「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2014-07-23

=2014-07-23=

ワードからコピー

自由

自由と科学と真理を信じて分かった。
経験的に分かった。
自分を信じて、本来の自分に立ち戻れ。
言葉遣いとコミュニケーションから分かった。
自分の理性と体験で、科学が分かった。
自分の考え方で、想像力と社会が分かった。
想像力と協力、共同体と原因と結果を書いていた。
テレビを見れば分かる。
そういうことを全部書いていた。人生と意識の段階を分かった。
反抗は、すべきでない。
真実と考え方と意図を知ること。
相手の気持ちに立って考えること。
認識と分析の方法と基準を知ること。
世界を見ながら、独りで考え、思考し、照らし合わせて考えること。
客観視と関係を知ること。
認識を実地的に考えること。
意見を吸収し、知を立場で説明すること。
自由な心の法則を知ること。
考えを表明し、人との関わり合いの中で、真実と真理を知ること。
世界を見て、沢山の社会と経験を吸収すること。
ブッダのように、世界の全て、宇宙の全てを、経験と意識で分かること。
自由と愛を信じて、積み重ねること。
人間性を考えること。
思考力と認識力をつけること。
意識とは、自由と出来ること、個々人の考え方と協力の可能性を知ることだ。
生命とは、自由な戦いと意識の関係性だ。
考え方とは、意思と自由の関係性と客観性だ。
視野を広げ、色んな視点に立って考えること。
ありのまま、自分を見つめ直し、世界との関係性の中で、個人の出来ることを知ること。
参加し、自然に考え、必然性を知ること。
理性的に考えること。
原因と結果から、変化と実験と思考を知ること。
人間の心理や社会的な考え方などを知り、考え、試すこと。
自分の視野を拡大し、広げるために、コンピュータを使うこと。
自分の出来ることと可能性を考え、高めること。
知性を使って、構造と関係を考えること。
意識の拡大、転換、深層、段階を知ること。
自分が何が出来て、何が分かって、いつ何を思うのか、考えるのか、発想するのか、考えること。
世界とは、知とは、理解とは、真実とは何なのか、考えること。
人間が認識しているとは、どういうことなのか考え、認識と思考と行動を客観的に知ること。
環境と時間がいつどのように成り立つか考え、視点を知ること。
それくらいだ。あとは、同じだ。全部考えて、知って、自由に経験しただけだ。
科学を作って、パソコンを知っていた。それが、文章を書く。導く。自由な人間だった。
schwarz1009 2014-07-23 08:29

いろいろ

社会は、意識と認識の集合だ。意識と思えば分かる。
認識のデータベースを作って、正しい頭を作れ。
自由とは、他者を思いやることだ。
1つ1つ、1行1行書いて分かっていた。
生命は、成長し、増える。
生命は、光合成し、融和し、分裂し、吸収する。
生命は、助け合い、循環する。
生命は、種があり、それぞれが個別に生きて、全員で生きている。
文字を直したいなど、神経症は、それだけが唯一の判断の頼りになっているのが悪い。
子供の教育は、自発的に自分で考えることを促す教育にすべきだと考えていた。
全部分かっている内容を、分かりやすく皆に教えたかった。
ネットとLinuxで分かった。
想像力で、全ての場合と裏側を分かっていた。
同じ繰り返しを何度も経験して分かった。
何かの前と後を考えて、何が出来るかを考えて、環境を支配していた。
最近は、間違いを試さないのが悪い。間違っていることをいつまでも続けるのも悪い。
怖いのは、間違っているからだ。
終わった大人には、意味が無い。
子供を社会の全員で育てれば、結婚は必要ないし、虐待も生まれない。
あとは、おかしな世界を、社会を、地球を幾らでも作っていた。
先進的な世界では、皆は平等に無償で教育を受け、全ての政治に参加し、会社の役員を正しく投票で選び、それぞれのグループの王は市民集会で選ぶ。
会社のような生産活動は、自由ノルマと師弟制度で行われる。自由に好きなことをすることが出来、全ての必要なものは、最初から最後まで全て提供される。
そして、協力と意見によって、改善可能な可能性が高まり、あらゆる可能性と変革の実現が行われる。
そのうち、発明は全ての人間のアイディアを吸収し、集積して、オープンソースとロボットが行うようになる。
それ以上、おかしな世界を作っていた。馬鹿だ。社会主義のような発想をしている。
自分で自由に仕事内容を作れるなら、好きなことをして生産が成り立つかもしれない。皆で一緒に決めれば良い。評議会で決める。おかしなユートピアだ。
良く考えて決めること。最近、あまり考えず決めるのが悪い。良く考えて決めるだけで、昔が出来る。
死が死んだ。死ぬから出来なかった。死なないなら治る。
精神は、筋の神経になった。それが、正常だ。
あとは、世界を分かっていた。
普通、人間は、選択するだけだ。
選択肢を広げ、言葉と手段を使って研究し、応用可能にせよ。
独立企業を作って、自由にし、下請けを上手く使って、ライブラリ関数のような社会を作ることが出来る。
あとは、構造的な科学や、方法論を言っていた。
知り、経験し、判断し、使い、売り買いし、作り、決め、正し、分析し、認識し、記憶し、意識し、考え、思考し、感じ、想像し、言葉にせよ。
原子と分子の世界と、子供と仕事を大切にすることが、この世界の本質だ。
実現性と多様性を高めること。
考え方を知り、作り、共有すること。
手段を与え、知と理解の方法を教え、体験し、作り、ものを正しく与えること。
皆で決めること。
支配者は、あらゆる全てのことを出来るべきだが、評議会で出来るだけ議論するべきだ。
個人としての影響力を高めること。
共同体を作り、指導者と科学と宗教と自由の国を作ること。
正しく世界を考えること。
人間は、皆と繋がっている。誰かに言うと、皆が分かる。
日本語は、順番通りきちんと言う良い言語だ。
感情で社会をどうすれば良いか分かっていた。経験と想像力と心で分かった。
原点回帰が多かった。
感情で、全て、「分かる」が分かっていた。
世界は、昭和の歌手のように、格好良い世界になれ。
良く考えて決めること。平成は、全て要らない。コンピュータやゲームが悪い。
昔は、自由に世界を良く出来ると思っていた。変えられると思っていた。今考えると、おかしくはないが、醜い。
日本は、そろそろ僕が良くする。
まず、自分にするのを止める。もっとクールな世界の方が良い。
ただ、僕はどんな世界にすれば良いのか分かっていない。自由や平等では分からない。
今から考える。いつか、良い世界になる。すぐに決めず、良く考えるべきだ。