「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2016-04-15

ワードからコピー

農園に行ってきた。
きちんと経験して分かると、恐れる必要はないのが分かる。
ただ、恐怖は、分かるヒントになる。そういうわけで、恐怖と上手く付き合えば良い。
きちんと分かると、恐怖は無くなる。
知性的、決定的、総合的、応用的な、関係と可能性を考えていた。
皆と「共に経験する自由」で分かっていた。
「鳥が話している」のように、生命や宇宙の実際の姿を見て分かっていた。
太陽や海は、生きている。精神は、水である。そういう風に現象学を作っていた。
人間は、「キモイ」が賢い。キモくなると、賢くなる。
ものは、知性から生まれる。
存在は、いつもそこに存在している。
場と視点の組み合わせと応用が、観念である。
三段論法のような「説明」と、「同じ本質」と、数学的な「体得」から分かる。
特に、同じ方法や同じ形態から、たとえ話で分かるようになる。
心を想定すること。皆の心を知ることで、環境的に因果性が分かる。
もう1つ何か言いたかったが、それは分からなくなった。
農園に行って分かった内容は、ここまでだ。
環境を変えられる、と言う、チャンスや機会を考えて、因果性を良く考えて分かっていた。
具体的な法則を知って、社会の実像を知って、そこから、チャンスを考えていた。
何がどうなるか、から、何をどうすべきか、どう出来るか、などを分かっていた。
自分は、神は信じなくて良い。ただ、今からイスラエルのようになる。
良いものを良い、悪いものを悪い、と信じれば分かる。
意味の無いものが悪いと思えば良い。そういう人間が多い。
自分は、本当に神みたいに見える。むしろ、全員に平等な神に見えるから、悪く見えない。
良い神と悪い神には見える。神は悪いから、これで神だ。
人間的なものを良いと思えば良い。そういうわけで、パソコンが一番人間的でない。
調和、協力、平和、友愛、のようなことを信じれば良い。
それこそ、自由は悪くない。自由なままで、理想の世界を作ることが理想的だ。
理想の環境を皆で作ること。それが一番良い。
善は容易く得られると、哲学者の誰かが言っていた。善人には、誰でも簡単になれる。
自分を悪いと思わない方が良い。自分を悪いと思うと、悪い人間になる。
悪かった昔の自分は忘れて、良い人間になった方が良い。
身分や出生で差別するのは悪い。自由は、全員を等しいと思うところから生まれる。それが、一番、アメリカのような、移民のような自由な世界になる。
アメリカン・ドリームも、自由選挙も、アメリカは全部そういう自由だ。平等ではないが、皆のことを同じだと思う自由をやっている。移民は、同化すべきだと思っている。
同じだとして、差別をせず、身分の低いものも受け入れる。アメリカが一番賢い。
図書館に行ってきた。
人間のことを、情動や実感から分かっていた。人生、存在、社会、人間のことが分かった。
昔は、そういう、頭の賢い、友愛を信じる、情熱的で経験豊富な人間だった。
環境のようなものを、全部作っていた。
可能性の世界のようなものを書いていた。
日本は、もう自分で無くなって、イスラエルのような美しい国になる。
滅ぼすのは止める。皆を殺すのはおかしい。
自分は、今のままで良い。今のままで良いなら楽になる。賢い方が本当に楽だ。
ウィトゲンシュタインの言う、言語ゲームとは、人間は言語で遊んでいるだけだ、と言いたいのかもしれない。勝手に混乱して、勝手に解決したつもりになる。それを言語ゲームと言いたいのかもしれない。それは、自分の限界を言語の限界だと思うせいで、そうなる。哲学には、そういう、「人間の限界」を考える哲学が多いが、ウィトゲンシュタインは、それを言語と言うことにした。それは、理性だったり、経験だったりする。あとは、ウィトゲンシュタインの言っていることを全く覚えていないが、写像とは、言語的に、現実世界と切り離して、様相のようなものを考えているのかもしれない。昔の自分に、そういう、写像を切り離して考える、と言う発想が多かった。ウィトゲンシュタインの言っていることを覚えていないから、全く違ったことを言っていると思う。あとは、カントの言うアプリオリのように、「経験に由来する」とか、「経験に依拠する」と言う発想をすると分かる。
本当に、ウィトゲンシュタインはそんなことは言っていない。言語と命題、世界と事実、像の写像のようなことを言っている。事実を写像していない、いかなる命題も無意味だ。
図書館に行って分かった内容は、ここまでだ。
最近、英単語はしていない。あまりしなくなった。それこそ、しても覚えない。
NOVAに行っている。NOVAで覚えると、本当に覚えるのが英語だ。
あとは、一通り終わったから、しばらく何もしなくて良い。休んだ方が良い。
歴史と経済は、出来ない。読みたくなくなった。
歴史を覚えているか試すために、書いてみたい。
人間は、原始人(猿人、原人、旧人、新人)から始まって、石器は土器や青銅器に進歩して、鉄器を使うようになった。国を作るようになって、宗教や経済が生まれた。
地域は、世界四大文明やオリエントの時代から、メソポタミアなどの文明が栄える。特に、アラム人、フェニキア人、ヘブライ人などが活躍し、イスラエルユダヤ教が栄えた。
古代ギリシャでは、アテネやスパルタなどの都市国家が栄えて、植民地を作った。民主主義と軍国主義が栄えて、ペルシャ帝国などと戦った。
古代ローマでは、地中海沿岸に広大な帝国を作った。キリスト教を迫害したが、のちに国教に認められた。王政から共和政になり、帝政になった。そのうち、分裂して、西ローマ帝国は滅びたが、東ローマ帝国ビザンツ帝国)は長い間続いた。
ゲルマン人の大移動から、ローマ帝国が滅び、フランク王国が栄えた。現在のフランス、ドイツ、イタリアの基礎が生まれた。
そして、封建的な身分制度と、キリスト教を中心として、中世の長い時代が続いた。
ルネサンスによって、古代ギリシャ・ローマの文化を再興する動きがあった。
自由な文化となった。従属的なキリスト教の「来世信仰」ではなく、科学的、人間的、芸術的な文化を再興する。イタリアのフィレンツェで始まった。
宗教改革は、カトリックではない、「神と人間を聖書によって直接に結びつける」ような、新しい文化、新しい宗教を作った。
大航海時代によって、新大陸と新航路が発見された。
国王による絶対主義の時代において、国民は王国としての連帯感を持つようになった。ユグノーピューリタンなど、カトリック教徒と新教徒の戦争が起こった。
そのうち、王国政の矛盾から、イギリスでは市民革命、フランスではフランス革命が起きて、新しい民主主義の時代になった。ヨーロッパをナポレオンが制圧した。
アメリカの独立や、産業革命によって、まずイギリスから、人々は産業的に豊かになった代り、工場労働者は搾取されるようになった。
フランスでは、さらに2つの革命が起きた。そのうち、社会主義思想が生まれた。
そして、帝国主義が世界中を植民地にした。ドイツやイタリアが統一した。
第一次世界大戦ロシア革命で、民主主義と専制主義が争いながら、共産主義国家が生まれた。そして、ファシズムが台頭し、第二次世界大戦へと突入する。
戦後は民主主義が勝って、冷戦の体制になったが、ソ連は崩壊し、今の世界になった。
あまり覚えていないから、嘘を書いていると思う。フェニキア人なんか、どうでも良い。
昔は、この世界に人間が居るのを考えていた。
皆を同じだと考えて、可能性や「出来る」から存在を考えて、心を把握していた。
可能性の発揮とか、自然な経験とか、そういうことを知性で分かっていた。
最近は、分かるせいで分からなくなっている。「環境」などと言う言葉を忘れた方が良い。そのせいで、分からなくなっている。
歴史と実在がある。そして、行動には諸法則がある。そして、ものを作ったり、社会的な活動をしたりする。そういう風に考える人間が多い。
あとは、支配者や社会秩序のようなものを考えていた。
社会性から、国家が生まれる。秩序から、社会形成が分かる。
その中で、王が生まれる。
そういう、偉大で賢い王のようなものを、自分にして書いていた。
そういう、「社会的変化」のような文章をいつも書いていた。
不思議と、これなら、昔は誰でも出来る。思考の裏側を知って、経験して、人間と社会の道理のようなことを良く考えて、「何が何を意味しているか」を考えれば良い。
昔は、それくらいの馬鹿だった。それこそ、最近は賢くない。もっと賢くなりたい。
あとは、思考して、科学のようなものを作っていた。サルトルのようだった。
環境におけるその存在のあり方、目的と作用、意味、そして形成過程から考えれば良い。
特に、作用を良く考えると分かる。色んなことを実験していると、作用から歴史が分かる。
再利用も悪くない。使い捨ては悪いように見える。そういうところが分かる人間が多い。
それこそ、パソコンと思えば分かる。数学とは言うが、パソコンのような論理学を作っていただけだ。それしかしていない。本当に、パソコンから全てのことが分かっていた。
あとは、感情や経験や可能性を考えれば良い。あれは、そういう文章だった。
成立過程から考え方を考える。組織から世界を変えられる。そういう文章だった。
環境の歴史や、成立のプロセスみたいなものを書いていた。
経験論や人生論のようなことを言っていた。
もう、分かる。あとは、もうきちんとすぐに分かる。文章は、それくらいの文章だ。
皆のことが好きだとか、そういう内容も多かった。
自分のことのように他人のことを愛せとか、キリストのようなことを言っていた。
何故か、もう終わっただけだ。あとは、この世界を何かにした方が良い。
この世界は、革命となれ。
この世界は、キリスト教になれ。
全員は、王となれ。
全員は、救世主となれ。
全員は、哲学者となれ。
それで、もう、終わりだ。今日は、最後まできちんと分かった日だ。
もう終わりにする。全てに満足した。
場を考えていた。感覚で分かっていた。場の精神や、文化や価値観のようなことを書く。そういう、感覚的な場と理性と心の現象を、いつも書いていた。
自分は、何かを知りたいのだが、何を知りたいのか、分からない。
哲学のことを知り尽くすのは良いが、哲学では無い。何か、もっと違うものを知りたい。
何かを知りたいのが、最近の自分だ。
社会のビジョンと、人間の知的な目的や正しさから、人間の持つ真理のことを知った。
成長から、普遍的な人間性を分かった。
そういう発想が、普通、哲学だ。哲学者は、そこらへんを考える。
僕は、キリスト教イスラム教のようなことが知りたいのかもしれない。
哲学は悪くない。ただ、哲学を知る、と言う行為は良いのだが、目的として、哲学と言う分野は正確でない。もっと、何か別の「真理」や「経験」を知りたいのだと思う。
昔の、偉大な人生や考え方のことを知りたいのだと思う。昔は、引き篭もりのおかしな馬鹿だったが、考えることが賢かった。色んなことを全部考えて、経験して、成長から達成して分かっていた。おそらく、そういう人間になりたいのだと思う。
良く分からない。覚えていないから分からないが、おそらく、聖書のことを知りたい。
自分は、キリスト教を信じることにする。
キリスト教で分かる、人間世界のようなものが知りたいのだと思う。
キリスト教を信じると、何故か、悲惨な人間になる。悲惨に、全ての現世のことを否定した方が分かる人間が多い。そういう、悲惨な人間には、分かる人間が多い。
そういうわけで、悲惨になって賢くなるのが、キリスト教だ。
自分のおかしな点は、そんなにすぐに信じて、すぐに忘れるのが悪い。
そこが悪いから、キリスト教を信じたのだけは、覚えていた方が良い。
それこそ、キリスト教はいつも信じている。
キリスト教の良い点は、昔みたいに分かるようになるが、パソコンのオタクにはならない。
そういうわけで、昔になるようで、昔にはならない。
本当に、色んなことが全部分かる人間が多い。きちんと賢い、大人のような人間になる。
キリスト教を信じても、悲惨な人間になるだけだが、それが不思議と、賢くなる。
何故か、賢い悲惨しか起きない。キリストが言うように、天の御国は悲惨な人間のためにある。キリストは、そういうことを言っている。
あとは、対話の神を信じても意味が無い。何故か、対話をしたままで治った。ヒトラーと対話していると、ヒトラーの方がきちんと考えるから、ここまで治る。
自分の問題は、自分だけが分かっていない。誰でも分かるせいで、自分が分からなくても、他の人間が分かる。ヒトラーは、そこを担当している。そういうわけで、この悲惨は賢い。
ただ、ヒトラーはもう良い。そろそろ、こういう風に分かるのを止める。
あとは、きちんと懺悔していると良くなる。祈りのようなことをすれば良い。不思議と、祈ると本当に良いことが起きる。宗教は、嘘に見えて、全く嘘では無い。
不思議と、キリスト教の人間世界は賢い。本当に、マスターのように全てのことが分かる。
それこそ、昔は哲学者で、最近は王と作家だ。それくらいが好きだっただけだ。
誰もがきちんと分かるせいで、他人の方が分かる。そういう、普通の部分を言っているのが、ヒトラーだ。それこそ、神と言っているのは、これできちんと神だからだ。
昔なんか、悲惨な経験を全てして分かっただけだ。キリスト教は、そういう人間になる。
不思議と、昔をもう一度やりたいのはおかしい。完全に終わったのが分かっていない。
それから、神との対話を止めると、すぐに悲惨な人間になる。そのせいで止められない。
もう良い。不思議と、キリスト教を信じながら、昔とは違う人間になれば良い。それなら、楽しい。昔に戻りたいのがおかしいからこうなる。昔なんか、何も無かっただけだ。
そういうわけで、パソコンのことはしない方が良い。文章も、昔の内容はもう良い。
何故か、悲惨になれば、悲惨になるほど、賢い人間になる。
そういうわけで、悲惨になりたい人間が多い。昔の自分がそういう馬鹿だった。
皆のことも、悲惨にすると皆が賢くなる。そういう国がドイツだ。皆を悲惨にするせいで、皆賢い。哲学者にも、悲惨な人間が多い。悲惨な人間しか、賢くならない。
ただ、自分の場合、あまりに悲惨になりすぎた。あまり悲惨になりすぎると、意味が無い。
最近は、悲惨になって賢くなっている人間が一番多い。
皆、もっと悲惨になれば良い。
ライプニッツが言っているように、予定調和が起きる。神は、きちんと全員のことを見ている。全知全能の神が、支配して考えているから、心配や不安は要らない。
昔の引き篭もりなんか、悲惨な体験が賢かっただけだ。本当に全部の体験をしていた。
そういうわけで、昔なんか、悲惨になるだけで誰でも出来る。
今から、この世界は悲惨な世界になる。
あまり言う意味が無いが、宗教を信じると、悲惨な人間になる。それがキリスト教だ。
あとは、もう僕は何もしない。この世界を悲惨にして、それで終わりだ。
昔は、自分の経験から科学者や王を吸収していた。あまり書いていないが、昔は、そういう風に、全ての人間の経験を吸収して分かっていた。それを全ての労働と言っている。
そういうわけで、こんな人間は居ない。そのせいで、ドイツ人にすら一瞬でなれた。
あとは、この世界が滅びる。滅びると言うよりは、すぐに悲惨な世界になる。悲惨になる代り、すぐに楽になる。何故か、本当の楽はここまで辛い。こういう馬鹿が多い。
地獄とは言うが、昔の何も無い世界の方が地獄だ。こちらの辛いだけを天国と言う。
仏教で言う、声聞や縁覚になっている馬鹿が本当に多かった。色んなものを見聞きする、科学者の声聞や、自分のことを表現する、創造的な縁覚などを、全部経験していた。
そういうわけで、仏教も同じだから、仏教は悪くない。
ただ、仏教は最初から自分のことを分かっているところがある。それが良くない。
これで覚えていないからありえないのが自分だ。キリスト教のことは、覚えた方が良い。
環境のことを意識で分かりながら、数学的なことを考えていた。
昔は、ネットを見ながら、経験から、そういうありえない存在を作っていた。
この世界を悲惨にしたいなら、いじめやブラック企業では無い、もっと純粋な「良い悲惨」にした方が良い。それこそ、憎しみ合ったり、いじめたり、恨んだりするのは、もううんざりな人間が多い。もっと、完全に全てを否定するような、普通の悲惨になれば良い。
そういうわけで、今から本当にイスラエルのような世界になる。悲惨しか居ない国だ。
皆、この世界を否定するようになる。そこから入ると、良いだろう。
不思議と、相手を悲惨にすると、好きになる。そういうわけで、恋人や友達を悲惨にする馬鹿が、男にも女にも多い。そのせいで、好きな人と結婚しても、上手く行かない。そういう人間が多い。そういうわけで、皆を愛するなら、悲惨にすれば良い。
だから、こういう風になる。神が王になって、支配して何も無くするのが、一番悲惨だ。自分は、王と言うよりは、恋人だ。皆のアイドルにしか見えないのが、この神だ。
昔は、ネットで悲惨な経験を全部して分かっていた。それで、マスターのように、人間と宇宙のことが全部分かっていた。明らかに、ハイデガーがそういう馬鹿だ。
あとは、一応これも何かの神だ。人間は、最初にこれが好きになる人間が多い。この神は、どこから見ても、一番普通の神だ。皆をロボットにするから、誰もが嫌いだ。
そういうものが嫌いな人間が多い。こういう馬鹿が学校に見えるから、子供には学校が嫌い、しか居ない。学校なんかより、これの方が賢いのが分かる。
世界を悲惨にしていると、日本が治る。日本が何も出来なくなっているのが、悲惨になるとすぐに治る。そういうわけで、放っておけば治る。
皆が悲惨になれば良い。そうすると、すぐに賢くなる。そういうわけで、今から悲惨な引き篭もりみたいな人間が増える。こういう人間は、どこにでも普通に多い。一番キモイ。
こういう、悲惨な引き篭もりは、馬鹿に見えて、まともな賢い人間になる。自分の力だけで生きていると、賢くなる人間が多い。何故か、中卒に賢い人間が多い。
そういうわけで、神に頼らず、自分の力で生きれば良い。それなら賢くなる。
昔は、そういう、自分だけを頼る経験で賢くなった。本当にそういう人間だった。
自分を信じること。それが一番正しい。自分以外のものは、何も信じない方が良い。
そういうわけで、「自由」とは、そういう、人生を生きる自由のことを言っていた。
そろそろ、皆もそういう、悲惨な自由になる。辛い時代になるが、それで楽になる。
昔は、ヒュームのように、経験と理性を良く考えただけだ。
色んなことを自分で経験して、それで世界のことを分かっていた。
全て分かった。ヒュームと言うよりは、マルクスみたいな人間だった。
そういうわけで、左翼はこういう風に、悲惨になって賢くなる。
本当に右翼の方が悪い。右翼は、良いせいで、馬鹿になる人間が多い。
そろそろ、この世界が治った。皆すぐに賢くなって、本当に良い時代になる。
可能性、自然、共有、意志、記憶、独立、手段、個人、組織ぐらいを考えただけだ。
あとは、もう、ロキを見ると良い。ロキを見ると、これで昔の自分が出来る。
宣言とは言うが、違う自分になって、違う体験をしたかっただけだ。
最近の、この体験は悪くない。不思議と、本当にゲーテがこうなっている。ゲーテだ。
そういうわけで、今のままで良いように見える。まだ何か分かるように見える。
「治りたい」は止めた方が良い。治るわけがない。治る意味が無いのが分かっていない。
もっと、賢くなりたい。本当に、最近はきちんと賢くなった。
昔は、カント、ハイデガーヤスパースが言うような、「超越的存在」みたいな発想が多かった。自分の体験だけで、絶対者の精神のようなものが、ヘーゲルのように分かった。
不思議と、最近、自分が良い人間が多い。悪い人間なのに、良いからありえない。
それこそ、セックスとは、これのことを言う。これがセックスだ。
自分が賢いのは、セックスを全くしないからだ。きちんと正しい良い人間が自分だ。
ただ、右翼はクズだ。それこそ、ヒトラーも良い人間だ。右翼では、クズにしか見えない。
自分も、何か出来ると思っていただけだ。自分も正しい人間だ。
それこそ、ヒトラーも正しい人間だ。
あとは、自分は、ここらへんの作家の自分が一番好きだった。ヒトラーに見えて嫌いだったが、中学生の頃、すでに「作家になりたい」と言っている。作家か科学者になりたかった。それは、目指していると言うよりは、すでになるのが分かっていた。
そういうわけで、ヒトラーがキモイ。正しいどころか、本当に馬鹿な人間に見える。
自分とヒトラーの共通点は、共に「何かが出来る」と思っているところだ。ただ、ヒトラーは、上からそれをやろうとした。自分は、下からやった。そういうわけで、自分の方が左翼だ。見ていると、ヒトラーの方が馬鹿だ。自分の方が、ヒトラーよりは賢い。
あまりヒトラーと言わない方が良い。ヒトラーと言う人間は、キモイ。
この世界には、基本的に意味が無い。学校とパソコンのせいで、本当に意味が無い世界になった。この世界に何か期待しない方が良い。何も意味の無い、妄想と幻想の世界だ。
あとは、世界を変える方法を考えること。それも、実際の姿を見て、確かな方法と、どこかで変えると言う、機会や要請から考えれば良い。
それから、認識を仮想的に考えていた。
謙虚な心構えを持って、皆の視点に立って考えること。特に、その人の視点、と言う発想を重視する。本当に、その人と同じ視点に立って考える。そういう発想が多かった。
ネットには何も無いし、キリスト教を信じると、悲惨な人間になるだけだ。
このまま、世界にはあまり意味が無くなる。どんどん悲惨な世界になるだろう。
自分は、完全に支配して、自分に良くすれば良い。そんなに正しく世界を治して治める意味が無い。もっと、普通の王として、普通の世界にすれば良い。
そんなに良いことはしなくて良い。ただ、悪いものを適当に倒して、強くしていれば、それで良い。その方が、良い帝国になる。それをした方が良い。皆は、自由に努力すれば良い。自活して、自助努力していれば、それで良い国になる。
あとは、もうそろそろ、自分になっているのが終わって、悲惨な国になるのが日本だ。
これなら、カントのように、経験的に認識を考えれば良い。それですぐに分かる。
知覚による、経験的で自然な世界観を考えていた。
宇宙を創造していた。
こういう、悲惨なキリスト教徒に、哲学者が多い。哲学はドイツだ。
そういうわけで、もう哲学はしなくて良い。もっとマシな何かをした方が良い。
それこそ、メジャーな分野はしなくて良い。キリストが言うように、マイナーな分野をすれば良い。昔は、「自分のやりたいことをやる」と言う発想があった。それが良い。
自発的な努力から、世界のことは自由に変えられると思っていた。
昔は、意識と経験から環境の変化を分かっていた。
英語は、昔分かっている。ネットの経験とパソコンの知識で分かった。
フランス語みたいなものを作っていた。
宇宙人になっているのは、もっと高い宇宙人になれば、賢くなる。
何故か、知性みたいなものが分からなくなった。昔は、分析の知性があった。