読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

今日のこと - 2016-09-07

自分から許せば、相手に許してもらえる。
何もしていないと、許せない人間になる。
昔の世界を悪い、許せないと思うが、今の世界なんか、変わっていない。
世界を許して、それを破壊する自分も許せば良い。
滅びを許せば、滅びなくなる。きちんと許して、感情の情動を許せば治る。
生物は、融和と言う安全な方法で新しい子孫を残す。
生物は新しくなるのが好きだ。そして、雑種の方が強くなる。
ヒトラーは間違っている。混血の方が本当に強くなる。
ただ、僕が思うに、それもそれで正しいが、生まれ変わりのような現象も正しい。
自分の家族は、何百年後の違う国で、同じ魂として復活する。
今の家族と一緒に、新しい家族として、新しいことをしながら、同じメンバーで生きる。
ありえない歴史やありえない世界を作っていた。
環境から自由になって分かった。
潰して覚えるのはおかしい。そのせいで、分からなくなっている。
インターネットに右翼を書いている馬鹿が、最近勝っている。
そういうものを見ていると、民族主義が悪いだけの、心の滅びた人間になる。
昔の自分がそうだった。安倍も、そういう人間たちに騙されている。
そういうものは、日本人は書いていない。ロシア人が書いている。
そういうわけで、むしろ、インターネットは怖い。本当に、恐ろしい集団が書いている。
日本語は、「は」は論理としての意味を生むが、「が」は意味を生まず、仮定を提示する。
そういうところが難しい。日本人も良く分かっていない。
ロシア人は賢い。それで、ほとんどの人間がロシアになる。
こういう風になる。そのために、インターネットを馬鹿に見せている。
2ちゃんねるをやっているのもロシア、Linuxをやっているのもロシア、右翼をやっているのもロシアだ。それこそ、トランプから二次元まで、世界を破滅させているのは全部ロシアだ。それこそ、ロシア以外の国を全部滅ぼしたい。
インターネットなんか見なければまともになる。
真面目に考えて、日本人と韓国人が怖い。イスラム教徒も怖い。そこらへんを自滅させたい。
冷戦なんか、同じだ。全部、ロシアを倒すかもしれないものを、自滅させる。
トランプは、ロシアに騙されている。おそらく、ネットの仲間が好きなだけだ。
そういうわけで、むしろ、怖い。本当に、ロシアを除外して、無くした方が良い。
自分は、ロシアに騙されている。
ロシア人も、そんなことはしたくない。不自由な集団が、全員で一番悪いことをやっている。
あとは、ロシアを見ていると、哲学が出来るようになる。ロシアは、そこらへんが分かる。
誰も勝てない。何故か、神を信じるドイツ人だけが、ロシアを悪いと言う。ドイツ人は狂っている。
何も悪くない。むしろ、日本なんか何も変わらない。悪いことばかりやっている。
日本は、実力で勝つ国だ。
日本は、きちんと国を良くして勝つ。
最近、右翼が多いのは、ロシアにどんどん騙されている。むしろ、学校が悪いのもロシアのせいだ。
勝てないように見えて、日本人だけが唯一勝てる。日本の方がはるかに悪い。
右翼になって滅亡するかもしれないが、日本が見ると、右翼で滅亡したりしない。
ただ、自分が見ても、そういう政治的なことを言わない方が良い。
真面目にそういうことを言う人間が居ない。馬鹿に見えるから、言わない方が良い。
右翼は滅びない。右翼を悪く見せているだけだ。そういうわけで、そこが分かる人間が最近多い。
右翼になるのが、一番勝てる。
ただ、日本人が悪いだけだ。ロシア人なんか、関係ない。ロシア人は党に騙されているだけだ。
ただ、世界をもっと良く見た方が良い。世界を見ていないから、そういうことを言う。
むしろ、アメリカのものも馬鹿だ。アメリカのものには、馬鹿なものしかない。
ドイツのものは賢いものが多いが、どんどん馬鹿になる国にしか見えない。
ロシアを否定すると、馬鹿になる。ロシアしか、賢い国が無い。当たり前だ。
そういうわけで、日本が賢い。日本は、自分のような、「分からない方を選ぶ人間」が多い。
これで、ロシアをただの普通の国と言う。そういう「まともな常識」がある。それが日本人だ。
そういうわけで、過激な思想なんか、言わない方が良い。日本人は、それをおかしいと言う。
あまり意味がないから、普通のことを言えば良い。
差別はしてはならない。
優しく接すること。
正しく接すること。
相手のことを尊重すること。
期待しすぎないこと。
過小評価しすぎないこと。
小さな幸せでも、それが生まれたことを喜ぶこと。
日本には、そういう、きちんと賢いことを分かる人間が多い。音楽家や作家に多い。
外国人を排除するのは悪くない。外国人は、日本人の知的レベルに達していない。国に騙されている。
むしろ、国なんか、普通悪いだけだ。だから、政治家は悪い人間にしか出来ない。
それこそ、本当に悪いことをやっているのは、日本の役人だ。
単純に、悪いことをしたい人間を増やして、悪いのを自分の自己責任だと思うようにしている。
むしろ、悪いことをしてほしくない。それは、むしろ、小さな悪いことで満足してほしい。
国を倒す人間を減らしたい。それは、むしろ、国が処刑するのではなく、自分から死んでほしい。
世界のことを真剣に考えれば良い。
僕は、みんなが出来るようにしても意味がない。
社会の独立性を高めるのは良いが、自分が出来ないと意味がない。
みんなのことが分からないで、分かるわけがない。
神を信じれば良い。神様は本当に居るから仕方ない。神が見て、ロシアが強すぎる。
人間は、怖い時に治る。怖いことをいくらでもしていると、楽になる。
怖いことはして良い。危なく見えて、神が善人を守ってくれる。善人は、良いことしか起きない。
教育を変えて、独立性を高めるとか、「社会を変える構造」のようなことをいつも書いていた。
確かな愛の感情を信じれば良い。それを、神の愛だと思うと良いだろう。
確かな愛から、世界は変えられる。全員のための、全員による、正常な世界になる。
自分なんか、何も悪くない。操り人形にして、知性を奪っても、ただ賢くなっただけだ。
自分の分かることを全部与える。そういう、最近の自分は、善人になっているのが分かっていない。
神は、自分が好きだ。自分のことを愛している。みんなのことも愛しているし、みんなの方も愛している。
認識を良く考えて、知性と行動を積み重ねて、ネットで社会と人間が分かった。
実体験から人生が分かった。
それが唯一良かった。そういうわけで、こういう人間が唯一賢く見えて、ただの馬鹿だ。
政府は悪いことばかり、していない。そんな巨大な悪の政府はない。忘れた方が良い。
ただ、そこが分かると、民主主義にも社会主義にも、あまり意味はない。
ロシアのやっていることはおかしいが、結構何も変わらないのが日本だ。巨大な悪の政府だ。
ネットで社会の変化を知ったことで、ロシアより賢くなった。
怖いのは、全部ロシアが怖かった。自分が同じことをやっているからだ。
ロシアは、主導権を握って、全員をロボットにしているだけだ。
今から、ピアノへ行ってくる。全てのことを忘れて、楽しいピアノに集中したい。
昔は、「理想の社会の作り方」が分かっていた。何故か、自由と思って理想の社会を分かった。
自由が一番良い。
ただ、自由は、ロシアが好きな人間が多い。普通、ロシアを全部経験して、戦う自由な王になる。
そういうわけで、自由は悪い。
ピアノに行ってきた。
ピアノは、少しずつ上達してきた。先生が「読めるようになっている」と言っていた。
世界は、みんなの手で変えられる。頑張れば、自分でも変えられる。
みんなは、怒ったり、許したりすれば良くなる。
昔は、起こった時にどうするかやどうなるかを考えていた。
最近は、何を起こすべきかや、どのように起こすべきかが分かった。
自分は、世界なんか変える意味がないのが分かっていない。
それから、自分の知性なんか、なくて良い。馬鹿のままの方が楽だ。
そういうわけで、文章を書く賢い人間になっていると、分からない。
もっと、馬鹿なことを思えば良い。
それこそ、普通のことなんか、誰でも普通に分かる。そういう、分かる人間は賢い。
あとは、色んなことをすれば良い。
全員を吸収するとか、客観視して世界に映った自分の姿を見るとか、すれば良い。
今から、データ入力をする。
人間は、その立場にずっと居ると、分からなくなる。それが当たり前だと思って、視野が狭くなる。
時には、先入観や思い込みを無くして、別の立場を想定することも、必要だ。
自分が右翼だから右翼になるのはおかしい。それは、右翼だと思うから、右翼になっているだけだ。
昔は、「自分で作って分かる」とか、「戦って分かる」とか、ただの自由のようなことを書いていた。
そういう、「ただの自由」が正しい。
そのために、どのように社会の構造を作り変えられるか、などを経験から考えた。
昔は、色んな新しいことを知って、新しい世界を体験しながら、想像力で考えていた。
新しいことを知ることを、考え方やモデルと言っていた。
オタクや右翼は、本人が悪いように見えて、悪くない。周りの環境が悪い。
みんながこんな世界にしか出来ないのが悪い。
政治家も悪くない。賢い政治家や賢い国を作れない、みんなが悪い。
そういう風に考えると、「全て自分が何も出来ないのが悪い」ことになる。
それは、抑圧的な面だけではない。純粋に理想的な「全員への慈悲の心」となって、現れるのだ。
みんなを変えられる、みんなを救える、そういう自分になりたかっただけだ。
ネットの体験の中で、人間の本当の価値が分かる。そういう人間が賢い。
愛とは、正しい世界を信じることだ。
最初の平等は力であり、次は力の否定であり、次は基盤やルールの下における平等であり、最後は、全てを知性から見直すことだが、それ以上は、それぞれを同じにすることになって、結局最後は力へと戻るのである。
プログラミング作法やコードのパターンによって言語が変わるような、そういうプログラミング言語があっても良いかもしれない。HTMLとCSSが別の言語になるのと、良く似ている。JavaPythonが1つのプロジェクトに混在しても良い。
パソコンは、「あなたは高校生ですか?」とか、「あなたはプログラマですか?」とか、そういう質問をいくらかして、勝手に高度な設定や拡張をするような、そういうものになるかもしれない。
自分は、書くのを止めたくて、戦うのが怖いだけだから、書くのを良いことにして、戦うのを止めるか、勝ってしまえば良い。心理学的に考えて、それが正しい。インターネットが怖いだけだから、インターネットを見なければ良い。
日本が怖いのは、日本が無かったせいで、何も分からないからだ。
そういうわけで、何か、日本のことを分かった方が良い。
あとは、何も望まないのがおかしい。それは、意味がないぐらい、何もしなくなる。
何かした方が良い。
今、いくらかデータ入力をした。とりあえず、休憩したい。
心理学的に考えると、むしろ、日本を全く見なければ良い。日本の部分が悪いからだ。
自分は、普通にしていれば分かる。普通にしていれば、治る。
そんなに狂っても意味がない。いつもの、まともな自分が好きだ。
自分は、自分と自分を2人に分けるせいで、みんな2人に見える。そこが分からない人間が多い。
自分は1人だ。
そして、むしろ、最近は引き篭もりが長期化する人が増えているらしい。悲惨だ。
文章の中でだけ、宇宙を全部創造していた。
心も、手法も、数学も、基盤や法則とともに、場合によって変わる。そこから、解明出来る。
問題の解決をどのようにしていくべきか、真剣に考えることで、建設的な考え方が分かる。
問題とは何なのか、洞察力と独創的な発想で考えること。
昔は、人生経験が豊富だった。社会を辿って、興味を持って、同じ感情を適用して、やり方と理想を分かった。
生きている、と言う概念は不思議だから、宇宙もおそらく生きている。そのために、星が回って、存在している。
宇宙のミニチュア版、宇宙の投影のようなことをやっているのが、人間なのだと思う。
そういうものが神だと思えば良い。神はきちんとそういう風に、「全て」が存在している。
知恵を集めて、みんなの考えたことをやるような、賢い国の方が、栄えて、強くなる。
北朝鮮のような、滅びた国は、軍隊を強くしても、全く強くならない。
日本のようなまともな国が、いくらか圧力をかけるだけで、すぐに崩壊して、負ける。
昔は、アメリカがそういう正義の国だった。
最近、アメリカは滅びている。弱くなって士気が低下している。イスラムにも負けている。
滅びた国は、弱い。
もっと、栄えた国の方が強くなると思った方が良い。
軍隊で強くしても、全く精神的、文化的に、強くならない。北朝鮮のような国は、すぐに負ける。
日本は、ネットなどを活用して、国民が何を考えているか、アンケートでも取れば良い国になる。
不思議と、分かることを言っている人間がネットに多い。みんな、誰もが賢い。
何を国民が考えているか把握して、みんなで良い国にすると、ネット時代の最高の国が作れる。
ドイツ兵が馬鹿なのは、適当に応戦しているだけで、誰も本気で戦っていない。
なぜか、米軍なんか同じだ。
そういうわけで、良い国が強い。本気で戦っている軍隊が多いからだ。
北朝鮮なんか、少し恐ろしいことを広めるだけで、軍隊は自壊して、自分の国を倒すようになる。
全世界が北朝鮮を倒す、と言うはっきりとした声明を出すだけで、すぐに崩壊する。それくらいの体制だ。
ただ、ロシア軍は強いからありえない。ロシアは何かが正義だ。
子供のように、自分の思っていることや持っている観念を疑えば良い。
自分は賢い、と言うことを思って、「自分は賢くない」と謙遜の言葉を言う。
だが、それを言うなら、最初から「自分は賢い」と言う観念を持たなければ良い。
いつもそういうところが間違っているから、そういうことを言う。
この例では分かりにくいから、もっと分かりやすい例を言う。
ビルゲイツは馬鹿だ、と言う観念に対して、「ビルゲイツは賢い」と言う。
それは、最初からビルゲイツを馬鹿だと思うのが間違っている。
知的障害者でも、イスラム教徒でも、そういう風に、観念的なものが最初から間違っているのに、言う。
そのせいで、そういうものが嫌いで、見たくない、消えてほしい人間が増える。
それは、本当に馬鹿になっている。
子供のように観念を疑うと、哲学が出来る。特に、ニーチェのような卑屈な哲学が出来るようになる。
それこそ、ドイツ観念論は、普通観念を疑うだけの哲学思想だ。カントやヘーゲルがそれだけで出来る。
自分が何をしても、みんなは死ぬわけがない。自分は、そこが分かっていない。
要は、分かっているように見えて、きちんと正しく分かっていない。
そういうところを、入念に実験し、経験すると分かる。
そういうわけで、馬鹿な方が分かる。馬鹿なことを言って、馬鹿なことをしていると分かる。
あとは、もっと普通どんなことを思うかを考えながら、行動やしぐさを普通にした方が良い。
それこそ、考えただけでは分からない。
思考から、実験し、経験し、内面化していかないと、分からない。
人間は、きちんと経験して、分かったことは分かる。認識と知性は、小さなことから全体へと拡大する。
病気は、人生だ。もし同じ人生を生きる人間が居たら、同じ病気になる。
大人は、誰でもすぐに病気になる。
大根などと違うのは、すぐに死ぬ人間は、何故かすぐに賢くなる。その代わり、それはすぐに死ぬ。
モーツァルトのように、そういう天才が多い。何故か、馬鹿の方が長生きするのが人間だ。
見ていると、聖書は何かが素晴らしい。
本当に、主のさばきはことごとく正しく、我々は懺悔するしかない。
告白と懺悔によって、隠れている罪が赦される。主は、正しい。
ポルノグラフィティが言うように、始まりや、始まっていないことの方が、多い。
それに、気づいているように見えない。
それこそ、そんなに分かっている人を求めても意味がない。むしろ、求めていない。
自分がおかしいのは、むしろ、自分なんか否定したいだけが自分だ。それは、地獄に見えるからだ。
ただ、普通にしていれば良い。普通にしていると、分かる。それでまともな人間に見える。
希望を信じて、抑圧を否定しなさい。
実利優先と、理想は、バランス良く考えると、経験の先にある愛と言う視点から、同じものだと言える。
目の前にあることを頑張りなさい。
忙しく、仕事だけに生きるのは止めなさい。世界の全体像を知る余裕を持ちなさい。
あとは、普通じゃなくても良いのだ、と思えば治る。
自分のことを大切に出来ない人間は、他人のことを大切にすることは出来ない。
自分のことを愛してあげなさい。あなたの問題や努力を知っている人間は、あなただけだ。
あなたが何を頑張って、何を失敗したのか、あなただけがきちんと知っている。
助けを求めるなら、その人を助けなさい。