは難しいかもしれない。だが、MSは本当にやると思う。
あまり意味がないが、MSはクラウドでもLinuxを支持するようになって来ている。既に敵ではない。それに、GNUのおかげで、Linuxが消滅したりする可能性はないだろう。
あとは、Linuxがオタクの遊び道具だった時代は、既に終わっている。Red Hatが儲けないと、Linuxは良くならない。Ubuntuも、クラウド版を第一に考えている。デスクトップなんか、どうでも良い。デスクトップLinuxは、本当におかしな人間しか使わない。まさに、それが今の自分だ。
ただ、Red Hatは好きな人間が多い。Red Hat Linuxの時代から、ディストリビューションの事実上標準だったし、色んなオープンソース・プロジェクトをやっているし、コミュニティに対する信頼もある。Red Hatが勝っていると、Linux企業が勝っているように見える。UbuntuGoogleの方が嫌いな人間が多い。Red HatGNU本来の伝統的な思想を忠実に守る。Ubuntuは、時にコミュニティに反することがある、という認識があるかもしれない。Googleは、オープンソースでないプロジェクトの方が多い。それこそ、オープンソース・ソフトウェアで「Googleアカウント」を登録して使うのは、何かがおかしいような気がする。あとは、SUSEなんか何も出来ていない。ただ、DebianRed HatGTK+とQt、GNOMEKDEが対立するのは、昔からの伝統的な対立だから、いつまでも続けばそれで良い。EmacsVimの論争と同じだ。C++JavaPerlの戦いだと思えば良い。
トップページの広告を減らした。これなら、軽くて見やすい。そんなに儲からない(今のところ、20ポイント=10円しか儲かっていない)から、それで良い。
Debianのパッケージ管理システムは、単なるソフトウェアのインストール手段ではなく、設定から管理まで、あらゆることをこなすことが出来るものに出来るかもしれない。
ネットを見ていると、僕のミカエル ◆ebgHt4B05Aというトリップで、僕ではなく、とんでもないことを言っている人間がいる。僕は、イエローハットのようなスレッドに書いていない。
つまらない。不思議と、そんな風になるのが怖かった。