読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

今日のこと - 2016-09-04

社会理論のようなことを書いていた。
自然な中でどんな社会が生まれるのか、何故そうなるのか、いつ何がどうなるのか、どう出来るのか、どうすべきなのか、そのために何が必要か、何が問題なのか、経験的にどうなっていくのか、のようなことを言う。
そういうことを、「自分を壊しながら」言っていた。
自分は、自由なところがある。
まるで、囲碁で誰も打たない手を打つような、「自由を試す」ところがある。
影響力の高みに立って、人間の状態を決め直して、社会から離脱して、自由になった。
何でも出来るようになって、何でもなれるようになった。
日本人が馬鹿なのは、他の環境を知らないからだ。
他の環境を知れば、賢くなる。
ただ、最近は、社会の多様性が無くなっている。社会が同じになっている。
多様性の無い社会では、分からない。
最近は、百戦錬磨なところがある。あらゆることを達成して、戦って分かった。
今から、NOVAへ行く。アメリカへ帰るNOVAの教師との、お別れ会だ。
心の中の辛い部分は、死ねば治る。馬鹿は、死ななきゃ治らない。
人間は、悲惨な人間が分かる。
心理学のように、自分の側にある認識、行動、経験、捉え方を考えると、分かる。
狂っている理由は、昔の自分が怖いからだ。悪くはないが、あまりに悲惨な人間だ。
NOVAのボイス(レッスンではなく、雑談をする集まり)に行ってきた。
ボイスに行って分かったのは、ボイスはレベルが高い。
レベルが高いから、みんな英語を上手く話す。
ボイスに行けば、英語が出来るかもしれない。
お別れ会は、今からビアガーデンでお別れ会をするせいで、お別れ会のようなことはしなかった。
僕は、それには出ない。予約をしていないから、出られない。
神が、「過ぎていくこの時を忘れないように」と言っている。それだけが意味がある。
今から、紙に書いたノートをパソコンに打ち込むのの、続きをやりたいと思う。
ノートを10ページ入力した。
こういう、単純作業をやっていると、賢くなる。頭が賢くなる。
そういうわけで、学校は結構賢い。
なぜか、賢い人間には分からない。賢い人間の方が馬鹿になる。
それで狂っている人間が多い。そういう学校は、馬鹿な不可能なことが出来ない、しない人間になる。
相手のことを尊重するのは良いが、同時に、自分のことを大切にしなさい。
悲惨な人間は、相手の自由を尊重して賢くなる。そういう人間がサルトルみたいに多い。
入力したノートを、HTMLにした。前やっていたのと合わせて、一冊分終わった。
自分のおかげで、学校と言う存在や場所が無くなった。
自分は分かっていない。こういう風にするしかない。
こういう風に、全部消して、新しくするしかない。自分は悪くない。
そういうわけで、何かを破壊して、消せば世界は変わる。
ただ、反省すべきことは多い。もう少し、普通にやれば良かった。何もかも、意味が無くなっただけだ。
もう少し、普通のことをやった方が良いだろう。
バンプを聴いている。ああいう賢い人間は、悲惨な人間が多い。バンプは弱い。
バンプのような人間に好かれると、本当に嬉しい。
だが、バンプを聴いていると、申し訳なく思う。自分が悪いだけで、自分の方がバンプより馬鹿だ。
馬鹿なポルノグラフィティを聴いていた方が、気分は良い。
僕は、みんなに何も出来なかった。
でも、僕にも、貢献出来たことがあるかもしれない。
ただ、文章なんか、書いても意味が無い。
自分は、辛いことや悲しいことをもっと起こせば、楽しいことや安心出来ることも起きるのを知らなかった。
みんな、辛いことや、悲しいことを起こした方が良い。それできちんと、分かる。
楽しかった。それは、言えるけれど、でも、楽しいことはそんなに無かった。
悪い人間になっても、良いことは何も無い。悪い人間にならない方が良い。
この世の全ての愛を合わせたような、そういう人間になった。
もう少し、数学や物理のように考えた方が良い。それが賢い。
むしろ、数と論理と適用で考えれば良い。
1つ1つの作用を同じと違うで変えながら、証明と推論で心のことを考えれば良い。
マクロ的に論理で考えていると、論理的に世界のことを考えられる。それは、「基礎」を作れば良い。
昔は、時間のような、「宇宙と歴史の本当の姿」を考えていた。
普段みんなが持っているような共通観念ではない、もっと正しい世界の姿を、経験的に考えていた。
クラウドによって、パソコンの違いは意味が無くなるだろう。ストレージは一括管理して、設定は共通に管理する。
全部、どのパソコンを使っても、全く何も違わない。そういう風になると、所有する、と言う意味が無くなる。
成り立ちを自分で作って、説明のようなことを書いていた。全てを決めていた。そこから、経緯と生命を創った。