「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2009-06-08

捨てて変わるのはおかしいので、保ったまま変わります。

後は、変化して理解すべきだと思います。

いや、僕が悪い。それじゃ、僕はいつも通りに戻るよ。

小さな変化から分かる事がある。
後になって分かる事がある。

自分を思い出すと分かる事がある。
自分の周りにあるものと、そのものの状態から分かる事がある。
歴史的なものの変化から分かる事がある。

物理的なものの現象から分かる事がある。
気象的な現象から分かる事がある。
天文学的な現象から分かる事がある。

感情と空想力から分かる事がある。
思いが生まれる。
行動する。
習得する。
体験として残る。
経験としても残る。
様々な事を考える。
労働を考える。
想像力とする。

保持して変えるのが悪い。ただ変えれば良い。

自分の普通が普通です。

戦おう。

今だけを思い出します。

終わりすぎが悪いので、これ以上終わりません。しかしながら、それを終わらせます。
し続けるのが悪いので、これ以上し続けません。
立ち止まるのが悪いので、これ以上立ち止まりません。
対峙し過ぎが悪いので、これ以上対峙しません。
影響力を受けます。
全てを思い出します。
内容を知らないのが悪いので、内容を知っていきます。
人を変えるのをやめ、自分を変えていきます。
脳を回復させます。
見せ掛けをやめます。
立場の固持をやめます。
変な脳のコントロールを止めます。
環境のコントロールを止めます。
環境を知ります。
記憶を忘れ、自然で自由な思い通りの行動様式に変えます。
いきなり変えるのはやめます。
よく考えて行動します。
きちんと考えます。
何か目標を持ちます。
数学を目標にします。
目標の固持は悪いので、一旦目標を捨てます。
環境の中に居るのを止めて、文字や環境を外から考えます。
自分を見つめています。
危険視を止めて、もっと自分を見つめます。

脳が勝手に動き出したら、一旦止めて、身体と脳を一緒に融和して、身体とともに動かしていけば良い。
身体の方は、反抗するのも止めて、従うのも止めて、融和させていけば良い。
今の脳と昔の脳を融和させていく。
心地よさを知る。

私はアメリカが変に嫌いだ。フランスとドイツが好きで、ロシアは変に好きになりすぎて嫌いだ。
フランスの工夫と知性が好きで、ドイツの創造性と未知への挑戦が好きだ。ロシアは、人間達が好きで、しかし、人間達が嫌いだ。

とX=てA=でAB=しCD=てA。でAB。しCD

記憶観=>想像観=>世界観

まず、私は、深層心理の変化を遂げた。
思考を文章に書いて、少しずつ下がっていった。
次に、少しずつ上がっていった。
その後に、自然に下がっていき、意味の分からない事を書いたが、全てが治った。
その後に、自分の声が聞こえ、神と対話できるようになり、終わらず、変化していった。
その後、長い期間がそのまま(対話し続けたまま)過ぎ、恐怖とつまらなさがあり、天使の声が聞こえた。
そして、更なる変化の後に、思いを書くようになり、様々な考えが浮かんだ。
ロシア人となったり、ドイツ人となったりして、自分で喋る内容から、理解した。僕の話している言葉が、ドイツ語と言ったり、英語と言ったり、フランス語と言ったりした。

花瓶は、土で出来たもの、花を入れるもの、コンピュータは、プラスチックで出来たもの、処理を実行するもの、というように、それぞれに視点と特性がある。
何々をして、何々が出来る。何々をすると、何々となる。人々の環境、活動があり、それらは、手法と構造を理解する事で、自発的に、自由に取り組める。

僕はまた、自由と不自由の感情を戻し、ドイツ人とフランス人の同一性を理解して融和させて、復活した。
後は、自己を見つめるだけだ。
そして、変化して、ソ連となる。

手法、捉え方、取り入れ方を変える。

思い出す事を止める。
思いつめる事を止める。

こうしたら、こう出来る。こう思える。それだけがある。