「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2016-02-14

=2016-02-14=

ワードからコピー

もう、予想外のことは起きない。最近は、予想外のことを起こしているだけだ。
予想外のことが起きなくなると、自分も、皆も、楽になる。恐怖が無くなる。
色んなものを作り出していた。全員に対して言う、宣言のような文章だった。
生命は、自由で、変化可能で、独立し、同時に環境の一部となるものである。
それを生み出す。
社会は、自由から多様性になって、組織は独立可能となって、共同体となる。
そういう風に、色んなものを生み出していた。環境を作っていた。
そろそろ、環境を変える。この世界は、何かの世界へと変わって行く。
宇宙は、自由に知と事実が飛び交い、場と視点から観測し、体験を創造する、システムだ。そこでは、運命を信じ、人間性から知恵を生み、組織から実現する。
そういう、宇宙と生命の創造と意味のような文章を、いつも書いていた。
自分は、何かがおかしいから、まだ辛いことを繰り返してしまう。引き篭もりなのがおかしいのかもしれない。いつまでも、辛いことばかりしている。良く分からない。
宇宙の変転や、概念的、記憶的な経緯のようなものを書いていた。
宇宙の歴史を書いていた。
あとは、今日も、寝る時に辛い。ただ、それ以外はあまり辛くなくなった。
いつも、寝ると辛い。その代り、起きると楽になる。そういう、辛いのから楽になるのが辛いだけで、最近はあまり何も辛くない。だから、今のままで良い。
あとは、変化、方法、行動、作用のようなものを網羅して、世界観や社会観を書いていた。
そろそろ、楽しいことをすれば良い。何でも、楽しいと思えば楽しい。
まだ、この文章を書いていればそれで良い。だが、つまらないのをまだやっているのがおかしい。タリバンをやりたいのは、ありえない。
それこそ、このままで楽だ。あとは、寝る時に辛いのを、耐えるしかない。
そういう、「耐える」は、何かがおかしい。そんなに治っても意味が無い。
予想外と言うよりは、いつも、斜め上、のような文章を書いていた。
多面的な分析の文章だった。
いつまでも、永遠にこのままで良いのが分かっていない。ただ、楽になりたいのは依然としてある。いつか楽になるから、このまま、いつまでも書いていれば良い。
楽にはなりたい。それなら、止めるのではなく、もっと何か別のことをすれば良い。
あとは、世界を変えたいと言う文章が多かった。
世界は、自然から自由になって、平和な世界になれ。
世界は、知性が高まれ。
世界は、平等から多様性を知って、それぞれが本当に良いと思える世界になれ。
それぞれのために、全てのものを与えよ。いつも、そういう文章を書いていた。
あとは、三次元より高度な次元を持つ、高次元の世界などを考えていた。
昔は、もう覚えていない。ただ、人生をいつも書いていた。
自由、自然、価値観、助け合い、影響力、可能性、共有、多様性、理想を信じていた。
そういう風に、昔の人生を書く。ロキに書いてあるから、それで良いと思う。
習慣から意識を分かっていた。
世界のことを、論理学的に全て分かっていた。論理学を作っていた。
自然な発生要因、発生条件、経緯、プロセス、可能性を分かっていた。
融和して、本当に理解して分かっていた。理解して、変わっていた。
いつも、そういうことを言っていた。
具体的な認識を考えていた。
法則は、ねじ曲げない方が良い。きちんと忘れるべきところで忘れるべきだ。
知る、生きる、考える、成長する、経験する中での前提と経緯を書いていた。
ゼロとイチの知性が、昔あった。ゼロとイチ、マルとバツ、同じと違うから分かると良い。そういう風に、数学的に考えないと、何も分からない。パソコンは悪い。パソコンをやっていると、こういう風に、知性が無くなってしまう。
フランス人とは、昔のことを言っている。死ぬまでの人間のことを言っている。ドイツ人とは、死んだあとの、この文章のことを言っている。
イスラム教徒に見える。フランス人は、最悪の人間だ。ドイツ人は、神になっている。
それこそ、昔のフランス人の方が、まだ良い人間だった。ドイツ人は、ヒトラーだ。
あとは、イスラム教徒になっている。今から、イスラムと白人が全面戦争をする。イスラムが勝つ可能性もある。全世界がイスラムになる。アメリカの民主主義と何も変わらない。
イスラムになると、こういう人間になる。これになる人間が多い。
環境を変えて分かっていた。意識のことが全部分かっていた。
もっと、自分の居る場所を変えて、場所を想定すれば良い。そうすると、きちんと分かる。
ネットはしない。ネットは、一番怖い、タリバンの環境だ。殺し合いと同じだ。
ただ、そうでもない。見ていると、ネットには結構良いサイトも多い。
ヒュームの言う、複合観念のように、イメージや場のことを想像力で良く分かっていた。
ゼロとイチでパソコンのことを分かっていた。そういう馬鹿が多かった。
タリバンを殺す。タリバンは一番馬鹿な、ビンラディンだ。イスラム国も殺す。
ただ、そこらへんが勝つなら、それで良いと思う。
オープンソースタリバンだ。昔の自分になっている。そういう、悪魔的なものを全部殺した方が良い。オープンソースは、最近嫌いだから、死んでも何も思わない。
あとは、自分は、イエローハットの女みたいな馬鹿になっている。そういう女は、キモイ。そういう女を救った方が良い。女は何も悪くない。
自由な可能性は、平和である。それぞれのために、ものを与えよ。いつも、そういうことを言っていた。自由な国を、主体的な参加と可能性から作っていた。
昔は、感情で全部分かっていた。
最近は、この世界を全部作る。世界の可能性のようなものを、全部作っていた。
世界を全部作って、それを体験した。それがそのまま、神になった。