「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2016-05-16

ワードからコピー

目的と手段を分析して、全部実現出来るようにしていた。
もっと、賢い言葉を考えれば良い。目的と手段から、応用と再利用、考え方と可能性、集合知と集積、自由と協力のように、賢い言葉を考えれば良い。
いつも、そういう、賢いこの世界の様相のような言葉を考えていた。
モデル、推論、実験、論理、可能性、自然、体験から、そういう知の世界観を分かった。
うつ病が治ると、賢くなって、楽になる。うつ病は、知性が無くなって、がんになる。
自然発生から自由な環境まで、社会や応用的な考え方と賢い言葉を考えた。
歴史的な、社会の変貌や経験のようなことを考えた。
自由が好きだった。自由と人生から、あらゆる森羅万象を考え方で分かった。
あとは、物理的なことが分かっていた。正しいことだけを信じて、成長と発見をしながら、信じるべき正しいことだけを積み重ねる。そういう風に分かっていた。
それで、人間像や世界観を作っていた。そういう、言葉の本質のような文章だった。
あとは、馬鹿な方が賢い。小説は、馬鹿の方が書ける。そういうわけで、馬鹿になっているのは、仕方ない。馬鹿なことをやっていると馬鹿になる。
むしろ、本当にこれで良かっただけだ。Linuxなんか、出来ても意味が無い。
人に対する優しさや手助けに、感謝するのは良い。だが、依存するようになってはならない。それは、感謝や信頼から、憎しみや怒りへと変わって行く。問題は、依存することなく、自分の力で生きること。だから、学校の友人を作るより、一人だけで旅のような体験をした方が、賢くなる人間が多い。ただ、人々と完全に離れるのではなく、人々との関わり合いの中で、夢や達成したい目的を持って、成長すること。それが、マスターだ。
自分は、そんなに賢いことを分かるのが間違っている。もっと馬鹿なことを分かれば良い。
パソコンは無視した方が良い。パソコンには、馬鹿しか居ない。
答えは自分の人生と心の中にある。最初から答えを持って生まれているのが人間だ。
判断基準や考え方は忘れた方が良い。そういうものは、賢く見えて、偏見や思い込みや先入観に繋がる。もう、分かっている、と思うのが馬鹿だ。
そして、知とは何なのか、知をどのように知り得るのか、認識とはどういうものなのか、考えれば分かる。そういうわけで、分かる人間が馬鹿だ。行動のようなものは、色んな場合と条件を変えて実験すれば、誰でも分かる。それが賢い。
あとは、社会の構築はネットから分かるようで、ネットでは分からない。
何かをする、前提の環境や方法を忘れた方が良い。方法では無く、目的を考えれば良い。
人生にマニュアルは無い。学校で学んだことなんか、忘れた方が良い。マニュアル的な方法は賢くない。もっと、人々の経験を観察しながら、新しい自分なりの発見をすれば良い。
ただ、昔の自分は賢くない。きちんと進歩しているから、今の自分を信じた方が良い。
ものは、作れば生まれる。環境を作れば世界が変わる。そういう、考え方を書いていた。
皆、そろそろ、きちんと頑張るのを止めて、馬鹿になった方が良い。それで楽が出来る。
あとは、自分になるのではなく、洗脳や先入観を無くして、自由になるのが良い。
考え方と自然から、自由に考えること。そこでは、一切の思い込みや偏見を無くして、正しいことだけを考えること。そこから、意味を考えることで、論理的思考力がつく。
そういうわけで、もう学校や権威の言うことは、聞かなくて良い。
宗教や大学の権威に従うだけは誰でも出来るが、ただ反抗し、批判するだけも賢くない。正しいのは、自分の力で賢いことが出来るようになって、手助けや解決を、自分の力で出来るようになって、自分の力で考え、発想し、実現することだ。
人の意見を全く無視するのも良くない。きちんと聞かないと本当に分からなくなる。
先入観は悪い。だが、ある程度正しい考え方を知っておくべきだ。
そして、記憶と自由を考えれば誰でも分かる。そういう、「本質的洞察方法」を考えなさい。
洞察とは言うが、ただの自由を信じれば良いだけだ。それが、普通、左翼のようになる。
世界は、可能性の中の1つの決定であると同時に、それは必然的なものである。
ネットはしない方が良い。これでネットをしていると、狂ってあとで辛くなる。
皆も賢くなるだろう。きちんと考えれば分かる。皆、最近は何も分かっていない。
最近は、真実が分からない人間が多い。人間は、真実と真理によってしか、分からない。
知識は、方法であり、経験である。その中で、あらゆる人間が知識を作ることが出来るが、それはある意味、普遍的な常識が共有されているからであって、常識を知るだけなら、誰でも全ての科学が作れる。自分で全部抽象的に作ってしまえば良いだろう。
そろそろ、昔の自分は要らない。もう一度、本質と根底から先入観無く考え直すべきだ。
あまり狂わない方が良い。狂うと、虫になる。
昔は、何にでもなれる基礎の構造体のようなものを作っていた。全て出来るようになった。
そういう、昔に洗脳するのが悪い。
最近は、分からなくなって分かっている。分かってしまえば、放っておくだけで分かる。
先入観を無くすこと。他に、何も分からなくて良い。子供は、先入観が無いから、賢い。
一切の先入観は、要らない。
そして、知や認識の前提を考えると良い。そこから、関係や環境的な作用が分かる。
何かが何かと思っていたことも、本当に分かると、あまり意味の無いことであることが多い。そういう風に、デカルトのように分かると、きちんと真理が分かる。
ネットを馬鹿だとは言うが、昔は、知や認識や人間の前提を知るために、ネットを使った。
うつ病は、先入観が悪い。真実のこの世界は、そんなに悪い世界じゃない。
キリスト教のせいで、こんな悲惨な人間になる。キリスト教は信じない方が良い。
ただ、そういうことを言うのが悪い。そういう、先入観を良いと思うのがおかしい。
一度何も分からなくなると、それが怖い人間が多い。
先入観を、正しいことにしたいのが悪い。そういうことをしていると、本当に先入観が正しいことになって、おかしく分かるようになる。
それこそ、そういう人間は、正しいことをしている人間が多い。神はそういう風になる。
神を忘れて、先入観を無くした方が良い。
先入観が完全に無くなると、安らげるようになる。
あとは、昔の自分は、インターネットを見るのが間違っている。ネットには嘘しかない。
きちんと勉強も、悪い。大学はこういう風にしかならない。分かる人間が出来る。
先入観を、表にしたり、裏にしたりして、機械のように分かっている。
いつまでも知を知るだけで、こういう風になる。こういう人間が多い。
あとは、旅の途中で周りの景色を見ないのがおかしい。そんなに真っ直ぐに生きても辛いだけだ。適当な、簡単な楽をすれば良い。そういう人間が賢くなる。
これでは、賢い男と馬鹿な女に見えるが、この2人が居ると、何でも分かるのが自分だ。
こんな人間は居ないから、自分が王で良い。
あとは、この世界は、もう一度ゼロに戻って、また自由になれば良い。
ただ、それは悪い。もっと、好き勝手では無い、正しい目的のある自由にした方が良い。
自分は何もしていないから、自由どころか、最初から何もしていない。
何かした方が良い。それこそ、何もしない王のせいで、皆うつ病になって狂っている。
そういうわけで、多少変えたことをする。理想の世界を自分なりに作れば良い。
世界は、最近、学校にならなくなっている。何故か、学校は誰が見ても馬鹿だ。
パソコンになっているから、それを止める。
何故か、世界は自分になっているから、ありえない。そこがおかしい。
何かをすれば良いのは分かるが、キスやセックスはしたくない。そこまで、恋人のようなことをするのはおかしい。自分は、王であって、恋人では無い。
そういうわけで、適当に一緒に居れば良い。それだけで充分だ。
良く考えると、皆に何かをしてもらえば良いだけだ。
エロいことはしたくない。協力して、もっと賢いことを、皆の力でやれば良い。
自分は、皆が賢いのが分かっていない。自分の力で生きれば良いと言うが、そんなものは誰でも既に終わっている。そういうわけで、自分と同じ賢い人間にはしない方が良い。
そういうわけで、皆がマイクロソフトやアメリカを倒せば良い。それなら出来る。
ただ、パソコンは悪くない。皆の力で新しいパソコンの標準を作れば良い。
それこそ、パソコンなんかどうでも良い。そんなことはしなくて良いから、本当にそれはしなくて良い。もっと良いことをしたいなら、きちんと良いものを作れば良い。
あまり、金儲けに意味が無いから、ビジネスのようなことはしないのが自分だ。
不思議と、ゲイツを倒すのは悪くない。最近は、ゲイツが悪いだけの世界だ。
僕は、そういう、競争や革命のようなことはもうしない。
むしろ、本当に社会の異常さのようなものを治した方が良い。最近は異常だ。
あとは、自分が指揮したり、戦ったり、自分にしたりするのが悪い。
そういう悪いことを、悪いと思った方が良い。
数学的な方法、命題、関係、目的、説明、世界観、本質、法則のような文章を書いていた。
つまらないから、新しい小説を書きたい。
ドラえもんと言うよりは、ただ、いつも書いている文章が全部書ける物語を作った。
そういうわけで、何でも書ける物語を作った方が良い。
この世界は、良い世界だ。それは、今のこの世界だけではなく、経験と方法から言える、「この世界の可能性は、沢山ある」と言う意味で、本当に良い世界だ。
僕は作家は出来ない。普通のことを何も知らないし、馬鹿なシナリオは考えたくない。
そういうわけで、作家はもう止める。作家は、何も賢くない。
あとは、僕はWindowsは嫌いではない。むしろ、他人よりも好きな方だ。
だから、Windowsオープンソースになれば良いと思う。皆で、それをした方が良い。
昔は、頭の中の基礎の積み重ねをきちんと厳密に作っていた。それを破壊したかった。
自分を馬鹿にして、皆を賢くさせるのがおかしいから、止めた方が良い。
自分には、意志のようなものが無い。意志を作った方が良い。
オフィスのようなアプリケーションは、目的に応じて、エディションの違いのようなものを作れば良い。機能の少ないライト版や、科学的な用途に使うサイエンス版を作れば良い。
皆は、もう治った。本当に、うつ病を治すと、誰でも楽になる。最近、全員うつ病になっているから、それを治したい。あとは、医学を学ぶと良いかもしれない。
自分が出来ることから、社会の変化、実現、解決のようなことを、想像力と経験から考えていた。本当に、何でも出来るようになっていた。世界の未知を知った。
そろそろ、作家はもう止める。もっと、賢いことを何かしたい。
科学者は間違っている。科学者は、賢くない。
あとは、それぞれの視点を考えていた。同じ環境でも、それぞれの視点と経験から、見方は変わっている。どんな国にすれば、それぞれが自由に生きられるか。そういう、自由と相対性から目線と場を考える。そういう文章を書いていた。
最近地震が多いのは、温暖化や自然破壊のせいだ。地球の意志が、人間を殺す。
あまり意味が無いが、自分が生き延びる。賢くない馬鹿は、地球が殺していく。
Linuxが悪いのは、うつ病になるのが悪い。Linuxをやっていると、うつ病になる。
2ちゃんねるは、あまりに悪い人間になる。
哲学者になると、何も分からなくなる。
そろそろ、昔が治る。そういう、昔狂っていたせいで、辛くなった。