「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2010-01-30

(1)

「出来る」が間違っている。「普通以上分かる」も間違っている。「普通に賢い」も間違っている。
とすれば何だろう?むしろ今が良い。
何も出来ないし、何も分からないけど、分からない方が良い事は分からない。
普通に書けて、楽だから良い。何かしていないとつまらないから、本当は書きたい。
というか、本当は書きたい。
書きたいと、読みたいだけ。大学や語学を望んでいるのが間違いだろう。
そういう方向性は止めた方が良い。ただ書きたいだけなのが本音だ。
むしろ、社会も治したくない。変えたくないからだ。僕は自分が賢くなりたいだけなのが本音だ。
そうすると、社会にはそのままで居て欲しい。そのまま居れば、いつか気付いて、賢くなると思う。
で、書きたいとは言うが、何を書きたいのか?
まぁ、その時だけの快感が良いだけだ。
爽快だからだ。
しかも、分かるのが面白いだろう。
何か分かったつもりだ。今回は何が分かったのだろう。
「本当は書きたい」が分かった。
本当は、そういう体験をしたいだけだ。日常生活に何もなさすぎる。
まぁ、書けるが読めないのが悲惨だ。
しかし、正直言って、読みたいものは無い。新聞もつまらないし、教科書も分からないし。
しかし、そこが分からない。まぁ、分からない方が良いのだが。
そうすると、分からない方が良い事が多い。分からない方が良いことは、分からない方が良い。
そういう事になる。
むしろ、書いていると分かるが、書いているときだけ、ゆっくりと考えられる。
そこが幸せだ。ゆっくりと考えたい。
ドイツ語なんてつまらない。殆ど日本語、というか、日本語じゃないか。
フランス語がたまに面白いが、意味が無いほど、つまらない。
日本語より良い点がありそうで、ないかもしれない。悪いかもしれない。そう考えないのが異常だ。
それに、ドイツやフランスに行かないのに、やっても意味が無い。
本当は、何も無いからフランス語をやりたいだけで、フランス語なんてやりたくない。
そうは言わないからだ。言いたくも無い。
まぁどうでも良い。
何故なら、書けるならそれで良いのが自分だ。
書くときだけ、自由な気風で考えられる、ひと時の幸せを過ごす事が出来る。
本当は、現実世界でやりたいが、出来ないから苦痛だ。現実世界では、普通に治るをやっていたが、普通など、ただ悪いだけだ。多く見えて少ないのが最悪だ。
そうすると、僕の現実世界も、多く見えて少ないなあ。
まぁそれはどうでも良い。
結構、今日は新聞を読んで、いろいろと頭が良くなった、良い日だ。
むしろ、どうでも良い事を書いている時が一番幸せだ。
まぁ、ドイツ語を知らないのに、ドイツ語をけなすのも悪い。知らないのに述べるのは悪いが、今言ったように、どうでも良い内容が幸福だ。
人々はもう関係ない。意味が無いほど悪いし、責任はいくらか感じるが、何とか頑張ってもらうしかないだろう。
そうは思うが、むしろ自分にとってどうでも良い。世界は、新聞程度知れば良いように思える。まぁ、出来ない事を言わない方が良い。
世界なんかどうでも良いから、皆個人個人好きにやってくれ。悲惨な人間を悲惨に思うが、僕にはどうしようも出来ない。いつも出来ると思っているが、そこが悪い。
しかし、不思議と日本語が出来ない。何故か英語の方が分かる。どうでも良いが。
真面目に考えるのがアホらしいほど、色んな原因や出来事が重なり合っているから、現実世界は考えたくない。
何故なら、昔からしているのが英語と文章だけで、昔からフランス語あたりをやりたいだけだから、語学をやろうとして、他に何も無いから、CDを聴いているだけだ。
まぁそれはまともな理由だ。
しかし、どうでもいい理由だ。
最近は、数学をやりたくなった。出来るわけは無い。でも、何も無いのはつまらないし・・・。
ゆっくりと考えるべきだ、と人々に言いたい。書いてみるか。
何故かを考えるのが悪い。何故か、なんて分かりきっているし、そうでなければ、むしろ分からない。
自由が悪い。
自由を信じなければ良いが。
さらにどうでも良い事を考えれば良い。
何かないかな。
僕って何をやりたいんだろう。
書きたい。
そうくると、結構難しいな。
世界って、どういう風に出来ているんだろう。
本当は、自由なだけだ。
と思う。
勉強したいなあ。文字は読みたくない。書いて、それで分かりたい。
低い方が良い。
何で僕の世界って、いつもコンピュータと他の世界で分かれているんだろう。そこが悪いように思う。
何か、自分って馬鹿だなあと思う。
コンピュータばっかりやっていた時期が馬鹿で、今が賢くないなら、馬鹿だと思う。
結構色々できただけだ。
何で僕って馬鹿なんだろうなあ。
理屈で考えすぎるし、それしか信じないのが悪い。
色んな人を信じれば良いと思う。
結構良く分かった。
馬鹿を信じれば良い。
自分を信じすぎるのは、矛盾してる。
自分には理屈しかないからだ。分かった。
理屈を信じない。感情や、人や、宇宙を信じる。
しかも、自分には運命が多い。そういう事を信じれば良い。
しかも、僕は教育とか言って科学が嫌いなだけだ。
それで科学なのが悪い。自己紹介も悪い。
そういう風に治ったのが新聞だ。何か分かるかもしれないと思って、本当に頭が治った。
科学が悪い。それなら、大学も悪いのが普通だと思う。
でも、大学無しに進めるか、って言ったら、難しい。
でも、僕なら進めると思う。
科学は嫌だなあ。
つまらないから、この書くのも嫌だ。

(2)

環境を良くしよう。良い世界に変えたい。
テレビは良いものだけど、内容が悪いから、もっと良い番組を作れ。
というかテレビが悪いから、もっと良い娯楽を作れ。
音楽も悪いから、もっと普通の音楽にしよう。
キリスト教の、普通の教会の教会音楽ぐらいが丁度良い。
それで、現代は、コンピュータで文章を書くぐらい意味が無いから、紙とペンに戻る。
郵便のやり取りに戻して、祭りでもしていれば良いんじゃないか。
高度な科学技術なんか要らない。そこまで分かりたくなんて無い。
しかも、科学に嘘でたらめが多い。正しいようで、理屈をこねているだけで、本当のことなんか何も分かっちゃ居ない
でも、宗教も悪いんだったら、僕は分かりたくない
だって、普通の恋愛、普通の言葉のやり取り、なんてものが良いなら、別にコンピュータなんか要らないけど
楽しいから良いようで、コンピュータとばかり付き合うのが終わると、ただつまらないだけ
まぁ僕がパソコンばっかりだったのが悪いだけだけど、パソコン使わない人からすれば、ただ悪いだけ
何の意味も無い。つまらない。意味が無いから文章を書くけど、全部最低で悪い。
意味ないなー。でも、生きるのは楽しいから好きだよ。
後は、働く人は大変だと思う。でも、そんなに難しくないと思う。僕は出来ない。だって、こうやって書けているようで、新聞なんか、何の一つも分からないぐらい、何にも無いから。
つらいだけの社会だから、社会に意味が無い。
でも、労働している人は、それなりに楽しいのかな。
子供を育てても、つらいだけが子供で、つらいだけが大人だから、学校が悪い。
みんな悪いんだから、国を挙げてマイクロソフトとかに歯向かった方が良いと思う。
共産主義は全員全部働いて、国に奉仕して、永遠に続くから、最悪だ。
だから、僕が思うのは、日本だけで全部違う物を作った方がいい
そうだね
みんなで集まれる、同窓会みたいな集会所が沢山あると良いと思うけど、別にそんなものに行きたくないから、僕は要らないけど
まぁ僕なんか、一人でただ書いたりしているだけのつまんない人間だから良いけど
それに、僕はオープンソースと執筆・政治活動できちんと人生を甘くも苦くも堪能したから、別にどうでもいい
学問的でも神秘的でもある体験を沢山出来たから、僕は満足するっていうか、しない方がおかしい
で、金が無いよ
で、学歴も無い
別に良いけど、金ぐらい欲しい
生きるのに必要な金が欲しいけど、仕事が出来るわけない
だから、諦めている。戦争で死ぬ人間も多いんだから、人生が少し短くて、死ぬのが金不足の餓死でもしょうがないと思う。
何度も皆に命令したけど、つまらないから何もしなくて良い。
ま、僕はみんなと全く関係なく、オープンソースと執筆・政治活動だけで満足したから、環境はどうでもいい。
で、みんなもそういう事をすれば良い
でも、オープンソースはおすすめじゃない。それより、2ちゃんねるが良い。適当に言いたい放題言って、適当に遊んでいる
いくらか世界が分かったら、で、自分もいくらか分かっていれば、適当に自分の全てを述べれば、いくらでも執筆できる
そういう時に、政治的な思想を適当に書いていると、変な事が起きるけど、そこは知らない。
で、僕は共産主義に最終的についたけど、アメリカに対抗して、社会主義の、保守あるいは左翼をやった。
で、色々と分かったのは、昔から世界を良く知っていたが、適当にまとめて書いた。書きながら考えて、世界を分析した。
最近は病気ばっかりで嫌だから、つらいのが嫌な人はやめた方がいい
ていうか、みんなどうでもいい。僕の方が僕にとって大事だ
でも、人生がどうでもいいから、どうでもいい
だって、人生はもう終わって欲しいぐらい色々多かった
今は幸せだなあ