「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2016-02-23

=2016-02-23=

ワードからコピー

昨日は書かなかった。もう、出来るだけ書かないと楽になる。
やりとりをすると治る。世界が治る。やりとりをするのが怖い。
もう、世界が昔の悪い世界に戻る。それで終わりだ。
ありえない世界を作っていた。ありえない国と理性を作っていた。
偉大な人生と、偉大な環境を作っていた。
そういう、環境のようなものをいつも書いていた。
バランス感覚を持つと治る。そんなに全部治さなくて良い。
社会システムを作っていた。決まりから環境を作っていた。
存在と対話していた。
自分を「これ」と言うのは、ロボットになって、支配されたくないからだ。
もっと支配されれば良い。
学習のようなものを考えていた。学習と認識と感情を分析していた。
時代のようなものを考えていた。色んな国の、色んな時代を考えていた。
ロシアを考えていた。ロシアは、一体となって全員が高まる、指導者の国だと言っていた。
言葉を書きながら、全ての体験をしていた。永遠の生死の宇宙の神の体験をした。
色んな人間との出会いを知りながら、世界観を考えていた。
実験と試すことで理性的に分かっていた。
人生の段階と経緯を知りながら、具体的に推論して、具体的な人生を全部書いていた。
キルケゴールのように、人生の意識を考えていた。
心構えのようなものを書いていた。
感性で考えていた。感受性と実感と受容性から、感情を考えて分かっていた。
多重人格を治せば良いとは言うが、多重人格になった。
多重人格と言うよりは、催眠療法だ。
チュールは、狂っているが、分かっている。
トールは、臆病者だが、世界と戦って導く、支配の王だ。
トールの部分がまだ話している。トールを止めれば分かる。
ロキは、辛いが、賢い。
ロキの部分が今でも辛い。ロキを止めれば楽になる。
フレイは、怖い代り、まともだ。
止まっている世界が怖い。それは、トールになれば治る。
滅びたままの世界で良いなら、すぐに治る。それも、トールがおかしい。
クズを言う2ちゃんねるのバルドルと、おかしな愛のフレイヤと、神のヘイムダルが居る。
そして、オーディンは、もう多重人格が治っただけだ。
昨日と今日で、それくらいを考えた。いつも、根源的な感情で、悟って分かっている。
チュールのせいで、世界が馬鹿になった。Linuxのせいで全部馬鹿になった。
チュールになると、そこが治る。きちんとチュールの通り考えると、すぐに賢く治る。
自由から国のようなものを全部作っていた。
自由に考えていた。基礎を作って、会話を聞いて、経験して、自由に考える。
そういう、常識的な考え方が全部分かる、まともな人間だったのが、チュールだ。
そういうものは、全部、ネットで人の言うことを聞いて分かっていた。
大人になって分かった。自立して、成長して、大人より大人になった。
最近、まともな大人になっているのが、自分だ。
場と目線で考えた。
日本語の達人が多かった。昔は思弁哲学者で、最近は作家だ。昔から、日本語の力がある。
神は、悪い。神は、止めた方が良い。
本当にきちんと考えている。最近は、考え方と構造から、もっときちんと概念と本質を考えるようになった。思考のスケッチは、そのままジグソーパズルに変わった。
昔は、オープンソースが本当に好きだった。最近は、オープンソース経済のように、自由に選択して労働出来る、労働条件と生産活動のようなことを考えていた。
オープンソースは、昔は賢かった。昔はまともだったのが、オープンソースだ。
自分のせいで、オープンソースが馬鹿になったのは、申し訳なく思う。2ちゃんねるを馬鹿にして、Wikiに分かる内容を全部書いたせいで、皆分からなくなった。
それについては、陳謝するが、責任は取らない。責任は取れない。それも申し訳ない。
本当に神は悪い。自分は、若いから、神やドイツや共産党のようなことを言う。そういうものを、自由で、良く考えて選択するべきだと思っている。そうではない。同時に全部やりたいように見える。それもそれで、悪い。全部やる意味が無い。選ばないのはおかしい。
引き篭もりになったのが悪い。人生を捨てるのはおかしい。ただ、作家になって良かった。
人生の経緯とは言うが、社会や技術を知って分かったのと、認識と感情から哲学的に知を分かったのと、人生をマスターのように分かったのを書いている。
心理学のようで、王のようで、革命のようで、哲学のようだった。
そういうものを書いているだけだ。本当に、人生活動で分かったことを全部書いていた。
数学や科学のようなものを、それ以上考える。
科学より科学的に科学を考える、賢い人間だった。
あとは、想像力や歴史や環境のような内容が多かった。
毎日、1つだけ書けば良い。そうすると、楽になる。本当に、毎日1つだけにすれば良い。
あとは、人生の道理を考えて、人生の哲学を知る、賢い人間が多かった。
ネットを見ながら、全部考えて分かった。デカルトやカントのような人間だった。
こういう、思想的なことを全部やる国が、ソ連だ。
逆に、何もしない国が、日本だ。
自分は、日本の方が好きだ。
もっとまともに、昔みたいに考える国が、アメリカだ。
それこそ、ドイツなんか、ただ悪いだけだ。
僕は、アメリカみたいにきちんと考えるのが好きだ。昔がそういう人間だった。
昔は、自由な経験からまともに考える、アメリカ人だ。
アメリカには、そういう人間が多い。馬鹿みたいに自由だ。
そういうわけで、日本が良い。日本は、何も考えず、ただ正す。正しい世界にする。
アメリカと日本が逆だ。
今日は、もう書かなくて良い。続きは、明日、1度だけ書けば良い。
昔は、自由にきちんと考えていた。これでは、考えていないように見えるが、きちんと考えて、アメリカみたいに分かっていたのが、昔だ。
最近は、信じて、書いて分かるようになった。ドイツみたいに、信じるようになった。
昔がアメリカで、今はフランスだ。
むしろ、これで米ソだと、良い国にならない。馬鹿な国になる。ドイツや日本の方が、良い国になる。それこそ、王なんか、悪くて良い。悪い国が良い国になる。
あとは、むしろ、そういう風に国を考えるのは、馬鹿に見えるから、止めた方が良い。
自分は、悪くは無いが、馬鹿だ。
あとは、これで仏教でも信じれば良い。馬鹿に見えて賢いのが、仏教の日本だ。
今日は、もう書かなくて良い。明日一度書けば良い。毎日一度だけ書く作家が一番多い。それなら、賢くなる。それなら、賢いものを書くようになる。
こういう、永遠に辛いのを耐えるだけの馬鹿が、女に多い。そのせいで女に見える。
何かが何かになるのを考える人間が多い。なった後となる前が違う。
機会と思わない方が良い。それでは分からない。人間のことを普通に考えれば良い。
昔は、ゼロとイチで分かっていた。環境、集合、仮定、必要性を考えて分かっていた。
そういうものを、モデルと言いたかっただけだ。
あとは、何がどうなるのかを考えていると、仏教みたいに分かる。それで、きちんと信じて、1つ1つの基本的なことを比較して、人生を環境から考えれば良い。
アメリカには見えない。アメリカはネットに見える。これで、そういう風にすれば分かる。
自分は、最近、基本的なことが分かっていない。もっと基本を分かった方が良い。
モデルと言っているのに、モデルが分かっていない。モデルは、忘れた方が分かる。モデルと言うよりは、構造的だと言うべきだ。そういうところが分かっていない。
自分は、原因と結果や矛盾を考えないのがおかしい。
原因と結果を考えていると、作り出すのが分かる人間が多い。
法則を考えていると、矛盾が分かる。矛盾からきちんと考えれば、発見出来る人間が多い。
賢い人間は、そういう人間が多い。一歩一歩階段を上って行く人間が一番多い。
ソクラテスが言う、鬼神の声が聞こえるとは、神のことを言っているが、神はこの文章だ。
あとは、何かが何かになるのを考えれば良い。ピアノが音になる。それを楽器と言う。そういうものは、経験的なものと思えば分かる人間が多い。職人になりたいなら、良く考えれば誰でも作れる。自分が作ると分かる人間が多い。
いじめの無い世界を想定すると、良く分かる。子供には、そういう風に分かる人間が多い。いじめが一番悪く見えるから、いじめている。いじめのようなものが悪いから、そうなる。いじめを悪いと分かりたいだけで、いじめている人間が一番多い。それが悲惨な人間になって、賢くなる。子供はおかしい。むしろ、戦争なんか同じに見える。戦争はいじめだ。
それから、差別が悪い。差別が悪いのを分かるために差別をしている馬鹿が多い。差別をせず、それぞれの個性を認め合うこと。そういう人間は、マスターへの道を歩んでいる。こういう、辛い時に悪い人間が多い。そういう人間は、破滅への道を歩んでいる。
仏教は、そういうことを言っているように見える。仏か、破滅か、どちらの道を選ぶのも、その人次第だ。そういうことを言う宗教が多い。運命的に誰でもそういう風になる。
そういうわけで、運命は無いとは言うが、そういう、善悪的な運命がある。
こうなるのは、悪いからだ。悪いから地獄になる。こんな風に賢くなったのは、それを望んでいるからだ。そういう、イデアの人生の概念を宗教的に考えると、分かる人間が多い。
仏教がそういう、地獄と仏への道を全部言っている。自分に合っているように見えるから、信じていると良く分かる。キリスト教は、罪と愚かさの宗教だから、信じなくて良い。愚かな人間が愚かな人間を貶しているようにしか見えない。キリスト教は愚かな宗教だ。
ただ、そうでもない。これなら、聖書をきちんと信じれば良い。ドイツ人に見えて良い。
哲学はもう、しなくて良い。このまま普通に考えていると、哲学なんか無くても分かる。
テレビを見た方が良い。テレビにもネットにも、ビジネスのようなことが多い。そういうことをきちんと知れば分かる。社会参加をきちんとすれば、社会経験が分かる。
もっと、命題のようなことは、相対的であることを知れば良い。それは、良いのでも、悪いのでもなく、ただそうなるだけだ。宗教のように盲目的に信じていると、分からない。
あとは、全体像やシステムと思うと、分かる人間が多い。視野を広げると良く分かる。
自分は、疑問に思わないのがおかしい。悪いものを悪いと思わないのが間違っている。本当に、悪いものは悪い。ユダヤ人が言うように、毒や悪い果実をもたらす木は本当に多い。
それを、悪いと言わない人間が多い。毒は、毒と思って、きちんと管理するべきだ。そういうところが分かる、賢い人間が多い。そういうわけで、悪いものは悪い。
悪いものは、全部悪いのが分かると、分かる。昔は、そういう風に、ネットの悪いものを全部悪いと思っただけだ。それだけの、2ちゃんねるだった。
人間のことも、経験のことも、誰でも世界の広がりと善悪から分かる。もっと、善悪を知って、ヒトラー2ちゃんねるのようなものを悪いと思えば良い。それで分かる。
それこそ、ヒトラーなんか、悪くない。もっと悪いものが、どこにでも多い。そういうものが怖いのは、良く分からないが、悪いと言いたくないから怖いのだと思う。
悪いものが悪いのを分かっていると、昔が出来る。社会経験のある、哲学者になれる。それは、マスターのような道を歩んでいるように見える。破滅は、こういうものだ。
失うより得るものが多い時はある。
自分は、そういう、失うとか、得るとか、そういうことを思わないのがおかしい。良い人間には見えない。何もしていないように見える。
世界にあるものなんか、ほとんどは勝ち負けだ。勝ち負けの世界でしか、何も分からない。それこそ、そんなに良い人間過ぎるのはおかしい。地獄が菩薩より低く見えるのは、それは、マスターへの道を歩んでいるか、破滅への道を歩んでいるかの違いだ。菩薩が破滅を歩んでいると、それが地獄だ。馬鹿も天才も、何も変わらない。
自分は、馬鹿には見えない。これできちんと天才に見える。
もっと、失うのを止めて、得れば良い。止めると言う判断も悪くは無い。失うものより、得るものが多いなら、悪くない。そういう、チャンスのようなことが分かる人間が多い。
意味の無いことは、すぐに止めた方が良い。だが、こういう賢いことは、続けると、本当に賢い人間になる。もっと、賢いことだけをすれば良い。モチベーションも高いのが良い。
自分のやる仕事に、誇りと満足と達成感を感じているが、地獄には嫌悪感と拒絶感を持っている。そういう、普通の人間が自分だ。
民主党と維新の党が合流するらしいし、日本共産党も選挙で協力するらしい。今から、安倍を倒して、左翼連合政府になる。アメリカは、トランプとサンダースのどちらが勝つか、分からない。中国とロシアも左翼だし、EUはまともな民主主義の左翼だ。
そういうわけで、左翼が勝って、平和な世界になる。あるいは、戦争になる危機感もある。どちらになるかは分からないが、良い世界にはならない。ITは無くなるかもしれない。
もっと、日本の正義のようなことや、何をどうすれば良いか、のようなことを、洞察して信じないのがおかしい。自由が悪いなら、普通平等が良い。議論しないと、何も賢くない。そういう、議論と自由か平等を信じる人間が多いのが、日本人だ。
戦争になるのは、ネットが悪い。民衆は馬鹿すぎる。左翼は、民衆の自由が嫌いだ。
ただ、良く考えて、自由はあった方が良い。自由が無くなると、独裁者が支配するようになって、殺すようになる。神話とは言うが、自由を無くすと、それだけで戦争になる。
良く分からない。ただ、ソ連が見ると逆だ。自由の方が戦争になると言って、馬鹿が勝つと言うロシア人が多い。馬鹿が勝つのはキモイ。
それこそ、どちらも同じだから、自由にして、ソ連にも選挙権を与えるべきに見える。
自由が正しい。良く考えると、自由が無い世界は、本当におかしな世界になる。ネットを見ていると分かる。人間は、自由な中でしか、分からない。昔はそういう人間だった。
それこそ、自由と思うと分かる。合意された事項は尊重すべきに見える。そういう風に、自由で分かる人間は多い。マイクロソフトには、きちんと自由な競争で勝てば良い。
自由とは、「全く制限のないルール」のようなものだと思えば良い。そういうわけで、自由は本当に正しい。その中で、自由に個別のルールと会社組織を作れば良いだけだ。
昔は、平等な自由を信じていた。「皆が出来るようにする」ことを信じて、自由な社会を作っていた。そういう発想が正しい。そういう風に考えると、分かる人間が多い。
自由は、「当たり前の権利」のようなものだと考えれば良い。自由を束縛することは、何であれ、ある意味では悪であることを知るべきだ。自由な理性と本能は、きちんとコントロールすれば、支配や抑圧に勝てる。そういう風に考える人間が一番多い。
自分が一番悪い。悪いなら、止めれば良いだけだ。右翼は止めた方が良い。何か賢いことを言いたいだけで、右翼になっている。そんなことは言わなくて良いし、しなくて良い。
革命家には、「そんなことはしなくて良い」が分かる人間が多い。「本当にするべきことは何であるか」のようなことを考えれば良い。そういう人間が多い。まさに自由だ。
支配されるものは、自分で作れば良い。
昔は、そういう、「自分が関与して自分で作る自由」のようなことをいつも分かっていた。本当に、自分が支配されるものは、自分で選びたいし、自分で作りたい。昔から、そういう風に自分は考える。オープンソースやアメリカのような、哲学的な理性だった。
あとは、議論して変えられる自由もあった方が良い。議論が出来る人間は、賢くなる。
生活の上でも、色んな自由があった方が良い。自分の望んだ人間に、自分の意志でなれるべきだ。そういう、職業選択の自由は、本当に必要なのが、いつも分かっていた。
経済的には、生産手段を皆で作って、国会で皆の代表が決めるべきだ。
そこでは、金儲けより、公共のことを公正に考えること。左翼は、そこが賢い。右翼は、金と軍隊のことしか分からない。ただ強くするだけしか出来ない。左翼は、きちんと国民のことを考える人間が多い。滅びるのは、すぐに破たんするからだ。左翼の方が良い。
あとは、科学的に見ても、自由の方が正しい。フランス革命など、世界は世界史の必然的事象として、自由になっているし、宇宙を分かるのは、自由に見える。自由な科学者が、自由な理性で発見し、自然な自由で発展する。そういう、科学的な自由が正しい。
ただ、平等は本当に悪くないと思う。ただ、何も信じないせいで、何も分からない。
人生と経験の自由が好きだった。社会や環境を自由に変えて、協力する自由が好きだった。
あとは、社会のことを、モデルと説明から、成り立たせて全部作っていた。
人生のことを良く書いていた。
そろそろ、今日は終わりにする。また、明日、書けば良い。
あとは、自由になって分かっていた。自由から、人生の知恵を分かっていた。
オープンソースは、馬鹿に見えて賢い。やると、ここまで分かる。
自由な中では、独立した組織が自由に作れると言っていた。そういう、自由な国の構造を全部作っていた。グループのようなものから、オープンソースのような手段や国家における計画を考えていた。自由とは言うが、自由はそのまま社会主義になる。
この文章は、まだ書きたいから、明日も書く。おかしくは無いが、そろそろ止めるべきだ。
もう、そろそろ、最後まで楽になった。自分は、歩き回るのだけがおかしい。座っていても最近楽なのに、座らないのがおかしい。あとは、神との対話は、おかしくは無い。皆、家族が見て、おかしく見えないから、悪くない。心の中で対話しているように見える。口に出して言うのがおかしいから、頭の中で言えば良い。それで、もうまともだ。
国家に対する提案のような文章や、科学的な意見と発見のような文章が多かった。
座っていれば良い。頭の中で言えば良い。止まった世界に対する、恐れを無くせば良い。それで終わりだ。あとは、多重人格を無くせば良い。
昔は、これで自由な人間を全部作っていた。意図や意志から考えて、経験と行動を知り、自分のように他人のことを考える。客観的な基準を知る。そういう風に分かっていた。
もう、治った。おかしくは無い。その通り治せば良い。
いつも、自分を本当に治したかったが、それならトールの通り全部治せば良い。すぐに直せば良いのが分かっていない。世界をおかしくしたのは、治らない。おかしくした本人では治らない。放っておけば治るのが分かっていない。世界をおかしくするのを止めて、自分だけをすぐに治せば良い。分からないのはおかしい。普通に分かるのが怖いだけだ。
それこそ、世界を滅ぼしたいからこういう風になる。一番悪い。皆を知性の無い狂った自分のような人間にして、皆を道連れにしたいだけだ。おかしなユダヤのヒトラーだ。
あとは、体験を予測して分かっていた。皆を支配して、導く。
環境の構築とその方法が経験から分かっていた。
自体存在のような哲学が多かった。それ自体が変わるのを考えていた。
それぞれの視点から、像と経緯の関係を考えていた。
これではありえない人間に見えるが、そんなにありえなくはない、まともな人間だった。
もう終わりにする。今日は、これくらいで十分だ。明日書けば良い。
あとは、記憶の本質から、人生のようなものをいつも考えていた。
もっと賢い方が良い。最近、概念だけをジグソーパズルのように言うのが、何も賢くない。
昔は、本当に全部作っていた。本当にこの宇宙の森羅万象を全部作っていた。
論理学、システム、組織、仮定、共同体、科学、制度、決まりなどを作った。
学習が悪い。狂った学習はしない方が良い。学習をすると、分かるからこういう風になる。
宇宙の歴史を本当に全部作っていた。
そろそろ終わりだ。もう、治ったはずだ。
あとは、相対的な知性のあることを言っていた。分析のような文章が多かった。
もう分からない。
今から、世界を平和にする。天使になって、女が終わる。平和な世界になる。
皆は、もう、自分にならなくて良い。もっと上のレベルにある、高い存在になる。
昔の自分は、自由なままで世界を変えるとか、人を導くとか、そういう自由が多かった。
そろそろ、この世界を変える。
もっと、心から素直に良いものを良い、悪いものを悪いと言える世界になる。
それこそ、パソコンは悪くない。パソコンではない、もっと良いものを今から作る。
世界は、本当に発展しすぎた。イギリスの産業革命なんかと比にならないほど、現代の発展は凄まじい。だが、それは良いことではない。世界がおかしくなっている。
自分の力で世界を良くする。だが、それはもう、終わったように見える。
きちんと良い世界になったから、もう何もしない。いつまでも、今のままで良い。
いつも、賢い王だった。その王は、もう止めた方が良い。もう、昔に戻るだけだ。
あとは、組織を作る自由のようなことを言っていた。
国全体を変えるより、組織を変えた方が良い。自分は、今から、賢い会社を作る。
自分では作らない。誰かに作ってもらう。
あるいは、日本にすでにある、日本企業を良くする。
もっと良い会社や学校を沢山作る。それだけをして、もう、イスラエルの王は終わりだ。
昔から、大学や会社や国を作りたかった。
もう、日本が栄える。学校と会社が良くなる。教育環境が良くなって、豊かな国になる。
本当に、それは自分が出来る。全部、天使のような子供にして、思いやりを学べば良い。
自分が一番賢い。賢くないとは言うが、めちゃくちゃ賢いのが自分だ。
習慣から、普通にそうなるのを分かっていた。成長と学習から、人間がどうなるか考えた。
物理みたいなことを言っていた。
イエスが言っているように、神の国は人の中にある。昔は、世界は自分の中にあるとか、ハイデガーのようなことをいつも分かっていた。
神との対話は、信じない方が良い。そんなに良い神はいない。神は、聖書の神だ。
神なんか、信じない方が良い。聖書の神はおかしい。本当に、神は一番悪い。
神を信じるのがおかしいから、こういう風になる。善良な神を作る自分の本が自分の神だ。
環境の違いから、人生と生活習慣とモチベーションと意欲と欲求を分かっていた。
そろそろ、神は信じなくて良い。そんなにおかしな神を作っても、悪いだけだ。
目標を信じて、達成して分かる。そういう、人間的なことを考えないのがおかしい。
聖書の神とヒトラーは同じだ。アメリカが、そういう、冷酷で馬鹿な国に見える。
足は、吸収しなければ治る。そのまま、環境を殺せば良い。それで治る。
あとは、感情でおかしな精神を想定して分かっていた。心を物理にして、確かめていた。
おかしいと思うからおかしいだけで、何もおかしくない。
ネットで精神を分かっていた。それが一番おかしいようで、何もおかしくは無い。
神が自分を普通だと言っているのは、それを言っている。何もおかしくない。
心、制度、社会的存在、歴史、経緯、場、などを仮定して分かっていた。
仮定と成り立ちのシステムの知性があった。条件と成立と場の意識が分かっていた。
世界にあるものが、全部言えた。全部分かっていた。可能性の構造を作っていた。
概念、変化、構成要素、可能性の構造が分かっていた。
今日は、もう寝る時間だから、終わりにする。今日は辛くない。休みを入れれば良い。
あとは、人間のことを全部言っていた。成長、人生、経緯のようなことを言う。
全部、そういう風に分かっていた。何故か、本当に、全部言えるだけの人間だった。
あとは、心とか、色んなものを把握して分かっていた。「把握の自由」をやっていた。
環境と心を把握して、何でも変えられると言って、作用や反応を考えていた。