「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

今日のこと - 2016-06-20

僕はPerfumeBUMP OF CHICKENが好きだ。

Linux

昔から、僕はGentoo Linuxが好きだ。インストールと設定とパッケージ管理の方法を学ぶだけで、Linuxの仕組みが良く分かった。
Gentooは、仕組みが分かるLinuxディストリビューションだ。
最近は、Windows 10を使っているが、予備のコンピュータにDebian GNU/LinuxのCinnamonをインストールしている。
Debianだと、Cinnamonは軽い。
Windowsよりも軽いのは、DebianのCinnamonだけだ。
ただ、僕が主に使うのは、Windowsだ。Wordがなければ、文章が書けない。それに、Linuxはプリンターのドライバーが無い。印刷出来ないと悪い。
Debianはあまり起動することもない。
ただ、DebianのCinnamonだけは、人におすすめ出来る。
Debianは、テスト版や不安定版を使っている人も多いが、僕は安定版を使っている。
最近のLinuxは、ほとんど自分で問題を見つけ出して、勝手に設定をしてくれる。これは、自分は嬉しい。昔は設定を手動でする気力もあったが、最近そういうことをする気力がない。パソコンのことは、パソコンに勝手にやってほしい。自分でパソコンを管理するのは、疲れる。
あとは、僕はGUIは使う。明らかに、キーボードで入力するのは良いが、アイコンをクリックしてアプリケーションを起動し、タスクバーをクリックしてウィンドウを切り替える、と言う直感的で単純な操作は、考える必要が全く無い、と言う意味で、僕は必要だ。そういうわけで、僕はUNIXに良く居るキーボード派の人間ではない。
ただ、僕はDebianのAPTは好きだ。コマンドの方が楽なところも多い。パッケージのインストールは、間違えようのない、あらゆるアプリケーションで統一された、コマンドで行いたい。間違えたくもないし、ウィルスに感染もしたくない。コマンドを入力して、同じようにインストールされると、安心出来る。自由や多様性より、統一の方が良い、と感じる瞬間だ。
Windowsの嫌いな点は、おかしなウィンドウ(たとえば、ウィルスに感染している、と言う嘘のウィンドウ)が出てきて、アプリケーションのインストールを迫って、それをインストールすると、おかしなアンチ・ウィルス的なソフトウェアが入る。そんな風になりたくないから、そろそろWindowsを使わないべきかもしれないと思っている。それこそ、僕が使うのは、ブラウザとワードだけだ。
ただ、LibreOfficeは、ページ番号を各ページにどうやって挿入すれば良いのか良く分からない。それに、フォントも少ないし、何より、プリンターのドライバーが無い。あとは、音楽を聴くために、iTunesは必要だ。僕は、iPodを使っている関係から、どうしてもiTunesが無いと、インポートした音楽データが同期出来ない。あとは、FLASHの動画も見たい。YouTubeで歌手が公開している、公式のMVを見ているからだ。PerfumeBUMP OF CHICKENSEKAI NO OWARIは、YouTubeで聴いている。
そういうわけで、今のところ、Windowsを使うしかない。
あとは、僕はいまだにガラケーを使っている。だが、Androidの端末も一応ある。ただ、電話としての契約はしていない。データ通信は出来る。良く分からないが、家族がガラケーを使っている関係でそうなる。
僕がガラケーを使っている中で、使う機能は、メモ帳と通話だけだ。そういう理由で、ガラケーで満足出来るのだと思う。ただ、iPodでブログを書いたりはする。はてなブログのアプリは、iPodiOS)には入れているが、Androidにはまだ入れていない。そのうち入れようと思う。

仕事・その他

僕は、学校はもうしたくない。仕事をしたい。
大学は、分かるようになる代り、狂って馬鹿になる。
仕事は、賢い人間にしか出来ない。まずは、賢くなるところから始めるべきだ。
自分は、最近の方がまともなのが分かっていない。治したせいで、もう治った。
知性で考えていた。知性で決まりと変化を考えた。
ブログに、昔書いていたのを少しずつアップしている。
デザインを多少変えた。
不思議とは、愛することだ。
今、単純作業をしている。1つのテキストファイルを、1つ1つ分けていく、と言う作業をしている。