「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2016-05-22

ワードからコピー

昔は、重力や磁力を同じだと考えて、力は電子ではないかと言っていた。
そういうわけで、反重力も、あるように見える。反発する力が無いのはおかしい。
ただ、バックトゥザフューチャーのデロリアンのように、空を飛ぶ自動車にはならない。ドラえもんタケコプターのように、人間が天使のように空を飛ぶようになる。
自分は、そういうものを書けば良い。作家だから、スピルバーグを目指せば良い。
自分は、葉緑素を作りたい。植物を作れると、温暖化が解決出来る。ただ、iPS細胞で、作れるように見える。ただ、それは意味が無い。機械で作れないと、大量生産出来ない。
最初に生まれた生命は、進化だけをする。おそらく、微生物から生まれた。
進化だけをする生命が、植物と動物に分かれて、虫から動物になった。
神は、昔、自分のことを物理と生物のノーベル賞を取ると言っていたが、それは、葉緑素を作るのを言っている。本当に発見すると賢いが、本当に取るわけがない。
ただ、反重力は、生態系に無いから、作れない。あるなら、既に自然界にある。だから、自然界にある、翼や羽のようなものは作れる。植物や脳も作れる。それを作りたい。
明らかに、最近のドローンと言う無人飛行機が既にタケコプターを実現している。そういうわけで、それに人工知能をつければ良いように見える。
英語は、doやwhereなどを続けて長い文章を作る。そこが分からない日本人が多い。
それから、英語はあまりに速く喋るが、それはアメリカ人が見ると普通だ。
そういうわけで、日本語と同じと思わない方が良い。全く違う言語だと思った方が良い。
それこそ、アメリカと言う国と、日本と言う国が、本当に全く違う。
英語は、右翼だと怖いとは言うが、英語には右翼しか居ない。アメリカの方が賢い。
英語の関係代名詞は、そういうところが同じだから、そこが分からないと分からない。
全部、whatとdoだけを言う。そういう言語が英語だ。
自分の手相に、運命線が現れた。前は無かったような気がする。
良いことが起きるかもしれない。
小説を追加している。どんどん賢い小説になっている。自分は賢い。
昔なんか、モデルを作っただけだ。作ったモデルから考えただけだ。
自分は、カントとヘーゲルをすれば良いように見えて、もっと普通のことをした方が良い。
学問はしなくて良い。普通の良いことをすれば良い。人に対して良いことをすれば良い。
あとは、統一は良くない。皆を自分にして統一し、統治するから、悪い世界になる。
世界は、普通の、多様性のある、正常な世界になれば良い。それが僕の望みだ。
左脳には見えないが、僕は左脳ばかりつけている。それで、馬鹿になっている。
もっと右脳をつけた方が良い。右脳をつけると、治る。