「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2016-05-14

ワードからコピー

昨日は、文章は書かなかった。楽だった。
昨日は13日の金曜日だったが、特に何も無かった。
大学が悪いから、止めた方が良い。大学は、賢くならない人間になる。
子供の時を、思い出すと分かる。子供は賢い。
周りのことを良く見ること。自分だけになっているから、周りを見た方が良い。
皆が、男は昔、女は今の自分になっている。それを治した方が良い。
悪いことは、3つある。
まず、大学をするのが悪い。賢くならなくなる。
次に、何もしないのが悪い。辛くなる。
そして、馬鹿なことをするのが悪い。馬鹿になる。
そういうわけで、ほとんど馬鹿しか居ない。
作家とパソコンは賢くなる。それだけが、唯一賢い。
そういうわけで、自分しか賢くない。あとは、馬鹿な活動家は、馬鹿に見えて賢くなる。
そういう2人のカップルにしか、見えない。
あとは、昔は大人のような文章が多かった。大人のような行動規範を言う。
今書いている小説は、もう完成した。新しい小説を書きたい。
出来るだけ何もしないでいると、治る。自分は、そのせいで子供になっている。
赤ちゃんになっているのは、馬鹿だ。もっと大人になると賢くなる。
パソコンは、大人になって、まともに賢くなる。
作家は、天才になる。大人が賢いように見えて、天才の方がさらに賢い。
農園には行ったが、もう農園のことは書かないことにする。言うだけ意味が無い。
昔は、古代ギリシャのように、社会の変貌のことをネットで分かっていた。
もう、大学は止める。大学を止めると、すぐに消えて頭が賢くなる。
馬鹿は全部大学だ。大学のせいで馬鹿になる。
不思議と、大学なんか、無い方が、経済学や哲学が分かる。大学なんか、要らない。
ネットも悪い。パソコンや右翼のようなものは悪いから、しない方が良い。
社会経験をした方が良い。仕事をしていると、誰でも賢くなる。
カントを参考にすれば良い。大学より、社会経験で理性批判だけをした方が、賢い。
自分と他人を比較すれば分かる。馬鹿に見えて、そういう普通は馬鹿では無い。
ただ、あまり比較しすぎない方が良い。自分のことは、自分で責任を持ってやれば良い。
普通、信じて知性がつく。思い込まないと、世界が分からない。
最近は脊髄反射になっている人間が多いから、良く確かめるようにした方が良い。
そういうわけで、今から大学では無く、普通に生きる。不思議と、全部楽になった。
普通に生きながらカントを参考にすれば良い。
自分の問題は、したいことが何も無い。何もしたくないようで、したいことが無いだけで、楽しいことがしたい。そういう、惰性と依存だけで、文章を書いている。
英語は良く分かっていないが、動物をthe animalと言うように、theと言う言葉は、heやitと同じように使う。そういう言語だから、theなんか、誰も使わない。普通、人に説明する時にしか使わない。普通に、theは無視しても通じるから、無視した方が良い。
自分は、皆を支配出来る。何故か、言語的なネットと環境の経験のせいで、そうなった。
何もしない方が良い。支配出来るせいで、何かするとすぐに悪いことが起きる。
本当に、馬鹿なことをするのは、そのせいだ。何故か、こういう馬鹿がナチみたいに多い。
あまり意味が無いから、もっと偉大なことをした方が良い。
そうすると、小説を書くのが良いだろう。むしろ、ドラえもんではなくて、他の漫画や小説のシナリオの本質を分かった方が良い。何か分かると、すぐに書ける。
あとは、むしろ、自分は悪い。そういう、賢すぎるのに無責任な自分が悪い。キリストが言うように、悔い改めた方が良い。皆、何も起きていないように見えて、自分が悪い。
最近、自分のせいで、会社が馬鹿になった。会社には、何も出来ない。
社会主義は良く見えない。むしろ、自分で良く見える。それで、右翼と左翼が増えた。
自分は自由が好きだから、自由にした方が良いが、皆は、何も分かっていない。
だから、皆真実を分かった方が良い。何も起きていないようで、自分が悪い。
真実を知れば、知性がつく。何が正しいのか、真実は何なのか、分からないのが日本だ。
あとは、小説のシナリオを分かるなら、過去に読んだ本のシナリオを思い出せば良い。
ハリー・ポッターなんか、最初からハリーが天才だ。ネシャン・サーガは、旅をして、最終的には自分が裁き司になる。そういう風に、登場人物を特別扱いするのが普通だ。
学校は、きちんとしなきゃいけないと教えるが、それが間違っている。普通、何もしなくて良い。狂った人間は、皆学校が悪い。学校なんか、皆を馬鹿にしているだけだ。
あとは、もっとハリーやネシャンの研究をすれば良い。そういう風にすると、書ける。
パクリとは言うが、シナリオの本質をパクるぐらいは、悪くない。
きちんと分かっている人間は、一番何も分かっていない。自分の体験から、自分で分かる必要がある。皆は、自分なりの何かをした方が良い。きちんとする必要はない。したいようにすれば良い。そういうわけで、自由が一番分かる。自由に成長すると良く分かる。
世界は、もっと自由になった方が良い。
あとは、無意味な好き勝手は良くない。馬鹿の自由は悪い。それは、自由を無くすより、皆がもっと賢くなるべきだ。自由を無くすより、自由でも悪いことをしなければ良い。
それこそ、自由が悪いと言うよりは、その対象を禁止すれば良い。自由は悪くない。
あとは、想像力と体験で考えること。
シナリオの研究は、むしろ、一般的な漫画のシナリオのようなものを考えれば良い。
どんでん返しとか、ハラハラドキドキとか、最後に全部繋がるとか、そういうものを書けば良い。書けないとは言うが、それを書かないと、意味が無い。
それこそ、主人公には何も分からないようにして、ある時気づくようにすれば良い。
シナリオはそれくらいで良い。あとは、前と同じにすれば良い。
書きながら考えれば良い。
あとは、舞台を考えれば良いが、それは、江戸時代とかにして、その当時の人々の生活でも調べれば良い。きちんと江戸時代を書いた方が良い。
むしろ、シナリオなんか、誰も考えない。適当に面白いものを書いているだけの漫画しかない。誰でも馬鹿しか書けない。ハラハラドキドキとある時真実が分かるのだけで、書ける。それは、バックトゥザフューチャーのようにすれば良い。
ただ、ハラハラドキドキを小説でやるのは難しい。ある時真実が分かるようにする漫画は、BASARAとか、ソフィーの世界とか、結構多い。ミステリー小説のようにすれば良い。
小説なんか、普通、「本当はそうだった」しか書けない。
サムライの過去を、最強の戦士だったとか、るろうに剣心のようにすれば良い。
小説はそれだけだ。本当は偉いところの貴婦人で、あとで謝礼を与えるとか、そういう風にすれば良い。不思議と、小説はそれしかない。普通、それしか書けない。
要は、正体や真実があとで分かれば良い。大魔王や宇宙人が普通の人間の姿で現れても、おかしくは無い。ある時、あるきっかけで、最強の戦士に恩をきせるとか、そういう風にすれば良い。偉い王様を助けたことがきっかけで、雇われて、どこかへと派遣されても良い。そういうわけで、ミステリー小説がストーリーテラーだ。普通、誰でも分かる。
シナリオも、そういう風に書けば良い。魔法のイチゴを食べると、魔法が使えるようになった。その魔法は、実は裏世界の魔法であって、使っていると、何か不吉な能力を持ってしまった。そのために、裏世界へと続く、旅へと巻き込まれるようになった。
そういう風に、何かが起きて、それがあとで本当の真実が分かるようにすれば良い。
そういう風に書けば、ストーリーが書ける。普通はそれだけだ。
人間は、分かれば分かるほど馬鹿になる。知れば知るほど馬鹿になる。
子供が賢いのは、分からないからだ。古代ギリシャ人が賢いのも、分からないからだ。
そんなに分かっても意味が無い。本当に、何も分からない方が良い。
高校や大学は、そこが分かっていない。学校は、馬鹿になる。何も知らないのが賢い。
昔は、観念とか、感覚とか、考えることを考えるのが賢かった。
不思議と、分かるのを止めると、もう賢くなる。本当に、馬鹿の方が賢い。
あとは、作家もそれで出来る。自分が作家が出来ないのは、馬鹿だからだ。
もう賢くなった。それこそ、子供は学校なんか、行かない方が本当に賢い。
学校は悪い。子供には、きちんと思い出して、情景から分かる人間が多い。大人に居ない。大人には、こういう風に、分からなくて考えて分かるオヤジが多い。
本当に、経験を考えれば分かる。経験する前と、経験する後を、良く考えれば良い。
カントも、アプリオリとは言うが、そういう風に、経験を良く考えている。
あとは、大学はもうしなくて良いし、分かったことはもう忘れて良い。
本当に、分かる人間が馬鹿になる。教師はおかしな人間が多い。分からない人間が賢い。
自由とは言うが、昔は考えて分かっていただけだ。経験を考えて分かっていた。
本当に、何も知らない子供が賢い。そういう人間が考えると、分かる人間が多い。
この世界を治すなら、皆を分からなくするのが良い。分からなくなると、賢くなる。
馬鹿になったのは、全部グーグルが悪い。そんなに分かるせいで、馬鹿になった。
昔は、論理的に考えていた。そうなればどうなるか、何を目的にしているか、何を作るべきか、何が望みで、どうすれば叶うか、方法は何か、それを実現するために何を与えるべきか、問題は何を問題としているか、のようなことが、論理的に分かっていた。
文章には、経験から概念まで、論理的なプロセスのようなことを書いていた。全てを実現し、全ての前提を考え、あらゆる意味で、正しいこと、目的に適うことを言っていた。
そういう文章だった。ただ、あれは賢くない。本当に馬鹿な人間だ。
考えるなら、目的を叶えるために何が必要か、そのために何が出来るかを考えれば良い。
そして、1つ1つのことが意味している、本来的な目的を考えれば良い。
何をするために何が出来るか、そのために自分はどうあれるか、のようなことを考える。
そろそろ、馬鹿が治った。不思議と、認知症はもう死んだ時に治った。
分かった人間は、宇多田ヒカルを聴くのが良い。一番何も分かっていない。賢くなる。
そのことが何を意味しているか、から、法則、共同体、自由、人生、経験が分かる。
そろそろもう良い。あとは、大学はもうしない。不思議と、大学が無い人間が考えると、誰でもヒュームやマルクスと同じになる。哲学は、大学なんかしない方が出来る。
大学はしない。あとは、働くのより、何か賢いことをした方が良い。作家は悪くは無いが、作家は何かしていた方が出来る。何もしない人間が作家は出来ない。
それから、真実を分からせるだけで作家は出来ない。もっときちんと考えないと、賢くない。そういう風に分かって書くと、馬鹿な作品になる。分かっても意味が無い。
昔は、自由な経験、関係、環境、認識を考えて、人間のことを考えた。
いつどうなるか考えて、実例から分かった。
そういうものは、分からない人間なら、誰でも出来る。賢い人間は、誰でも分かる。
経験から、恐怖の意味とか、悟りとか、そういうものを分かっていた。
自分は馬鹿では無い。むしろ、自分が勝った方が良い。それこそ、自分は2ちゃんねるWindowsを滅ぼしたかっただけだ。こういう風にすると、勝てる。
Windowsは、本当にどんどん悪いものになる。自分に勝てないから、そうなる。
自分が一番強い。それこそ、自分は悪くない。神様は悪いことはしない、と斎藤一人が言っているのは、自分のことを言っている。神は悪いが、皆に悪いことはしない。
あとは、作家になった方が良い。作家が賢い。ただ、ストーリーを考えても賢くない。もっと、面白いものや登場人物を考えて、場面を作った方が良い。
昔は、ネットで実例を見ながら、きちんと正しく考えて、実験して人生を分かっていた。
何もかも、全部分かって、出来るようになって、知性がついた。
そういうわけで、本当に、宇宙にこの2つしかない。その2つが好きだった。
もう、昔に戻る。もう一度、哲学者のように全てを考えたい。
あとは、小説が出版出来たら良いとは思う。ただ、それは夢のようなことだ。
こういう馬鹿が、成長して分かる馬鹿が多い。自然な経験から、宇宙の真理が分かる。