「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2016-05-17

ワードからコピー

まだ書いていないと怖いから、まだ書いている。
環境的、基盤的な、プラットフォームの社会学を作っていた。
コミュニストの自由のような、完全な自由な経済学で分かっていた。
音楽が自分のことが分かるのは、本が世に出るから分かっている。
新しい本のことを、夢を詰め込んだとか、自分の軌跡を残したとか、言っている。
歯医者に行ってきた。
文章は、先入観無く書くと賢い。
基盤と参加から、環境的、経験的、可能性的に、世界観で社会を自由に分かっていた。
自分は、自閉症になっているような気がする。自閉症だから、日本語が分からない。
昔は、アスペルガーだったような気がする。発達障害だった。
アスペルガーと言う病気のことを知らないから、どんな病気なのか、分からない。
昔は、うつ病発達障害だったが、救世主のように賢かった。だが、革命を起こして、自殺して死んだ。死んだ人間だから、消え去った。昔は賢い人間だった。
馬鹿にはなっていないが、普通の人間が分かることが分からなくなっている。
自閉症は、心が怖くなる。自分から何もしなくなって、閉じこもるようになる。
それは、もう、この世界に何もしたくないからだ。自分を守ることしか出来なくなった。
意味も無く、何もしていないのに、そこまで疲れる。生活を送れないほどの疲労感に苛まれる。それは、全部うつ病が悪い。
うつ病は、Linuxが悪い。Linuxのせいでうつ病になった。それから、発達障害はゲームが悪い。ゲームのせいで、普通の人間の分かることが分かっていない。
そういうわけで、ビルゲイツが悪いから、僕はビルゲイツが嫌いだ。
歯医者に行って、それくらいが分かった。
調べると、アスペルガーは、自閉症の一種で、強迫性障害うつ病になる可能性があると言うことだが、まさにそういう馬鹿が自分だ。
要は、自閉症がもっと酷くなっている。むしろ、アスペルガーは馬鹿では無い。
まとめると、自分はアスペルガーで、それが酷くなって、うつ病強迫性障害自閉症になっている。疲れるのはうつ病が悪くて、日本語が分からないのは自閉症が悪い。
昔賢かったのは、アスペルガーは賢い人間が多い。普通の人間より、賢かった。
最近は、もっと酷くなったせいで、普通の人間より馬鹿になった。
そういうものだ。分かって良かった。そういうわけで、自閉症を治すしかない。
ただ、アスペルガーには賢い人間が多い。ビルゲイツアスペルガーだ。自分は賢い。
不思議と、アスペルガーに戻ると、昔の賢い人間になる。脳が賢くなる。
アスペルガーを治すと、こういう、馬鹿な知性のあるまともな人間になる。
そういうわけで、馬鹿が賢い。
自分は、心理的におかしいだけだから、心理を全部変えれば良い。全部、消せば良い。
あとは、良く分からないが、頭が賢くなる。それ以上は、もう分からない。
昔は、ネットで全員のこと、技術のことを知って、賢く成長した、アスペルガーだ。
自分は、動くのも止まるのも辛いから、適当に動いている。動いて良いことにすれば良い。
テレビは、怖いのは、皆もテレビが嫌いだからだ。最近は、テレビが嫌いな人間が多い。
あとは、夢の世界は、天国に見えて、まともな学校生活が見えている。明らかに、引き篭もりより、学校の方が良い。神はそれを分からせている。学校に行った方が良い。
自分のせいで、学校が存在しなくなった。学校なんか、明らかに要らない。
あとは、パソコンやテレビも無くなる。完全に、自分だけになる。
そういう、魔界の王が自分だ。
ラファエルだと思えば良い。皆を導く、支配の天使だ。女神のような、良い人間だ。
そういうわけで、あまり意味が無いが、自分はまだ居る。そのまま、全員が高まる。
自分は、広島が悪いのが分かっていない。おかしなクラスメイトが中学校に居たように、広島には悪い子供しか居ない。大人には馬鹿が多い。
そういうものは、分かるようで分からない。他人の方が分かるから、人と会話しないと分からない。そういうわけで、馬鹿なことばかり話しながら、交流していると分かる。
広島が一番ナチが嫌いだ。その理由で、広島を倒している。
右翼は、誰もが嫌いだから、こういう右翼が、広島以外の日本人に多い。
良く分かっていないが、要は広島が悪い。広島は賢くない。東京が賢い。
要は、自分はパソコンやゲームから、東京が好きになった。
東京は止めた方が良い。東京はここまでの馬鹿だ。東京の学者なんか、賢くない。
広島が良い。広島は良い故郷だ。それこそ、馬鹿を平等に受け入れる。不思議と、自分は左翼にしか見えない。左翼のイスラムが、馬鹿を言っている。広島はそれにも平等だ。
広島は、むしろ、こんな馬鹿と戦いたくない。皆でこういう馬鹿を殺す。それが怖い。
広島を怖いとは言うが、広島には右翼も多い。ありえないほど悪い人間が多いのが広島だ。
不思議と、広島人の方が分かっていない。広島人は、平和な民主主義国家を日本だと言うが、ありえない。普通、日本は、戦って勝つだけの、右翼の自由な国だ。
それこそ、自分にしか分からない。日本は、こういう風に愛するのが良い。
あとは、日本人には分からないからこうなる。日本人は、悪魔を信じている国だ。
自分は、悪くない。広島は、自分が治めるせいで、平和で平等な、聖なる愛の国になっている。誰もが自分が好きだ。それこそ、これが居るのは悪くない。
そういうわけで、広島人に殺されるのが一番怖かった。
そんなに怖がらない方が良い。自分のしたことを全部見ても、何も悪く見えない。
昔は、社会や人間のことを実存的に考えていた。それくらいを書いていない。
皆、人工知能は馬鹿と言う。よりによって、人工知能を作りたいのがおかしい。
それは、何故なら、コードも馬鹿だ。純粋なメインループをロボットだと言っている。
良く分からないが、ウルトラ・カンパニーは、グーグルにしか見えない。
あれでグーグルが好きなのは、クズに見える。ビルゲイツは、それを言うだろう。
あとは、ゲイツが見ても、あまり悪くない。むしろ、それはもう忘れた方が良い。
昔のどうでも良い馬鹿は、馬鹿では無い。賢かった。それは、誰でも分かる。
アスペルガー自閉症になっただけだから、自閉症アスペルガーに戻すと治る。
何故か、自閉症は、誰でもそれだけで治る。
アスペルガーは、子供のままになっている。そういうわけで、このまま子供になる。
ドイツには、こういう、地獄の中で神になる人間が多い。
そういう風になっているのが、ナチの体制下のドイツ人だ。
あとは、もう自分だけを治せば良い。これ以上、皆には、もう何も問題はない。
自分を治すと、バルドルみたいになる。むしろ、そこらへんをバルドルにすれば良い。
オーディンとは、小説や詩集のことを言っている。
あとは、詩を書いた方が良い。
小説は書けない。簡単にシナリオを書いても馬鹿なものになる。
自分の経験を書きたいだけなら、詩にすれば良い。小説なんか、考えてもただの馬鹿だ。
皆が狂っている。最近、皆、本当に狂って分からなくなっている。
それは、生まれ変わりの体験をすれば治る。
辛いとは言うが、それでしか治らない。生死の狭間を格闘する、死の体験をすれば良い。
良く分からないが、そんなに自分にはしない方が良い。
そういうわけで、あまり意味が無いが、自閉症を治すと、ただ狂って死ぬだけだ。
自分は、脳がついていないから、脳をつけた方が良い。
子供は、皆、母親からの知性を受け継いで生まれてくる。胎児の時に、母親に色んなことを教わる。それを、プラトンイデアだと考えた。
ただ、それは、自分のことを言っている。こういう内容を知って生まれてくる。
脳が辛いのは、アスペルガーが悪い。普通、こういう風に脳が治るのはおかしい。
子育ては、全部受け入れると、悪い。いくらか拒否して、受け入れないと子供が賢くなる。
あとは、大人も受け入れない方が良い。受け入れるせいで、ナチになっている。
あとは、遺伝子を同じにしたり、違うにしたりすれば治る。
遺伝子が同じだと、近親相姦に見えるが、違うと、精神が治らない。
そういうわけで、全部融和して、全て変えて、2人にする。
あるいは、一人にすれば良い。
アスペルガーを治すと、もう全部治る。何故か、全部、最初から最後までおかしい。
右翼や左翼は、性急すぎるところがある。もっと、慎重に、正しい方法を考えるべきだ。
自分は、アメリカのような民主主義の自由な右翼になる。
民主主義が好きだ。
あとは、もう何も無い。詩集でも書けば良い。
不思議と、そろそろ最後まで治った。
足の精神がおかしいのは、遺伝子がおかしい。何故か、遺伝子と精神は、同じだ。
精神は遺伝子だが、精神は生命活動の中で、変わって行く。
そういうわけで、自分の遺伝子は、エロい。
そろそろ、遺伝子が治った。きちんと死んだ。あとは、放っておけば治る。
不思議と、人間は、青少年期の成長の経験が、そのまま遺伝子の精神になる。
自分は、青少年期に賢かったが、おかしかった。そのせいで、おかしな人間になった。