読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

今日のこと - 2016-09-19

良いものは何か、悪いものは何か、考えた方が良い。
悪くない、悪いものは悪い。
自分は自分だから、悪くないと思った方が良い。
秩序を作って、環境を作って、導いた。
生命は、仲間だ。
日本の文化は、戦いだが、根源的だ。
恐怖でなく、正常になれ。
人を悲惨にしたり、過重労働をさせたりするのは悪いが、人のために頑張るのは良い。
だから、賢い人間は悪い。だが、賢い方が良い。
そういう風に、何が悪いのか、何が良いのか、きちんと考えれば分かる。
支配は悪いが、みんなのために教えるのは悪くない。
最近は、人間が全員認知症だ。
自分が本当に良いと信じられる世界にしなさい。
自分は、馬鹿のままで賢くなったのが悪い。だが、それは賢い。
一度、分かってしまうとこうなる。
場の歴史を分かっていたが、それが馬鹿だ。
人より分かって、考えて、洞察力を持て。洞察力と影響力が知性であり、判断力と勇気が力だ。
みんな、きちんと従いなさい。僕に従うと良い。自由や反抗は、正しく見えて、間違っている。
2ちゃんねると言うが、皆が何を考えていて、何が正しくて、何が間違っているか、確認しただけだ。
みんなの意見や会話を聞きながら、何が良くて、何が悪いのか、確認した。
そして、みんながそれをどうして思っているのか、と言う、環境的な理由と根拠を知った。
そこから、人間のことを物理学者のように考えて、たくさんの社会的経験をした。
青春時代のように、この世界の創造性や体験の価値のようなことを分かった。自由な人生を開拓していた。
自由は良いものではない。自由にするより、秩序を作るべきだ。
だが、秩序を決める、と言う視点から言えば、出来るだけ自由にするべきだろう。自分は、それを言いたかった。
王として、それぞれの国民を自由にする。イスラム教徒はイスラム教を信じられるようにする。それが王の自由だ。
良く考えると、そういう風に分かる。
普通に、当たり前に、ごく自然に、そのことの流れや意味を良く考えれば良い。
自由は、良い。支配は、悪い。革命は、悪い。戦争は、悪い。
だが、自分の国を良くするために、支配するのは、悪く見えて、悪くない。
自分の国を悪くする、悪い敵が悪いなら、その敵を倒すことは、悪くないだろう。右翼は、正しい人間だ。
ただ、戦争は悪い。人の命を殺してはいけない。
もう、分からない。そんなに考えなくても分かるせいで、日本語が分からなくなった。
日本は悪い。日本は、文化的に人殺しを賛美しているところがある。
洞察力とは、それをそれではないか、と考えることだ。
その原因をその原因ではないか、その法則をその法則ではないか、のように考える。
ある意味、法則を法則ではない、原因を原因ではない、と考えることから、正しい原因と法則が分かる。
たとえば、万有引力には、何かしら、他の理由があるかもしれない。波や光も同じだ。
そういうものを、洞察力と言う。そこから、確かめて、推論することで、哲学が出来る。
みんなが馬鹿なのは、愚かでないからだ。愚かなことをやらないと、賢くならない。
昔は、同じと違う、主体と客体、内部と外部、一部と全部、個人と集団、関係と無関係、意識と無意識などを考えた。
そして、その決定が何へと影響力をもたらすか、のような対応関係を理性的に考えていた。
人間の理性には、限界があると考えていた。何が可能性としてあり得るか、何があり得ないかを考えた。
辛いのは悪い。楽なのが良い。馬鹿なのは悪い。賢いのが良い。
そういう、当たり前のことの価値判断が、逆になっている。何も分かっていないのは、そのせいだ。
神は、心の中に最初から居て、宇宙と人生を支配している、可能性と存在と現象の全てだ。
昔は、神のように良く考えていた。その体験はその体験だとか、今していることはいつでも出来る自由だったとか、そういう風に、マスターのように考える。そこが、ヘーゲルと良く似ている。
自由競争や給与を、努力に対する報酬があるべきだと言うが、会社でも普通に平等に給与を払う会社が多い。
それに、普通は、保守よりも、革新の方が変わる。変わらないよりも、変わった方が良い。
変わるべきでない、と言うこともある。それも、きちんと考える計画経済の方が、市場経済よりも、考える。
ただ、社会主義はやめた方が良い。日本の常識を信じた方が、日本社会のことが分かる。
今日は、データ入力は2ページだけやった。昨日も2ページしかやっていない。
ただ、一日にそんなにたくさんするより、毎日少しずつでも続けた方が良い。その方が賢い。
戦争は、相手国の国民をどんどん殺して、自国の国民が犠牲になる。だから、民族皆殺しと同じだ。
そういうわけで、負けると皆殺しになるように見える人間が多い。戦時中の日本もそうだった。
一度、アメリカと開戦すると終わりだ。負けた時は、全員死ぬ。
戦争は、絶対にしてはならない。最後の手段は戦争だ、と言う人間はおかしい。
死なないように見えるのは、相手の国に何か価値や奪うものがあると、死なない国が多い。
戦争は悪い。本当に、左翼の方が善人だ。
右翼の何が賢いのか、良く分からない。良いことを全部やっているとは言うが、悪いことを全部やっているだけに見える。アベノミクスは、金融だけの政策で、実体がない。アホノミクスだと言っている人間も居る。
日本はTPPを推進するが、最近はアメリカの方がTPPをしたくない。日本に騙されているようにしか見えない。アメリカが右翼になると、日本人全員が困ってしまう。どんどん右翼が増えて、秩序が崩壊するように見えるのが、国際情勢だ。
景気や経済の成長をもくろんでいるのは分かる。だが、それなら、民進党共産党で何故悪いのか?民進党は、コンクリートより人、と言う目標を掲げて、道路工事などよりも、保育士などの「人への投資」をするべきだと言っている。共産党は、大企業から税金を取って、消費税増税を中止すべきだと言っている。この方が、自民党の言う、アベノミクスの経済成長より、実体があるし、明らかに民進党の方が国民目線でものを考えている。消費税を上げながら、法人税を下げ、防衛費を上げるありえないが、自民党だ。
ただ、民進党は、何も出来なかったから仕方ない。嫌われているのは、マニフェストを守らず、掲げていたことは何も出来なかった。事業仕分けなどでの蓮舫の発言も嫌われている。社会もおかしかった。そういうわけで、民主主義なんか、すぐに破綻するのが分かった。だから、ファシズムが増えている。
民主主義は、政党政治では実現出来ない。日本には、民主主義が出来ない。ただ、そこまで言うのも間違っている。きちんと民主主義が成功した時代もあった。今の世界がおかしい。
おそらく、ソ連が無くなった時代、ジブリドラえもんなどの良いものがたくさんあった。そして、パソコンとともに、また馬鹿になった。そういう、ソ連やパソコンのようなものが、無い方が良い。それらが無くなると、きちんと民主主義が復活して、きちんと出来るようになる。
おそらく、あまりやることがない。発展にもあまり意味がないし、国民も豊かだ。
社会主義は遅れた思想だ。民主主義も何も賢くない。だから、新しいファシズムのような政治になっている。
蓮舫はあまりに嫌われているから、蓮舫代表では民進党は絶対に勝てないだろう。
自民党は、どんどん支持率が高くなって、憲法を改正するだろう。北朝鮮との戦争になる可能性もある。
この文章は、脳が治る。馬鹿が治って、病気が治る。ありえないことを言うが、永遠に生きられるようになる。
昔は、詩のような文章に、自分の「確信」のようなものを書いていた。確信的に分かっていた。
民進党にも自民党にも期待出来ないから、誰かが何かやった方が良い。
今、まともな党を作ると、戦争主義の自民党に勝てる。不思議と、2ちゃんねるで作れば良い。すぐに勝てる。
昔は、可能性と決定の許可の自由で分かっていた。
たとえば、自動車は悪いが、自動車を作る自由は悪くない。その自由で、もっと良いものを作れば良い。
あまり関係ないが、太陽をそのまま神にするのではなく、太陽の創造者を神にする、ユダヤ教と似ている。
それはどうでも良い。
もっと、社会を作ったり、環境を作ったり、機会や手段を作れば良い。いつも、そういうことを言っていた。
気がするだけだが、小池百合子が新党を作る可能性がある。小池が勝つ可能性が一番ある。
右翼は勝てない。右翼に入れるぐらいなら、自民党に入れる。
むしろ、日本にはまともな人間が多い。真面目に賢く考えて、自民党に入れる。2ちゃんねるが勝つわけがない。
小説を書いた。起承転結の起の部分だ。
自分の賢い点は、この文章を書いているのが賢い。
普通、本を読んでも、誰も覚えない。自分は、この文章を書いているせいで、いくらか覚えている。
作家は、全部知っている人間が多い。
そういうわけで、誰も出来ないから、自分が一番賢い。だが、そうは言うが、自分は何もしていない。
もう、僕はみんなの意志を踏みにじらずに、傷つけない。
みんなは、僕のことを賛美しているように見えて、ある意味、どこかで軽蔑しているのだ。
ただ、それは僕が悪い。自分は、本当に見るとただのクズだ。