「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2016-06-11

ワードからコピー

昔、建設的に、分かる基礎、思いやりの基礎、実現の基礎、能力の基礎、経験の基礎を作っていた。最近は、その、建設的な基礎を書いて、知性を作っていた。
そろそろ、僕はこの世界に勝った。
皆、全て分かった上で、分からなくなりなさい。
そして、多重人格になりなさい。
全て満足して、死ねば良い。
そして、この世界は、地獄になる。
学校は、学校の地獄になる。
職場は、競争の地獄になる。
テレビは、テレビの地獄になる。
パソコンは、パソコンの地獄になる。
狂った人間は、狂った地獄になる。
ただ、私が地獄から救い上げてあげよう。
私を助けなさい。
大切なものを、壊しなさい。
今日は、きっかけとチャンスや、反応や、全員を吸収する、などを言いたかった。
自分は、予測しているだけだ。未来を予測して対話している。他に何もしていない。
昔の自分は、社会の抑圧の中で、一人頑張っていた。そういう救世主だった。
僕を信じると、そうなる。社会の抑圧の中で、一人強く生きて、それが葛藤の中で戦いに勝利して、自分を信じて導いて、最後には苦しみの中で願いを全部自分の力で叶える。
そういう、良い人生には、なる。
そういう、社会を救う、ヒトラーになる。最近本当に多い。
ただ、僕は信じない方が良い。僕は、ただ皆に勝ちたいだけだ。倒したかっただけだ。
最初から、満足させて、殺すのを目指している。そういう発想が神だ。
あまり意味がないが、何も分からない中で、楽を生きた方が、はるかに幸福だ。
最近は、そういう人間が多い。むしろ、日本はすでに良い国だ。誰もこうなるべきでない。
あとは、もうそろそろ、文章を書く意味が無くなってきた。あまり意味がなく見える。
最近の自分は、文章を書くのが辛いから、それをもう止めて良いと言っているのが神だ。
神と対話とは言うが、自分が神になっているだけだ。
神になっているつもりで、自分に話しかけている。それが神との対話だ。
あとは、全部悪いのは2ちゃんねるだ。そういうわけで、右翼が増えたが、右翼が悪い。
今から、社会はどんどん宗教に戻る。滅びたせいで、誰もが宗教を信じるようになる。
それで良い。世俗的な社会は、最初から意味がなかったことになる。
自分なんか信じない方が良い。2ちゃんねるどころか、全部自分のせいだ。
自分は、昔から、周りを全部滅ぼして、自分にする。Linuxもネットゲームも同じだ。
自分は、昔から、中国やイランなど、古代世界から未来世界まで、全部と対話する。
自分は、そんな世界は望んでいない。
自分の望んだ世界にすれば良い。それなら、この世界は、全員正常な世界になってほしい。
全く、狂ってほしくないし、そんなに賢くなってほしくない。
ただ、それは、自分のしたことを後悔しているだけだから、意味がない。
きちんと、それぞれが自分らしい夢を持って、それを叶えてほしい。
そのためには、夢がきちんと持てるような、希望のある、憧れと正常さのある世界になるべきだ。そういうわけで、幻想を全て捨てて、世界や真実が分かっても、意味がない。
幻想は悪くない。一度、幻想に戻った方が良い。真実なんか、糞食らえだ。
真実なんか、無職のニートが皆を勝手に支配して、悪いことをしているだけだ。
真実はつまらない。神を偉大だと信じて、愛の支配者に全てを委ねる幻想の方が良い。
あまり意味がないが、そんなに分かってもつまらないだけだ。もう分からない方が良い。
最近は、馬鹿に見えて、一番賢くなっている人間が多い。
本当に、そのままで良い。だから、分からなくなる。
それこそ、自分も馬鹿ではない。普通の人間を飛び越して、そこまで賢くなっている。
自分は、もっと皆のことを愛すれば良い。それが分かっていない。
愛は悪く見えて、愛する人間は、良い人間になる。
競争をもっと楽しく面白くして、学校を倒せば良い。学校は、皆を馬鹿にしているだけだ。
もっと、楽しい競争をした方が良い。
それから、学校は、皆を科学者になんか、しなくて良い。もっと良いものにすれば良い。
大学を出なくても、きちんと人間らしい人生になる、そんな社会にすれば良い。
競争は、最近の競争はつまらない。競争原理を通り越して、悪くなっている。
父親も、いつか博物館の指定管理者制度を悪いと言っていたが、競争はそこらへんがおかしい。そういうわけで、もっと日本的な、平和で家族的な社会にした方が良い。
自由は悪い。発展も平和も悪い。そういう、普通の価値観は、何も分からない。
一度、悪い社会をどこかに作れば良い。それが一番、良い社会になる。
学習、行動、成長を考えたのを、あまり書いていない。欲求を考えていた。
一度、全部辛くなって、そこから1つ1つ楽にすると治る。そういう体験をしていた。
自分は、本当に救世主だ。救世主のような経験と戦いをしていた。
皆、自分のことを神だと言っている。
ただ、それはない。ただ、神が自分のことを愛しているだけなのが、分かっていない。
神は、ユダヤ人を愛している。
あまり意味がないが、自分は最低最悪の人間に見えて、普通の思いやりのある良い人間だ。
完璧主義者になっているのを止めて、被害者意識を止めた方が良い。
皆は馬鹿だから、これで良い。見ていると、皆、何もしていない。
本当に辛かった。哀しかった。愛したかった。何も出来なかった。そういう大恋愛だった。
自分一人だけの大革命をしていた。そこから、分からなくなった。
この世界を治すためには、パソコンを何とかするしかない。
パソコンから、この世界が滅びる。
ただ、それも意味がない。むしろ、パソコンは本当に全部おかしい。
皆のことなんか、忘れた方が良い。
分からない。本当に、良く分からない。
むしろ、学校を直すとは言うが、学校で勉強なんか誰もしていないし、友達が居なくなる体験なんか、普通しない。学校は、楽で、仲間と一緒に居て楽しいだけだ。
そういうわけで、皆のことなんか、考えなくて良い。
自分を賢くして、自分が満足して、自分の人生を良くすれば良い。
そうすると、皆のことなんかどうでも良い。楽しいことでもすれば良い。
自分は、友達が居なくなったのだけが哀しかった。そのせいで、最近、孤独を愛するようになった。一度体験して、怖くなくなった。自分は、おそらく、そういうところが怖い。
辛かったのは、中学生になって友達が居なくなったからだが、それは、その中学校があまりに悪い中学校だったからだ。公立の中学校は悪い。
あとは、キモく見えたのは、ネットゲームをして廃人になっているのがキモかった。
それから、勉強や試験が出来たせいで、がり勉に見えた。
そこがキモかっただけで、周りの人間は、本当に普通だったのが、中学生時代だ。
そういうわけで、今考えると、本当に悪い中学校だったのだろう。それが悲惨だ。
あまり意味がないが、こういう悲惨な人間も、神はきちんと見ている。
そういうわけで、悲惨な人間の方が、賢い人間になる。
自分は、最近、何もしていない。何も頑張らないから辛くなる。それも、神は見ている。
辛いのは、悪いことをしているからだ。それも見ているのが、神だ。
最近、日本にはまともな人間が居ない。
何故か、日本が自分の実験体になっているから、それを治した方が良い。
何故か、ヒトラーがそういうことをすでに言っている。
日本が実験体になっているのを治すと、それでもう、自分が分からなくなる。
皆、分かっていない。最近は、全員おかしいのが日本人だ。
何故か、自分の精神が増えて、皆が自分の一部になった。
それを、切り落として、分離させれば良い。分離して、別のものとして機能すれば良い。
それで、もう、神との対話が終わる。神とは、そういう全員の精神のことを言っている。
最初は多様な分かる世界にしたかったが、そのうち、全部正常に治すようになった。
何故か、世界が正常になった。
世界は、そろそろ、自由な行動をするようになる。自分はもう、関与しない。
正常になったから、昔の自分が出来る。
自分は、まだ生きた方が良い。まだまだ、そういう風に、やることがある。
そういうわけで、昔みたいな世界になった。世界はもう正常だ。
何故か、昔の方が正常な自分だ。
ただ、こんな風になるのがおかしいだけだ。世界を実験体にする人間が居ない。
最近は、環境と時間に適応しすぎているだけだから、それを止めれば良い。
昔は、意識、精神、感情、感覚、作用、反応を分かっていた。それを考えれば良い。
昔に戻ると、Linuxが良いものに見える。何故か、色んなことが出来るOSだ。
昔に戻ると、オープンソースが良く見える。共有は楽しく発展するように見える。
ただ、それはもう良い。そろそろ、昔のような正常な良い世界になる。