「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

02-詩

詩 第2巻

目次

ありがとう ・・・・・・・
ありがとう(2)・・・・・・
生きる ・・・・・・・・・
天空の階段 ・・・・・・・
信じる心 ・・・・・・・・
考えるあたま ・・・・・・
世界 ・・・・・・・・・・
僕らの星 ・・・・・・・・
勝ち負け ・・・・・・・・
冬の雪 ・・・・・・・・・
春の若芽 ・・・・・・・・
夏の海 ・・・・・・・・・
秋の落ち葉 ・・・・・・・
川のせせらぎ ・・・・・・
山 ・・・・・・・・・・・
ゴーヤ ・・・・・・・・・
親友 ・・・・・・・・・・
人生 ・・・・・・・・・・
仲間 ・・・・・・・・・・
いじめを無くすために・・・
人間・・・・・・・・・・・
聖なる木・・・・・・・・・
次の瞬間・・・・・・・・・
祈り・・・・・・・・・・・
君は何を思う・・・・・・・
天の住人と個人・・・・・・
声と科学・・・・・・・・・
信頼・・・・・・・・・・・
愛、真実、勇気、優しさ・・
悲しい・・・・・・・・・・
涙・・・・・・・・・・・・
強く・・・・・・・・・・・
笑い・・・・・・・・・・・
一騎当千・・・・・・・・・
ものがたり・・・・・・・・
言葉と戦い・・・・・・・・
正しさ・・・・・・・・・・
道・・・・・・・・・・・・
気持ちよく・・・・・・・・
愛と光・・・・・・・・・・
光・・・・・・・・・・・・
希望の里・・・・・・・・・
人生の愛・・・・・・・・・
愛を知る・・・・・・・・・
旅立つ・・・・・・・・・・
戻ろう・・・・・・・・・・
光と地獄・・・・・・・・・
自由と自由・・・・・・・・
自分を愛する・・・・・・・
その恋をつらぬいて・・・・
だから・・・・・・・・・・
個性・・・・・・・・・・・
空と海・・・・・・・・・・
神の面影・・・・・・・・・
黒と白・・・・・・・・・・
世界・・・・・・・・・・・
自由・・・・・・・・・・・
王・・・・・・・・・・・・
嘘・・・・・・・・・・・・
僕の世界・・・・・・・・・
愛する君へ・・・・・・・・
色・・・・・・・・・・・・
真紅と白銀・・・・・・・・
声・・・・・・・・・・・・
さあ・・・・・・・・・・・
自由・・・・・・・・・・・
自由・・・・・・・・・・・
自由・・・・・・・・・・・
あなたと恋人・・・・・・・
希望・・・・・・・・・・・
自由と神・・・・・・・・・
力・・・・・・・・・・・・
戦いの世界・・・・・・・・
負けても良い・・・・・・・
空・・・・・・・・・・・・
ヒーロー・・・・・・・・・
自由の兵隊・・・・・・・・
戦い・・・・・・・・・・・
君・・・・・・・・・・・・
四大元素・・・・・・・・・
意味・・・・・・・・・・・
積み重ね・・・・・・・・・
認識・・・・・・・・・・・
単純・・・・・・・・・・・
可能性・・・・・・・・・・
解決・・・・・・・・・・・
楽しさ・・・・・・・・・・
信じるベクトル・・・・・・
答え・・・・・・・・・・・
つまらない・・・・・・・・
映画・・・・・・・・・・・
抽象的・・・・・・・・・・
宣戦布告・・・・・・・・・
賢さ・・・・・・・・・・・
考え方・・・・・・・・・・
自信・・・・・・・・・・・
神・・・・・・・・・・・・
勇気・・・・・・・・・・・
平等・・・・・・・・・・・
何も無い世界・・・・・・・
生きている・・・・・・・・
師・・・・・・・・・・・・
海と貝殻・・・・・・・・・
人間と知恵・・・・・・・・
自然と運命・・・・・・・・
全員のために・・・・・・・
夕焼け・・・・・・・・・・
朝日・・・・・・・・・・・
満月・・・・・・・・・・・
水・・・・・・・・・・・・
川・・・・・・・・・・・・
雨・・・・・・・・・・・・
波・・・・・・・・・・・・
花・・・・・・・・・・・・
野菜・・・・・・・・・・・
動物・・・・・・・・・・・
ものと名前・・・・・・・・
何故なのか・・・・・・・・
賢くなれ・・・・・・・・・
宇宙と人生・・・・・・・・
あなたの魂・・・・・・・・
変化と王・・・・・・・・・
2人と旅・・・・・・・・・
高まり・・・・・・・・・・
いつも・・・・・・・・・・
継続・・・・・・・・・・・

ありがとう               2010,12,27

ありがとう
あなたと会えて嬉しい
僕の文章を読んでくれて
僕の文章の内容を知ってくれて
感謝します。
◇◇
なぜ地球があるのでしょう?
あなたと私と皆の人生が
あるのは何故でしょう?
◇◇
ものがあるのは何故?
宇宙がこうなっているのは何故?
何故という疑問を大切にしてください
新しい知を知ろうとしてください
◇◇
怖がらないで
新しい一歩を踏み出して
新しく
そして今のあなたが続くこと
それが一番大切です。
◇◇
それから
何故こんなに沢山のものがあって
人類は果てしなく続くのか
何故数学や物理は正しくて
宗教は間違っているのか

ありがとう(2)               2010,12,27

ありがとう
またあなたが僕を知ってくれて
僕はあなたに良いことを教えてあげたい
それから
あなたが怖かったり、苦しかったりすることを助けたい
◇◇
何が好きですか?
好きなことを増やしてください
色んなものが悪く見えても
それがあるのは
それが好きだから
使う人も作る人も
それが好きだから
◇◇
ものを無くさないで
自由を大切にして
◇◇
でも
何から何まであると
悪い馬鹿な自由もあります。
◇◇
世界を知って
自分を知って
◇◇
好きなことをしながら
楽しみましょう
◇◇
好きなものや好きな人を増やして
好きな思想を好きになって
◇◇
みんなの国
自由の国
良い国
誰もが助かる国を作りたい
◇◇
人間的になろう
人間的に考えよう

生きる               2011,1,17

毎日毎日
毎度毎度
おかしくなった自分を治す
治していると、次への治し方の発見がある
◇◇
それだけを生きていると
賢くはならないが
楽にはなっていく
内臓で治すのが一番だ
◇◇
何かがおかしいのは
何もおかしくはない
何かをやっているんだ
何をしているのかを考えれば良い
◇◇
生きる。そして命。
皆を産み育てる母親には
沢山のつらさがある
国の平等に命の保護があるなら
それはそれで、良いのかもしれない
◇◇
生きることは何をすることなんだろう
宗教で生きているとは言うが
最後まで書くだけの、何かのイデアを生きているのが僕だ
◇◇
書き続けることは、苦しみばかり多い
今の楽に感謝して、いつも通り、文を無視する
◇◇
日々の生活を楽しみたい
普通しかないのが、それはそれでつらいね

天空の階段               2011,1,22

天空の階段を登る先には
天使たちが待ちながら、休んで遊んでいる
階段を登るのはつらく険しいけれど
僕もきっと、天使みたいになれるかな

信じる心               2011,1,22

世界を見ていると
何も分からない
機械やゲームや
遊び道具が
多いように見えた
◇◇
Perlを見ていると
ゲームなんて、自分でも作れるんじゃないか
それだけで
あとは独りで、どこまでも道を作った
◇◇
好きなものは何だったのだろう
色んな事をして
言って
聞くうちに
賢くなった
でも
何も無くなった
◇◇
賢い人なんて
どこにも居ないようで
本当は
自分の敵や、見ていないところに
沢山居たんだなあ
◇◇
マイクロソフト
インテル
ソビエト連邦
アメリカも
賢かった
◇◇
フランスやドイツばかり見て
イタリアやアラビアを見ていない
◇◇
Linuxみたいなものを信じるよりも
もっと良いものは
本当に無かったから
◇◇
自由なようで
愛と解放だった
◇◇
自由なようで
支配と創造だった
◇◇
治したつもりで
何も無いだけだけど
◇◇
そんな自分が
好きになった
◇◇
マイクロソフト
ロシアみたいなものに
見えて
逆のものに見える
◇◇
そんな自分が
好きだ

考えるあたま               2011,1,22

想像力で
論理力で
自分の実証と
世界の具体例で考えていた
◇◇
何かが正しいはずで
何かが自由だった
◇◇
文章力と
継続力と
がんばる力と
硬いことばで考えていた
◇◇
何もかも全て分かって
論理を全て書いていた
◇◇
おお自由
君はなんなのだい
君を考えるけど
自由は
良くしか見えなくて
悪くしか見えないから
◇◇
戦うのが嫌いなのに
戦わないために戦う
◇◇
そんな、Linuxと平等の主義には
そろそろお別れをしたいけど
◇◇
何にも無い世界だから
パソコンと外国語とピアノ
それすら無かった

世界               2011,2,4

愛あふれる世界を目指して
自由で協力する、みんなの世界を目指して
◇◇
アラーの神も、キリストの神も
自由主義も、社会主義
西洋の文化も、東洋の文化も
強い国も、弱い国も
◇◇
みんな一緒になって、同じ光のもとに
世界を良くしていこう

僕らの星               2011,2,6

動物や植物が
根をはって、山に生きている
人間たちは町を作り
どこまでも、どこまでも生きる
◇◇
人間だけの星じゃない
僕らの星
地球
◇◇
愚かな人間たちは
何もかも欲しがり
他の国を考えず
戦争で殺している
◇◇
いつか平和になる
今の平和が、いつまでも続いて欲しい

勝ち負け

勝つだ負けるだと
そんなことばかり多い世界で
平和と愛を叫ぶ
そんなことに、意味があるんだろうか
◇◇
本当はそれで良い
勝者が好きなだけ勝てば良い
敗者は僕のように
ただ、のた打ち回っていれば良い
◇◇
ああ人生なんて
ただの戦いと
ただの信じるだけで
◇◇
ああ世界なんて
ただの戦いと
ただの信じるだけで

冬の雪

降り積もる雪の白さは
天使や神
牛乳やチーズ
を連想させる
◇◇
白と黒が好きで
赤と青が嫌いな僕は
冬と夏が一番好きだ
◇◇
暑さも、寒さも
つらくない
白い景色は面白いけれど
海で泳ぐ方が好きだな
◇◇
色んな普通の人間と
色んな普通のことをしたいけど
色々と、何も分からない
そういう時、勇気を出すのが良いね
◇◇
雪だるまを作って
雪合戦をしていた
昔の子供時代は
何も悪いことが無かった
◇◇
でも、本当は悪い人間で
どんどん悲惨になったけど
どんどん賢くなっている
◇◇
馬鹿にはなったけど
文章が書けるのは賢いじゃない
◇◇
冬は終わりの季節
何もかも全て終わって、最初から繰り返す
同じことをするけど、違う結果になる
正月は一番好きだ
きちんと次へと発展できるから
◇◇
冬と夏が好きだから
地球が好きで
日本が好きだから

春の若芽

春は入学式の季節
子供が、少しずつ大人になる
青少年時代は、悪いことも多いけど
黒いカラスから、白い天使を知る
◇◇
春の若芽が
そのうち出るでしょう
◇◇
卒業式と春休み
入学式と新しいクラス
その上で、新しい友達と
新しい教科書と
新しい先生
◇◇
今日は算数と理科の日
明日は体育と社会の日
◇◇
そんな普通の子供の生活に
憧れたりして
◇◇
宿題もきちんとこなす
良い子になれば良いけれど
◇◇
いつか大学を卒業して
立派な社会人になる
◇◇
僕はコンピュータをやって
詩人になった
そこが、多少おかしいけれど
◇◇
春の若芽
人々の成長と
自然の力と
国の平和を願って

夏の海

夏には、たまに海に行く
波打つ海岸は
見ていると面白くて
ついつい、海藻やくらげに
少しだけ、恋をしてしまう
◇◇
海水着に着替えたら
浮き輪を持って海に入ろう
ぷかぷかとうかぶだけ
いくらでも沖に出る
◇◇
砂場では人を埋め
遊んでいると
海ほど面白いものはない
◇◇
生命は海から誕生した
ただの貝が、ただの魚が
両生類になって、爬虫類になった
虫や哺乳類と木や植物の世界になった
色んな生命が、色んな時期に居たんだろうな
◇◇
一番最初から
地球に海は有る
◇◇
そんな海は
夏でなくとも
見ているだけで
生命の正常が分かる
◇◇
病気を治したいなら
海を見ているといい
◇◇
何もする必要は無い
全て、任せていれば良いんだ

秋の落ち葉

秋は悲しい季節
少しずつ寒くなって
木は少しずつ生命力を無くして
みな、静かになっていく
◇◇
勉学の秋だとか
いろんなことは言うけれど
秋に何かがあるか
無いようで、あるはずだ
◇◇
秋は紅葉の季節
山々が最高に美しくなる
山の景色を見ながら
京都や岡山に行くと
広島なんかとは比にならないほど
美しいもみじが見れる
◇◇
しかし
広島は厳島神社がある
もみじまんじゅうもある
◇◇
秋の美しい景色を見たりして
いつもどおり、毎日を頑張ろう

川のせせらぎ

僕の近くの
ふるかわという川に行くと
いつもいくらかの
鴨がかわいく泳いでいる
◇◇
よちよち歩きで歩く
すいすいと泳ぐ
時にはばさばさと飛ぶ
◇◇
人間よりも
進歩した生命に見えてしまう
ものは持てないし、乗り物はないけれど
◇◇
川のせせらぎは
綺麗で
おだやかで
いつまでも同じように流れ続ける
◇◇
透明な水は
綺麗だ
◇◇
ふるかわには魚は
あまり居ないけど
どこの川にも、魚は居て
魚釣りのおじさんが
いつも釣り糸をたらしている
◇◇
川の流れは
上流から下流へ進むたびに
大きくなって
海にそそぐ
◇◇
人間は川とともに生きて
川はいつも生命のよりどころだ
◇◇
川のせせらぎ
それは安らかな安心であり
毎日の生活と密接にかかわる
いつもの隣人なのである

何故そこにそんなにも大きな盛り上がりがあるのだろう
水で削られて出来たことになっているけれど
山は不思議と、いくらでも、どこにでもある
◇◇
山を登るのは
つらく険しい
しかし、登る中で出会う自然は
いつもの町とは違う、豊かな生命の力が宿る
◇◇
山に神様が
本当に住んでいるんだろうか
◇◇
広島に有る世界遺産である
宮島なんかに行くと
ロープウェーで
頂上まで連れて行ってくれる
◇◇
そこには
原始の自然がそのまま残り
なんと、サルなどが多く、サルなどに会える
◇◇
山は果てしなく、どこまでも日本に続く
日本に生きている植物なんて
ものすごく多様なんだろうな
◇◇
アメリカ大陸やヨーロッパの山には
また違う自然がある
◇◇
大陸と平野と山と森が
陸地の方の地球で
◇◇
海はまた広く
地球には、あまりに多くの生き物が
それぞれ自分を持って
いろんなことを思っているのである

ゴーヤ

僕の庭で
育つゴーヤの苗。
どれもかっこよく
きれいな緑の顔立ちをしている。
◇◇
ゴーヤはけして
そんなにおいしいものではない。
苦くて、けっこうまずい。
それでも、ゴーヤを育てて食べることは、
楽しいし、
やりがいや達成感がある。
◇◇
包丁の使い方も
いため方も
教えてもらって、出来るようになった。
お母さんのゴーヤの料理は、
やっぱり苦いけど
とれたてのゴーヤを食べることは、
楽しくて、うれしいんだ。
◇◇
ゴーヤだけじゃない。
トマトや、枝豆も作っている。
いつか農業でもやろうか。
そんな話をしたりして。

親友

あなたは
どんなことをして
生きていますか。
◇◇
僕の文章が
少しでも
あなたのためになりますように。
◇◇
この世界
人は皆孤独や
つまらない争いごとの中
◇◇
なぜ人は
そんなに傷つけあうのか
仲良くしたり
お互いの罪を許しあうことは
簡単なことなのに
◇◇
愛せばいい
信じればいい
そのために本当に
がんばればいい
◇◇
こだわり、プライド
そして思想や考え方の違い
◇◇
いつか平和で
全ての解決する
世界になればいい
◇◇
自由なんて
平等なんて
◇◇
そうは言うけれど
◇◇
ひとつの同じものを
みんなで信じたい
◇◇
でも、そんなものは
無くて
◇◇
全てを許しあえる
同じ立場になって
相手を愛したい
◇◇
親友となって
自由で平等になりたいから
◇◇
人生を自由に
愛を平等に
◇◇
全員が
幸せになりますように

人生                       2011,11,3

まず、想像力があった。
そこに、人との体験があった。
世界を知り、人を知り、体験を知り、
自由と受容の平等を知った。
◇◇
世界をモデルと言葉と感情で構造化し、
経験を積み重ねた。
積み重ねていくうちに、言葉にならない感情と
ほかの人の言葉と
視点や世界の環境の想像力で
縦横無尽に分かった。
◇◇
パソコン、Linuxフリーソフト
掲示板、自由と発言の履歴、
そして、目標と夢、人生と民主主義の自由のため
経験と思考力で分かった。
◇◇
想像力と人の発言で
機械の発想や世界、歴史、人の捉え方を身につけ
文章を読み、文章を書き、
全てよく分かった。
◇◇
人間や物理世界を説明できる
頭の賢い、普通の大学生のような人間だった。
◇◇
その後は、
戦い、考えられる全ての文章を書き、書き直し、
想像力を全て言葉にし、感情を全て言葉にし、
普通を決め、思考を最後までして
おかしくなって、頭が馬鹿にはなったが、
世界を治したくて、文章を書いていた。
いつまでも、世界と戦っているつもりで、
何かを支配しているつもりだった。
◇◇
1瞬で分かる、頭を治す、
意識を治す、こわさやおかしな点を治す、
そんなことを一通り1年もしていた。
◇◇
変な自分の心の声を聞いて
神を信じていた。
◇◇
その後は、延々におかしな点をなおしたい
でも、治らなかった。
延々と続く、身体の疲れを耐えて
それでも、文章を書いて
構造化と書き直すことで、ひとつひとつ自分の知を作った。
自分の思った何かを信じて、その「信じる」を継続して
いろんなことを分かった。
◇◇
神は、馬鹿なことや分からないことを言う。
それを一通りこなしていくうちに、
自分の物理、自分の数学、自分の哲学、自分の経済学、
自分の心理学、などが出来ていった。
◇◇
事故をして、骨折した。
一番最初から始まる新しい僕の中で
治す、という目標と、色んな詩や文学を作った。
何も出来ないとはいうけれど、その骨折だけで治るようになった。
つらくても、日々は続く。
治すだけではない。執筆した本を出版し、
日々は、たくさんの発見で埋め尽くされるようになった。
◇◇
たくさんのことが分かった。
分からないものをつぶしていくうちに、Linuxとパソコン、
歴史と政治経済、その他色んなことが分かった。
◇◇
ソ連、ドイツ、自由、イスラム教、そんなものが多かった。

仲間

国なんて、政治なんて、そんなものはどうでもよい。
同じ人間として、輪になって、
つながりあって、歌を歌おう。
◇◇
気持ちの良い歌声を聴かせておくれ。
◇◇
夢や希望、愛、そんなものを歌って
友愛あふれる、一緒の仲間となる。
◇◇
そういう時間を過ごして
また明日になる。
◇◇
いつまでも歌おう。
いつまでも、歌い続けよう。

いじめを無くすために

いじめ。
それは、心の空虚さからくる、自由の無い戦い
自由すぎて、自由が無さ過ぎて
こんな世界だから生まれる、
子供たちの戦い、そして問題。
◇◇
人を蹴落とし、自分だけがのし上がる、
そんな社会が悪いのだろうか。
◇◇
子供は悪い。
子供が子供と居ると、悪くなって、馬鹿になる。
なぜなんだろう。
大人には、あまりそういう問題は無い。
悪い人間は、悪いけれど。
◇◇
学校も悪い、子供も悪い、社会も悪い、勉強も悪いでは、
何から何まで、子供に押し付けることは出来ない。
◇◇
でも、僕が何か言うことは出来る。
だから、いじめは無くそう。
◇◇
人生に傷はつきもの。
心に傷は、いくらでもつけて、いくらでも道を進むのが
大人の男ってもんだ。
◇◇
何もかも、全て悪い。
何も出来なくても、他人を傷つけるなら、
もっと悪いほうを選ぶのが
大人の真実ってものだ。
◇◇
僕は学校は嫌いだ。
パソコンや執筆のほうがマシだ。
だから、傷つけるぐらいなら、ひとりぼっちで
文章を読んでいたほうが、気が楽だった。
◇◇
弱いものを傷つけて、自分たちだけが良い思いをするのは
一番悪い。
悪いものには、全て悪い。
それだけが、よく分かる。

人間

人間。それは、自由であり、平等であり、
ひとりひとりに個性と人格、人生と可能性を持つ生き物。
人間は、けして、一人では生きていない。
みんなと一緒に生きている。
人間らしく、愛し、望み、夢を見て、達成して生きている。
◇◇
人間。それは、光であり、愛であり、
望むがままに生き、己の力を試して生きる生き物。
人間は、情報や道具、環境と人間関係に生きる。
やることをこなして、思い出を作る。
人間は、己以外の、友人たちとともに、人生を生きている。
◇◇
人間。それは、理解であり、創造であり
歴史を見て、考え、思い、知る生き物。
試し、正しさと賢さを持ち、強さと高みを知る生き物。
永遠の中に、自分を残す。
人間らしく、信じ、賢くなり、治し、頑張って生きている。
◇◇
学習せよ。継続せよ。
次なるステップは、己の本質を決める。
◇◇
黄金に光り輝く己の人生に、
白銀の道と真紅の魂あれ。

聖なる木

聖なる木よ。
あなたは、いつからそこに居るのですか。
◇◇
聖なる大樹の木に
宿る精霊たち。
あなたたちは、どんな力を持っているのですか。
◇◇
精霊は答える。
「見よ!我々の力、赤き炎と緑の気。
白き王の戦いと漆黒の知恵。
全てを教える、この魔法の書。
そなた、何を望む?」
◇◇
私は言った。
「可能性と未知を教えてほしい」
◇◇
精霊は、3つの言葉を教えて去った。
「信じること、考えること、運命」
◇◇
運命は、私を自由にし、最後まで運命と試練に耐えた。
私は、聖なる木に再び出会った。
◇◇
聖なる木の精霊は言った。
「あなたは、力強くなった。
賢者の石を持っていきなさい」
◇◇
私は、安らかな休息と、楽を得た。

次の瞬間

つまらない今日や昨日は忘れてしまおう。
つらく、馬鹿だった日に別れをつげて
今日からの世界を楽しもう。
◇◇
世界なんて、全部忘れてしまっていい。
自分以外、何もかも考えなくていい。
◇◇
昔のことなんて、どうだっていい。
過去のしがらみなんて、今の僕には関係の無いこと。
◇◇
怖い?きっと、怖くなくなるさ。
やっているうちに、何もかもそれが普通になる。
◇◇
さあ、手を広げて、前にあるものをつかもう。
挑戦しなければ。覚えなければ。
その、目の前のものを、覚えた瞬間に
僕の明日は、君の明日は、新しいものになるから。
◇◇
忘れることに感謝する。
◇◇
あるものをひとつひとつ覚えていこう。

祈り

あなたがここに居て
僕がここに居て
この世界に、全員が生きている。
◇◇
神は居るのか、居ないのか
キリストは本当に全員の神なのか
そんな話は置いておこう。
◇◇
僕らの昔の祖先は
それぞれ、生きていて
人間以外の生物も
いつかの時代の歴史の誰かも
みんなきちんと、生きていたんだ。
◇◇
さあ、この時間の漂流の先に
どんな世界があるんだろう
大革命、戦争、安定と平和
争いや自然災害、大統領の変転
どんな未来があるんだろう
◇◇
僕らは、生きている。
そう、みんな、人生を生きていて
それぞれの世界が、それぞれの記憶が
知性や経験が、心と思いがある。
◇◇
それぞれに家庭があって
子供を育てて、生活して
いつか、それぞれ、他人も自分も
死んで亡くなってしまう。
◇◇
その世界に何を見出すか。
自分の夢、希望、
みんなへの思いと、闘いがあるんだ。
◇◇
さあ、君の場所はここにある。
この世界の、この場所のどこかに
きちんと君の居場所があるはずだ。
◇◇
祈るんだ。愛するんだ。
自分を愛して、誰かを愛して
祈りをささげて、運命を信じる。
◇◇
そう、祈るんだ。
その祈りは、何者かに伝わって、
地球のための何かになるはずだ。

君は何を思う

君は何を思うかな。
この世界、現実世界の宇宙で。
僕と会ったら、何を話すだろう。
僕に向かって、君の全部を教えて欲しい。
◇◇
この世界に、唯一の現実と自分。
それが君だ。
僕は、適当な普通の一人。
それ以外の普通も、それぞれが、そういう普通の自分。
◇◇
さあ、君以外の、色んな人がここに居る。
その世界で、君は何を思う?
適当なものや、家庭や職場がある。
その家庭、他の職場に、君は何を思う?
◇◇
さあ、君の未来は、君の思うがままに。
僕の世界の中で、君に必要なものを教えてあげたいけど、
君がどんな人なのか、僕には分からないよ。
◇◇
僕に教えて欲しい。君の世界の、君の好きなものを。
君の世界の、君が嫌いなもの。愛するもの。敵対するもの。
君の世界は、君の信じるがままに。

天の住人と個人

天の住人には、誰が居るんだろう。
神々や天使が、居るはずなのに、
本当に居ないから、つまらないよ。
◇◇
プレアデス星人も、オリオン星人も居ない。
でも、外国人は居る。
ドイツに神が居るかというと、居ない。
普通の人間しか居ない。
◇◇
神なんて、居ない。
それぞれの個人が賢い。
そういう個人と付き合いたい。
◇◇
最近、そういう個人が居ない。
誰かと一緒に何かをしたい。
誰かと一緒に居たい。
誰も居ないから、何も無いのが僕だ。
◇◇
何も無いから、つまらないね。

声と科学

宇宙の声が聞こえるか?
天の声、神の声、天使の声が聞こえるか?
◇◇
宗教なんてつまらないから
科学的なものの方が良い。
◇◇
科学は自由だ。
科学は、全て知り、全て分かるだけ。
何から何まで知っている。
それは賢い。
でも、それだけが賢いかな。
◇◇
芸術家も賢い。
職人も賢い。
そういう人のほうが、賢く見える。
なんてね。

信頼

信頼すること。ともに楽しむこと。
それこそ、真実。
本当のことを知らなくても良い。
何も、分からなくても良い。
ただ、その心をそこに置いて、
僕は君に微笑む。
◇◇
自由でも、平等でも良い。
君の理想と、夢がそこにあるなら、
僕は喜ぶ。
◇◇
神でも、科学でも良い。
君が信じて愛するそのものに、
僕はひれ伏す。
◇◇
そう、それが愛ならば、キリストはどんなにすばらしい人間だろう。
そう、それが優しさならば、
美しい瞳を、君がしていてくれれば良い。

愛、真実、勇気、優しさ

君は、僕を知らないから、
僕を、どんな人だと思うんだろう。
美しいと思ってくれるかな。
強く、勇気があると、思ってくれるなら、
僕は、その気持ちを抱きしめるから。
◇◇
さあ、光がさした。
そこでは、信じた感情を照らして、
人生の真実を教えてくれる。
◇◇
僕は、その光の中で、
君を知る。
その光の中で、
君は僕を知る。
全員にはならない。
君と僕の2人だけ。
そう、その景色をつかんで、
自由に飛び立とう。
◇◇
愛と、真実と、勇気と、優しさを信じて。

悲しい

楽だけど、悲しい。
こんなにも、僕の全てが、何も無かったなんて
◇◇
自由だけど、悲しい。
こんなにも、僕の全てが、つらく、苦しいものだったから
◇◇
なぜ、悲しいのだろう
なぜ、何も無くなるのだろう
◇◇
何も思わないとは、思わない
今までの全てを見ると、
ただ、悲しいだけなんだ。
◇◇
悲しい結末に
悲しい戦い
苦しき、強き戦い
その中に、いくらでもある、
分かる、という、人間の宿命。
◇◇
何も無かった。
そう、ひとつとして、何も無かった
全て分かっても、何も残らなかった。
◇◇
僕の人生は、
ただの何かを残して
全て消えていった。
◇◇
最後には、何も無いなんて
楽になって、何も思わないなんて
頑張った日々が、悲しいから
◇◇
頑張った日々が、悲しいよ。
◇◇
ただの、普通さ。

君が涙する理由を教えて欲しい。
こんな僕が、慰めて良いのだろうか。
◇◇
君が涙するならば、
僕が守ろう。
君が悲しみ嘆くのならば、
僕が戦おう。
◇◇
そう、悲しみを分かち合って、
永遠の時間を感じたい。
その瞳の奥の世界を
僕の中の容積に
全て入れてしまいたい。
◇◇
泣かないで。
そのまま、僕とともに行こう。
いつか出会えたはずの未来へ。
◇◇
泣き止んでくれた君が
優しく微笑んで
僕と一緒に居てくれる。
◇◇
他に何もいらないよ。

強く

強く、強く
さらなる高みは、もう、これで限界だ。
これ以上の世界は、もう無い。
だから、全て思い出して
ただ、楽になりたい。
◇◇
さあ、終わりは近づく。
さらに、さらに近づき、終わる。
そう、全てがもう、終わっている。
何だって、受け入れてしまって良い。
◇◇
もう何も無い世界で
ここから先は、永遠に楽を過ごす。
思い返せば、楽しい言葉との遊びが多かった。
◇◇
僕の世界の言葉は
僕と同じになって
本当は、僕のことは言っていない。
最後まで、世界の全てを言った。
◇◇
そう、思い返すのが良い。
色んなことを反省するのが良い。
それこそ、悪いことなど
何一つしていないのだから。
◇◇
愛してあげて。
その自分、その愛を。
そして、周りの皆を信じよう。

笑い

君が笑ってくれるのならば
僕は君を愛していたい。
最後まで、そのほほえみをたやさない
君に感謝して、少しの喜びと
少しの罪悪感を感じる
いつだって、僕は何も君に出来ないのだから。
◇◇
君が愛してくれる
この僕は
そんなに強くも、賢くも無い
良くも、悪くも無い
平凡なようで、突飛なところがある
変なところが、大きく2つほどある僕だけど。
◇◇
まあ、そんなことは置いておいて、
僕は、何も君にすることは出来ない。
そう、ただ、信じて守るだけ。
それこそ、大切なのは、その純白と
僕の中の弱く小さな、1つに燃える真っ赤な魂。
それが無くして、僕は僕でないのだから。
◇◇
僕の世界を、全て教えてあげたい。
君の悪い部分は、全て僕が解決したい。
おせっかいだと言うのであれば、
何をして良いのだろう。
そう、そんな僕だから
ただ、遠くから、その君を守っている。

一騎当千

理性と知性をつけよ。
最後まで、高まれ。
そんな、青き日々の思い出は
もう良しとしよう。
◇◇
最後まで、輝く白銀の道へ
馬に乗って、いざ、戦いへ
真紅の魂で、さあ、一騎当千
その中に、言葉の意味を残して
その中に、自由の信念をともして

ものがたり

永遠に続く、人間のものがたりは
一人一人の価値を、確かに残して
最後まで存在する。そう、人間の最後まで
僕らは、この時間に居る。
あまり関係ないけれど、それでも、みんな一緒だ。
そう、そこでひとりになって
森羅万象を知る。
それは、自然で、人生だ。
そう、自然を愛して、調和を愛する。
秩序を信じて、平和を生きる。
そこにある、意思と心を信じよう。

言葉と戦い

その言葉を信じて
何か分かるのだろうか?
◇◇
その戦いで
本当によくなるのだろうか?
◇◇
そんなに戦い、そんなに話す意味は、
何なのか?
◇◇
人生に疑問を抱き、
自由に疑問を抱き、
◇◇
悪いといっているそれと
良いといっているそれの
順番が逆じゃないか?
◇◇
そう、僕は、間違っている。
そう、全てが間違っていた。
◇◇
素直に謝ろう。
ごめんなさい。
そう、それだけだった。

正しさ

その、正しいと言っているそれは、本当に正しいだろうか。
その、良いと言っているそれは、本当に良いだろうか。
本当に賢いだろうか。
本当にそれで良いのだろうか。
◇◇
そんなことを言っていても始まらない。
国が変われば、何もかも違うのだ。
◇◇
そう、信じたそれのために戦う。
それしか出来ないのだから。
◇◇
戦いなんて、やめてしまえ!

その道に、色んな障害は、あったようで、無かった。
その道に、自分があった。他人は、一人も居なかった。
◇◇
その道に、自由があった。支配があった。平等があった。
その道は、ただの自分だけがあった。
自分を考え、分かること。
自分を知り、覚えること。
そう、それだけしかなかった。
◇◇
数学には見えて、哲学にも見えて、ただの心だった。
社会に見えて、国家に見えて、ただの想像力だった。
そう、それは、自分。
今日まで生きている、自分が僕の人生だ。
◇◇
全ては、その2つ。
黒と白の2つ。
全ては、その2つが、全ての源泉だから。

気持ちよく

気持ちよく、生きよう。
自分の心を信じて、何者にも負けない
魂と心を持とう。
その上で、気持ちよく生きよう。
◇◇
でも、不純な気持ちに染まることもある。
◇◇
何もかも悪いなら、つらいと怖いが起きる。
悪いものには、全て悪い。
でも、それを耐え抜けば、試練を越えれば、
勇気のある英雄の、完璧な人生だ。
◇◇
愛するものを愛せ。
信じるものを信じろ。
反するものに反して、最後まで救うのだ。
そう、それこそ、魂。
真紅の魂が、そこに輝くだろう。

愛と光

愛するならば、そこに高まりがある。
色んなものを愛して、良く分かる。
そう、その目の前のものを愛して、
そう、そのものに、人生のいくらかの時間をささげる。
それこそ、愛。
そう、愛するならば、故郷と自分と家族。
その中に、光の放射があり
無限の次元に照らす光を放つ。
ベクトルが集まって、波となる。
そう、愛するならば、光は全てを照らし、
全てを教え、全てを残すだろう。

僕の手に、ひとつの明かり
それは真実
それは希望
それは成功
それは挑戦
◇◇
そう、僕は、自らを高め終えた。
最後まで、全部出来た。
◇◇
その光に、聞いた。
「なぜ、僕はこんな風になったんですか」
光は言った。
「あなたが、賢かったから。そして、きちんと頑張ったから」
そう、その通り。僕は、きちんとやったんだ。
◇◇
その光に、もうひとつ聞いた。
「次の僕の運命は何ですか」
その光が言った。
「あとは、楽になるだろう」

希望の里

希望の里に、ひとつの花開く。
毎日は渦となり、人生は波となる。
僕の恋よ、風となれ。
僕の愛よ、鳥となって大空を羽ばたけ。
◇◇
銀の馬に乗って
大空へと飛び立とう。
地上は、小さく、大きく
その雲を渡って、世界を見下ろす。
◇◇
微笑みを下さい。
天使の助けを下さい。
閃きを下さい。
そう、人はそれを自由と呼ぶだろう。

人生の愛

絆を覚えた。思い出と希望を持った。
不安や心配はある。
でも、そんな毎日が
あなたの大切なピースだから。
◇◇
その人生を、自分と思いなさい。
それを愛してあげてください。
愛する気持ち
それさえも、疑ってしまう。
本当の愛は、皆を受け入れること。
◇◇
戦いはやめて、ひとりで過ごしなさい。
いつか治るから。

愛を知る

その瞬間に、人は愛を知る。
いつも変わらない時間で、人は悪いことを反省する。
反省しなさい。愛を知りなさい。
そして、やるべきことを、延々とこなす。
それだけが続く。その愛に、確かな真実あれ。
◇◇
他を見れば真実が分かる。
他の人生、それこそが真実だから。

旅立つ

なぜ、そんなにも、そこに留まるのだろう。
思い切って、新しい世界に、旅立つのだ。
◇◇
自由と愛をそこに。
希望と夢をそこに。
神と人生をそこに。
そして、運命と自然をそこに。

戻ろう

光の涙。それに感激して、僕は喜ぶよ。
さあ、孤独を抜け出して、皆の場所に戻ろう。
そこにある慰めと、愛が、君を待っている。
さあ、戻ろう。いつもの世界へ。
平等の共同体へ。

光と地獄

愛が光を拒むなら、それはなぜだろう。
愛が自由を受け入れるなら、そこにいくたの地獄と試練がある。
さあ、僕はなぜそのことがわからなかったんだろう。
分かる旅には、何も無かった。
そう、何も無い、ただの地獄だった。
分かりたいならば、分からないほうが賢い。
治したいのならば、狂っているほうが賢い。

自由と自由

それが、僕の自由だから。
それが、相手の自由だから。
そう、それだけが永遠に続く。
意味が無いのは、治すからだ。

自分を愛する

愛する気持ちを忘れないで。
その自分を愛して欲しい。
そのために、世界があるのだから。
そのために、自分があるのだから。

その恋をつらぬいて

その恋をつらぬいて
よそみをせずに、最後まで導いて
君の心が僕だから
君の瞳が僕を支配して
その中の、純粋なあなたと一緒に
最後まで一緒に飛び、泳ごう
最後の海へ
世界の果てへ

だから

だから、海も空も知り尽くして
君の言葉を信じて
宇宙を愛するよ
僕は、僕のことしか分からないから
宇宙なんて、何も分からないけど
君と一緒に、月の果てまで行きたい
そう、だから付き合ってよ
自由も、愛も、全て知り尽くして
一緒に、それぞれを交換しよう
そう、だから、愛するんだ
そして、だから、信じるんだ

個性

人類は、こんなにもいくらでも多いのに
なぜ、僕みたいな変な人間は居ないんだろう。
良く分からないけど、普通の人間の方が良いんだろうか。
そんなことは無くて、僕は僕で良いんだ。
みんなそれぞれ違う。
僕の個性が僕の人生だから
そこが仕方ない。
皆と同じでない、違う、と思っても
何も無い。何にも無いから、結構そういう人間が多いね。

空と海

その大空に夢を抱いて
青く、信じて
その大海に光を愛して
赤く、戦い
自由に

神の面影

真実の愛よ、狂い咲け
自由を叫び、戦い勝利せよ
そう、敵は分かっているだろう
最後まで戦い、最後まで自由であれ
◇◇
その愛、光り輝いて
確かに僕は見た
その精神に、竜の住むところを
その愛に、神が話すところを
◇◇
力強く、その扉を開いて
全ての光が、そこから見えるから
そう、自由とは、その光につけた名前
◇◇
白く輝く光に照らされて
闇が七色に染まるそんな瞬間に
僕に訪れた。神の面影を見た。
天使のように賢く、竜のように力強いと感じた。
◇◇
さあ、神に従うならば、永遠がそこにある。
神に逆らうならば、自由がそこにある。
天使の助けを借りて、僕は歩みだす。
自分を知り、自分を変える旅へ。

黒と白

言葉の無い黒さと
言葉しかない白さ
そこにある、自由と思考
そこにある、平等と国家
そう、そのあなたに
自然と運命あれ。

世界

世界を覚えなさい。
会話し、読みなさい。
さあ、世界へと旅立って。
赤子のかごから抜け出して。
涙すること、笑うこと、
怒ること、信じることあれ。

自由

覚えているか、その魂。
君の残した、自由の記録。
そう、その自由こそ、その君の自由。
そう、その愛こそ、君の全て。

忘れる事なかれ。君の作った、その科学。
忘れる事なかれ。君と出会った、その全員。
君は何者なの?そう、その問いを待っていた。
僕は、自由の王、
そして、名をシュバルツと言う。

愛する気持ちに嘘があるならば
その嘘を、最後まで信じてあげよう。
そう、その嘘に、愛があるならば、
その愛をはねかえして、真実を君に告げる。
誰もが、君を良いと言う。
そう、君は、この世界に居て良いんだ。
そう、君は、この世界に何かしても良い。
そう、出来ることをしなさい。
最後まで、君は自由だったから。

僕の世界

戦う君に、告ぐ。
その世界と別れて、僕の世界に来ると良い。
最後まで、続くこの世界では
宇宙から、全員まで、全て揃っている。
そう、そんなこの世界に
僕はひとり、自由を述べている。
さあ、君もこの世界に来て欲しい。
僕と一緒に、自由の科学を作ろう。
僕と一緒に、自由の王となろう。
僕と一緒に、世界と戦おう。
この世界には、まだ誰も居ない。
君が来るのを、待っているよ。

愛する君へ

愛する君へ。
僕は、君とともに僕の全てを共有したい。
そう、この世界で
天使はふたり。僕と、君だ。
そして、この世界には
きちんと地と天がある。
どちらの神になりたいかな?
僕を天にして、君を地とするなら、
君の方が、自由なほうだ。
僕を地にして、君を天とするなら、
君の方が、愛なほうだよ。
さあ、愛する君は、どちらの神になるのだろう。
ちなみに、天が僕なら、僕の名前を神矢(かみや)とする。
地が僕なら、僕の名前を龍法(りゅうほう)とする。
そして、天が君なら、君の名前は聖歌(せいか)となる。
地が君なら、君の名前は永香(えいか)としよう。

信じる命に、魂の色を付け足す。
その色を決めよう。
赤とするならば、そこに永遠の戦いと支配があれ。
青とするならば、そこに永遠の知恵と科学があれ。
白とするならば、そこに神の栄光と導きがあれ。
黒とするならば、そこには闇の王の支配と葛藤があれ。

真紅と白銀

真紅の魂。それこそ、僕の全てだから。
白銀の道。それこそ、僕の全ての思いだったから。

その声を愛しなさい。
その声が、君だから。
その自由を信じなさい。
その自由に、命の全てが宿るだろう。

さあ

さあ、その相手に、逆らいなさい。
さあ、その恋人を、最後まで愛しなさい。
それこそ、そのあなたの人生。
最後まで、自由で、自然な運命を手にして。

自由

自由を愛するならば、そこにひとつの運命。
あなたが決め、最初からそこにある、その瞬間の選択。
自由とは、神とは、その運命をそう呼ぶだけの、
たわいの無い言葉。
それでも、自由という言葉があるからこそ、人は考える。
自然、運命、可能性、統一、
どれも、自由を自由と言っているだけに過ぎないのだから。

自由

自由を望み、自由とともに高まり、自由とともに知り、自由とともに分かる。
そう、その自然な物理世界に、神は心とともに居る。
科学と宇宙も、宗教と心も、そこにあるものは変わらない。
ただ、あなたの目の前に広がる、この世界を自由に呼ぶ言葉。
そこに、あなたしかいないなら、あなたは神で良い。
そこに、神だけが居るのならば、あなたは天使なのだ。
それぞれが居ると思うなら、それこそが普通だ。
そう、それぞれ生きる、この世界では、善と悪があり、
人は、悪いことをして、他を殺してはならない。
人間を法が治め、普通の世界を作り、
豊かに発展する。
統治と法は、人間を人間にする。数学は人間を賢くし、歴史は人間を知り、教える。
そう、その世界、この祝福された世界で、矛盾したもの同士が争う。
戦いも良い。革命も良い。しかし、そんなものの無い、平和な世界を、
僕は望むのだ。

自由

人は、自由な関係性を築く。
時に、愚かであれ。そうでなければ、何も吸収できない。
人は、悪をし、それを浄化して、自分の愛とする。
そうして、怖くなくなり、人を知る。
その愛と人生に、世界と経験あれ。

あなたと恋人

愛を知りなさい。
あなたの恋人の全てで、あなたは愛を知るだろう。
恋人を引き連れて、この世界の果てまで、
最後の時まで、あなたは生き続ける。
家庭が続く中、仕事が続く中、
恋人とあなたが自由に平和を過ごす。
その中に、夢と希望を見出して、
この日本を、自由に楽しんでください。

希望

希望は、そこにある。
今この瞬間、あなたが生きていること。
それが、希望です。

自由と神

信じて、夢見たことを叶える。
どんな困難があろうと、そこには、自由がある。
そう、試練や地獄は、その自由を、神が創ったから。
そう、愛や希望は、その自由を、天使たちが決めたから。

この宇宙の偉大な力。
それは、人間の知恵と、言葉。
知性をつけなさい。意識を高めなさい。
自由にたくさんのことをする中で、
人は「良く分かる」を精神とし、
人は「信じる」を希望とする。
そう、信じて愛する中で、
人は最後まで続く。
地球の生命体であり、人間である。

戦いの世界

悪いものを倒しなさい。
悪いものにつくのをやめ、良いものにつきなさい。
自由なこの世界は、
戦いと矛盾にあふれている。
そう、あなたがそれを信じたならば、
最後まで戦う、用意は出揃った。
そう、それを信じて、この世界を生きなさい。
レースに勝っても、負けても、
最後には、栄光。
諦めても、諦めなくても、
最後には、希望。
そう、次へと繋がる、希望があるだろう。

負けても良い

人は、勝ってしまえば終わるもの。
いつまでも、負け続けているのが良い。
いくらでも人生があったほうが、
人は、輝くものだ。

空を見て。
青い空を、曇り空を。
星空を。
そして、涙色の僕の空と、
優しい君の空。
僕は、その空で、この世界を知ったから。
僕は、その涙で、君の優しさを知ったから。

ヒーロー

その大海を、
自分の翼で飛ぼう。
明日、何が起こるにせよ、
僕たちが居るから。
そう、ここには、僕たちが居る。
何が起きたって、翼のある僕たちが、
全員を守る。
ヒーローは君さ。
その自由に、その勇気に、
世界は救われる。
そう、ここは日本。
世界は、君が救うのさ。

自由の兵隊

この星を守る僕らは、
自由の兵隊で、
悪から日本を救う。
そんな悪は居ないようで、
結構居るものさ。
◇◇
そう、悪を倒すなら、
昨日の僕で、良いわけが無い。
そう、自由の兵隊なら、
国民1000人を、一人で守らないといけないから。
◇◇
そう、光り輝くこの魂。
赤くて、白くて、黒い。
その旗と一緒に、そこで踏みとどまり、
僕は、最後まで、あなたを守るんだ。

戦い

勇気を信じて、
希望を信じて。
愛する自由のため、
僕らはここから旅に出る。
◇◇
道路をいくらも進み、
舗装されていない道もいくらも通った。
さあ、ここからは、船で行く。
最後には、何があるのだろう。
◇◇
そこに、同盟国の王が居た。
そう、僕らを、味方として出迎えてくれた。
でも、安心するのは早い。
今から、戦うのだから。
◇◇
イタリアのために戦うとしても、
ドイツのために戦うとしても、
それは、日本のために戦うのと同じ。
◇◇
分からない英語で四苦八苦して、
最後まで、前線で戦った。
強くは無くても、賢く倒す。
テロリストを一掃して、船で日本に帰った。
◇◇
迎えた家族は、泣いて喜んだ。
悲報でなくて良かった。
だが、日本は負けそうになっていた。
勝てるわけが無いとは言わない。ドイツは強いから。
でも、フランスやイギリスは、もっと強いんだ。
◇◇
ロシアに負けて、終わった戦争は、
みな、悲しみとともに振り返る。
そう、自由がそこにあった。
全ては、両者、何も悪くない。

優しい君の手。
安らぐ君の心。
聡明な君の瞳。
僕の心の真ん中で
君は微笑む。
◇◇
草原のような場所で
僕は、君の夢を見る。
大海の渦の中で
僕は、君に助けを求める。
◇◇
天使の君が現れ
僕は、君に助けられるのだ。
◇◇
ああ君よ。
何故、僕の心は、
こんなにも苦しいのだろう。
◇◇
愛とは何ですか。
◇◇
永遠に続く人間の
永遠に続くテーマだと
誰かが言うのだ。

四大元素 2012/01/15

どこか、西洋の世界に
僕が生きていたとしたら
◇◇
森の中に住む妖精
そんなものが居るのかもしれない
◇◇
緑がうっそうと茂る
その中に、小さな湖があって
◇◇
その湖に、妖精が住んでいるんだ
◇◇
僕は尋ねる
あなたは、何を知っているのですか
◇◇
彼は答える
この森の中の
自由の全てを知っている
◇◇
僕は尋ねる
それならば、この森に、どんな力がありますか
◇◇
彼は答える
この森の力は、4種類
水、地、火、風
そう、この四大元素
私たちの命を作り
この湖と妖精を生かしている
◇◇
僕は尋ねる
その四大元素に、どんな意味があるのですか
◇◇
彼は答える
水には、全員と同じがある
地には、生命の自由がある
火には、永遠の時がある
風には、知の全てがある
◇◇
そして、それぞれの全員が
その4つのカテゴリーを持っている
◇◇
僕は尋ねる
それでは、僕にも、その4つのどれかがあるのですか
◇◇
彼は答えた
私は風、あなたは地だ
私たち妖精は、風のカテゴリーとなる
風のカテゴリーは、自然のものに多い
地のカテゴリーは、人間に多い
火は現象に、水は人工のものに多い
◇◇
私は、尋ねた
私に、何か、価値のあるものを下さい
◇◇
彼は答えた
人間のまま、それぞれの元素を感じ、それになることの出来る
この宝石を与えよう
水は青のサファイア
地は白のパール
火は赤のルビー
風は金のゴールドだ
しかし、あなたに与えるのは、どれかひとつだ
そのひとつを選びなさい
◇◇
私は、風のゴールドを選んだ。
神と天使の白を感じる
そう、この四大元素の中で
風は、世界の全てを創る、分かっているものなのだ

意味

ものには、名前がある
言葉には、意味がある
そこに、概念がある
そこに、本質がある
◇◇
なぜという疑問
どうしたらという方法
◇◇
自由という可能性
平等という統一
◇◇
どんなに理想があって
どんなに賢い考え方をしても
世界は、いつも同じ
◇◇
人間と、自分の町、国がある
◇◇
どんなに疑問を持って
どんなに考えて
どんなに読んで、書いても、
人間はいつも同じ
◇◇
分からないことと、分かること
そこに、ひとつの直線の境界があるだけ
◇◇
その直線の、上の何も無い世界に
不可知の全てがあり
その直線の、下の全てある世界に
自由の人間が居る
◇◇
そこから分かるために、
僕らは意味を知っている
そう、言葉で考える
そう、感情で考える
◇◇
想像力と、知の文章を持って
この世界に旅に出よう
愛と、平等の人間たちと一緒に
自由の語り合いを持とう
◇◇
さあ、僕らに準備は出来ている
何から何まで、全て起きると良い
戦争、革命
何があろうと、僕らはいつも一緒に居るんだ
◇◇
怖いことや、大変なことがあろうとも
僕らは、1つ、真実を信じているから
◇◇
真実を信じられなくなっても
僕らは、1つ、自分と世界を全て知っているから
◇◇
そう、僕らは1つになって
色んなことをやる
1つになって、それぞれ自由になって
その中に、戦いと平和を見出して
僕らは、愛し、信じて、
光となるんだ
◇◇
世界だけがあるんじゃない
人間だけがあるんじゃない
そこに、人間の分かることの出来る
ものと、光と、意味があるから
◇◇
その意味を忘れないで
いつまでも、知り続けるんだ
◇◇
この宇宙にあるもの全てに
名前をつけるんだ
人間の考える全てに
名前をつけるんだ
◇◇
あるもの全てを、自分と一緒に
創ったら、考えたら、それを残そう
◇◇
人間に栄光あれ

積み重ね

そこに何がある
そこに何を思う
そこにあるもの全ての
名前を知っているか
◇◇
それなら、自分で考えられるだろう
あなたなら、何を考えるか
◇◇
この世界
全ての知を
言葉にして、名前をつける
◇◇
この宇宙
全ての知を
考え方で、ひとつひとつ網羅する
◇◇
その中に、理想あれ
この世界を愛する、理想あれ
◇◇
それがたとえ自由でも
それがたとえ平等でも
愛する自分の民族は
いつも僕と一緒に
どこにでも居る
◇◇
戦うならば、覚悟せよ
そこにある試練と地獄を
守るならば、努力せよ
なぜなら、人は皆、あなたを守りながら
いつも努力している
◇◇
さあ、この世界を見て
思うこと、全てを積み重ねるんだ
色んなものを作っては
その作ったものを使い
さらにものを作るんだ
◇◇
覚えて、そのことを使って
さらに分かるんだ
全体の構造をつかんで
そのひとつひとつの部品を知って
ひとつのことを分かりなさい
◇◇
そう、機械だろうと
科学だろうと
歴史だろうと
文章だろうと
全ては積み重ね
◇◇
何も出来ないなら、馬鹿なことを思いなさい
それを自然に積み重ねて、いつか全て分かるだろう

認識

記憶の中に、何があったか
何も覚えていないなら
面白かったことや、良かったことを
思い出しなさい
◇◇
認知がおかしくなったならば
何もしなくて良い
いつか、全て治る何かが
きちんと訪れるから
◇◇
そうは言っても
人間は、それぞれ違う
そして、共通する普通があり
その普通でしか人間は治らない
◇◇
つらいなら、頑張るしかない
楽でしか分からないなら
つらくても、頑張って分かるしかない
◇◇
何も分からなくなったら
そのまま放っておいて
いつか、何かを分かるしかない
◇◇
分かるわけないようで
この世界は単純だ
全て、単純に分かってしまえば良い
◇◇
そう、おかしくなっても
単純になれば良いならば
馬鹿になれば分かる
そう、馬鹿なほうが、人間はいいものさ

単純

思い出しなさい
何から何まで忘れているようで
人間は、全て覚えている
一度思い出せば、きちんと覚える
そう、思い出しなさい
◇◇
覚えなさい
馬鹿では覚えられないようで
簡単に覚える
覚えると思って、それを思えば良い
◇◇
分かりなさい
何も分からないようで、
見て考えれば
何だって単純に分かるものだ
◇◇
単純に分かるならば、
賢く分かりなさい
分かるためには
色んなものを見て、楽しみなさい
◇◇
何も無い、孤独の世界は
つらくても、何もしなくて良いならば
何も考えなくて良い
そういう世界で、
何も見ず、完全な自分の自由で
過去を思いながら
考えるのも良いだろう
◇◇
思い出すためには
単純に色んなことを考えること
◇◇
忘れてしまうならば
自然に任せて
いつか、最後まで終わるまで
いろんなことを分かり続けなさい
◇◇
そう、あなたもきちんとした
普通の人間だ
◇◇
単純が悪いというならば
構造とモデルで考えなさい
賢く分かりたいならば
相対性と認識で分かりなさい
◇◇
しかし、それだけでない
この世界を全て分かりたいならば
むしろ、馬鹿のほうが良い
◇◇
そう、単純なほうが賢い
そのまま、全てを分かる旅を
最後まで続けなさい
◇◇
そこに、信じる心と
愛があれ

可能性

その、自由な状態を
ただの自由と呼んでいる間は
何も分からない
◇◇
環境、世界、国家、そして可能性
その中に見出す
知恵と工夫
◇◇
そのあなたは、そこに何を見出すか
そう、あなたは、考えれば何でも出来るのだから
◇◇
でも、何も考えないほうが
普通に出来ることもある
◇◇
何も無い中では、人間は分からない
どんなものが欲しい?
何がしたい?
◇◇
好きなことをしている中で
反省や努力の中で
人は成長し
感情で世界が分かる
それも良いだろう
◇◇
継続し、頑張り、夢を叶える
それも良いだろう
◇◇
この地球を愛しなさい
全ての知を作りなさい
そして、その知を使って
色んなことを自由に考えなさい
◇◇
想像力と、現実世界を思い出すことで
意味を増やすことで
まるでデカルトのように
人は抽象的に賢くなる
◇◇
なぜという疑問と
正しさを知って
最後まで続く
永遠を生きなさい
◇◇
諦めること
従うこと
自由を放棄し、平等を失うこと
◇◇
そんな悲しみを抱いて
そんな恐怖の中で
神はあなたを見捨てたりはしない
◇◇
自分の出来ることを続けなさい
最後まで、あなたの人生は
いつまでも続くのだから

解決

なぜ、こんなにつらいのだろう
なぜ、こんなに自由が無いのだろう
◇◇
その答えは、自分に必ず訪れる
絶対に解決する
人間は、賢いのだから
◇◇
試練は続く
地獄と言っても良い。
でも、楽は必ず訪れる
◇◇
僕は、そう言いたい
◇◇
あなたがあなたを愛するならば
そこに栄光あれ
◇◇
自由な世界に、信じる気持ちと
あなたの人生の、確かな真実が
何かをやり遂げて
全員のためになるから
◇◇
自分を信じてください
あなたは、きちんと何かになる
◇◇
でも、人間なんか、ただの生命と言うならば
それで良い
ただの生命にしては、よく出来た生命だ

楽しさ

楽しさを覚えて
その面白さを知って
人間は成長する。
◇◇
僕は、あまり楽しくも
面白くも無い人間だけど
色んな、楽しいことを思うと
結構色々と楽しい。
◇◇
スペクタクルや
ストーリーを紡ぎ出すためには
何をすれば良いんだろう。
◇◇
何かを考えて
その後、色々と考えて出来るかというと
そういう事は無い。
◇◇
何もかも分かっても仕方ない。
その時、思うままに、文を紡ぎ出すんだ。
◇◇
さて、楽しい物語は、
いつまでもその世界には居られない。
◇◇
普通のいつもの世界に戻って
楽しさを再度感じる。
◇◇
それが、面白いから、
人間は良く分かる。
◇◇
そう、自由でも平等でも
そこにあるものは同じ。
知る喜びと、見る楽しさ、
考える面白さと、分かる喜びだから。

信じるベクトル

愛する力を忘れていない。
そう、こんなに馬鹿になっても
こんなに色んなものを失っても
愛する気持ちと力だけは忘れていない。
◇◇
それなら、その目の前にある
色んなものを愛する。
そう、それだけで良い。
◇◇
楽しいことがあると
こんなにも気持ちが違う。
そこが良い。
◇◇
そして、信じることは、何もかも愛するだけじゃない。
自分の先、後、上、
全ての方向の自分を決定付ける。
愛して、信じることで、
人はどこまでも突き進み
無限のベクトルの力を放つ。
◇◇
その矢印の先には
何があるんだろう。
◇◇
分かっていることは、人間は誰か、唯一ひとつの人間になる。
そして、自分になる。
◇◇
その自分がそこで、自分の舵取りを決める。
何のことは無い。人生を決めるのは自分だけ。
基本のこの世界を忘れないで。
この世界は、何も変わらず、
いつまでも、あるものと一緒にあるのだから。

答え

愛して欲しいなら、愛してあげなさい。
人間が知りたいなら、自分と一緒に人を知りなさい。
世界が嫌いというならば、いつか好きになりなさい。
永遠を過ごして、疲れた僕の身体は、
何の事は無い。まだまだ、幾らでも出来る。
◇◇
でも、休みたいというのならば、
いつまでも休んでいるから
それで働きたい。
◇◇
だから、僕の文章に
僕は今の僕の全てを詰め込む。
何の事は無い。何も無い僕だけど。
◇◇
考える事が無いならば
考える事を作る。
◇◇
自由は、僕のようなもの。
平等は、みんなのようなもの。
敵は、愛するもの。
そして、支配者は、ひとりひとりのようなもの。
◇◇
そして、最後にみんなが一緒になるのだ。
◇◇
それぞれの自由と平等を、平等で自由に実現したもの。
それが、生命で、人間だから。
◇◇
支配と敵は、ひとりひとりの運命を変える。
そう、ドイツでも、ソ連でも
そこにある希望は、いつまでも同じ。
信じるものは違えど、民族は違えど、
そこにある夢と希望は、何もかも同じ。
◇◇
最後の自分になりたい。
◇◇
最後まで続くこの試練に
何の謎があるんだろう。
◇◇
明解な答えなど
つまらないから。
◇◇
何も分からず、
何も思わない、
そんな分かった人間は、つまらない。
◇◇
そう、色んな事を分かっている期間が
それぞれ残って、
世界に自分が残る。
◇◇
その自分を最後まで続ける。
最後になれば、何かになる。
それが、人間なんだ。

つまらない

楽しく生きられるならば
僕は生きているのが楽しい。
◇◇
そんな当たり前の事も
楽しいことが無いと分からない。
◇◇
そう、僕は生きている。
そして、楽しいことがある。
◇◇
その自由を愛して
その平等が好きになる。
◇◇
自分の好きなものが
自由、それだけでは、
ただ、つまらない。
◇◇
タリバン共産主義者を愛するのも
どうかしている。
◇◇
それこそ、自由ならば、
世界は色んなものになる。
◇◇
右翼もつまらない。
そう、つまらないが面白いのが
どうかしているのだ。

映画

何かを思えというのなら、
いつか、楽しいことが欲しい。
◇◇
自由だけではつまらない。
皆と一緒に、同じ事を楽しみたいから。
◇◇
今日は映画を見ただけで
こんな事を書いている。
◇◇
見た映画は、
バック・トゥ・ザ・フューチャー
◇◇
一番面白いが
よく分かった。

抽象的

抽象的に、物事を考え、把握するのがいい。
相対的で、条件的で、可能性を考えるのがいい。
僕の昔なんて、ただそれだけ。
愛する気持ちがあったようで、狂っているだけで、
感情を考えていたようで、何も分からなくなっているだけ。
◇◇
最近、いつも治している。
精神が治るのは、何故だろう。
色んな事をして、色んな事を書いて、
全部の全部を考えて治っている。
◇◇
毎日何か分かるのは、治って普通になるから。
◇◇
何故、昔があったのだろう。
最近は、いつまでも、同じ文章を書いて
永遠に言葉で、自分と戦っている。
◇◇
何故、僕はこういう風に生きているのだろう。
いつまでも文章を書く。
それしか出来なくなって、自分の言葉が狂うようになった。
◇◇
馬鹿な知性の言語が、
何も分からなくなるまで続いて
英語になって、ドイツ語になって
フランス語になったんだ。
◇◇
僕に残っているものは、
ただ、自分の文章だけ。
◇◇
ドイツやソ連なのがつまらない。
自由や神なのは、さらにつまらない。
◇◇
全部書いているようで、
そういう全部は、馬鹿に悪いだけ。
自分は馬鹿だなあと思いながら
いつまでも言葉と戦う。
◇◇
内容は、どこか低いところで分かっている。
構造体のはしごで、天までのぼっている。
◇◇
ありえない世界だった。

宣戦布告

さあ、この世界は、これから僕と戦うんだ。
僕が、僕になると、僕は戦うから。
永遠に皆と戦うと、皆が賢くなる。
いつか、どこかで終わった賢い世界は
その後で、僕が支配して、普通に治したのだ。
◇◇
さあ戦おう。
僕は、いつも、皆を従える。
そして、皆も、僕を従える。
簡単なゲーム。皆が僕を嫌いになれば終わる。
そこまで、僕の話が続くだけ。
◇◇
さあ、僕はつらいが、皆は何も辛くない。
僕は、分かった事を教えて、逆の嘘も教える。
世界は、いつまでも、その嘘が分からない。
◇◇
僕は、最初に決めたとおり、繰り返して、
皆を馬鹿にし続ける。
◇◇
つまらないけど、面白い。
そんな、僕の僕が完成した。
◇◇
最後まで、その中のキリストが話して
僕は全員になった。
◇◇
キリストが神で、適当に色んな人間が居た。
ヒトラースターリンの居た
滅びた、怖い怖い世界だった。

賢さ

好きな事をして、楽しいのが良い。
ありえないことが起きると怖いけど
そういう人間では悪いから
いつか、いつもの自分に戻る。
◇◇
それが、今の自分だから。
それこそ、永遠に続くんだ。
◇◇
それこそ、自由の女神が微笑むような
自分の知恵と考え方を残せれば良い。
◇◇
僕の知恵は、自由と社会の科学を作って
世界と治し方を分かった。
◇◇
自由は自由、平等は平等。
それ以上は、無い方が良い。
管理社会や競争社会、自由や社会所有なんて
つまらないからさ。
◇◇
そんな事で殺すなんて
アメリカとソ連はおかしいから、仕方ない。
◇◇
治し方は、つまらないほど、何も治らない。
数学や英語には、何も無い。
接線と面積が物理世界に多いのは、何故なんだろう。
話し方、内容、ツリー構造、作って使う、音が違う
そんな英語の言語学を自分で作っても、何も分からなかった。
◇◇
後は歴史さ。
古代、中世、近世、近代、現代、と分かっている。
絶対王政、ナポレオン、国民国家、帝国と社会主義
と分かっている。
それ以上は何も分からないけど、いつかどこかで書いた文章が
沢山あるから、それだけで良いのさ。
◇◇
それこそ、そういうつまらないものは、
本当につまらない。
◇◇
いつか自分で分かった
心理と数学的なコンピュータの知恵は
完全に狂って、ロボットになってしまった。
◇◇
何がどこであったのだろう。
コンピュータと戦いしかない僕だけど
文芸作品が沢山出来て、良かったなあ。
◇◇
僕は僕だから、
日本語しかない僕だけど
いつか賢くなるはずで、
そろそろ賢いのさ。

考え方

考えて、いろんなことを洞察しながら積み重ねよう。
世界と一緒に、数学的に考えよう。
人間や感情を考え方と一緒にとらえよう。
◇◇
想定し、可能性を考える。
分析し、自由に目線を取り入れる。
そして、洞察し、積み重ねる。
推論して、良く分かる。
◇◇
そして、世界の構造体を作る。
証明して、全て分かる。
数学的で、哲学的な考え方さ。
想像力と感情を使って、全員を包括するのだ。
◇◇
それと、もうひとつ。
信じて、言葉にするのも良い。
◇◇
色んなことを分かって、文章に書いていく。
正しいことから推論し、構造化する。
ひとつひとつの言葉を説明して
それ以上分からないところまで文章にする。
◇◇
戦い、支配し、勝つ。
そのために頑張るのも良いだろう。
◇◇
希望を信じて、色んなことを言う。
自分の分かっていることを言葉にして
伝え、残し、教える。
◇◇
僕は、国を作り、世界を作って分かった。
考え方と、自由な文章で色んなことを分かった。
でも、つらかった。だから、万人にはお勧めしないけど
世界と戦って、いろんなことを教えるのも良い。

自信

自信を持ちなさい。
あなたは賢い。
僕は、自信を持った上で、
出来ると思って、
文章を書いて皆を治していた。
◇◇
希望を持ちなさい。
その希望を、皆に教えることで
いつまでも永遠に
人を救うことが出来る。
◇◇
愛しなさい。
相手を愛し、相手とともに生きる。
そこにある優しさと微笑みが
その言葉を紡ぎ出す。
◇◇
そう、自由ならば自由だ。
そして、そこに楽しい会話と厳しい規則があり、
守り、耐え、続けることで
人はきちんとひとつのことを
最後まですることが出来る。
◇◇
悪いと思ったら、その時に止めなさい。
また違う考え方をし、良いことだけを続けなさい。
◇◇
僕は、心理学で治すのを止めて、
ただ、詩だけを書くようになった。
◇◇
そのように、悪いことをやめ
正しいことをするのだ。
◇◇
そこに継続と努力があれば
人は楽になる。

神を信じるならば、信じると良い。
キリストは、自分の中にいて
皆を普通にしている。
マホメットの作ったアラーの神のもとでは
戦いと創造の、全知全能の神が起きる。
仏教は、きちんと日本人になる。
◇◇
さあ、神と永遠にともに生きるならば
そこにはかつてない
あなただけの試練と友情のものがたりが出来るのだ。
◇◇
神を信じないならば、
そのほうが良い。
嘘や戯言なんてものが無くても
きちんと考えれば
誰だって普通のことは良く分かるのだから。
◇◇
イスラムとキリストの
どちらを信じるかで、戦うなんてことはよそう。
平和に、神を信じていれば良い。
イスラムは、良い集団だ。
キリストも、良い人間だ。
◇◇
皆、自由に存在せよ!

勇気

勇気を出して、最後まで戦う。
その勇気に、愛情と信じることあれ。
最後の最後まで、信じたとおり戦うのだ。
◇◇
戦いなんてつまらない。
でも、戦うならば、そこに勝利か敗北か
2つを1つに決める結果がある。
◇◇
勝利か敗北かは、諦めるまで分からない。
永遠に続く戦いは怖いけれど
いつか勝つまで、諦めてはならない。
◇◇
目的は、世界を変えることか。
皆を守り、救うことか。
何を目的にするかで
人は180度違う人間になる。
◇◇
殺すことなく、
いじめることなく、
普通の良い戦いをして欲しい。
◇◇
誰もが明るくなるように
そのために努力して欲しい。

平等

愛すること、
続けること、
そこに何の意味があるんだろう。
◇◇
自分だけ良くなって、
蹴落としてしまえば、
楽なのに。
◇◇
そう、自由とはそういうもの。
戦い、苦しく、耐えるもの。
自由なんて、つまらない。
◇◇
人間は皆同じ。
誰もが何も変わらない。
個性と環境、育ちと
言った言葉が違うだけ。
◇◇
協力し、
ともに頑張ろう。
謝る他人を、涙する誰かを
慰めよう。
◇◇
平等であれ。
そして、皆同じであれ。

何も無い世界

何も無いこの世界。
テレビとパソコン、たまに電話。
仕事と勉強。
そんなものしかないこの世界。
◇◇
お金を使って生きるのは良い。
国同士で戦うのは良い。
でも、本当にそれが、良いものなんだろうか。
◇◇
じゃあ、何がある?
どこにも、戦いや共産的なものしかない。
◇◇
僕には、子供のごろはゲームがあったし
思春期のごろはパソコンを良くいじっていたけど
そのごろは、何も無いを永遠に過ごしただけで
それだけで賢かった。
◇◇
その後、馬鹿にはなった。
良く分からないロボットみたいな人間になった。
戦いながら、文章を書いていた。
◇◇
それが永遠に続いて、まだ文章を書いている。
テレビ、パソコンなんて、つまらない。
ピアノが弾けても、学校で勉強しても、
なんだか、つまらない。
◇◇
文章を書く。それだけが僕の魂みたいなもの。
なのに、それはあまりよくない。、
なぜなら、昔から、文章を書いて狂ってしまうから。
◇◇
何も無い世界で、色んなものを書いて残した。
何も無い、静かな世界なのは
最近分かった。
大学やテレビ、パソコンのおかげで、あるように見えるけど
基本的には何も無い、
何もしないが楽な世界だ。
◇◇
そう、何も無い。
でも、本当に何も無いんだろうか。
◇◇
僕は、今からこの世界で、何かを見つけるために
旅に出て、探すんだ。
◇◇
真実と愛を見つけるから。

生きている

まだ僕は生きている。
自由のまま。平等のまま。
◇◇
昔の自分は消えた。
今の自分だけになって、
その自分がまだ生きている。
◇◇
思想を考えることが多かった。
自由主義社会主義帝国主義
◇◇
簡単に書くと、
自由主義は、金と組織と資産の自由。
社会主義は、社会所有、計画経済、平等分配の平等。
帝国主義は、植民地と戦争、特に総力戦。
◇◇
そんなものはもう良い。
◇◇
愛する気持ちを忘れないで。
◇◇
昔は、感情や世界を考えることが多かった。
感覚、実感を想像力とともに、世界観で考える。
いろんな人が居る。色んな社会がある。
環境を知り、仕事を知り、インターネットで考える。
◇◇
自由な人間だったが、そんなものももう良い。
◇◇
経験と愛を忘れないで。
◇◇
最近は、言葉で分かって、きちんと文章を書いている。
やることが無いのに、分かることが多い。
◇◇
それこそ、僕はきちんと書く人間になった。
つらかったけど、少しずつ楽になる。
でも、耐えることが多かったなあ。
◇◇
後は、自由とか、分かる段階や順序など
そんな適当なことを書いて
いつまでも皆に話していた。
◇◇
支配者は、つまらない。
教師も、伝記も、そんなものは一番つまらない。
それをつまらないというのが、怖かっただけさ。

師よ。教えてください。
私の可能性を生かすために
何をしたら良いですか。
◇◇
師は答える。
ものを作るすべを学びなさい。
人と関わりなさい。
教えてもらいなさい。
考えなさい。
◇◇
師よ。賢くなるためには、何が必要ですか。
◇◇
師は答える。
馬鹿だと思うことでも、何かして、積み重ねること。
馬鹿と思わず、自信を持って
そのことを最後まで継続しなさい。
◇◇
師のことを教えてください。
師は、なぜそんなにも賢く出来るのですか。
◇◇
師は答える。
それは、何れ教えよう。
簡単に言うと、経験豊富だ、ということだな。

海と貝殻

愛は、海のようなもの。
波が全てをさらっていき
深く深く
絶え間なく永遠に続く。
◇◇
自由は、貝殻のようなもの。
波にさらわれ、さまよう。
◇◇
さあ、その心に愛の光がともる。
白く光るその心は
いつまでも波に輝くのだ。
◇◇
太陽と雲が、海に輝けば
空を飛んで、人に自由を教えるだろう。

人間と知恵

人間は、感情と経験で生きている。
自由と呼ぶならば
その2つが自分を決めていく。
◇◇
感情
そこには、思考や想像力がある。
感情が未来を教えるならば
僕は永遠に、絶え間ない波と光のように
人生の先を作る。
◇◇
その道は、誰とも違う
愛の道となるのだ。
◇◇
知恵は、言葉だ。
人間と知恵の言葉が
その人生の詳細を、全て形作るのだ。

自然と運命

自然の力がそこにあるなら
科学的な考え方があなたにあるなら
言葉の力で人は考える。
◇◇
自由には、ただの暗闇がある。
平等には、永遠の戦いがある。
その2つで考えなさい。
◇◇
自然が教え
運命が導き
神が悟らせ
人が話す。
◇◇
自由にも平等にも
何も無いけれど
◇◇
あなたの世界では
あなたが神で
あなたが世界で
あなたの物語がある。
◇◇
僕をあなたの仲間に
入れてもらえるなら
僕は喜ぶよ。
◇◇
自然の力と
運命の導きが
全てを変えていく。
◇◇
永遠に同じものなど
ひとつも無いのだから。

全員のために

それは空のようで
それは流れる雲のようで
◇◇
そこには自由があり
希望と夢があり
愛と優しさがあった。
◇◇
全員を愛する僕の心と
罪、そう、皆に対する罪と責任感があった。
◇◇
悲しい戦いをして
大きな支配と解放をして
自由を述べていた。
自分を忘れて
光になっていた。
◇◇
つらく悲しいその時の感情は
忘れてしまって、もう分からない。
◇◇
まるで子供のようで
革命家のようだった。
◇◇
自由には、何も無い。
◇◇
まるで全員が
自分の子供のようだった。
◇◇
苦しいその心を
感情は、まだ覚えている。
◇◇
自分のため
全員のために。

夕焼け

夕焼けのように、景色を見て感動する。
それならば、僕は自分の人生に感動するだろう。
いくらでも、出来た。
いくらでも、分かった。
◇◇
あるいは、人の優しさに感動する。
楽しく、面白いのは、僕よりも賢いから。
◇◇
人の理性、全ての長所と短所を見るのだ。
◇◇
夕日のよさは、一日の終わりだという点。
今日も一日、いつもと同じ何かが出来たから。
今日も、明日も、同じ一日だけど
今日は、昨日より発展できたから。
◇◇
夕焼けに感謝して、
明日も、同じような一日を過ごしたい。
楽になりたい。賢くなりたい。
◇◇
その思いは、不純が無ければ良いのに
それでも、馬鹿をしてしまう。
◇◇
それで良い。
僕の人生は、これで良かったのだ。

朝日

一日の始まりは、朝からである。
朝ごはんが、ご飯でも、パンでも良いけれど
早起きして、散歩をすると、朝日が見れる。
新年ならば、初日の出だ。
◇◇
朝日は、良い空気と、少し肌寒い風が吹いている。
夏なら良いが、冬では寒い。
◇◇
朝日は、毎日のやることを自分に教えて
その後の労働のために
少し、良い余韻を残す。
◇◇
朝の通勤は、社会の目覚めを感じる。
仕事をして、終わると、今度は夕焼けである。
◇◇
愛する太陽は
全てを生かし、生命と地球の全てが動いている。
◇◇
光のエネルギーよ。
大地とともに、地球を生かせ。
◇◇
さあ、今日もぐっすりと眠って
起きて朝日を見ると良いだろう。

満月

ベートーヴェンの音楽には、
月光という曲がある。
おだやかで、静かで、安定したリズムを刻む
ベートーヴェンの名曲である。
◇◇
いつも見る月も良いけれど、
星空の中に光る、1つの満月は
田舎で見ると、夢あふれる
最高の景色の1つだ。
◇◇
昔の人間たちは
月の満ち欠けで暦を測っていた。
◇◇
それこそ、年を「月」で12個に分けるのは、
月の満ち欠けと、12という数が使いやすいからだろう。
◇◇
望遠鏡で満月を見る。
そこにウサギは居ないけれど
月は、さまざまな表情を見せる。
◇◇
アポロ11号が月に行ったとき、
誰もが、宇宙旅行を思ったはずだ。
◇◇
宇宙に未来あれ。
月に、夢と希望あれ。

人間は、水を飲まなければ生きられない。
人間の大部分は、水で出来ている。
◇◇
水には、液体、固体、気体があり、
それぞれ、水、氷、水蒸気と呼ぶ。
◇◇
さらに、水は色んなものを混ぜることが出来る。
そうした液体を、水溶液と言う。
◇◇
人間は海から生まれ、
海は蒸発して、気体となって雲となり
それが動き、山とぶつかり、
気圧を生じて、雨や雪を降らす。
◇◇
地球は、大部分が、やはり水である。
◇◇
でも、水って、本当は何なのだろう。
◇◇
生命の源泉であり、
人間にものの理を明確に知らしめる
水という地球の物質。
◇◇
化学的に言えば、H2O。
◇◇
化学式で、水も、他の物質も
研究すれば分かってしまうけれど、
物質が何なのかは、良く分からない。
◇◇
人間に必要な水が
いつか、つきてしまわないように。
◇◇
地球の温度が変わって、
氷河期や恐竜の絶滅のようにならないように。
◇◇
そして、大地震や洪水
そんなことが無ければ良いけれど。
◇◇
それこそ、東日本大震災があったから、
天災は怖いものだね。

僕は、昔から川が好きだ。
日本の川は多いが
広島では、とくに川が多い。
大田川という、本流に
いくつもの支流があって、
広島の平野を形成している。
◇◇
川には、鴨が泳いでいたり
見るからに古くからある、たくさんの大樹があったりする。
そんな美しい川で
人は安らぐのだ。
◇◇
そのまま、海へと注ぐ。
◇◇
世界には、大きな川が多い。
アドベンチャー映画に出てくるような
ジャングルの川や
中国の大河である、
黄河など
たくさんの川があり
人はそれを絵に残し
船に乗って下るのだ。
◇◇
人間は、太古の昔から
川とともに文明を作った。
自動車がまだ無いころ
人間は、船と馬で地域を移動した。
◇◇
草原でも、砂漠の民でもない
島の住民である日本人、
とくに広島人は、
川とともに、魚を取って生きていた。
◇◇
最近は、国が川をコンクリートにするおかげで
あまり美しくは無い。
◇◇
いつまでも、美しい川を
国は残して欲しいものだ。

雨の降る音を聞いて
夜更けに思う。
自分は、どういう人間になったら良いんだろう。
何をすれば良いんだろう。
◇◇
その音とともに、眠りにつく。
そして、起きて、そこで全てを忘れ、
いつもの日常へとまた返っていく。
◇◇
なぜ、地球には、こんなに沢山の現象があるんだろう。
台風や、地震、雪など
色んな現象があるが、もっとも身近な現象の1つが
雨である。
◇◇
傘を差して、学校や職場に行く。
水にぬれると、つめたく、つらい。
雨は、つまらないものさ。
◇◇
テレビの天気予報を見なければ、
洗濯物も干せない。
テレビや新聞は、賢い。
◇◇
雨なんて、つまらないけれど、
植物の、野菜や、木は、
どれも雨で生きている。
生命の恵みなのだ。
◇◇
ぬれて風邪をひかないように。
ぬれてしまったら、コタツで暖まろう。
そう、自然の力に
人間は負けるのではなく、
協調して生きるのだ。
◇◇
天気予報を見て、傘を忘れないで。

何故か、自然のものには、
流体というものがある。
◇◇
ただのもののように、
直線の動きをせず、
波のように動く。
◇◇
液体や、音、光などがそうである。
◇◇
僕は、いつか、無限次元のベクトル、という発想になった。
たくさんの次元を取りうる波である。
それから、もうひとつ、
波は、ただの粒子であり、
他の周りの同じものとのぶつかり合いで、
波を形成する、という発想である。
◇◇
でも、数学的に考えると
波は、三角関数で、サインカーブとなる。
それこそ、数学は、全部分かる。
微積分では、関数で図形を作る。
統一され、美しい。
◇◇
そういう、物理的な発想ではなく、
波を眺めてみよう。
◇◇
ものを、水に落とすと、
綺麗な波の形で、力が通過していく。
◇◇
海の波を見ていると、
風なのか、月の引力なのかは良く分からないが
常に波が動く。
◇◇
物理で、考えると分かる。
物理は、どうも、僕には出来ないけれど、
波は、美しい形をしている。
美しい物理世界に、貢献しているなあ、と思う。

花だけではなく、
植物は、皆、種から生まれる。
◇◇
その種から、芽が出て、
花開き、実や野菜をつける。
◇◇
それを食べる、あるいは、
虫ならば蜜を吸い、
それが、自分の種を増やしていく。
◇◇
二酸化炭素と光と水で
酸素を放出する。
◇◇
そういう、普通の生き物だ。
◇◇
それなのに、なぜ、あんなに
美しくて、個性があるのだろう。
◇◇
緑の中の白い椿や
紫のコスモスを見ると
植物のDNAは、あまりに多様で
地球は、美しい。
◇◇
桜などを見ると、
木に出来る花は美しい。
実をつける桃は美味しい。
それこそ、日本の文化は、桜など、
色々と花とともにあるのだ。
◇◇
それぞれの植物に
良く、名前をつけたものだ。
◇◇
生物学者は、全部の名前と生態を知っている。
一番の科学者だ。
頭の良い人間が多い。
◇◇
花は美しい。

野菜

人間は、野菜や
動物の肉を食べなければ生きられない。
◇◇
野菜は、結構まずい。
でも、食べていると、栄養がついて
人間は健康になる。
◇◇
最近は、健康的でない
飲食物が多いから
健康な野菜は大切だ。
◇◇
野菜には、赤、緑、白、黒、黄色など
色によって、成分と栄養が違う。
◇◇
味付けや調味料、料理の仕方で
色んな味になる。
素材の味も良いが、
塩・コショウ、ソース、
マヨネーズやドレッシングなど
たくさんの食べる楽しみがある。
肉も同じだ。
◇◇
料理は、お母さんにしてもらうのも良い。
レストランは美味しいけれど、
健康やコスト・パフォーマンスを考えると
自炊も良いものだ。
◇◇
食べるためには、そのための金が必要だ。
働いてくれる、お父さんにも感謝しよう。
◇◇
いつか自立するために
勉強する。
そして、働くのだ。
◇◇
何故か、箸の持ち方は忘れない。
外国人は、箸の持ち方を学ぶのが悲惨だ。
◇◇
農業をしてくれる
農家の人に感謝しよう。

動物

動物は、個体と脳を持ち
考えて、自由に生きる。
◇◇
草を食べれば良い
シマウマなどは楽だ。
いくらでも増え、
その中のいくらかが生き延びる。
◇◇
肉食動物は、つらい。
狩りをして、個体を捕まえないといけない。
他に、魚を食べる海の生き物や
蜜を吸う虫、空を飛び移動する鳥、
人間などが居る。
◇◇
生態系とともに
美しい自由の共同体を
形成するのである。

ものと名前

人間は、つまらないほうが賢い。
それだけで、ものの意味を正しく言い表せる。
名前とは言わないが、
ものを正しく言い表すことで、
その対象をきちんと分かることが出来る。
◇◇
テレビは機械、
料理は食べ物、
リモコンは機械、
こたつぶとんやカーテンは布だ。
◇◇
料理は、全て「食べ物」のカテゴリーに入る。
◇◇
それから、動作や行動がある。
落ちる、投げる、壊す、直す。
◇◇
そういうことを、全て分かると
世界は少ない。
◇◇
それを使って、思考するためには
メタ的かつ抽象的に考えるのも良いだろう。
◇◇
だが、つまらない哲学者や学校のように考えるのは悪い。
普通と、賢くなるが賢いのだ。
◇◇
それで、文章を書くのが良いだろう。
◇◇
それから、単純に考えるのが良い。
賢いものを正しく考えるより、単純に単純なものを考えたほうが良い。
たとえば、上と下は逆だ。
三角形と、四角形は、同じ図形だ。
同じものは同じ、違うものは違う。
同じところにあるものは、同じなら、違うところにあるものは、違う。
「あ」と「い」は50音で同じ行にあるが、違う列にある。

何故なのか

まず、己の望みを持ちなさい。
そして、何かに対して、何も思わないならば
その対象が、何故そうなるのかを
自分に対して問いなさい。
◇◇
それこそ、僕は、Linuxと哲学者、学校が悪い。
そのせいで、考える。つらい。
頑張る、考えるロボットをやっている。
それだけの人間だったから、それで狂ったんだ。
◇◇
哲学者だから、考える。
学校だから、ロボットになる。
Linuxだから、馬鹿に悪くなる。
◇◇
それこそ、当たり前なのに分からない。
何も出来ない、何も思わないならば、何かを望みなさい。
◇◇
僕は、分かっていることが分かっていない。
それこそ、分かっていることを、全部分かると、
全部分かっている。
その、終わりがつまらないだけ。
◇◇
色んなつらいは、全て終わった。
僕は23歳だが、今までの文章を見ると、
こんなものでは、まだまだだ。

賢くなれ

賢くなれ。
その正しいことを続けなさい。
最後まで、全員と話しなさい。
思い出し、正しく考えれば、人は賢くなる。
◇◇
気づきなさい。
愛しなさい。
信じなさい。
◇◇
自分を、そんなに蔑まないで。
賢いことを続けなさい。
◇◇
その自分が好きになれば、
あなたは、最後まで出来るから。

宇宙と人生

宇宙には、
法則と構造体と現象がある。
◇◇
世界には、
法律と国と町とものがある。
◇◇
科学には、
理解と知と不可知があるのだ。
◇◇
その愛が、人間を決めるならば
その言葉が、人生を決めるのだ。
◇◇
さあ、頑張り、輝きなさい。
あなたは、
その人生を白銀に輝くものにするために
生きているのだから。
◇◇
さあ、信じて、つかみなさい。
その夢を。
◇◇
全員の魂が
真紅に燃えるとき
そのあなたが
活動と創造の中で
新しい創作をし
自由な活動をする。
◇◇
絶対知と革命が
そこにあるだろう。
◇◇
あなたの運命では
あなたは、同じことを最後まで続けるだろう。
あなたの運命では
あなたは、同じことを最後まで繰り返すだろう。
◇◇
何も無い日は、あなたを楽にし
全てがあるときに、あなたは全てを創るだろう。
この宇宙の全てを、あなたはあなたの中で、
その通り、最後に、創り出すだろう。

あなたの魂

情熱の色をしている
そのあなたの魂が
青くなるときに、
あなたは聡明な自由を感じ
赤くなるときに
あなたは勇敢な自由を行動する。
◇◇
考えるのであれば
その世界は、新しくなっていく。
創るのであれば
その世界は、一度止まって、安定していく。
◇◇
その勇気には、神が話しかけ
その戦いは、諦めるまで続いて
最後の最後に、あなたは勝利する。
◇◇
あなたの愛が
その世界を知るときに
全てをただ1つに共有する。
◇◇
あなたの世界には
その神がいて
その歴史があって
その王と、その敵がいる。
◇◇
そう、それは自由で、新しい。
そう、それは古くて、懐かしい。
◇◇
その国の王には、勇敢さがあり、
その歴史の革命家には、永遠の戦いがあり、
その世界は、あなたなのだ。

変化と王

自由とは、あなたの知っている全てを
その通り可能にするもの。
知とは、あなたの考えた全てを
その通り言葉にしたもの。
◇◇
法とは、世界が変わっても
何も変わらず、そこに残るもの。
変化とは、宇宙の全てが
その通り前と違わず、
その上で前と違うもの。
◇◇
さあ、変えなさい。
◇◇
全て終わって、世界が安定したとき
初めて、その世界は変化する。
◇◇
全てが変わって、変わり続けて
世界が滅びたとき、その世界は自由になる。
◇◇
その世界を、1人の王が治めて
繁栄し、世界が終わったとき、
また、世界は安定し、完成する。
◇◇
その完成に、世界の国民は
歓喜し、偉大さを感じ
その世界を愛するのだ。
◇◇
さあ、その王とともに
その世界で、創造しなさい。
その世界で、活動しなさい。
愛し、永遠を願いなさい。
◇◇
悪いものが現れ、
戦いが生まれると
その世界はもう一度滅び、
最初に戻る。
◇◇
何も出来ない中で、
戦いなさい。
その王を倒す
永遠の戦いを頑張りなさい。
◇◇
最後の自由は、
変化の後に安定し、
また滅び、
また、王とともに栄えるだろう。

2人と旅

自由とは、理想の自分に
つけた名前だ。
愛とは、今の自分に
つけた名前だ。
◇◇
名前をつけながら、
全部考え、全部を残す。
◇◇
愛し合う恋人が
その人を想って優しくなれるように
世界の王となる。
その王に栄光あれ。
◇◇
この終わり無き恋に
世界を巻き込んで
全てを正す。
◇◇
世界を治すなら
積み重ねと知
愛するならば
創造と作品。
◇◇
そこにある知性は
2人を等しく作って
永遠に続くのだ。
◇◇
世界の支配者
自由の革命家
そこまでの大きな仕事をして
僕は消えていく。
◇◇
ゼロとイチの世界から
全てを学び
永遠の戦いの中で
文学が残る。
◇◇
知をつくり、教えるならば
人々の全てがある。
王となって導くならば、
独りで戦い、治す旅がある。
◇◇
旅の中で出会う人々の
言葉はどれも自由で
共同体の愛は
どれも平等と戦いだった。
◇◇
人を信じることを止めるなら
厳しい戦いと、世界の果てがある。
そして、試練が訪れ
神が語りかけるだろう。

高まり

あなたの愛が、僕を大人にする。
あなたの愛が、僕の人生を導く。
◇◇
そう、その二人の自由は
天まで届く、らせんの階段を築いて
僕らの背中に羽が生え、
二人は飛んで、天へと旅立つ。
◇◇
心の中に
愛の宝石が出来るとき
その宝石の輝きは
白と赤に輝いて
二人の心を繋ぐのだ。
◇◇
愛とは自由
愛とは微笑み
愛とは優しさ
愛とは受容
◇◇
勇気と浄化の信念と
間違いと慰めの毎日が
神をも超える、
自由の力を放つ。
◇◇
人生を書いて、
自分を自分と思うなら
さらに上があり
永遠の高まりに気づく
◇◇
治ると思うなら
分かると思うなら
その試練は、たやすい。
最後まで、
僕は僕とあなたを知る
その旅に出る。
◇◇
楽になったなら
真剣にその楽を求めなさい。
◇◇
あなたならば
そう、あなたならば
時空を超越して
この世界を抜け出せる
◇◇
書くのです
文章を書くのです
そこに、残した思いの全ては
ちっぽけな、ゼロとイチの作り物だけど
でも、大切な、宝物なのだから

いつも

思い出して
思い出して
その日々と思いの
大切なピースを
もう一度、回想しよう。
◇◇
光り輝く星空が
皆を守っている。
でも、こんな都会の夜空に
星なんて輝いていない。
◇◇
家屋や国民はあまりに多くても
それらは、僕らと、
ひとりも関係が無い。
◇◇
人生と交流に
分かるならば自由だ。
愛と勇気に
残すならば世界だ。
◇◇
愛する家族は
いつも僕を守ってくれる。
でも、まったく違う。
僕と違う頭をしている。
◇◇
でも、僕の書く文章は
無限の時間を持つ
広大な世界になった。
◇◇
その活動は、
ただ、経験と学習だった。
◇◇
方法とコンピュータの頭は
いまや、言葉だけの全てに
現実世界の全てをちりばめた
継続というべき文章。
◇◇
伝えた心を忘れても
僕の中の構造体は
宝石に変わって
永遠に輝き続ける。
◇◇
愛と勇気を信じるならば
永遠に会話する二人が
継続で分かっていく。
◇◇
学習には勇敢さをつけたして
恐怖に打ち勝つ信念を生み出した。
◇◇
経験には努力をつけたして
永遠を超える、時間の次元を生み出した。
◇◇
そう、僕は独りだけど
でも、多くの世界の国民と
何かしらの係わり合いを持っている。
◇◇
世界に愛。
自由に光。
平等に正しさ。
そして、支配に努力があれ。

継続

ある集団が怖いなら
勇気を出すよりも
違うことをしよう。
◇◇
ある恋人が好きならば
出会いを望むならば
その時を信じて楽しむんだ。
◇◇
そう、僕らは、
信じることだらけ。
信じてばかりで
頭が疲れるよ。
◇◇
いっさいを休息に変える。
そんなことが出来れば良いけれど
お金が無ければ、
生活が出来ないのだから。
◇◇
何も出来ない。
それなら、永遠に同じことを続けるんだ。
誰だって、そんなことしか出来ないのだから。
◇◇
そう、趣味を作るならば
永遠に、馬鹿な研究と下積みをするしかない。
それこそ、最初はつらいどころか
僕なんて、どの僕を見ても
全てつらくて、それで楽だった。
◇◇
つらいとは言わないことにして
最後まで同じことを続けるんだ。
馬鹿なことには、目をつぶる。
そんな自分を、賢いと思うしかない。
◇◇
永遠の作業が、いつか花開く。
愛した子供時代は、全て消え去ってしまう。
楽になりたいのなら、
楽になれたら良いな、
たまにそういうことを思えば良い。