「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

今日のこと - 2016-08-20

一点を見つめるべきでない。心は、留まり過ぎている。
もっと落ち着いた方が良い。混乱する自分に対して混乱している。
意識、感覚、記憶から、現象学のように、人間の現象を考えていた。
全ては、意識と思考から生まれる。行動は意識に支配される。
積み重ねて、知り尽くすことで、全てが出来るようになって、分かるようになった。
Linuxのおかげで、もう分かった。逆に、もう分からなくなる。
自分は、真面目に考えるのが賢いだけなのが分かっていない。
実地的に社会の現状を分析して、出来る限りの可能性を検討して、考え方を知って、協力する。
そういう風に、実地的に「どうしていくべきか」や「どう考えるべきか」を考えれば分かる。
物理は、運動と力をエネルギーと数だと思えば分かる。
Linuxの良い点は、コンパイラインタプリタが無料なところだ。開発への参加の敷居が低くなる。
開発環境が有料だと、どうしても、参加への敷居が高くなる。
それから、コンパイラカーネルオープンソースなのが良い。システムがどのように動いているか、分かる。
パソコンのことをやりたいなら、Javaが良いだろう。Javaから学ぶ人間が一番多い。
WindowsJavaが一番良い。Linuxなんか、明らかにおかしい。
明らかにEclipseをインストールしてやれば良いが、問題は、開発したいアプリケーションが無いことだ。
今、Eclipseをダウンロードしている。
ちなみに、Microsoft Visual Studio 2010 Expressは昔インストールしたため、VB/C#/C++の開発は出来る。
一応Debianの入ったパソコンもあるが、最近はWindows 10のパソコンしか使わない。
VSは、Web開発やSQLなども入っている。
自分は、悪いものは何も無くて、自分が悪いと思うものが悪い、とか、そういう風に、「道徳心」が無い。
昔はそうでもなかった。経験から、何が良くて、何故良いのか、「良いと言われる理由」から分かっていた。
もう一度、道徳心を取り戻した方が良い。道徳は、最初であり、最後だ。
ある意味、みんなで無料のものを作るのは、ソ連より賢い経済をしているのが、オープンソースだ。
Eclipseは、やっぱりインストールするのを止めた。良く分からない。
昔は、どんな経験から何が生まれるか、何が何になるか、から、哲学者のように人間のことを考えていた。
精神も、身体も、使わなければ治る。足の精神は、使うのが悪い。
精神は、使わないのが出来なくなっている。
心の中にあった構造や、頭の中にあった世界観など、あらゆる自分の中にあったものを書いていた。
自分は、ただ好きになれば良いのが分かっていない。難しいことなんか、しなくて良い。
一つのことを極めるのも、知り尽くすのも、もう終わった。何度も、違う形で実現した。
これから先は、何かを好きになれば良い。難しいことなんか、何も分からない子供にしか出来ない。
グーグルの検索エンジンWebサービスはすぐに起動するのに、WindowsのようなOSはすぐに起動しない。
それなら、グーグルのように、「常に起動しているOSに接続する」ことを目的としたOSは作れないか?
OSを持ったハードウェアにネットワークで接続する、OSを持たないコンピュータ、のような可能性はある。
それは、おそらく、シンクライアントのようなものになると思う。
サーバーのコンピュータをスパコンにすることで、ものすごく高速で、安定したパソコンに出来る。
ユーキャンから資料が届いた。ファイナンシャルプランナーは難しいが、MOSは難しくないかもしれない。
自分は、馬鹿で良いのが分かっていない。
普通、「集団で仲良く」とか、「義務を果たす」とか、そういう発想をする。誰でもそういう風に馬鹿だ。
それこそ、Linuxが好きなら、それで良い。
今見ると、Linuxは小さなOSに見える。そんなに巨大なOSではないのが、誰でも分かる。
自分は、普通の分野に面白いものなんかないのが分かっていない。
大学はどうでも良い。
皆、「大学をどうでも良い」と言うが、それは、その人間には大学のようなことは、本当の意味で、出来ない。
悪いとか、馬鹿だとか、そういうことを言いたいのではない。
大学が出来る人間は、自分のような、「本当に最後まで経験した人間」にしか出来ない。
自慢ではない。そういうわけで、大学なんか、出来なくて良い。最初から、出来る人間がおかしい。
数学、物理、生物のような、「理系の学問」に賢い人間は居ない。
理系は、頭は賢くなって、色んなことが分かる。ただ、それは普通の人間に毛が生えただけだ。
文系は、ここまでおかしな人間がやって、ただの馬鹿になる。ドイツをやっていると、本当にドイツ人になる。
もう、大学はもう良い。理系なんか昔、出来た。
最近の文系なんか、何も賢くない。知っているようで何も知らない。僕に知識のようなことは出来ない。
僕は、最近、文章を書きたいだけだ。つまらないことが、楽しくなった。
おかしいが、今のまま、辛いままを望んでいる。止めれば良いとは言うが、止めたくない。
不思議と、コンピュータは本当に賢い人間が多い。ただ、見ていると、オタクのようにおかしい。
自分は、何もしたくないのがおかしい。
いつまでも、おかしな「治す」と格闘し、望み続けるせいで、治ることしか望まなくなった。
意味があるものに、意味を見出さなくなった。
もっと、こだわりやプライドを持てば良い。それで、「何かをしたい」とこだわれば良い。
こだわりを悪いと言うが、夢や希望はこだわりから生まれる。
むしろ、作家が夢では大きすぎる。Linuxが夢でも、何もおかしくはない。
ただ、パソコンは夢にするにはつまらなすぎる。まだ、科学が夢の方が普通だ。
自分は、昔が子供だったのが分かっていない。パソコンやネットは、子供しか「したい」と思わない。
もっと、大人の「したいこと」をすれば良い。
ピアノが一番賢いから、ピアノにした方が良い。自分がまともに出来ることなんか、ピアノぐらいしかない。
大きすぎる夢も出来ないが、小さすぎる夢でもつまらない。ただ、小さなことをしたいのは悪くない。
最近、ピアノは(右手のメロディだけなら)簡単に弾けるようになった。
自分は、出来るのが賢いのも分かっていないが、出来てもただの馬鹿なのが分かっていない。
機械なんか、誰でも出来る。パソコンなんか何も賢くない。
専門学校を出たプログラマなんか、いくらでも居る。大して賢いことなんか何も出来ない。
それから、教授も賢くない。知識があるだけだ。知識や教養が欲しい人間だけが勉強すれば良い。
2ちゃんねるにわいせつな表現が多いのは、結婚が賢いからだ。それしか居ない。
自分は、学問では分からないのが分かった。国や心は、その通り、国や心だ。経済学や心理学ではない。
もっと、信じた方が良い。いつまでも、同じことを聞き直すから、馬鹿になる。
覚えて、信じて、それで安心すれば良い。
そうすると、神が終わる。いつまでも同じことを尋ねているだけが神だ。
足は、使わずに殺せば良い。使って殺すのは出来ない。
自分は、神によって未知を知ることで、不可知の全てを知った。
昔の自分を失ったのが、辛くて、苦しかった。
ただ、何も失っていない。
足は、精神的に、もう治った。
Linuxのリンク集をいくらか編集した。
神に導かれた。むしろ、そう見えて、自分が自分を導いている。
自分は、滅びると栄えるが逆になっている。滅ぼすより、栄えた方が良い。