「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2016-10-14

一つ一つ、正しいことを信じて、積み重ねていけば分かる。
まずは、「食べ物は食べられる」から信じていけば良い。
人間に出来ること、社会的なこと、共通すること、実験して確かめられることなどを知っていく。
不思議と、分からなくなるのは、パソコンが悪い。
普通、コーヒー豆の原産地とか、そういうことを考えるが、パソコンがあると、考えなくなる。
パソコンをしていると、そういうものに意味がなく見える。普通のことを知ろうとしなくなるのだ。
パソコンは悪い。もっと、普通のことを考えるようにした方が良い。
昔は、感情、想像力、意味、行動、言葉、論理、作用、反応などを、物理的、数学的に積み重ねていた。
自分は賢くない。賢いことを何もしていない。
賢くなりたいなら、覚えれば良い。みんなはきちんと覚えている。みんなの方が賢い。
自分は賢くない。むしろ、もう、賢くなりたくない。賢い人間は辛い。馬鹿になった方が、楽だ。
人間は、自分で経験しないと分からない。他人の経験は参考にならない。ただ、経験を会話で知るのは良い。
バンプが言っているように、想像で作った道を現実が塗り替えていくように生きよ。
世界も、人生も、ありのまま存在しているだけだ。
ありのまま生きるのが、一番優れている。この世界も、ありのままの視点で知るべきだ。
全ては、未知であり、可能性である。可能性の中での、唯一の実在であり、みんなで変えることが出来る。
馬鹿になると、まともになって、楽になる。
馬鹿になると言うよりは、分からなくなれば良い。分かるのが賢いから、辛くなっている。
分かる部分が辛い。こういう、分かる人間は、賢くなって馬鹿になる。
馬鹿になるのは、賢くなるの逆だから、適度に馬鹿になっていると賢くなる。
みんな、分からなくなれ。
あとは、自分は、幼虫から成虫になって、人間はもう既に終わっていて、太陽系のような生命になっている。
顔がありえない。幽霊のような顔に見える。ニキビはキモいが、顔立ちがかっこよく見える。
分からなくなると、正常になる。人間は、馬鹿にならないと、正常にならない。正常な人間は、子供だ。
馬鹿になると、感情で分かるようになる。頭も、馬鹿の方が賢い。
みんなも、そういう馬鹿になれば良い。
最近の僕は、馬鹿の一つ覚えだ。ある意味、唯一賢い「分かる」を永遠にやっている。何も賢くないのに賢い。
昔の自分は、感情と想像力で分かるまともな人間だったが、あれは馬鹿だ。何も賢くない。
昔は、生命の根源とか、宇宙とか、人生とか、そういうものを意識と実在で分かっていた。
哲学の現象学とは、そういう意識の現象学のことを言う。フッサールヤスパースは、そこらへんを考えている。
自分の小説にある、関係的な現象学は、完全に間違っている。申し訳ないが、もっと勉強した方が良い。
だが、もう、勉強なんかしなくて良い。賢くなればなるほど馬鹿になる。賢い自分が一番賢くない。昔も含めてだ。
あとは、ドイツは賢くない。特に、ヒトラーは、みんなに勝ちたかっただけで、みんなを騙している。
それこそ、裏に居るのは、米ソだ。アメリカが、ユダヤ人を殺したかった。それは、ユダヤ人に賢い人間が多かったからだ。
アメリカが考えて、「ユダヤ人は馬鹿だから死んだ」ことにしたかった。
それを、「間抜けなドイツ人がやった」ことにしたかった。
そして、ソ連が「帝国が馬鹿」だということにしたかった。
良く考えると、政府や国家主義のみんなが、民衆を騙して、負けないようにしているだけだ。
それこそ、その方が民衆も「楽で、良い国だ」と思わせている。そこに反抗するこういう人間が怖い。
ソ連は自由がない」とか、「人種差別はファシズム」とか、そういう常識をアメリカや日本などがどんどん作っている。
ただ、政治はやめた方が良い。
本当に革命家がやると、こういう風に、何も変わらない。ナチとソ連なんか、同じだ。ソ連は、それを言わせたいだけだ。
そういうわけで、賢い人間が過去の時代に多かった。それらは、米ソがほとんど殺した。だが、昔の日本は賢かった。
あまり意味がないが、それをやっているのはソ連だ。ソ連が悪いだけだ。
あまりおかしくない。米ソは、自分たちの方が賢いのを分かってほしい。
冷戦は、ただ、弱いものを全員殺したいだけで、そんな誘導や滅亡は誰もしていない。
そんな賢い人間は、ヒトラーしか居ない。ヒトラーのせいで、ドイツ人が「賢くならないドイツ病」になっている。
最近の日本人が宗教を信じないのは、分をわきまえることがないからだ。
要は、発展と自由主義がおかしい。いくらでも発展して、宇宙の最後にまで達すると錯覚している。限界はないと思っている。
昔の時代の人類が賢かったのは、分をわきまえることが多かったからだ。
人間には及びもつかないような、神や仏の存在を信じていた。
人間は、賢くなって馬鹿になった。産業革命の時代ぐらいから、人間は自由過ぎるようになった。分をわきまえないからだ。
僕は、自由が好きだから、自由な国になってほしい。いつも、自由になると何が出来るのかを、知性で考えて書いていた。
それこそ、こういう人間は昔から多い。スピノザのような人間が、こういう風になる。本当に賢い人間は、辛い人間しか居ない。
不思議と、昔の馬鹿になる馬鹿が、多すぎる。賢い人間は、全部考えれば分かる。
あとは、最近の馬鹿は、本当に何も賢くない。統合失調症になると、こういう風に完全に狂う人間が多いが、それは死ねば治る。
それこそ、神との対話が出来る人間が居ない。自分は、神との対話をしているここらへんの時代を「神」だと言っている。
何故か、神が対話しているのは、まだ若いのに終わっているからだ。本当の神は、自分と対話して、色んな奇跡を起こしている。
つまらないのは、神がキリストと言うことになっているのが悲惨だからだ。
どうでも良いから、自分が神だ。ヒトラーどころか、神を信じるからそういう風に賢い人間が居なくなる。賢者は悪い。
神やキリスト教は悪い。賢い人間をどんどん消していく。
電通の若い女性社員が過労で自殺したように、日本は大企業から子供の学校まで、どんどんおかしくなっている。
ブラック企業や競争が悪いのは分かる。だが、もっと精神的などこかの部分で、柱が無くなっているように思う。
ボブ・ディランノーベル文学賞を取ったが、あの時代とはまた違う。本当に、みんなで作り上げる「社会の基盤」が無くなっている。
反戦は流行らないが、それは平和になったからではない。本当に、精神的に辛くなっている。
自分も色々と悪いが、自分だけの責任ではない。マスコミ、ネット、政治家、官僚、教師、みんなが団結して変えるべきだ。
そういうわけで、左翼もおかしくはない。どんどん左翼や右翼が増えているが、左翼は大失敗だったから、右翼が良いと思う。
自分は、男なんか戦うだけなのが分かっていない。
見ていると、戦って分かる男しか居ない。国を相手に戦って分かる。そういう、「戦う男」が一番多い。
人の話を聞いている時も、戦って、「受け入れるべきもの」と「そうでないもの」を納得・承認して分かっている。
そういう、戦う男が分かるだけだ。
女も馬鹿ではないが、女はこういう風になる。セックスをしているだけの女が、こういう風に多い。
だから、女には分からない。
あまり意味がないが、自分のセックスは悪過ぎる。全員とアナル・セックスをする意味がない。全員犯しても意味がない。
セックスのいじめは悪い。本当に、自分は一番悪いから、こういう風に天罰が下る。イスラム教徒が豚肉を食べるのと同じだ。
意味がないから、僕はセックスなんかしたくない。恋人のように全員のことを愛している。だが、そんなに何も感じない。
悲しい。本当に、悲しいだけの思いやりが一番多かった。
この世界を、そろそろ終わらせる。この世界には何も残っていない。一度、集落や村のような世界に戻る。
SEKAI NO OWARIが言う世界の終わりだ。もう、自分によって、この世界が完全に終わる。
そもそも、家族とテレビだけの世界になったぐらいから、全てがほとんど終わっている。村のような仲間が居なくなった。
ある意味、いじめのようなものは、村のような、「裏できちんとみんなのことを見ていて分かっている集団」が居ないから起きる。
村長がきちんと村を見ていれば、いじめのようなものは起きない。
そういうわけで、ソ連にするしかない。ソ連の村になって、みんなで一緒に生きる、そういう共同体に戻れば良い。
自由でないから飢えるのは、現実の見過ぎだ。もっと、現代人が新しく挑戦すれば、また違った国になるだろう。悪い国は普通に多い。
もう少し良いことをしたいから、もうセックスはやめる。もう少しマシなことをしたい。
むしろ、何でも出来るから、オープンソース・ソフトウェアを良いものにしたいと思う。
ただ、そういう真面目なことは出来ない。それなら、何も出来ない。そんな魔法のような術は使わない方が良い。
みんなにやってほしいことも、自分がやりたいことも、何もない。昔が動なら、今は静だ。
もう少しマシなことをすれば良い。時間をかけて良く考えれば良い。
そんなに偉大なことがしたいわけじゃない。友達が欲しい、というのとも違う。分かってもらえる相手が欲しいわけでもない。
ただ、純粋に同じことを楽しめるような、そんな仲間が欲しいとは言うが、一人きりでやっているのも、そんなに悪くない。
むしろ、自分の自由も制限されたくない。だが、自由はつまらない。自由のために友人関係を犠牲にしたくはない。
あとは、ネットは嫌いだし、テレビも見ない。
会えたら良いと思う人間は多いが、会えなくても大して何も思わない。本当の自分は馬鹿だ。こんな馬鹿と会っても意味がない。
悲しくはないが、嬉しくもない。怖くもない。安心も出来ない。楽でもないが、辛くもない。強くもないが、弱くもない。恨みもない。
むしろ、最近は死んだ魚のように生きている。死人にしか見えない。
赤ちゃんはつまらない。
良く考えると、昔の「まともな分かる大人」にもう一度なりたい。それは、良く思う。昔をもう一度したい。
だが、昔をそのままそっくりしても、キモい人間を体験するだけだ。
もう少し、まともな分かる大人になりたい。賢くて、優しい大人が良い。
日本語と日本の国や文化が良く分かって、常識があって、分を知っている、良識と能力のある大人になりたい。
賢い大人になりたい。
大学の勉強は、もう少しだけ知識を広げたいと思う。ただ、哲学はもう良い。きちんと哲学の中身を知らないから、それを知りたい。
今、神に願うことは、「楽になりたい」よりも、「賢い大人になりたい」だ。
右翼になれ、とは言ったが、最近、日本の社会が右傾化して、それぞれの自由が軽視されるようになってきているのは、僕は危険だと思う。
自由は、あった方が良い。最近の自由な社会が一番良いと思う。
僕は、むしろ、パソコンは悪くない、と最近思い直している。それは、おそらく、インターネットを倒したことに関連している。
2ちゃんねるは、もうなくなった。本当には消えていないが、自分のせいで、ある意味、消えた。
ネットは悪くない。特に、Debianのネットワークシステムは優れている。あまり意味がないが。
むしろ、自由で良いと思う。それぞれの自由を守って、自由に生きられる、本当に自由な世界が良い。
右翼なんか、どうでも良い。僕は、右翼なんか嫌いだ。自分が右翼に見られることに、激しい嫌悪感を感じる。