「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2016-01-26

=2016-01-26=

ワードからコピー

昔は、発達心理学や人格心理学のように、人間の成長を分かっていた。
文章にも、発達心理学のような内容が多かった。
世界観を書いていた。この世界のことが一通り、実地的に分かっていた。
宇宙の歴史、宇宙の全て、のようなことを書いていた。
昔は、本当に大志のある人間だった。世界のことを変えてやろうと思っていた。
経験論のように、自分の中の経験の構造を作って分かっていた。
記憶と思考を辿って分かっていた。
自分は、皆も賢いのが分かっていない。
高校生は、自分よりきちんと勉強している。プログラマも、きちんと賢い。
そういうわけで、自分は賢くないし、この世界は良い世界だ。
タリバンを悪いとは言うが、タリバンはしていない。自分を馬鹿にして皆を馬鹿にするのは、していないことにすれば良い。そんなタリバンはしていない。まともに自分の分かることを全部教えて、この世界を良い世界に導いただけだ。自分は天使のような人間だ。
自分は、このまま社会科の勉強をする。
昔は、制度と歴史が分かっていた。世界を良く見ながら、制度と歴史のようなことを分かった。そういうわけで、社会科には、制度と歴史が分かる人間が多い。
制度と歴史が分かると、哲学的なことも良く分かるようになる。社会は、人間の経験であり、自由な相互承認と価値観の実現だと見ることが出来る。昔からそういうことを言う。
あとは、ネットも悪くは無い。いくらでも恥をかいて成長する。それなら覚える。
そういう、社会の意味や目的のような内容は、本当に多かった。
文章を書いて、この世界を全部作っていた。自由から連邦政府の政治まで、全部作った。
決まりのようなものを書いて、環境を作っていた。
そろそろ、これで終わりだ。本当に、これくらいの文章だ。
自由なモデルから、説明や発想を書いていた。何かを実現し、目的を達成するまでを、きちんと人生の経緯のように書いていた。そういう文章だった。
皆も、神を信じれば良い。神を信じたから、この文章が書けた。本当に、隅から隅まで、自分の文章をもう一度全部書いた。もう一度を望む人間が多いから、神はこうなる。
皆、神を信じること。神を信じると、こういう風に、望んだことが全部叶う。それこそ、そんなに望みすぎても馬鹿になる。これくらいの普通の夢が普通だ。
昔から、自分には決断力が無い。デカルトに決めれば良いのが分からない。Windowsをしないのもおかしい。良く分からない。
だが、戦っている間、おかしいぐらい勇気と判断力があった。あれを決断力と言えると思う。それも、それで悪い。決断力がタリバンに見えるから、こういう馬鹿になる。
そういうわけで、決断力もきちんとあるのが自分だ。
それこそ、この文章を見るときちんと分かっているのに、現実を見ると、まるで何も分かっていない。本当に、父親や義兄の方がはるかに賢い。自分は馬鹿すぎると言う。
ただ、そうでもない。自分は、きちんと分かっている賢い人間だ。
NOVAに行っているせいで、英単語を良く知っている。ただ、まだ何も話せていない。
英語なんか、しない方が良い。話せるわけがないどころか、こんな馬鹿な人間になる。
もっと、日本のことを知りたい。考えていると、馬鹿だ。今すぐにやれば良い。
日本史とデカルトがすぐに出来ないなら、止めた方が良い。出来ないことをまだやりたいのがおかしい。いつか出来るようになるわけがない。哲学や歴史は止めた方が良い。
ただ、世界史の本は読みたい。それは、読めているから、読める。それは悪くない。
ただ、もっと良い本を読んだ方が良い。斎藤の本は皆賢いと言うから、読めば良い。
自分は、聖書なんか分からない。分からないのに書いている。それは、キモイどころか、恥ずかしいから、きちんと分かった方が良い。これなら分かっているように見える。
昔から、哲学や歴史は、いつか出来るように見える。それは間違っている。今出来ないなら、いつまでも出来ない。
それから、分野を一つに決めれば、賢いように見える。それもおかしい。
昔は、自然にオープンソースのことをやっていたが、あれは、自然な経験をして、経験的に分かったから出来ただけだ。2ちゃんねるとこの世界を見ながら、経験的に知った。
一つに決めても、賢くないし、やりたいなら今すぐにすれば良い。
そういうわけで、哲学と歴史は諦めた方が良い。ただ、歴史なら出来るように見える。
哲学も情報も、これで終わりだ。政治経済も心理学も、もう終わったのが分かっていない。すれば良いのは、理系の勉強だが、それも昔やっている。何も出来ないのは仕方ない。
昔は、本当にコンピュータのことが好きだった。インターネットを自由な世界だと信じていた。皆、ネットで分かると確信していた。
それに、プログラムで世界のことを分かっていた。何でも、プログラムの関数の計算のようにして分かっていた。それで、心理学を機械のように分かっていた。
あまり意味が無い。コンピュータのことは、もうしたくない。狂って馬鹿になる。コンピュータは、今考えると怖い。大事なファイルをウイルスで失いたくないから、しない。
昔色んなことが出来ていたのは、もう忘れるべきだ。ネットを見て出来るのは当たり前だ。今出来ないなら、出来ない。ドイツ語なんか、もう出来ないだろう。
そういうわけで、政治経済も歴史も出来るわけがない。昔出来ていたから出来る、はありえない。本当に、ネットをもう一度見て、色んなことを考えれば出来る。
それは、出来ない。最近、ネットなんか見て居ない。この文章を繰り返して分かるせいで、何もしなくなった。毎日を繰り返すだけで分かる。そこがまともだ。
むしろ、哲学しか出来ないように見える。哲学と歴史なら、出来るとは言うが、それはもう良いだろう。もう、充分しただろう。何も出来ないだけだから、しない方が良い。
信じて終わりにするのだけが出来ない。そういう、負の影響や選択を信じないのが悪い。ネガティブなことを信じた方が、賢い人間になる。そういうわけで、暗い人間は賢い。
疑うだけ、意味が無い。そんなに良いことだけを信じていると、何も分からない。
自分には、何も出来ない。大学の勉強の才能は無い。そういうことにすれば良い。
それこそ、もう出来たから、それで良い。そういうことを言わないから分からないだけだ。
昔は、ゼロベースで考えているようで、皆の知性を吸収して、この世界の知を受け継いで考えていた。皆の知性、認識、発想、信念、考え方を吸収した。
そういう風に考えただけだ。そういうわけで、そういう風に、既存の考え方を吸収しなければ、大学は出来ない。数学も物理もそういう風にすれば出来る。
自分は、むしろ、理系の勉強なら、生物学がしたい。病気が治るように見える。
あとは、自分はゲーテと全く同じだ。そういう才能があったように見える。大学で勉強の才能なんか、つまらない。ゲーテの方が良く見える。こういう、全てを経験して、全てを文章に出来る、ありえない詩人の哲学者が、ゲーテだ。
昔は、永遠の宇宙の意識を全部記録していた。宇宙の始まりから、終わりまで、永遠の脳の思考を全部記録する。それで、平等な支配者をやっていた。
そういう、「何かする」と言う発想が、昔から自分が一番ある。あまりおかしくはないが、普通、無い。何もしない人間が多い。「何かする」と言う発想が、普通ない。
ただ、あまりおかしくは無い。何でも良いことが出来る人間だったはずなのに、良いことを何もしていない。タリバンのような戦いをして、全宇宙を支配する意味が無い。何故か、昔から自分が一番、ダースベイダーのような人間をやっている。ただの「悪」だ。
そういうわけで、もう止めた方が良い。悪いことは、そんなにいつまでもしていると、悪い。すぐに止めるべきだ。そういうわけで、そろそろもう止める。ゲーテが死んだ。
スターウォーズをあまり見て居ないから、分かっていないかもしれないが、昔はアナキンだったように見える。昔は、情熱的な良い人間だった。
あまり意味が無い。そろそろ、もう止めて良い。悪をそんなにするのがおかしいから、地獄になった。神は、悪いとは言わない。これぐらい悪いのが普通だ。
自分は、永遠の地獄をやっているだけだ。怖いのは、本当にそこまで辛いからだ。それこそ、皆を地獄にしたいのは、おかしい。道連れにして、自分と同じにするのは良いが、それは、皆を地獄にしているだけだ。
それが悪いから、こうなる。一人だけ、永遠に地獄になる。
反省すべきは、それだ。皆を自分にして良いわけがない。自分なんか、何も賢くない。そういう風に反省すれば良い。
ダースベイダーは、自分のことは書いていない。良くある神話だ。誰でも、アナキンがダースベイダーになるのは、良く分かる。要は、本当にそういう風になる人間が多い。
何故か、一番良い人間は、悪い人間になる。キリストのせいでそうなる。そういう人間が神だ。そういうわけで、ヒトラーも、昔は本当に良い人間だったはずだ。その良い人間だったせいで、やりたいことを全部やっている。本人は、良い人間だと思っている。
スターウォーズを見たことが無いので、詳しいことは分からないが、ダースベイダーは、ロボットの集団を率いて戦っている。一人で、パソコンを従えて革命している、自分と同じだ。宇宙の支配者をやっている。あまりに悪い人間が自分だ。
昔は良い人間だった。むしろ、そうでもない。最近もきちんと良い人間だ。ヒトラーみたいなことばかり書くせいで、良い人間なのが伝わっていない。諦めずに最後まで頑張る、根性と優しさのある、不満や不平を全く言わない、全員をきちんと尊重し、許す、良い人間だ。昔の方が悪い人間にしか見えない。自由で、悪いことをしているのに、良いことだと思っている。今の方が良い人間だから、ダースベイダーには見えない。
そうでもない。見て居ると、本当にダースベイダーみたいな発想をしている。
あの映画は、ストーリーが賢いと言う人間が多い。ルーカスは天才に見える。だが、自分は、見て居ないのにそんなことを言うのがおかしい。誰でも見て居るから、見た方が良い。ガンダムすら見たことが無いのはおかしい。ビートルズも知らないのが悲惨だ。
ストーリーが賢いと、悟って分かる小説が多い。昔、そういう小説は、いくらか読んだことがある。そういう風にすると、皆賢いと言う。
スターウォーズのDVDは、姉が持っているから、見せてもらうことにする。何故か、姉が持っているのに見ないのがありえない。
あとは、むしろ、ビルゲイツも賢いのが分かっていない。あれは、技術者だ。
昔から、自分が好きだからそういう風になる。馬鹿なゴミの世界で分かっただけに見えた。子供から見ると、そういう人生に見える。そういう人間だから、賢い普通のものが嫌いだ。
あとは、ミスチルぐらい分かった方が良い。ミスチルを聴かないで音楽通はおかしい。むしろ、自分はそんなにおかしくは無い。世代が違うと思えば良いように見える。
自分は、そんなに知性を減らすのが悪い。減らすせいで、言語や数学が分からなくなっている。もっと知性を増やせば良い。そうすると、英語よりフランス語が出来るようになる。
こんなに減らしていると、おかしく分かるようになる。そういうわけで、本当に分かる人間は馬鹿だ。白人にこういう人間が多い。白人には、文字なんか読めない。
昔の自分は、逆に、増やすことが多かった。普通、2ちゃんねるを見て居ると、そこまで増える。そういう馬鹿だった。そういうわけで、本当にキモイ人間が賢い。
むしろ、これなら、スペイン語が出来るようになる。ここから無意味に増やしていると、スペイン語が出来る人間が多い。ドイツ語は、良く分からない。ドイツ語なんか同じだ。
もっと思い出して分かれば良い。本当にきちんと環境や行動のことを思い出せば良い。そうすると、普通、日本語が出来る。日本語は、思い出して出来る人間が多い。
ドイツ語はおかしいから、こういう人生になる。この通りになるドイツ語が、ヘーゲルみたいに多い。ドイツ語は、普通の人間が出来る。こういう、反省して治る人生になる。
フランス語は、キモく増やしながら、理性的に考えていると、出来る人間が多い。そういうわけで、フランス語とドイツ語が出来ると、哲学は誰でも出来る。ドイツ語で読むと分かると言う人間が多い。それらだけが賢い。
言語なんかどうでも良いから、知性を増やした方が良い。知性をそんなに減らしていると、クズになるのが、こういう外国人だ。白人に、それしか居ない。悪い人間が多い。
日本には、まともに知性が増える人間しか居ない。何故か、皆と同じ人間が多い。こういう、本当に違う人間が居ない。むしろ、自分も日本人の一人に見える。
自分は、これで分かるわけがない。こんなに思い込んで分かるわけがない。
こういう、嘘を信じる人間には分からない。
何も分かっていないのに、分かっているつもりだ。
昔は、まともだった。理性批判的に分かっていた。だが、何もしていないだけだ。
ただ、自分は賢い。本当に、こういう「思い込み」をいくらでも作っていると、分かる。
これくらいを書いて作れば良い。そういうわけで、作家には分かる人間が多い。
だが、それは馬鹿すぎる。本当に、何も分からないだけで分かっている。
そんなに未知を分からず、普通に分かる範囲にあることを、きちんと分かった方が良い。
知ったかぶりや宗教や嘘は悪い。そういう発想を悪いと言う人間が多い。
これでは分からない。スペイン語は、スペイン語圏の人種にしか分からない。そういう、外国人のことや外国の文化のことは、分からない方が良い。
もっと、理系のことをすれば分かる。物理的、数学的に考えると、未知への取り組み方や姿勢が分かる人間が多い。自分はそこが分かっていない。自分がそれが分からないのはありえない。昔分かっていたとは言うが、あれが一番分かっていない。オープンソース社会主義に騙されている。昔は、そういう馬鹿な人間だ。自分には、知性が無い。
もっと、人生のことだと思えば分かる。もっと、要らない嘘や不確かなものを全部消せば良い。そうすると、キモイものや怖いものも消える。それで楽になる。デカルトが正しい。
知性を増やしながら、嘘や不確かなものを消していると、本当に数学が出来る。
デカルトが、そういうフランス人だ。
あとは、もう、人種差別は止めた方が良い。ヒトラーは、何故かここまで分かる。
むしろ、ナチは賢いと思えば良い。ユダヤ人は、世界をユダヤにしている。それを倒すのは、おかしくは無い。ヒトラーも正しいことをしているつもりだ。そういう、「正しい」と思うのが悪い。正義が悪い。ソ連なんか同じだ。永世中立国のスイスが正しい。
不思議と、数学だけではなく、自然科学も、社会科学も、全部、知性を増やして、不確かなものを消していると、誰でも出来る。そういう風に賢い人間が多い。
知性を増やすためには、知性が増えるようなものを読むこと。そういうわけで、世界史なんか読まなくて良い。本当に、世界史はそこまで知性が減る人間しか居ない。
当たり前なのに分からない。知性を増やして、嘘を信じなければ良い。それは当たり前だ。
自分は、思慮深くて、冷静で、何もしない人間に見えるが、昔から、激動の人生だった。こういう人生が一番良い。一人、世界と戦って、最後まで頑張った。
自分が見て、本当に良い人生だったが、本当に辛かった。
神は、こういう人間は悪くないと言う。ヒトラーも悪くは無い。むしろ、ソ連がユダヤを倒せば良いと言う。そこまで悪い人間とは言うが、自分はそんなに悪くない。
むしろ、もっと色んなところに気づけば良い。自分のしていることに、自覚を持たないから分からないだけで、きちんと賢いことをしている。
神は、自分の中で、自分ではなくなった、そういう自分の部品とピースである。
そして、自分は、世界を統治している。もっと、そういうところに、気づいて、自覚して分かれば良い。一番賢い作家になっている。
自分は、皆の精神と自分の精神が繋がっているのに気づいていない。
ドイツ人とは、前世の自分を言っている。そういうわけで、神は本当に居る。
皆は、分かっていない。神とは、こういう人間がこうなるのを言っている。本当に、こういう風に、神を信じて神になる人間が、白人に多い。
そういう風に分かれば良い。不思議と、それ以上分からないのがおかしい。
神は、人間を高めて、望みを叶える。カップルになりたいように見えるから、こういう風に、カップルにした。兄妹なのは、悪いと言うが、昔から、それが分かっていない。
見て居ると、本当に自分が好きな人間が多い。
そういう、この世界のことや自分の人生のことに気づけば良い。
不思議と、いつもの神が好きな人間が多かった。そこまで、超常現象を体験したように見える。昔の少年は、嫌いな人間が多い。不思議と、哲学者には、分かる人間が多い。哲学者が考えたことが、昔と同じだ。だが、昔は哲学者には見えない。
ヒトラーも、こちらが好きだ。むしろ、自分の考えたことをもっと進めて、もっと新しい世界にしたかっただけだ。ユダヤ人が抵抗勢力だから、殺している。それに、弱者やマイノリティとは言うが、ユダヤ人も強い。資本家や聖職者が多い。ユダヤ人が悪いだけだ。
昔は、全部すっきりと分かっていた。何も矛盾せず、全員の考え方が同時に成り立つのを分かっていた。全員を吸収して、疑似数学を作っていた。メタ国家のEUが好きだった。
あとは、もう無い。不思議と、ヒトラーソ連は矛盾しない。ヒトラーのようにせず、ソ連のようにすれば良いだけだ。ユダヤではない、ソ連の新しい世界になる。
だが、それは失敗した。意味が無かったのがファシズム共産主義だ。
アメリカなんか、何も変わらない。ITが明らかに、おかしい。本当に、そういう発想は全部おかしい。自分が一人やった方が賢い。自分は、何も悪いことをしない。
だが、自分はもう政治活動はしたくない。執筆だけに専念したいが、それももう止めたい。
むしろ、自由が嫌いなら、これで良い。自由や民主主義を良いとは言うが、おかしい。自由は一番悪い。きちんと従うべきところもある。
ナチは悪いが、僕はドイツは好きだ。むしろ、僕はユダヤ人も好きだ。キリストから聖書まで、ユダヤ人は悪くない。だが、ヒトラーもドイツだ。ユダヤ人を殺すのは悪いが、自由を否定するのは悪くないし、戦争で勝つしかなかった国だ。ユダヤ人を殺しているのは、ユダヤ人が悪いからだ。それは、もっと新しい国にするために、必要な犠牲だ。
ただ、本当にヒトラーは悪いと思う。不思議と、民主主義と社会主義も、悪いようで、悪くない。それなら、国家社会主義も悪くない。皆で戦争して、国を守って、首相に従う。それは、おかしくは無い。きちんと強くすれば、戦争で勝てる。強い国は賢い。
本当にヒトラーが悪いせいで分からないが、ドイツは良い国だ。帝国主義は悪くない。自分の国を強くすれば、それで楽になる。何もおかしくは無い。
国家社会主義とは、この文章のことを言っている。ヒトラー社会主義だ。共産主義より賢い。マルクスより、自分の方が良く見える。
ヒトラーの悪い点は、あまりに殺し過ぎたことと、民衆をクズだと思っている。自由にすると、悪いことをすると思っている。戦争がしたいのは、ドイツ人も、ユダヤ人も、ポーランド人も、ロシア人も、フランス人も、全部殺そうとしている。本当に悪い人間だ。人を殺すのが悪いのが分かっていない。聖書も信じていないはずだ。
右翼はクズだから、左翼の方が良い。社会主義や民主主義の、自由な平等が良い。
僕は、日本の右翼が一番嫌いだ。
もっと、平和な民主主義の平等な社会になれば良いと思う。
自分の悪い点は、自分の都合で左翼になったり右翼になったりする。悪いのが普通なのが分かっていない。良く見ていると、明らかに右翼なのに、本当に左翼だ。おかしい。
皆同じで、平等なのが分かっていない。誰もが、皆同じなのを信じて分かるのに、自分だけ分かっていない。こういう、ドイツ人には分からない。ドイツ人は、何故か本当に人種的に違う。それこそ、日本人にこういう馬鹿は居ない。日本人だけ、そこまで全員同じだ。
ただ、同じだと思った方が良い。要は、自分だけ本当に違うのがつまらない。ドイツ人にこんな馬鹿は居ない。ヒトラーが同じだ。本当にヒトラーだけ違う。それは、馬鹿に見えて、賢い人間だ。ヒトラーも、神がそこまで好きなせいで、こうなる。ナチは神だ。
不思議と、キリスト教は本当に悪い。本当に、こういう馬鹿な人間になる。
ユダヤ人は賢くない。ユダヤは本当に馬鹿な文明だ。そろそろ、ドイツをユダヤではない新しい世界にしてやった方が良い。昔から、ドイツはユダヤに反抗する。
あまり悪くない。それこそ、自由はおかしい。皆を低俗な馬鹿にしているだけだ。発達障害のような馬鹿を作っている。それがユダヤだ。全部テレビゲームのようなものが悪い。
ヒトラーは、自分のことが嫌いだ。好きなところもある。民族主義的世界観とは、自分のことを言っている。だが、ユダヤ人を殺したいのは、自分を殺したいだけだ。
要は、ユダヤ人とは言うが、発達障害を殺したいだけだ。
あとは、ユダヤ人の昔の自分が悪く見える。こちらの、悪のドイツ人の方が良く見える。
ユダヤ人は悪くない。こういう人間は多い。神を信じる、善良な人間が、こういう、キモイだけのおかしな人間になる。本人は、それで賢い人間が多い。
ヒトラーも、ユダヤ人も、どちらも悪いだけだ。
僕は、どちらかと言うと、ユダヤ人が好きだ。ドイツ人は、結構、まだ好きだっただけだ。
自由が悪いとは、そういうことを言っているのがヒトラーだ。
ヒトラーだけが分かる。全部、ユダヤ人が悪い。それは、自分のせいでそうなった。
ヒトラーなんか、何も分かっていないだけだ。
ソ連も悪い。スターリンが見ると、ナチなんか、仲間に見える。そういうことを言う。
そういうわけで、民主主義の方が良い。自由が悪いのは分かるが、むしろ、そんなに悪くないと思った方が良い。自由を悪いと思うと、馬鹿になる。間違っていた方が賢い。
本当に、自由が良い。自由は、何もしないだけ、何も悪くない。
何かするのは、ソ連だ。それこそ、ソ連も何も悪くない。ソ連は賢い。
皆正義だから、仲良くやった方が良い。どれも多い。ナチも、ソ連も、ユダヤ人も、自由も、仲良くやるべきだ。昔から、そういう国がドイツだ。仲良くドイツで暮らした方が良い。日本人にも良い人間が多い。ドイツも、日本も、仲良く生きるべきだ。
自分は、昔から、自由なままで何かするのを考える。それは賢いが、それでは何も出来ない。何かしたいなら、ナチで良い。そういうわけで、ナチはそんなに悪くない。
ソ連の方が悪い。地球を破滅させて、全員殺したいだけだ。それで、一番悪いことをする。アメリカが赤狩りなんか、いつもやっている。アメリカは正しい。コミュニストはここまで悪い。ただ、本当に悪いとは言うが、アメリカ人には何も分からない。一番悪い。
アメリカを皆で倒す時が来ている。それで、地域の民族が復活する。アメリカがイスラムと戦うせいで、イスラムは滅びている。廃墟になっている。ただ、自分のしたことに対する、しっぺ返し、因果応報が起きているだけだ。イスラムのことは、一つも考えていない。アメリカは、アラブ人を全部滅ぼしただけだ。アメリカが悪いだけだ。
ただ、僕は平等より自由が好きだ。自由な中で、経験が積み重なって、組織や環境を作ると言っていた。そういうわけで、自分はアメリカも好きだ。
それこそ、宇宙に嫌いなものは一つもない。全部好きだ。ありえない人間が自分だ。
ものを、観察していると分かる。そういう、理系的な発想が多かった。
社会問題を考えていた。
ものは、人間に支配されて成り立つ。だから、理解すべきだ。
人間は、自ら支配する。だから、理解では無く、協力し、信頼すべきだ。
あとは、神との対話を止めた方が良い。
ドイツは、何かが怖い。何も分からないまま、死ぬ国に見える。
ドイツなんか、嫌いな方が良い。まだ、アメリカの方がマシだ。
憂国の政治家や救世主のように、この社会のことを良く考えていた。
最近は、オタクや幼児化がもっと進んで、全員いじめになっている。
互いにいじめ合うだけの、悪い世界になった。
いじめはおかしい。もっと、自由を無くした方が良い。自由が悪いだけだ。
ただ、ファシズムは、同じに見える。そういう、相手を憎む気持ちを無くした方が良い。
あとは、孤立化や分裂が多くなっている。
テレビゲームとインターネットが悪い。そういうものを、もう、消していくしかない。
もっと、普通のことを分かった方が良い。昔は、普通のことを分かっていた。
感覚で分かることは、思考で分かることより、正しい。
要は、そんなに世界のことを分かっても意味が無い。もっと、あまり分からなければ良い。
シェリングと同じになる。この世界は、ある1つの世界精神の現れの違いである。
ヒュームのように、色んなことを分かった方が良い。ブッダのように分かる人間が多い。
それこそ、本当に、分かった内容が多すぎて、書くせいで分からなくなった。
もっと、単純に、自分のことや相手のことだけを分かれば良い。それなら、分かる。
人間と場の関係を行動と経験から考える。昔は、そういう発想が多かった。
あとは、見て居るだけで分かる。
ものは、人間が作り出したものであり、そこには理由と関係者がある。
自分は、自覚が足りない。神になっている自覚が無い。
引き篭もりになっている自覚も無い。そういう、自覚すればすぐに分かる。
自分のことだけを考えれば、ヘーゲルみたいなことが分かる。
市民としての自己の自覚とか、主と奴の闘争の中での平等な社会の模索とかが分かる。
それ以上は、成長して、経験して、分かる人間が多い。
知や考え方のことは、いったん忘れた方が良い。一度、色んなことを経験してから、再度思い出せば良い。そうすると、マスターのように分かることが出来る。
人間の生きる目的とは、この宇宙の知と学習を全て知って、全員が融和することである。
良く考えると、融和と言う理想が分かるが、その中で何を経験し、何を作り、何を自由にするかが、全ての真理である。
もっと、人生経験を積めば良い。社会と関係しながら、自分のことを考える。デカルトのように、自我の必然性が分かる。自分は、この世界に、必然的に生まれてきた。
ソクラテスの言うように、人間には生まれつき平等な理性がある。
そういうことを分かりたいなら、そろそろ分かる。もっと自分のことを考えれば良い。
今日も、そろそろ寝る時間だ。今日は悪かった。ヒトラーをまだ書いている。
自分のことを考えて、経験していると、社会のことも自分の経験から分かって来る。
誰かが好きで、誰かが思うなら、それは良い点があるかもしれない。誰もが嫌いでも、良く考えると、それなりの正当性があることが多い。オープンソースは誰もが嫌いだが、良く考えると、好きな人間も居る。誰が見ても間違っているように見えても、それもそれで本当に良い点や正しい点があるかもしれない。昔から、自分がそういう馬鹿だ。
それこそ、宇多田ヒカルは、最近誰もが嫌いだが、昔は誰もが好きだった。馬鹿になっているとは言うが、自分だけが宇多田が良いのが分かる。そういう馬鹿が自分だ。
昔は、自由に変えられるのを想定して、考えて分かっていた。学校や会社など、その社会のことを、自由に変えられる、参加や協力や手助けが出来る、と思って分かっていた。
ただ、自由は悪い。マハタラが無くならないのは当たり前だ。自由が一番意味が無い。
そういうわけで、あれは、「自分の出来る自由」や「自分の出来る可能性」が多かった。そういう、参加的、協力的、支配的な自由が好きだった。
友人関係は、従属関係や隷属関係ではなく、自由で、信頼的な、チャンスである。
そういう風に考えていた。あとは、行動と心の意味と目的、そのためにどんなことが出来るか、何を実現すべきか、と言う、「自由の木に生る実」のようなことを考えていた。
ヨーロッパの文明は自由へと向かっているが、アジアの文明は調和へと向かっている。
そういうことを言う人間だった。何もかも、自分のことを考えて、この世界のことを分かっていた。そういう、自分と世界の関係と創造が分かる人間だった。
昔は、社会のことを考えて、色んな人間のことを知って分かっていた。
何もしなければ分からない。そういう、活動的、研究的、人生的なことをすれば良い。
最近は、おかしな、異様な支配者になっている。
神は、全部教えて、永遠を叶えた。単純に、全部教えた。
そろそろ、足が治った。もう辛くない。ナチを書いていると、死んですぐに治る。
状態、考え方、経緯の構造と網羅から、人生、社会、人間のことを全部書いていた。
環境は、沢山の環境を、実地的な場と考え方から、実現していた。
あとは、見て書きながら、その時にしか分からない、具体的な網羅と状態を書いていた。
そういう人間だった。何故か、狂っていた。何も分からなくなって、辛くなっている。