読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2016-09-23

NOVAスコアを受けてきたが、レベルは今のままの6だった。
あまり考えず、単語だけで受け答えしたのが悪かったのかもしれない。
最近は、公私混同、と言うよりは、世界と自分が同じになっている。
世界と自分を違うにした方が良い。
みんなを生かした方が良い。そんなに死ぬのはおかしい。
環境を知ることで自由になるとか、自然から多様性が生まれるとか、「成長と発生の環境論」のようなことを書いていた。
原因と結果から出来るようになって、法則を見出すと言っていた。
昔は、神のように賢かった。社会と人生と宇宙のことを全部分かっていた。
創造的でダイナミックな時代の中で、環境を知って、ギリシャやフランスのような、国家的、歴史的な環境の意識のことを、具体的に分かっていた。
良いと悪いが逆になっている。そんなに引き篭もりが良いわけがない。
自分のことを制限したり、我慢したりするのではなく、我慢せずに自分の力を発揮すれば良い。
昔の自分なんか、ただ消しているだけだ。疑って、消すだけで分かっている。
だから、もっと作れば良い。作って考えれば、哲学が出来る。
放送大学の現代哲学の講義を聴いている。
内容は難しいが、現代人がいかにして哲学するか、考える。
哲学は、「何かを信じる時、何が起きているのか」を考える。昔の自分は、そう考えた。
本当に、自分は作れば分かるのが分かっていない。構造を作ると、良く分かる。
日本の近代(江戸時代から明治時代)は、西洋に比べて遅れていなかったらしい。
それは、知らなかった。
僕は、西洋に比べて、格段に遅れていたのが、いきなり新しくなったと思っていた。
自分は、普通、説明や論理で、思考的に考えるのが分かっていない。大学できちんと分かる。
昔は、その人の自由にさせるとか、環境を良い方向へ導くとか、そういうことを言っていた。
人生は、自由へと向かっていく、と言っていた。
ただ、そういう自由は、何かがおかしい。全く何も分かっていないように見える。
もう少し、みんなのことを知った方が良い。みんなの方が色んなことが分かっている。
自分は、まともに賢くなりたいなら、哲学より、もう少し普通の学問をやった方が良い。
ただ、自分の専門は哲学で良いとは思う。英語、ピアノ、哲学をやれば賢い。
昔は、自分の実体験のようなことを考えて、成長を信じて分かっていた。
自分が体験して知り得ることは、他人も知り得るはずだ、と考えていた。
自分は、自分の生きる道を信じないのがおかしい。
要は、出来そうなことをすれば良い。そういう子供が多い。
ピアノや英語は出来なくみえて、出来る。哲学も悪くない。それらを信じれば良い。
自分が一番作家が出来る。そう信じて文章を書けば良い。
だが、むしろ、他人の話を聞いたり、本を読んだりした方が良い。
馬鹿に見えて賢かったのが、昔のLinuxオープンソースだ。夢を信じていた。
何度も繰り返し挑戦するのは良いが、むしろ、たまにで良いから、継続してやった方が良い。
自分は、「賢い人間になりたい」と思うのは間違っている。「実のある経験をしたい」と思えば良い。
賢い人間は、止めた方が良い。こういう人間が賢いだけだ。
むしろ、賢い人間が良いなら、今のままで賢い。
もう少し、馬鹿になった方が、楽しい体験が出来る。良い体験をすれば良い。
自分は、この世界のものから、何か探す気持ちを持たないのがおかしい。
この世界にあるものの何かが、自分にとって良いものである可能性がある。
普通、子供はそういう風に考える。好奇心と開拓の心がある人間が多い。
夢が無いなら、そういう風に世界のものから探して行けば良い。
自分は、全部「出来る」だけを考えている。それが、一番意味がない。何もしなくなる。
人間は、場所と時間としていることが違う。
情報サイトを作りたい。内容はまだ決めていない。
プログラミングは、会社のコードをコピーして使うのだから、オープンソースでも同じだ。
昔の自分は、ものと社会を応用的に考えれば良い。それで誰でも出来る。
色んなことを知って、疑いようのないところまで疑った方が良い。
良く考えると、この世界は、ほとんどが神を賛美しているだけだ。
英語は、もっと自分の力で長い文章で説明することが出来ると、良い。
会社はあった方が良い。自由経済は、会社が賢いだけだ。
そのうち、何か、情報サイトを作りたい。
自分の問題は、色んなことをしているように見えて、人生に目的が無い。
昔は夢があった。最近は夢が無い。
大学の教養を追い求めるのは、止めた方が良い。教養は意味が無い。
もう少し、人生に目的を持った方が良い。
最近は、答えが分かるようになった。何でも正しい答えを言えるようになった。
昔は、環境、関係、状態、仮想から、人間の道理のことを分かっていた。
そもそも、子供時代から変わる人間が居ない。そこを元に戻すと治る。
治る時に、治さなければ良い。
神は、自分を作り変えている。それを止めれば良い。
スパンをもっと長くすれば良い。一秒を数秒にすれば良い。それで、もう正常だ。
自分は、そういう、正常だと思うのが普通なのに、正常でないと思いたいのが悪い。
昔の時代に起きた出来事も、起きるべくして起きている。
おそらく、その環境に自分が居たとしたら、自分も同じことを信じるだろう。
だが、神ではない。神や宗教を信じるのは間違っている。
自然に、相対的に、その時の条件や基盤のようなものから、現象は起きている。
そういう、基盤的環境のようなことを、作って分かっていたのが、昔の自分だ。