「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2016-05-19

ワードからコピー

NOVAに行ってきた。
何もしないのが出来ないだけだから、何もしなければ良い。
自分に対して、ネガティブなことを言った方が良い。そうすると、分かる。
自分だけのことを、そこまで沢山考えれば良い。
行動と中身がどちらも悪いなら、止めた方が良い。
歴史的に、社会の変化を考えていた。ありえない社会から、社会の変貌を考えていた。
認識と感覚から、自然と人間のことを考えていた。
自然のことを、実感で分かっていた。
森羅万象のことを考えていた。
意識から、世界の可能性のようなことを、感覚的、知覚的に考えていた。
根源的な意識を場から考えていた。そういう、根源的な経験をしていた。
書いて推論していた。
昔は、パソコンのオタクのようで、古代ギリシャ人のような、ハッカーの哲学者だった。
引き篭もりだったが、良く分かっていた。決定と可能性から、ありえなく人間を考えた。
そろそろ、もう血も治った。あとは、何もしないのが出来ないだけだ。
何かに気づけば治る。何かに気づいていない。
先入観や思い込みが無くなると、世界が滅びる。
そんなに正しく治さなくて良い。適当に治せば良い。
適当に変われば治る。
意思を1つにすれば治る。
動く肉を動かなくすれば楽になる。
神経は、治ったからおかしくなっただけだ。
自分は、2ちゃんねるとテレビを倒した。2ちゃんねるは、Linuxによって、狂った。テレビは、タリバンをして、自分がテレビに対して話すことで、馬鹿になった。
自分は、強いのは良いが、善人が悲惨になっているから、それを治した方が良い。
ただ、自分は本当に強いし、賢いから、普通にそれで良い。あまり後悔はしていない。
本人が辛いのが悲惨だから、そろそろ止めた方が良い。
今から、この世界を何か、正常な世界にしたい。
ただ、面白いものが何も無いのは、つまらない。だから、楽しい世界を復活させる。
あとは、家族に良くした方が良い。家族を喜ばせたい。
神は、何も正しいことは言っていない。未来において、起きる出来事だけを言っている。
悪い精神を消せば治る。
そんなに動くのがおかしいから、止まった部分を作れば良い。
そろそろ、正常な人間になった。全部治った。
辛い時は、頑張らない方が治る。
精神が、手足の無い人形のような、虚無のような精神になっているから、治した方が良い。
そういう、精神的な深層心理の状態がおかしいのが分かっていない。
あとは、悪い精神を消してしまうと、肩が治る。そろそろ全部治った。
昔は、引き篭もりの経験で分かっていた。引き篭もりになっても、普通の人間とあまり変わらないが、いざなってみると、色んなことが分かる。そこから、全員の経験を分かった。全員が、それぞれ、何をいつ経験して、どのような段階と人生になるかを考えていた。
そういうものを、環境的、知的、人生的に分かっていた。全ての可能性を掌握した。
そろそろ昔が分かった。
精神が虚無の人形になっているのを治すと、もう、完全に楽になる。
昔は、森羅万象や科学の知性のようなことを言っていた。様相的、可能性的、変化的、支配的、自立的な、科学の知性のようなことを、思い出して、世界観にして、書いていた。
精神は、何も変えなければ治らないから、神にすれば良い。神の精神になる。
そして、仏の精神、正常な精神、聡明な精神、安心出来る精神、のようにすれば良い。
もっと、全員の本当の姿、正常な本来の安らぎのような精神にする。
それこそ、そんなに良くしても良くはならない。あらゆる精神の総和のような精神になる。
昔から、いつも分かっている。そのせいで、赤ちゃんや神のようになった。
全部分かっている、ありえない神のような存在が、昔から、自分だ。
天使はもう良い。むしろ、正常で、正しい精神にした方が良い。
精神を作りすぎたから、もっと精神を少なくして、消して行った方が良い。
昔をするためには、経験の結果と前提がどうなるか、現象学的に考えれば良い。
経験と環境と関係を多角的に考えていた。人間の経験がどうなるか、結果を比較し、想定した。人間学のように世界の存在を考えた。人間の文化の変化と環境の実際を考えた。
最近は、戦いながら文章を書いた。それは、狂わなければ出来ないから、出来ない。
あとは、足は虚無を消すとすぐに治る。そろそろもう治ったはずだ。
昔が思い出せる。あとは、異様な意識で地域をうろつく馬鹿が多かった。
時間と場の実際を、経験的に考えること。
存在などを、人間の側からどう出来るか考えること。
そして、あらゆる全ての理性的常識を疑うこと。それが、哲学的真実を分かる唯一の道だ。
何が何になるか、から、決定と取り得る可能性で、この世界の人間的事象を分かっていた。
全てが分かった、おかしな悪魔だったが、本当に賢い人間だった。
もう、そういう、サタンのような発想は、もう良い。
不思議と、ここらへんの小説以降が、オーディンだ。そろそろ、もうオーディンになった。
自由な契機から、経緯の創造のようなものを分かっていた。
ものごとの関係と実際を考えた。
あとは、世界を支配する戦いをしていたが、ただ、本当に愚かでおかしな人間だった。
もう終わりだ。精神の虚無を治すと、狂っているのが全部治る。虚無は、怖い。
昔は、うつ病を克服する体験で分かっていた。それが社会とパソコンのことを知った。
本当に、全てのことを経験し、努力し、挑戦し、反省し、行動し、実現して分かっていた。
あとは、思いやりを考えれば良い。生命や人間に対する愛があると分かる。
あとは、場の経験で分かっていた。環境は、変えられると思っていた。
色々と、ハイデガーのようだった。存在が関心である、とは、自分は視点だと思っていた。
人間の成立条件を、存在と自由から分かっていた。
知り尽くして、あらゆる知の可能性を、経験から全て知った。
ありえない、イスラエルやロシアのような、戦いの経験を、最近していた。
本質的に考えていた。あらゆる全ての本質を書いていた。
自由から、人間や社会のこと、契機や発生条件のようなことを、全て分かっていた。
いつ何が出来るか、そこから全てのことを、自由で分かっていた。
この世界は、そろそろ滅びる。むしろ、これを書かないと、本当にすぐに滅びる。
ただ、テレビを倒せば滅びない。テレビを、目を覚ますように、思い込みから救えば良い。